SSブログ

CoCo壱「笑わなきゃ」 [グルメ]

高崎OPAダリアンが閉店したことで、昼呑みカテゴリー減にお悩みのFUNCKY DOG氏(リンクしているBARのマスター)が、
「ジャンさんバーミヤンいいですよ」
ばーみやん?
「ジャンさんマヨラーでしょ?あの唐揚げタルタルソースはサイコーです」
えぇ~、私はマヨラーではないつもりだが。
バーミヤンねぇ、私は最近まで、バーミヤンとサイゼリアの区別がつかなかったぐらいでさ。もともとファミレス行かないしさ。ファミレスってその名のとおり家族で行くものでしょ。男ひとりでファミレスにねぇ。
そのネタを思い出したのが鶴見区役所を出てからです。道路向かい、川崎方向にバーミヤンのデカい看板があったの。
そこへトコトコ歩いてったら、バーミヤンが看板だけで建物が見えないのです。同じスカイラーク系のガストと併設されてる筈だが。
バーミヤンは何処だ?.jpg
あの養生張ったのがそうか?
あれがそうか.jpg
改装中だって.jpg
何だ改装工事中か。
諦めた。でもガストは勘弁。あまり好きじゃないのだ。上州に赴任する前までいた現場で毎度のようにガストのテイクアウトを取っていて、イマイチ美味しくなかったんですよ。
国道向かいにロイホがあるけどそれもパスだな。
仕方がないと鶴見駅に戻りかけたら、途中にCoCo壱があったのです。
ココ1.jpg
最後に行ったのはいつだったかなぁ。
CoCo壱は2015年暮れにハウス食品の連結子会社になっています。創業者はアッサリ、良く言えば潔く、会社を手離したようですね。
もともと原材料はハウスから供給されてたし、以前から原材料の高騰に悩まされ続け、トッピング具材を値上げして、味まで落としてルゥにコクが無くなり、ルゥとはいえないビシャビシャな茶色い液体に化けてしまった感があるので遠ざかっていた。
最後に行ったのは富士の裾野でカレーラーメンを食べて「何だこりゃ?」だったと思うな。
https://funayama-shika-3.blog.so-net.ne.jp/2017-09-03-2
カウンター.jpg
さぁて今回はですね。久々のCoCo壱の味とかじゃないです。店にいた若い女性スタッフのこと。
その子、愛想が全くないのだ。美人なのに。
私をカウンター席に案内したら奥に引っ込んじゃって、サイドオーダーのサラダか何かかな。それにとりかかって私は放置されたのだ。
他にも店員さんいますよ。カウンターに接している厨房には男性が2人いて店長とサブかな。私語なのか仕事の打ち合わせなのか会話に勤しんでおります。
久々なのでメニュー載せます。メニュー増えたね。同じメニューが違う頁にあったりする。
メ3.jpg
メ4.jpg
メ5.jpg
メ6.jpg
メ7.jpg
メ8.jpg
メ9.jpg
メ10.jpg
メ11.jpg
メ12.jpg
メ13.jpg
メ14.jpg
メ15.jpg
追加で加わった新メニューのスパイスカレーシリーズなんか食指が湧かないな。
メ1.jpg
メ2.jpg
さて、オーダーしようにもピンポンもないので、この店のメインスタッフを押さえようと声を上げた。
「ぅお~い」
「ハイ」
それまで厨房で私語してた男性が私を向いた。店長さんかも知れない。
「ヒレカツはなくなっちゃったんか?」
「ヒレですか?いえ、ございますが」
「ロースでもいいけどさ。あるならヒレがいいのだが」
店長は厨房から身を乗り出し、私が開いたメニューを見ながら、
「ヒレは確かこの頁に・・・??」
怪訝そうになった。
「無いだろ」
「いや、あれ?無いですね」
別頁に「ヒレ・ささみカツ」ダブルのカツを指してあげたが、ヒレ単独は無かったのです。どっかにあるのかな。私が見落としてるのかな。
「ヒレがよろしいんですよね」
「そうそう。野菜カレーにヒレカツ。あとサラダ、ポテトやツナが全部載ってるヤツ」
「ご飯の量と辛さは如何にされますか?」
「200g、辛さは普通で」
「かしこまりました。野菜カレーにヒレカツ、サラダミックス・・・」・・・とか何とか言ってた。
「カウンター何番さんサラミックス・・・」
そしたら奥からくだんのムッツリ女の子が無言でサラダ持ってきましたよ。何かムッとしてるんです。イヤなことでもあったのかな。固いのだ表情が。ニコリともしない。顔立ち目鼻立ちは美人なのにさ。
「ドレッシングお好みのをお使いください」も暗~い目、沈んだ目、能面のような表情で淡々と。
味なんか期待してないけど、創業者が引いたら接客まで悪くなったのかな。
サラダ1.jpg
サラダ2.jpg
サラダ3.jpg
サラダ4.jpg
サラダをムシャムシャ齧りながら見てたら、店内にそれほど客がいないのに、メニューのバリエーションが増えたのでこれまでの定番メニューのオペレーションを阻害している感がある。
テイクアウトもあるし、電話注文もあるし、店内に客がいなくても忙しそうだった。
カ1.jpg
「野菜ヒレカツカレーお待たせしました。ごゆっくりどーぞ」
またまた仮面のような冷たい表情で言われたよ。ニコリともしないのは、この店の待遇、環境が悪いのではないかと疑ったよ。コイツ目の前にアンケードハガキがあるから書いて投函してやろうかと思った。「〇月〇日、何時何分、従業員の女の子愛想無し、やる気が無いなら辞めろ」って文面まで浮かんだのだがそこで思い留まったのは、その子の名札に「研修中」とあって、平仮名で書かれたネーミング、半島か大陸系の子だったのです。
ああそうか研修中か。でもまだ店舗に出すレベルじゃないぞ。まず無理して作るんでもいいから笑顔がなくちゃぁ。
カ2.jpg
何だこのカレーの具の盛り方は。
インゲンマメがカツの上にちょこんと載ってるじゃないかよ。うっかり落としただろ。
カ3.jpg
可もなく不可でもないが、変わらない安定した味ではありますよ。会社が変ったからといって基本の味は変わりませんね。
カ4.jpg
カ5.jpg
お腹一杯になってきた。ご飯200gってこんなに多かったか。完食できるか途中で心配になってきた。
サラダのせいかなぁ前はこれぐらい軽かったんだが。ポテトがズシッと来たのかも知れないな。
カ6.jpg
カ7.jpg
カ8.jpg
「CoCO壱ぃ?」(この日の夜のジャン妻)
「久々に行ったよ」
「どうだった?」
「前と変わらんな」
安くはないうえに、トッピングを追加して更に高くなりがちで、バリエーションが増え過ぎて割り高になったようにも思うな。
ココ2.jpg
ハガキに文句書いて投函するのは取り敢えず止めてカバンに突っ込んだ。投函する前に悪戯じゃないけど、試してやろうと思ったことが。単に話しかけるだけですが。
「お会計は・・・になります」
・・・は言いたくない。まぁ安くはないですよ。あれだけトッピングしてサラダも殆ど全部盛りですからね。
1000円札2枚渡して釣り銭受け取って、
「少しは笑わなきゃ・・・」
「・・・」
やや間が合って、その子、目を見開いて破顔一笑・・・でもないけど、ニ~ッコリ微笑んだのだ。通じたんですよそのひとことだけで。何だ可愛い笑顔じゃないかよ。その笑顔は客を惹きつける武器に充分なり得るものだった。
私も笑って頷いた。「それでいい」って伝えたつもり。
「ありがとうございました・・・」
それまでの固さが嘘のような笑み、所作でしたね。
ハガキ?捨てましたよ。
コメント(4) 

