SSブログ

バーミヤン [グルメ]

自分は東京神奈川の移動は100%電車、バス、徒歩なので、最寄駅から公用目的地へ向かう途中の店に入るしかないのですが、バーミヤンは私の公用圏内には少ない。
駅から徒歩圏内にあった相模原店はクローズしてしまった。すかいらーくグループは不採算店舗をガストに転換したり閉鎖したりする厳しい企業でもある。

(ジョナサン、藍屋には行ったことがありません。
ファミレスをバカにしてる訳じゃないけど、ファミレスってその名の通りファミリーが多いじゃないですか。私はひとりで入るのにちょっと抵抗があったのです。)

探さないとわからないので検索してみた。朝イチで厚木市&海老名市を廻り、小田急線で東京本社に帰社する過程で小田急相模原駅で途中下車、小田急相模原駅前店、通称オダサガ店。
オダサガ店2.jpg
後で写真データを見たら10時17分だった。ガラ空きです。
道路の面した長い店で、カウンター席があった。
カウンター1.jpg
今日はメニュー写真は無しです。一部のメニューがあったりなかったりで基本は同じですから。
迎えてくれた接客嬢、嬢ったっていいトシしたオバちゃんですが(失礼)は鶴見店の子より感じがよかったな。前で手を組んで斜めにアタマを下げる中華スタイルを踏襲している。
鶴見店のオバちゃんは必要最低限の接客TALKで、こちらから軽口叩かないと笑わなかったからね。比較しちゃ悪いが工業地帯の鶴見と小田急沿線の違いだろう。
店内1.jpg
店内2.jpg
ところがカウンターが高過ぎです。座ったら私の短い両脚がブラブラして靴底が床に着かない。
新聞を持ってきた接客嬢も小柄な方なので、椅子から見下ろす感じになってしまった。
カウンター2.jpg
新聞.jpg
昨日の鶴見店では私の記憶に間違いなければ全席に新聞が置いてあったような・・・。
今日のオダサガ店はお客のひとりひとりに新聞配るのだろうか。
新聞代の経費がバカにならないと思った。別に無くてもいいんじゃないのかな。客の回転率が遅くなるだけですよ。
最初の客だから新聞ピッカピカですが、使いまわしてたらそのうちボロボロになるだろう。持ち帰る客もいたりして。
でも今の時代、通勤電車の中でも紙媒体の新聞見てる人って少なくなりましたね。

さぁ今日は高崎のファンキードッグ氏おススメ鶏唐揚げタルタルソース、そしてチンジャオロースのご飯セット、
「ご飯大盛りになさいますか?」
私ってそんなに大喰らいに見えるのかな。
「いや、普通サイズでいいですよ・・・」
「かしこまりました。スープバーが付きますのであちらでどうぞ」
鶴見店ではこういう説明は無かった。
奥がドリンク&スープバー.jpg
あちらでにどうぞのスープバーは店の一番奥にあって、冷水もそこまで汲みに行かなくてはならないのだ。高いカウンター席からドンと飛び降りたら床が鳴った。水汲み場までコトコト歩きました。
水汲み場までが遠い。この日も水汲みに3往復したが、ちょっとこの動線は何とかならないものかと思った。
ス1.jpg
スープは玉子スープ。
期待しないでひとくち飲んだ。おっ、いい塩味加減ですね。熱々です。表面にアブラが浮いてるから。BHのスープより美味しいですよ。
でもバーだからってスープ何杯もお代わりしません。1杯で充分です。
ス2.jpg

