SSブログ

世田谷城の隠れ遺構(写真追加) [隠れ郷土史]

イモムシ電車.jpg
世田谷区は広いけどJRは通っていない。大手私鉄だけです。だから東急、小田急の区といってもいいが、世田谷線のかもしだすのんびりした雰囲気もせいか、世田谷区にお住まいのウチの社員は、「都会の田舎なのよ」とも言っていた。その社員は世田谷区世田谷に住んでるのだが、家までの道筋を説明するのが案外めんどくさいらしい。
東急線沿線を歩いて街道から逸れると、高所得者の一軒屋が多い感じがする。閑静でセレブな街だな~と思ったりする。世田谷区役所には公用でよく行くのですが、公用がてら、閑静な住宅街の中にある公園と、公園に隣接する豪徳寺に立ち寄った。
上州安中にある北野寺の記事で、その寺には来年の大河でおそらくやられ役で登場する井伊直孝公が幼少の頃に学問研鑚を積んだ旨をUpした。直孝公を含めた井伊家の菩提寺は豪徳寺境内の奥にあるのだが、そこも含めた一帯が世田谷城という吉良氏の城塞だったのをご存じでしょうか?
公園1.jpg
世田谷城はその筋には有名です。それは世田谷というブランド名で有名であり、前述のように高級住宅地の世田谷にあるから知られてるのかも知れないが、23区の中では土の起伏が残存しているように見えるからです。
だが世田谷城公園に行ってみると規模が小さい。しかも公園化の際に近代的な石垣で補強されているので、素人さんは「石垣の城?」と勘違いされるかもしれない。
世田谷城は近世石垣の城ではなく、土をかき上げて固めたものです。
公園2.jpg
公園化されている.jpg
公園化の功罪.jpg
土崩れ防止の為に近代のブロックで補強されているので、輪郭がボヤけてしまってるんです。玄人筋はこの小公園を見て、「やり過ぎだ」、「整備し過ぎ」、「イメージを損なう」と思う人も少なくないのではないか。
公園には解説板こそ3つもあるが、そこだけだと規模の小さい城だなとしか見えない。近隣のセレブなママが子供たちを連れて喋っていたりする。
解説板1.jpg
だがこの小公園は城域の南端の一画でしかないのです。これだけなら数十人も立て籠もればいっぱいになっちゃうし、敵が攻めて来たらあっさり陥落してしまうだろう。
往時の世田谷城はここから豪徳寺を含めた一帯で、歩いてみると意外と広範囲なのがわかる。
フェンス.jpg
公園から北、住宅地に接する辺りはフェンスで遮られて入れない。そこから先は藪化している。藪化しているということは手つかずの森だということ。そこを意識しながら公園から豪徳寺方面へ踏み込むと、意外なところに「???」と思わせるものが残存しているようです。
残存しているようですというのは、私有地を含むそのエリアには踏み込めないからです。残存エリアと思わせる一帯は殆ど全てが立ち入り禁止か、もしくはそれに近いといっていい。
世田谷城一帯.jpg
上のMAPを見ていただきたいのですが。。。
城域の南端でしかない世田谷城跡公園の北は①のフェンスで遮られてる。そこから先の②一帯はは木々が生えていて雑木林かと思わせるが、実はその一帯に手つかずの遺構が残存している可能性が高い。だが②には踏み込むことはできない。
②に隣接して旧い団地がある。G住宅としておきます。その団地は公園より高い位置にあるのでそこも城域です。
だがその団地エリアには、「G住宅に用の無い方は立ち入り禁止」・・・不審者は警察に通報しますとまで書かれてないが、そういう注意を促す掲示が幾つもあるので立ち入りは憚られる。
団地脇の土塁.jpg
一旦諦めて豪徳寺参道を歩いて行くと右手に土塁の高まりが続いている。③です。これはマニアにも知られていて、人口的な手が加わった公園でガッカリした散策者が愁眉を開くポイントでもある。
これはちとアヤしい.jpg
豪徳寺の山門前、右手に空地がある。④です。そこにも変な土の高まりがあるが、それが世田谷城のものなのかどうか。住宅を建設しようとした残土にも見える。そこは広場になっていて、住宅開発しようとして断念したかのような空地になっています。そこにも表示上は立ち入り禁止になっている。
だが、そこから東、②に繋がる森を見ると、何やら手つかずの部分が遠望できるのです。
でもそこまではモラル上は近寄れない。立ち入り禁止を踏破して無理矢理に行こうと思えば行けますよ。でも周辺の家々からまる見えなんです。

