SSブログ

ザ・ラーメン [ラーメン]

https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2020-02-10
の続編です。
外食砂漠の厚木合同庁舎界隈で、庁舎から南に歩いて129号線から枝分かれしている道路をトボトボ歩いてます。
歩く1.jpg
歩く2.jpg
歩く4見てきた.jpg
歩く5店に近づく.jpg
店1.jpg
店内まだ空いてる.jpg
この店はゲーリー氏の情報だと「どさん子大将」系列だという。
『現在FC本体は無くなり、生き残った各個人店のみ現存する模様。』
なるほど今に生き残ったのね。前回と変わらぬメンバー、オヤっさん、恰幅のいい声デカのオバちゃん2人、計3人で営っていた。
「はぁい、いらっしゃぁい」
その声のデカさ。嬉しそうな声音は「ほぉらカモ(客)が来たよぉ、この辺りには他に飲食店はないよぉ、ウチだけだよぉ」そんな風に聞こえたよ。ウエルカム挨拶である。
でも町田商店みたいに無理してイキがった掛け声じゃないです。自然に大きいお声。
メニュー載せます。
メ1.jpg
メ2.jpg
メ3.jpg
厨房の上にもメニューボードがあります。
メ4.jpg
「モツ煮できます?」
「できますよぉ!」
「じゃぁ醤油ラーメンとモツ煮と半ライス」
「はぁい醤油らぁめんとぉモツ煮と!半らいすぅ!」
何をオーダーしたか他のお客さんにも筒抜けになっちまいますね。
店はまだ火入れをしたばかりらしく、3人の調理する動作は最初はゆったりとしていたが、徐々にエンジンがかかってきた。
下の左写真、オバちゃんが包丁を研ぎ研ぎしているところです。
右写真は研がれた包丁でブッ太いネギをザクザク切っているところ。何処のネギだかわからないが、深谷ネギより太かったですね。地元厚木のネギだろうか。
オバちゃんが包丁を片手に持って厨房内を闊歩してると迫力あるねぇ。
オバちゃんが包丁を研いでいるところ.jpgネギを切る.jpg
この店にはガス台が複数あって、スープ、茹で、炒め、チャーハン、私の目に見間違いが無ければ4台ほどあるようですが、私の分ともうひとりのお客の塩バターラーメンの麺を店主が茹でていた。
並行して具も店主が炒めています。同時作業です。
おや?オバちゃんはチャーハンを炒め始めたぞ。左手に持った中華鍋がグルングルン廻って、右手のお玉でガシャガシャ炒めてる。
でもヘンだな。店にいる客は私ともうひとりだけで、どちらもチャーハンなど頼んでいませんが。
チャーハンおばちゃん1.jpgチャーハンおばちゃん2.jpg
オバちゃんは前回と同様に、お玉で中華鍋からチャーハンよそって直接お皿に盛り付けるのではなく、ご飯茶碗に入れた。ご飯茶碗が3つスタンバイしてあった。
オバちゃんはご飯茶碗に収まったチャーハンを、上からお玉で軽くペタペタ叩いて潰し、愛おし気にチャーハンの表面をなでなでして平らにして、その茶碗を持って台に軽くトントン叩くように置いた。隙間を無くしてなるべく均等にするのです。
そしてチャーハン茶碗にお皿で蓋をして、ひっくり返します。こうすることでこんもりしたチャーハンができあがるのですが、オバちゃん2人は2つのチャーハンを持ってここから見えない左の部屋に消えてった。
ああ、そうか、賄いチャーハンかぁ。
チャーハンおばちゃん3.jpgチャーハンおばちゃん4.jpg
これから混雑する前にお腹に入れたのでしょうね。
でもチャーハンが入った茶碗があとひとつ残っている。それは店主の分です。店主はそれが自分の分だとすぐに気づいた。店主はひとり取り残されているのです。
店主のカオと目が物語っています。「アイツら自分たちのだけチャーハンを盛って、俺の分は自分でやれってか?」のようだ。
店主が憮然としながら自分のチャーハンを自分で形作っているところ。この辺りはお店の力関係だろうね。
自分のを自分で1.jpg自分のを自分で2.jpg
でも店主はまさかこのタイミングで賄いを食うわけにいかない。置いてけぼりをくったとはいえ静かに逆襲に転じた。
「ハイ、塩バターできたよぉ」
オバちゃんたちがバタバタと出てきた。ひとりは塩バター客に持ってった。
もうひとりのオバちゃんは半ライスをよそい、タクアンとキューちゃんを添えて出した。
半ご飯&タクアン&キューちゃん.jpg
「はぁぃ、醤油ラーメぇン」
それは私のだ。オバちゃんが両手で抱えてもってきた。
「熱いから気を付けてねぇ」
確かに熱かった。ゆっくりカウンターにおろします。
ラ1.jpg
ラ2.jpg
ラ3.jpg
ラ4頭頂部Up.jpg
ラ6モツ1.jpg
モツ煮はその後すぐ続いて出されました。ラーメンと賄いチャーハンはこの目で目撃したが、モツ煮をどの鍋で温めたのかは分からずじまいだった。電子レンジの音もしなかったですね。
ラ7麺1.jpg
醤油ラーメンの醤油味、モツ煮の味噌味、2種類のスープが味わえるというもの。
ラーメンは薄味でインパクトが弱い感がした。スープより黄色い麺の方が美味しかったですね。やはり黄色い面は美味しいのだ。
具はもやし、タマネギ、ワカメ、追加したメンマ、チャーシューは無しでミンチ肉が少し。
ラ8麺2.jpg
ラ5ワカメ.jpg
ラ9メンマ.jpg
ラ8麺2.jpg
ラ11スープ.jpg

モツ2.jpg
モツ3.jpg
やぱりラーメンよりモツ煮の方が美味しかったね。残り少なくなったモツ煮の碗にご飯をぶっこんで雑炊風にしましたよ。
モツ5.jpg
モツ6.jpg
店2.jpg
前回の塩、今回の醤油、次回は味噌にするか他の亜流にするか。
何しろこの界隈はここしかないので、バカ美味がなくてもここっきゃないのだが、いい意味でのバタバタ劇を見ていて和みます。
そして3回めの訪問は雨で、コーンクリームラーメンという滅多に見ない洋風ラーメンにTRYしたかったのだが月曜定休日だった。
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2020-04-25-1
その日は諦めて駅方面に戻り、やよい軒で和食膳を食べたんだった。
明日も厚木市に出向くのですが定休日だなぁ。でもアポとちゃったしなぁ。
コメント(2) 

コメント 2

くまねこ

こんにちは。

ラーメンもモツ煮も、結構ネギが入っていますね。
生のネギは、食べ過ぎると口に臭いが残るから、
ちょっと気になります (^^;)
by くまねこ (2020-05-10 15:17) 

船山史家

くまねこさんこんにちは。
「ネギ少なめね」って言えばいいのかも。私は根野菜や実野菜よりも葉野菜が好きでして、冷蔵庫に長ネギ(根深ネギ)が無いと軽くパニックに陥りますね。
私、ネギにうるさいです。京都発祥のラーメンで青いネギ(九条ネギみたいなの)がドサドサ載っているのは避けます。群馬に縁ある私ですが下仁田ネギよりも深谷ネギ(埼玉県)が好きなんですよ。
これからの時期は長ネギが細っこく貧弱になります。それでも買います。
ネギは免疫力を高めます。それでも風邪ひきますけど。
by 船山史家 (2020-05-10 16:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。