SSブログ

ザ・ラーメン [ラーメン]

ラ1.jpg
ラ2.jpg
この見るからに期待できなさそうな感をプンプンと醸し出しているラーメンが2020年最初のラーメンでした。価格は450円だったかな。
安いから悪く言う筋合いじゃないですけどね。
ラ3.jpg
ラ4.jpg
具は具はゆで卵以外は汎用品です。メンマ、ワカメ、チャーシューが1枚、スープ表面の油は少なめですが、泥水のように濁りのあるスープ。
何だかなぁでしたよ。ドロッとした色のスープは醤油味なのか味噌味なのかわかんなかったんだモン。
ラ5.jpg
かんすいが多い真っ黄色い麺、麺肌は女性のように滑らか。
麺の茹で加減は柔らかめ。量もそんなに多くないのですが、伸びてきてボリューミィになるという。
ツルツル、ムニュムニュ、伸び伸びしてます。
ラ6麺1.jpg
ラ7麺2.jpg
チャーシューは何だかニオうなぁ。2枚ありましたが。
ラ8チャーシュー.jpg
ドス黒いワカメです。
ラ11ワカメ.jpg
メンマはまぁまぁだったかな。
ラ9メンマ.jpg
ラ10タマゴ.jpg
スープはイロの割りにボンヤリしていた。醤油ダレの効かせが弱い。中途半端なおでん汁かなと。おまけにやや温かったな。
ラ11スープ.jpg
ラ12中盤戦.jpg
ラ13麺3.jpg
ラ14麺4.jpg
昭和の頃、乾麺に飽きて、巷に出回りだした最初の頃の生ラーメンのような。
ラ15完食.jpg
いやいやいやいや(笑)笑っちゃうくらいに美味しくなかったのですが、公共施設の食堂なので安くて早いがウリなのでしょうね。
何処のラーメンかというと某木市合同庁舎のレストラン、食堂です。
前に載せたね。
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2019-09-14
フロア.jpg
受付3.jpg
厨房.jpg
昨年秋頃に「ラーメン始めました」ってあったから試しにTRYしたのですが失敗でした。
14時ってなってるじゃないか.jpg
あまりやる気が感じられない食堂で、14:00クローズどころか、13:00にはクローズして片付けてたしな。
食堂に入ろうかどうしようか.jpg
この食堂内はALLテーブル席で、正面突き当り右にもフロアがあるので100人ぐらいは入れそうです。
あまり広いので、受付嬢が会計してすぐ出てきて
「こちらにお出しください」
「お箸やレンゲはスプーンは」
「お水やお茶はあちらに」
「ドレッシングは」
介添えに多忙なのです。彼女の対人は好きなのですがね。