②の森を見るにはどうすればいいか。豪徳寺の門前から東をぐるっと回ってみたのですが、②の森を背にして豪徳寺2丁目の高級住宅が立ち並んでいて何処からも入れなかった。警備保障を導入した家もある。おそらくその住宅に住まわれる方々は、家の裏窓から世田谷城の、一般人の目には触れない遺構を毎日見れるのではないか。
一部、住宅が立ってない(取り壊された跡地)箇所があります。⑤です。そこも立ち入り禁止です。
この写真は道路から⑤を遠望したものですが、何やら切崖になっていました。
住宅の裏から.jpg
魔がさしても絶対に立ち入らないこと。世田谷区はいい街ですが犯罪も少なくないので、不法侵入で警察に通報されますよ。

いよいよG住宅という団地の敷地に入るしかないか。
そこも高台になっていて坂の途中に、「G住宅に用の無い方は立ち入り禁止」とある。
幸い私はダークスーツ姿である。この恰好で上州の山城に入ると、山歩きのハイカーから怪訝に見られたことが数回あるが、ここは都心の一等地である。この恰好なら良くて勤勉な会社員に、悪くとも不動産業者に見えるだろう。何か誰何されたらきちんと名刺を出して本業を名乗るか、この辺りの物件調査ですとでも言うかな。
平日の午後、団地住民がヒソヒソ立ち話をしている。目が合おうものなら不審者扱いされかねない。自分らの生活圏内を守ろうとする独特の空気を体感した。長居はマズそうである。
さっき寺の参道から見た土塁③は団地側はコンクリで補強されていた。
コンクリで固めてある1.jpg
コンクリで固めてある2.jpg
団地の北へ廻る。豪徳寺に接する辺りの空地④に出た。そこは団地側からも出入りできないようになっている。団地の住民も豪徳寺に参詣しようとするには南側の公道に出て参道を歩かなくてはならない造りになっている。
団地の東側へ廻る。さっき豪徳寺山門から見た森がややハッキリ見えてきた。
遺構1.jpg
遺構2.jpg
そこには横に長い緑の土手があった。
それは手前と奥にある。もしかしたら二重堀だろうか。
遺構拡大1.jpg
遺構拡大2.jpg
そこまで行けそうで行けず、届きそうで届かない、見えそうで見えない、確認できないもどかしさ。
ここから遠望するに留め、足早に引き返した。
私と同じように世田谷城を散策に来た私服のオジさんがいましたね。
続いている1.jpg
続いている2.jpg
世田谷城を強引に見るには、G団地敷地内に入って近隣住民のご迷惑にならないよう、短時間で節度を守ってサッと引き上げるしかないのです。
いよいよ森の中まで行くには「世田谷城跡見学会」というのに参加するしかないらしい。その見学会のBlogを見ると、私が遠望した二重堀のように見たものは実際はV字型の堀だった。
見学会の定員は50名程度かと。おそらくG団地の管理組合に話を通したうえで、年に僅か1回程度の開催かと思われるし、抽選でGETするのも難しいだろう。
普段は立ち入り禁止の場所に遺構が眠っている。何故、立ち入り禁止なのかはわからない。
解説板2.jpg
世田谷城の吉良氏は天正18年(1590年)の小田原征伐まで存続したが、一戦も交えず逃亡したという。おそらく家康を頼ったかと思われるが、高家旗本として復帰し、もしかしたら赤穂浪士に繋がるのかも知れない。