チンジャオ1.jpg
チンジャオロース(肉と竹の子とピーマン細切炒め)のお味は予想通りで、外れない代わりに大当たりでもないですが、まぁこんなもんかなレベルの美味しさ。
チンジャオロースのボリュームはそんなにないが、これが大皿だったら飽きるだろうな。でもこの多過ぎない量が酒のアテになるわけですな。
チンジャオ2.jpg
チンジャオ3.jpg
チンジャオ4.jpg
個人的意見ですが、チンジャオロースは大陸の人が営む料理店のがいちばん美味しいと思います。
日本のおとーさん、おかーさんが営む街中華は、チンジャオロースと表示されてない場合があって、オーダーしてみたらチンジャオロースのソースで絡めない単なる「肉とピーマンの炒め」だったりする時がある。ピーマンはアブラを弾くし、油と塩胡椒だけだとしょっぱくいだけ。
それでいてメニューの中で肉団子と並んで最も高いのだ。
チンジャオロースってご飯のおかずになりそうでならないですね。ビールかな。でも仕事時間中だし飲めない。
チンジャオ6.jpg
チンジャオ7.jpg
唐揚げ1チンジャオ5.jpg
そして唐揚げであります。大振りのが4個あった。
タルタルソースもついてきた。まずは何も付けないで齧ってみる。
唐揚げ2タルタル1.jpg
唐揚げ3.jpg
唐揚げ4.jpg
唐揚げ5.jpg
ごくごく当たり前の普通の味です。悪くないですよ。
これをタルタルに浸してみる。ベチョッ。
タル1.jpg
グルッと回転させる。
タル2.jpg
タル3.jpg
唐揚げの全面に余さず塗ったくる。
タル4.jpg
タル5.jpg
フムフム、美味しいですね。
タル6チンジャオ8.jpg
タル7チンジャオ9.jpg
タルで表面ヒンヤリ、中は温かいです。
ドッグ氏は「ジャンさんマヨラー必須ですよ」と仰ってたが、私はマヨラーのつもりはないんだけどなぁ。
私の子供の頃は今みたいにドレッシングが氾濫してなかったし。マヨだけですよ。赤いキャップのマヨ。タルタルソースなんて無かったもん。
マヨネーズを使うのはサラダはもちろんですが、和風ダシの和え物、ほうれん草や菜の花の辛子和えとか、会津湯野上の蕎麦宿で出される蕎麦サラダにもマヨが添えられてるよね。トンカツに添えられているキャベツ、食堂の生姜焼きのタレにマヨを付けると味変して美味しい。マヨネーズをフルボトルでデンと置いてくれる店は心意気が好きです。
アジフライはマヨつける時がありますが、これがエビフライになると、マヨよりもタルタルソースの方がいい。カキフライもそう。
既製品でなく自家製ならサイコーです。
都内の黒板メニュー創作居酒屋のママと静岡の廃屋酒場の店主がいっときオモシロがって、私にタルタルソースを多めに出してくれたり、殆どつきだし感覚で出してくれたりしたけど、そうされると傍らにいるジャン妻の眉間に縦皺が彫られ、眦が釣り上がり、口元が裂け、血管ピクピクになるので最近は店側も出さなくなった。
でもホントのマヨラーって白いご飯にマヨネーズかけたりするんでしょ。私はそこまでしないよ。
タルタル2.jpg
今日オーダーしたチンジャオロース、唐揚げは普通に美味しくてアタリマエともいえる。これらがマズかったら即、この業界から退場です。
チンジャオロースはメニューにあるが、鶏肉とカシューナッツ炒めは無い、そこがバーミヤンの中での線引きだと思う。
オダサガ店の接客嬢の笑顔、振る舞い、TALKは良かったです。
オダサガ店1.jpg
さぁて、ドッグ氏との公約を果たしたぞ。
でもまだ個人的にリベンジを果たしたい素材があるのだ。例の豚肉です。
昨日記事の五目焼きそば豚肉はいけません。冷凍豚肉を解凍した際のニオイが残ってたから。でもその臭みはソースの味によっては消される筈だが。もう1譚行きます。
コメント(2) 

コメント 2

FUNKY★DOG

ついに登場、待ってましたよw
by FUNKY★DOG (2019-06-15 19:12) 

船山史家

FUNKY★DOGさんおはようございます。
ようやくありつけました。ビール飲んでみたかったけど公用中なので断念しました。
もう1譚行きます。失敗編も込みで。
今日も昼呑みに行かれるのですかな?
by 船山史家 (2019-06-16 08:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。