合同庁舎で私が出向く窓口の職員さんはトテモ感じ、アタリがいいのだよ。
神奈川県の中央部、県央地区というのですが、私の管轄としては厚木市、海老名市、座間市が1カ所の窓口でクリアできるのです。
そしてどっこい1月後半から2月にかけて、この管轄でデカいヤマ(業務)がドカンと来るので、この庁舎へ度々来なくてはならなくなるのだ。
他に競合店が無いこの界隈、また食堂で食べることになるのかと。この界隈は飲食店がないのですよ。
曇り空と庁舎.jpg
さて、気を取り直してまた別の日に厚木庁舎へ向かったのですが、この道は厚木市庁舎の南から分かれる県道で、庁舎前を南北に走る129号線から枝分かれしている道路です。
外食砂漠1.jpg
厚木市庁舎食堂で食べたラーメンに辟易したので、この界隈で何か無いか探してみたのですが。
外食店が見当たらないなぁ。この一帯は外食砂漠地帯か?
外食砂漠2.jpg
ロードサイドテナントは庁舎前を南北に走る国道129号線がメインで、そこから西を南北に通るこの道には無いのかな。
そびえ立つマンションも1階にテナント無しです。
外食砂漠3.jpg
何処まで行ったら昼にありつけるか。
私もただアテもなく歩いてるのではないです。このカーヴの先にあるものは?
外食砂漠4.jpg
外食砂漠5.jpg
外食砂漠6.jpg
外食砂漠7.jpg
店1.jpg
なんだ、どさんこかぁと思ったでしょう?
暖簾を見てください。「ザ・ラーメン」とあります。このネーミングはチャーハンの皿にも表示があったね。どさんこの暖簾分けFCで「ザ・ラーメン」が店名なのかなぁ。
外食砂漠地帯にそこだけポツンと営っているのです。ここしかないかと半ば諦め、全く期待しないで入ったのです。
入り口が2つある。私は右から入ったら、入ってすぐ右手の小上がりで昼からビール、熱燗をガバガバ食らっている老人が4人もいた。声高に喋ってるのはアルコールのメートルが上がったのと耳が遠いんだろ。
私もあんな年寄りになるのだろうか。ヤダな。
カウンターいちばん左端にしました。
カウンターとテーブル、小上がり含めて席が幾つあるのか未確認ですが、カウンターの1席1席のあいだは余裕がある。
卓上に冷水ボトルがある。これ大事。
卓上.jpg
くたびれかかったメニューはこんな感じ。
メ1.jpg
メ2.jpg
メ3.jpg
厨房の上、カウンターから見上げたメニュー
メ4.jpg
店内1厨房1.jpg
ウェイトの間、厨房のオペレーションを見ましょうか。
いい枯れ方をしている店主、声デカい恰幅のいいオバちゃん2人、計3人で営っていた。
私の記憶に間違い無ければ厨房にガス台が4つあり、右からスープ大鍋、麺を茹でる大鍋、具を炒める中華鍋、オバちゃんがチャーハン炒める中華鍋、だったと思う。
枯れた店主は声が小さいですが、店主が小さい声だとオバちゃんの声はデカイと決まっている。マスクしているとはいえ開けっ広げな会話が聞こえる。
「チャーハンのご飯お願ぁい」
「そこに出ぇてまぁすよぉ」
「あっ、りっ、がっ、とうぅ~」
「お酒お代わりだって。出した?」
「今出す」(小声の店主)
言われた旦那さんは寡黙、無言で、燗酒と新しいコップを飄飄と持っていった。以上は業務上の会話だが、
「手袋落ちてるよっ」
「あらヤダ?お尻のポッケに入れといたのに。何だかポッケが軽くなったと思ったよっ」
オバちゃんに何か嘴を突っ込んだら100倍くらい返されそうである。
旦那さんは2人オバちゃんに挟まれて補足小さくなっている。
共同作業中です。見てると1回に調理できるのは3つが限度みたいだね。
店内3厨房2.jpg店内4厨房3.jpg
店内5厨房4.jpg中華鍋を振るうオバちゃん.jpg
撮っちゃってすみませんが、オモシロい可愛い光景を見ました。
チャーハンを炒めるオバちゃん貫禄充分ですが、この店はチャーハンがセットの半チャーハンしかない。レギュラーサイズが無いのです。
何故だろうか?その理由が推察できる光景を目撃しました。
オバちゃんはお玉でチャーハンを中華鍋からよそって、直接お皿にまぁるく盛り付けるのではなく、ご飯茶碗に入れたんですよ。この時は茶碗が計3個かな。
炒飯を盛るオバちゃん1.jpg炒飯を盛るオバちゃん2.jpg
この店はレンゲじゃなくてご飯茶碗に入ったチャーハンを箸で食べるのかと思ったらさにあらず。
次にオバちゃんはご飯茶碗に収まったチャーハンを、上からお玉で軽くペタペタ叩いて潰してました。いや、なるべく平に慣らしてました。
炒飯を盛るオバちゃん3.jpg炒飯を盛るオバちゃん4.jpg
そしてチャーハンが収まってる茶碗をお皿で蓋をして、ひっくり返します。
炒飯を盛るオバちゃん5.jpg炒飯を盛るオバちゃん6.jpg
その仕草がカワイイ!!

ラ1チャ1.jpg
私は先に塩バターラーメンを食べてから半チャーハンにかかったのですが、先に半チャーハンに触れます。オバちゃんが中華鍋からお玉で直接お皿に移さない理由は何か?
この半チャーハンの皿に「ザ・ラーメン」が表示されています。半チャーハンをよく見ると、細かい具が意外に種類多く混ざってるでしょう?
チャ4.jpg
チャ2.jpg
さきほどのオバちゃんの可愛らしい作業、お茶碗に詰めてお皿にひっくり返すという子供のままごとのような仕草は、細かい具が多いので中華鍋からお玉でお皿に移すとボロボロッと崩れてしまうからだと思います。だからいったん茶碗に移して上からペタペタ叩いて詰めて固めて、茶碗で形作ってお皿で蓋するように移したんだな。
だから普通サイズのチャーハンがないのだ。裏であるかも知れないよ。でも公にはないのです。セットの半チャーハンだけです。
チャ3.jpg
半炒飯と謳っていますが、これは半分以下のミニ炒飯かもしれないな。でも小さいながら、炒め加減、塩加減、味加減、全体的に万遍なくしみていました。半分だけ炒めるって難しいからね。3つの茶碗の量を炒めたからでしょう。
チャ5.jpg
ラ2.jpg
順番が前後しますが、塩バターラーメンの具はもやし、スライスした玉ねぎ、ワカメ、刻みネギ等です。チャーシューは無し。
ラ3.jpg
ラ4拡大.jpg
スープ熱々、クラシックな美味しさ、塩ラーメン専門店にはない味です。いい意味で下品な美味しさ。いい意味ですよ。
野菜を摘みます。もやし、玉ねぎが熱々
ラ6モヤシタマネギ.jpg
麺は黄色い。イエローヌードルも熱々でさ。
ラ7イエローヌードル1.jpg
ラ8イエローヌードル2.jpg
ラ9イエローヌードル3.jpg
ラ10バタースープ.jpg
バタースープ熱いです。サッポロいちばん塩ラーメンの香りがしたのは胡麻のせいかな。
ラ5スープ.jpg
ラ10バタースープ.jpg
最後まで熱々のまま。失礼ながら3人ともご高齢だから、麺は茹で上がってるのにそこから先の作業がモタついて、こっちに持ってくるまでにぬるくなったり伸びたりしても許そうと私は傲慢な考えだったのですが、それを全く感じさせない見事な仕上がりでした。
ご馳走様.jpg
店2.jpg
私と入れ替わりに会社員3人、また3人、1人客が2人、店内は満席になった筈だ。
少し歩くし、どこにでもある看板ですが、意外な掘り出し店でした。
店3.jpg