そして時は流れ。。。

令和3年4月15日追記!
大橋デイビッドソン邦子さんからコメントをいただいたら心に灯が点いて、その灯が火になって炎(ホムラ)になったので昨日7月14日、世田谷区役所への公用を終えた足でセタデン(東急世田谷線)宮の坂駅まで歩く途中、豪徳寺の参道から廻ってみたら、G住宅北の大谿山(ダイケンザン)豪徳寺が所有する空き地、臨時駐車場のジャバラ扉がOPENになっていたのであります。
参拝者以外立ち入り禁止1-1.jpg
入口と、入って左にある簡易的な詰所の脇には貼り紙があって、
参拝者以外立入禁止拡大-1.jpg
「工事中につき仮駐車場をご利用下さい。敷地内でのサッカー厳禁。参拝者以外立入禁止」
参拝者以外立入禁止だと?
言い換えれば、参拝さえすれば立ち入っていいと。私はくるまで来てないがそう解釈して、豪徳寺の本堂にお参りしたのです。
参拝しましょう.jpg
豪徳寺山門にもこんな貼り紙があって、
「お知らせ、お盆につき(~18日まで)緊急事態宣言中でも開門致します。住職合掌」
「当面の間、閉門16時と致します。ご迷惑をおかけ致しますが何卒宜しくお願いします。住職合掌」
お盆は開門中2.jpg
参拝しました.jpg
本堂の賽銭箱に、財布の中にある小銭を全部ぶち込んだ。両の手を合わせて念じたのは、
「チャンネル銀河で直虎公の再放送を全部観ました。DVD買うかもです」
「直政公がいた上州箕輪城に2回行きました」
「直政公がいた上州高崎に1年住んでました」
「遠州龍潭寺に行ったことがあります」
「井伊家の井戸に詣でました」
「井伊谷城、気賀、井平も見ました」
「だから世田谷城の普段見れない壕をお見せさい」
ってなものです。お祈りでも何でもないですね。でも参拝済んだぞ堂々と見てやろうと。仮駐車場からズンズン入っていきました。
そこはこんな風になっていました。
壕1では堂々と1.jpg
壕2では堂々と2.jpg
壕3.jpg
壕4.jpg
壕5.jpg
2015年10月、私が近くまで行けそうで行けなかった、届きそうで届かなかった、見えそうで見えなかった、確認できなかったもどかしいものがこれです。今は幾分埋まっているが、往時はもっと深くて鋭かったのではないか。
群馬八幡一社八幡宮境内北にある壕に似ていたな。
帰りにG団地脇の土塁もパチリ!
団地の土塁.jpg

この裏にも何か眠ってそうです.jpg
山門に一礼して、参道を引き返して宮の坂駅に向かう角っこの高徳寺観光バス駐車場の向こうに土盛り見えます。あの辺りにも何か遺構があるのだろうか。
コメント(14) 

コメント 14

るな&旦

立ち入り禁止の堀ありますよね。
前にタモリ倶楽部だったと思いますが潜入レポしてました。
見事な遺構でしたよ(^o^)
見学会も行われているのですか…これはちょくちょくチェック
しなきゃです。
玉縄城もそうでしたが非公開ゾーンには心魅かれます☆


by るな&旦 (2015-11-01 17:39) 

船山史家

るな&旦さんこんばんは。
世田谷城の隠れ遺構探訪はプロレスで言うところの5秒以内の反則ギリギリでしたね。外野からだとこれでがギリギリです。
本文には書かなかったのですが、正規の見学会とは別に、④の空地、ここは豪徳寺さんが臨時駐車場になることがあるらしい。お正月参詣とか、人の多い時が逆にチャンスかもです。
そちら様も玉縄城の非公開ゾーンに突入され、充実した探索だったようで何よりです。この冬場に書面で申し込んでみるつもりです。
by 船山史家 (2015-11-01 22:39) 

大橋デイビッドソン邦子

はじめまして。
大学院の歴史的景観の研究で「世田谷城跡」を取り上げているのですが、課題のレポートの中で、船山史家さんが撮影した写真を使わせていただいてもよろしいでしょうか?外向けに公表するものではありません。ご希望であればクレジットもお載せします。豪徳寺団地内の土塁の写真を紹介したいのですが、なかなか撮影が難しくて困っている時にこのブログに遭遇しました。どうぞよろしくお願いします。
by 大橋デイビッドソン邦子 (2021-07-07 11:51) 