コメント 4

モノノフ

いやぁ、今回はほのぼのした落ちでしたね♪
しかしJUNさんは意外とチェーン店がお好きですねぇ、私は朝飯に松屋へ行くのと後はびっくりドンキーくらいかなぁ(^_^;)
ロイヤルホストも結構高いから行かないし、あでも丸亀製麺は安いから行きますね♪
回転寿司ではスシローが一番ましかな、2度と行きたくないのはかっぱ寿司ですわ(^_^;)
by モノノフ (2019-06-13 10:57) 

熊猫

ジャンさん。
おはようございます。

感動的なお話しですね。
自分は、思っても言えません。だから、ジャンさんの行動に感服です。
その店員の子も素直な子なのでしょう。ともすれば、更にブスッとなる人もいますから。

いいエピソードに、思わず目頭が熱くなりました。

by 熊猫 (2019-06-13 11:02) 

船山史家

モノノフさんこんにちは。
私の平日昼は100%外食なのですが、今日の昼は何にしようかなぁ、あまりソソる店が無いなぁ、特にこれが食べたいってのもないなぁ、もう何でもいいや、ってな時にチェーン店で済ませてしまうのです。何処も安定してますからね。
いや、言い換えます。安定している筈です。でも安定してないのが明日から3日連続でUpするモノノフさん大好きな(逆意味です。)あの中華ファミレスですワ。
私の中でうどん、寿司はカテゴリにないんですよね。
by 船山史家 (2019-06-13 18:33) 

船山史家

BBB熊猫さんこんにちは。
ありあとうございます。
賭けでした。どんな反応するかな?って。「大きなお世話だワ」のようにブスッとされたらUpしませんでした。
店長クラスが「何か粗相がありましたか?」出て来るかな~とも思ったのですがそれもなかったです。想像ですが「何話しかけられてたの?」とでも聞かれたでしょうか。ナンパと思われてたりして。それは無いか。
どんどん場数を踏んで接客が楽しくなってくれてればいいのですが。
いつもこんないいオチだといいのですが。なかなか・・・。
by 船山史家 (2019-06-13 18:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。