監査台.jpg
で、この後、厚木庁舎の食堂脇にあるウッドテーブルで書類の最終整理をしてたの。食堂では12時40分で日替わり2種が完売で、残りはカツ丼、カレーライス、そしてラーメン、私が過去に食べて後悔したものばかりだった。
レジにいたのは過去記事にも登場した接客接遇のいいおねぇさんだが「日替わり終わっちゃったんです」と平謝りを繰り返してた。おねぇさんのせいじゃないのに。アタマなんか下げたくもなかろうにね。
「後できるのは、ラーメンとそばとかつ丼と」
私は内心で「止めといた方がいいぜ」って思ったよ。あっち(今日の店)に先に行っといてよかった。(安堵)
コメント(10) 

コメント 10

ひざげり

どさん子大将は、どさん子を真似てかつて展開したFCです。
自分のブログに記事があります。

http://hizageri.blog2.fc2.com/blog-entry-5587.html
by ひざげり (2020-02-10 10:16) 

くまねこ

こんにちは。

冷やし中華・・・
ラーメンより、冷やし中華が食べたいです。

夏に熱いラーメンを売っているのですから、
冬に冷やし中華をメニューに載せてもいいのに~
by くまねこ (2020-02-10 14:10) 

モノノフ

いくら安くても庁舎のあのラーメンじゃ食欲は湧きませんね、後でもう一杯食べたくなるの分かりますよ♪
by モノノフ (2020-02-10 14:40) 

船山史家

ゲーリーさんこんにちは。
改めて拝見しました。最初は北海道じゃなかったのが驚きです。
私が30年食べてる横浜は本牧の大将も、何処が他の大将から店名を遠慮するるうに言われた節があります。そんなにキツい文言ではなかったようですが。
by 船山史家 (2020-02-10 15:47) 

船山史家

くまねこさんこんにちは。
冷やし中華は錦糸卵、スライスしたキュウリ、トマト、ハムか鶏ササミ、普段は使わない具を仕込むから季節限定なんですよ。水も使うし。
冷やし中華じゃないですが、東海の藤枝市には冷やしラーメンがありますよ。冷やしたスープです。
くまねこさんはつけ麺なら大丈夫じゃないかなぁ。

by 船山史家 (2020-02-10 15:52) 

船山史家

モノノフさんこんにちは。
ラーメンや中華に依存の高い私ですが、最初のラーメンは大失敗でしたね。これだけでしたらお蔵入りしてましたよ。
で、別の日に検索して見つけたというわけです。
さすがにラーメン記事に飽きてきたので何処かで切り替えます。
by 船山史家 (2020-02-10 19:21) 

ひざげり

本牧の大将をググってみたところ、ラーメンショップ出身のお店っぽいあですね。

by ひざげり (2020-02-10 23:06) 

船山史家

ゲーリーさんこんにちは。(まだお休み中かな?)
大将は今日Upします。ルックスは似てますがラーショとはスープと麺の味が全く違いますね。
ラーショか。懐かしいな。ウチの地元に2軒あります。地元とはいってもくるまで15分と20分ですが。
by 船山史家 (2020-02-11 07:31) 

ひざげり

折角の休みなのに昨夜のゴマスリ野郎のせいで良く眠れませんでした。

ラーメンショップ、葛西にも2軒ありましたが気が付くと東京23区では絶滅に近い状態で、路駐に厳しくなった辺りからどんどん減ったようですね。
違法行為(路駐)を期待する前提で商売をするスタイルだったから、いずれ淘汰される運命だったのでしょうが。

こちらはいつか行きたいと思っていますが遠い!!
https://tabelog.com/kanagawa/A1407/A140702/14056126/
by ひざげり (2020-02-11 10:57) 

船山史家

ゲーリーさんこんにちは。
23区では見かけないですね。拙宅から近いのは横浜市泉区内に2軒、もう20年近く行ってないです。
綾瀬店は遠いですよ。綾瀬市って「鉄道が通るけど駅のない市」ですから。
間違って安中店に入ったことがありますが、今は閉店して鉄道模型工房になってるし。
ゴマスリ野郎、目の前でやられるとちょっとイヤですね。私はゴマなんてすったことないけどね。
「俺ってゴマスリ?」
「ゴマスリの意味わかって言ってんの?何をたわけたことを」(ジャン妻)
by 船山史家 (2020-02-11 11:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。