船山史家

大橋デイビッドソン邦子さんこんにちは。
過去記事歴ネタにコメントありがとうございます。写真の引用は全然構いませんよ。拙ブログは営利目的ではなく個人の趣味の範疇でアップしており、著作権みたいなのもありませんから。お使いください。
クレジットは避けたいので「某ブログから引用、先方承諾済み」のような表記でお願いします。
世田谷城や、年に1回だけ限られた期間しか公開しない石神井城、横浜市某所にある地権者が立ち入り禁止にしている◯◯城、これらそこにありのに見学できない城を難攻不落の城跡と呼んでおります。笑
by 船山史家 (2021-07-07 18:32) 

大橋デイビッドソン邦子

早速の返信ありがとうございました!とても助かります。城初心者ですが、深みにハマりそうなくらい面白いです(笑)
by 大橋デイビッドソン邦子 (2021-07-08 12:24) 

船山史家

大橋デイビッドソン邦子さんこんにちは。
そうぞお使いください。私は白亜の楼閣や天守といった建物に全く無関心な者で、むしろ土で固めた塁や空堀の深みにハマりかけました。
世田谷城の土塁を撮った時、自分で言うのも何ですがちゃんとした服装してたので、何か誰何されたら名刺を出して堂々と名乗るつもりでした。
自身の記事宣伝のようで恐縮ですが、歴史的景観にはこんなコラボ遺構もありますよ。
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2021-02-28
by 船山史家 (2021-07-09 07:23) 

大橋デイビッドソン邦子

蓮上院土塁の記事、興味深く拝見しました。これは小田原城攻めに対し北条氏が築いたということですが、世田谷城が滅城したのはこの敗北によるそうですから、間接的に関係あるのですね。
ところで、質問です。東京都に残る著名な土塁として、世田谷城以外に石神井城跡がありますね。私自身は石神井城に行ったことがないので、詳しそうな船山史家さんにお尋ねします。世田谷城は都の旧跡指定に止まるのに石神井城は史跡指定に格上げされています。この旧跡・史跡の指定は保存のしばりにおいて、大きな違いが生じるようです。なぜ、石神井は史跡になり、世田谷は旧跡止まりなのか、その違いがおわかりになったら教えてください。個人的な印象でかまいません。よろしくお願いします。
by 大橋デイビッドソン邦子 (2021-07-11 14:38) 

船山史家

大橋デイビッドソン邦子さんこんにちは。
難しいですね。間違ってたらすみませんが、私の見解を申し述べます。
まず、遺構がそれ也に残存して保存されてることが前提でしょう。私は平成29年の「東京文化財ウィーク期間」平日の最終日に公開中の石神井城内に入りましたが。
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2017-11-03-1
遺構の起伏は緩かったです。ちょっと消化不良でした。公開期間中以外は入れない理由が「養生が必要」とのこと。水城だったのもあってか地盤が緩いのか、地形壊変を怖れてかなりデリケートな保存の仕方をしています。
でも公開期間中以外は入っちゃいけない石神井城にはあきらかに保存の意思が感じられますよね。ただ入り難い感をプンプンと醸し出している世田谷城とは違うと思いました。
史跡と旧跡の違いですが、世田谷区民には申し訳ないが、①石神井城の方が城域が広大、②世田谷城の吉良氏よりも石神井城の豊島氏の方が太田道灌相手に大きい戦闘をしており、興亡の沿革も概略わかっている、でもまだ謎がある、③石神井城は発掘調査が度々行われ出土品が多く、発掘してたら城の壊変まで明らかになった、
世田谷城の攻防戦ってのは聞いたことがないし、小田原攻めで開城したぐらいでしょう。だから中世の学術的には石神井城は研究しがいがある、ということなのではないかなと。
詰めとしては、④練馬区が史跡申請に熱心だったんでしょうね。
by 船山史家 (2021-07-11 16:27) 

