So-net無料ブログ作成

浦和駅4番線6番線勝負 [日常の情景]

埼玉県庁がある浦和駅にもたまに下りますが、県庁以外の公用先は駅のすぐ側にあるので、浦和駅周辺であっちこっち見たり飲み食いしたり、そこだけ思い詰めて通ったりは全くないのだ。
浦和駅前で利用するのはもっぱらここなんですよ。
駅前.jpg
中華丼1.jpg
中華丼2.jpg
来来軒イコール日高屋ですよ。
店頭ディスプレイとビミョーに違うような気がしますが。
イメージ.jpg
店名は伏せて前にも載せたんですよ。前Blog、Ⅱで。http://funayama-shika-2.blog.so-net.ne.jp/2014-11-30
この記事の中盤、ピーマン細切り炒めがディスプレイとあまりに違ってたので。消費増税直後なので、コストダウンしたのだろうけどこの時はあからさま過ぎですよね。
ディスプレイはイメージとはいえ菜の種類や大きさがね。まぁこんなもんかなこのチェーン店は。この店を利用するのは単に浦和駅から近いという理由だけです。
(女性職員さんの感じはトテモいいです。)
で、今回の主題はこの中華丼どうこうではなく、JR浦和駅構内の動線についてです。
浦和駅構内は、
1番線2番線・京浜東北線
3番線4番線・宇都宮線&高崎線
5番線6番線・湘南新宿ライン
になっている。
文章力が拙いので、JRのHPから拝借した構内図を見ながらお話しします。
浦和駅構内.jpg
上州に向かう私は、11:14発湘南新宿ライン籠原行に乗るべく6番線ホームにいた。その時に駅構内に流れたアナウンスは、
「6番線でお待ちのお客様にご案内致します。湘南新宿ライン高崎線は(埼京線内遅れの影響で?)10分の遅れをもって運転しております。今度の大宮・籠原方面は4番線から先に発車致します11:23発上野東京ライン籠原行の方が定刻通り先に・・・」
あ、そうなの。
11:14発が10分遅れだと11:24発である。この差わずか1分でどうということもないのだが、JRが1分遅れと言うからには3~4分遅れるものなのだ。この時は「親切なアナウンスだな」、「気が利くな」と思った私は、湘南新宿ライン6番線ホームの階段を下りて、上野東京ライン4番線ホームに駆け上がった。
4番線は定刻?.jpg
浦和駅や大宮駅はこの辺りがめんどくさいところで、高崎方面へ向かう下り線のホームが2つあるのだ。上野東京ラインと湘南新宿ラインが共通ホームではなく別々なのだよ。宇都宮方面もそう。(上り線は新宿方面、上野・東京方面と分れる。)
2線を共通ホームにしないのはダイヤ上の問題と、ひとつにすると構内配線がポイントだらけでガタガタになること、2線とも長大路線だけに何かあった時に退避できずダンゴ運転になるからだと思う。
4番線ホームに上がった私の脳裡、胸中に疑念が湧いた。JRの遅れ時間を信用していいものか。高崎方面へ向かうのに4番線と6番線、どっちが先に来るか、慎重に見た方がいいと考えた。
そしたら案の定である。4番線から6番線を見たら、10分遅れだった筈の11:10発湘南新宿ライン宇都宮線宇都宮行(だったと思う)が、10分遅れではなく5分遅れで到着したじゃないか。
アナウンスの10分遅れが間違っていたか、運転手が途中で遅れを取り戻さんとスピードを上げたか。
11:10→5分遅れで11:15である。次の高崎方面が11:14→5分遅れだとしたら11:19に来るのではないか。私がアナウンスを信じて階段を駆け上がった4番線に、定刻通りに到着するであろう11:23発籠原行まで8分も空きがある。
こりゃ6番線の方が早いぞ。
「親切で気が利くアナウンス・・・」だったのが、「粗忽な誘導アナウンスをしやがって」に化学変化した。心中罵りながら、上がってきたばかりの4番線ホーム階段を下りて、再び6番線ホームに駆け上がった。
そしたら遅れ表示も10分ではなく5分遅れになっているじゃないか。
6番線に5分遅れで.jpg
私の計算だと5分遅れ→11:19だが、実際は写真の通り11:23に湘南新宿ライン籠原行が来た。ということは、4番線に定刻通りに着いた上野東京ライン高崎方面行と同時に下り電車が到着したのである。
この写真を見てください。
6番線に11時23分に来た.jpg
どちらが先に発車するんだ?
同時に来たぞ.jpg
結果、私が戻った6番線の湘南新宿ラインが先に発車した。遅れたのが思ったより早く着いたので先行させたのだろうね。最初に駅アナウンスで誘導された4番線の高崎方面行は定刻よるり遅れた筈である。
車内から、「ザマミロ」と思いながら4番線を見たところ。4番線の下り電車はまだ停まってるでしょう。
ザマミロは大袈裟ですが、「してやったり」、かな。
どっちが先に?.jpg
だけど私のようにアナウンスを信じて6番→4番→6番と行ったり来たりした人っていると思うよ。
そういえば6番線から4番線へのアナウンス誘導ミス??のお詫び、訂正というか、「6番線へお戻りください」のアナウンスは全くなかった。ミスを認めたくない辺りはまだまだJRは官の気質が残っているのだろうか。
「改めてご案内申し上げます。先ほど下り方面籠原行は4番線の上野東京ラインが先に到着とアナウンスしましたが状況が変わり、6番線の湘南新宿ライン下り方面籠原行が先に到着致します。大宮から先にお急ぎのお客様はお手数ですが、6番線にお回りください」とやってもよかったのではないか。
もう一度、校内図を見ましょう。
浦和駅構内.jpg
図の左、上り方面は、①が赤羽・上野・東京方面、③が赤羽・上野方面、⑤が赤羽・新宿方面となっている。
上野方面は新宿方面には行きませんよ、新宿方面は上野方面には行きませんよということ。
図の右を見てください。⑥には宇都宮・高崎方面とあるが、④には無表示。④も宇都宮・高崎方面です。⑥は湘南新宿ライン、④は上野東京ラインです。
大宮駅もそうだが、浦和駅では焦ってどちらかに駆け上がらず、駅構内の電工掲示板を見て、間違ってるかも知れない構内アナウンスをよ~く聞いて、アタマの中で時間の足し算をしてからご判断くださいませ。
それと、上野東京ラインはさいたま副都心駅に停車するが、湘南新宿ラインは通過する。そこのポイントも押さえた方がいい。
ちなみに上野東京ラインは上り下りと表現しますが、東西南北に首都圏をブチ抜いて走る湘南新宿ラインは正式には上り下りとは言わないらしい。北行、南行というそうです。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。