SSブログ

ラーメンスクエアニューフェイス [隠れ郷土史&ラーメン]

私がよく出向く立川市の公用先が移転することになった。建て替え工事らしい。
建て替える必要あるのかな。現状でもまだまだ充分営っていけそうだが。工事は平成32年の春までかかるそうで、その間の最寄駅は南武線の西国立駅になる。
先日、現庁舎に最後に出向いたら、担当官の窓口に移転先の地図があった。
「次回はこっち(仮庁舎)ですね」
「ハイ。2月の〇日までこちら(現庁舎)で受付ます。それ以降はこちら(移転先)で」
「西国立駅から歩けるんですか?」
「歩いて・・・10分ほどです」
ってことは15分だな。それくらいなら立川駅から現庁舎までとさほど変わらない。歩いて行けますか?の質問の裏には、西国立駅界隈って飲食店あんのかな?
さらば立川.jpg
そうか。立川駅界隈ともしばしお別れか。
東京からでも横浜からでも立川だとちょうどランチ時になるのです。数軒行きました。
真っ暗な店内で真っ白い麺「鏡花」
醬油スープが絶品「とと本店」
初めて食べた油そば「宝花」
愛想の無いオバちゃんだが味はいい「丸幸」
大正元年創業「福来軒」
ワンコインランチ、これで営っていけるの?「得得屋」
クローズ前の一期一会だった「HARUPIN」
大好きだった街角中華「みよし」
みよしは「Kishi」になった。
そしてラーメンスクエア。。。
フロア入口.jpg
タレントたち.jpg
仮庁舎移転先は南武線ひと駅の西国立駅。なのでまた来ようと思えば立川に来れますが、しばしのお別れ?に、ラーメンスクエアに寄ってみた。
私が好んでいた「絆」は出てってしまったが、タレント店主たちの顔触れが若干変わってる。
「いちや」、「萬燈行」は長いね。「恵比寿」も。このフロアが居心地良くなっちゃったんだろうか。
重たそうなのは避けて醬油系か塩系統を探したら。
ジャンドウ1.jpg
マイスター.jpg
スタジアム.jpg
「醤道」(ジャンドウと読むらしい)
券売機の前に立ったらすぐさま「いらっしゃいませ」が店内からトンできた。
なんだいこれは.jpg
何だこれはぁ!!
って思うでしょ?思いません?
知らない人が見るとスープを吸って伸びたラーメンみたいでしょ。そうではなくてスープが少な過ぎなのですよ。

麺はメチャメチャ美味い。決して太い麺ではないが噛み応えがあり、麺に既に味が付いているように思った。でも醬油マイスターとまで豪語するほどでもないよ。
ラーメンを喰ってる感じはしなかった。器は小さいしスープも麺も半分ほどのボリュームしかないんだモン。
スープが少な過ぎる.jpg

湯きりや1.jpg
湯きりや2.jpg
次に「麺肴ひづき湯きりや」
この店は黒醤油拉麺と醤油麺コクにごりがウリだが、私がオーダーしたのは丸鶏清湯麺という中途半端なシロモノであった。
スープはまぁ無難ですが、麺に噛み応えが全く無かった。むしろ黒々としたメンマの方が味も浸みて噛み応えがあったね。
ルックス.jpg
スープ.jpg
チャーシュー.jpg
メンマ.jpg
やはりこの店のウリ、黒々した醬油系にすれば良かったかも。
では立川を去る前に、お蔵入りしていた曇空天下の小散策記を。
普済寺.jpg
立川市の行政から南、中央本線が残堀川を渡る脇にある普済寺。
立川氏(立河氏)という豪族がいた。立河宮内少輔宗恒という人。
ここへは立川駅~行政~徒歩でトコトコ歩いて来たのですが、途中で29号線の旧動(旧奥多摩街道)で西に向かうのを新道(新奥多摩街道)まで出てしまい、多摩川の支流、残堀川が多摩川に合流するところまで出てしまった。行き過ぎたのです。仕方がないので残堀川に沿った散歩道を歩いた。
散策路.jpg
しばらくしたら目指す寺が見えるのだが、そこからすぐに寺に入れない。
中央本線まで歩くハメになり、そこの坂を上がって川を見下ろしたらかなり比高差があった。南に残堀川が流れる河岸上にあったのです。
上ったら場所は寺の裏手の墓地で、ぐるっと迂回して寺の正門に廻るアルファ運動をするハメになってしまった。行き過ぎ迂回して倍の距離を歩いたのである。
歩きくたびれて辿りついたら100m方形の館で遺構はこの程度。
館跡を示すもの.jpg
土塁跡1.jpg
土塁跡2.jpg
達成感が殆ど無く立川駅まで歩いて帰る気力が失せた。歩いても立川駅より近い多摩モノレールの柴崎体育館駅方向へ足を向けたら、小公園にタクシーが停まっていた。
公園のタクシー1.jpg公園のタクシー2.jpg
運転手がいないんです。
さては公園のWCで用を足しているな。
このタクシーで立川駅まで帰ろうと決めた。運ちゃんがWCから出てくるのを待ったがなかなか出て来ないのだ。
しばし待つこと10分ほど。ようやく水を流す音がして運ちゃんが出て来た。タクシーの傍らに立つ私を見てギョッ
としてた。
「いい?」
「あ、いいですよ」
「立川駅まで」
運ちゃんもバツが悪かったようで。終日外を走り回ってるんだから何処にWCがあるか把握してるんでしょう。
私は運ちゃんが〇〇をしてたのをじーっと待ってたというしょーもないオチですよ。
コメント(2) 

コメント 2

るな&旦

こんばんは。
立河氏館の説明版が新しくなってますね。
それまでは武蔵国の城館跡によくある北条氏滅亡と共に廃された~
っておきまりコースでしたがちゃんと発掘調査による結果で記載
されていますね。史実は北条滅亡以前に廃されたようです。
普済寺周辺の道は狭いし行きずらいですよね。
by るな&旦 (2016-01-30 20:29) 

船山史家

るなさん旦さんおはようございます。
お蔵入りしてたネタを引っ張り出したらラーメンスクエアとのコラボになってしまいました。
本堂を再建する際に発掘調査をしたようです。立川氏ではなく立河氏なんですね。
そちら様の訪問記も拝見したのですが、山門脇の土塁は左右に2つあったようですね。現在は1つだけでした。
しばらく立川駅は通過駅、乗り換え駅になりますが公用先に八王子市が加わりました。中央線で立川駅を出て南にカーヴ、残堀川鉄橋を渡る際、車窓左手にこの寺が見えました。あそこを歩いたなぁって。
by 船山史家 (2016-01-31 11:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。