大橋デイビッドソン邦子

ありがとうございました。とても勉強になりました。④の理由が強そうな予感がします、、。世田谷城は公園北のフェンスの向こうの森部分も住宅北の空き地部分も豪徳寺の所有地のようです。ご存知だと思います、平成17年に豪徳寺住宅北にワンルームマンションの建設が計画され、近隣住民の反対運動が起こり、結局、豪徳寺がその土地を買い取りました。保存会としては城址公園を拡大保存していくことを目指し、豪徳寺住宅の建て替え時に、その土地を都もしくは区に譲渡(or 売却)するよう働きかけているようですが、未だ白紙です。史跡指定になればそれがしやすいようです。世田谷城のような小さな城の裏側に、さまざまなドラマや思惑があり、とても興味深いです。
by 大橋デイビッドソン邦子 (2021-07-11 22:43) 

船山史家

大橋ディビッドソン邦子さんこんにちは。
私は②③に絡んで石神井城の方が学術的価値が高いのだと思います。世田谷城が低いというのではありませんが、出土品や発見事項が多いからです。
G住宅北の空き地のマンション建設計画は知りませんでした。確かにあの空間は業者の目の付け所ですね。
いつかはG住宅も立て替え時期に入るでしょうけど、その時は居住してる方々の建て替え賛成反対の問題が起こり得るでしょうし、先々は不透明でしょう。
この記事で最初にコメいただいた方のレスに「豪徳寺さんが臨時駐車場になることがあるらしい」とレスしています。あの空き地が豪徳寺さんの所有なら、お寺に一報入れて住職さん立ち合いのもとで見れないものでしょうかね。
by 船山史家 (2021-07-12 06:40) 

大橋デイビッドソン邦子

G団地北の空き地は数ヶ月前までは豪徳寺の臨時駐車場となっていて、中に入れたので私も入りました。ですから、公園の北側に続く森の最後のあたりまでいけました。お父さんと子供が虫取りとかしてました。その時豪徳寺自体は蔓延防止でしまっていたのですが。
ところが、数日前に、豪徳寺が開いたというので行ってみたら、臨時駐車場は立ち入り禁止になっていました。あべこべですね。プレハブとか立っていましたが、別段、建築計画はないようです。
団地は築67年ですから、いつ建て替え計画が起こってもおかしくないでしょう。でも、あの場所で家賃5万円以下ですから、誰も出て行かないようです。
by 大橋デイビッドソン邦子 (2021-07-12 22:58) 

船山史家

大橋デイビッドソン邦子さんこんにちは。
えっ、あの空き地に入れたのですか。じゃぁ住宅に隣接する塁や壕が見れたじゃないですか。
月内、世田谷区に公用があるのですが、今は行っても立入禁止なのですね。それは残念。立入禁止ってのは無断で侵入するのを抑制する為のものかも知れないので、プレハブに誰かいたらひと声かけて「だめですよ」断られるだけでもBlogのネタになるというものです。あ、別に煽ってるんじゃありませんよ。
今の時期は草が伸びるし虫も出るし、雨が降って草が濡れて、地面はぬかるんでるだろうから、スーツに革靴では踏み込めないですね。
築67年というと私より長いです。住みたいとは思いませんがあの場所で賃料5万とはオドロキです。
by 船山史家 (2021-07-13 07:17) 

大橋デイビッドソン邦子

ええ、入れたんですが、その時は何をとしっかり見るべきかわからず、、、。公園北側の堀(?)の続き、と団地横の堀的くぼみ(?)の写真は撮りましたが。でも草が鬱蒼と茂っていて、はっきりしませんが。
船山史家さん、入れるといいですね。誰も人影がありませんでしたが。
by 大橋デイビッドソン邦子 (2021-07-14 10:55) 

船山史家

大橋デイビッドソン邦子さんこんにちは。
今日、世田谷区役所への公用の後、宮の坂駅まで歩く途中で見に行ってきたら。。。
見れたんですよ。入れたのです。開いてたのです。堂々と見れる名目がありました。
見たモノはデイビッドソンさんと同じですが。
ひとつ記事にするにはボリューム不足なので、明日以降この記事に写真プラスします。
by 船山史家 (2021-07-14 19:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。