SSブログ

火の鳥 [ラーメン]

東陽町1.jpg
メトロ東西線で東陽町へ。明治通り界隈や運河の手前に私の公用先があって、都内では新宿区と並んで最も多く訪れる圏内なのですが、新宿区界隈よりUp記事ネタが少ない。サラッと出向いてすぐ次に行ってしまいます。
動きのいい陰の部下、草の者12号に任せっ放しなのです。その12号が「自分、このトシまで発熱したことも風邪ひいたこともないのですが、スーパーに買い出しに行ったら目まいがして」
これが平時だったら「たかがその程度で」ですが、時節柄様子見の為に1週間有給休暇になった。結果、単なる風邪だったようで、GW明けには復職していますが。そのせいで自らやってきました。
店1.jpg
YMCAの先にある公用先に出向いてサラサラサラッと済ませた。
今日は水曜日だからかさやさんは定休日だしなぁ、そんなことを思いながら東陽町駅近くに戻ってきたら「火の鳥」という店を見つけた、
というか、ああ、この店か、目に留まったのです。
店12.jpg
店11.jpg
前からあるのは知っていたよ。かな~り以前、自分がこういうBlogの世界に入る前「火の鳥」の前のテナント時代に一度だけ入ったことがあるのです。カウンター椅子が高かったのと、やる気の無さそうな愛想の全くない店だったのを覚えてるよ。
昨今は営業自粛の嵐だから休業中の店の方が多いから、営ってる店が救世主のように見えがちなんですよ。
あれから店が変わって現在の店になって歳月が経っています。どうせ潰れるだろうと意地悪く思ってたので、店の前を歩いてもずーっと無視して素通りしてたのですが、行列こそないけど客は入っているようだし、この地に根付いたのかな。新型肺炎コロナ感染拡大と非常事態宣言の影響で飲食店が休業だらけの中で営っていたから、ダメもとで入ってみた。
店2.jpg
店3.jpg
店の女の子ひとりだけだったがあとから店主が戻ってきた。両替にでも行ってたらしい。
女の子は愛想ゼロです。小せぇ声にならない声で「いらっしゃいませ」と言ったかどうか。
店内1.jpg
券売機.jpg
凄いのがこの券売機、写真ボケボケですが、横5列×縦12列のボタン、総計60個のボタンは全て埋まって光っていました。欠品、赤いバッテンが無かったのである。メニューが多いので私がチョイスした黄金スープがなかなか見つからなかったくらい。
上段の横5列×縦5列が麺類でした。見える範囲で列挙します。
1段、鶏白湯黄金、濃厚鶏白湯、ガツ盛りまぜそば×2つ、鶏白湯辛味風、
2段、長浜屋台、長浜屋台チャーシュー、次は不明、やみつきしびれ濃厚鶏白湯、黄金フォー、
3段、濃厚つけ麺並盛&中盛、濃厚辛味噌つけ麺並盛&中盛、黄金らーハイ、大盛、替玉
4段、濃厚つけ麺大盛&特盛、濃厚辛味噌つけ麺大盛&特盛、長浜乾杯セット、全部のせ、半替玉
5段、味付玉子、老舗○○屋のり、青葱、玉ねぎ、きくらげ、
6段、旨辛もやし、鶏つくね、鶏チャーシュー、野菜盛り合わせ、全部のせ祭!
7段、旨辛ねぎ、パクチー、メンマ、水菜、チーズ、
8段、半ライス、明太丼&明太マヨ丼、雑炊ごはんラーメン用、鶏チャーシュー丼、豚キムチチーズ丼、
9段、ライス、もつ煮丼、玉子かけご飯、鶏つくね丼、鶏皮まみれ丼、
10段、生ビール&瓶ビール、ハイボール、缶レモンサワー&缶グレープフルーツサワー、次とその次は不明、
11段、おつまみ(キムチ&メンマ)、おつまみ(鶏皮もやし)、おつまみ(???&炙りチャーシュー)、鶏盛り合わせ、ワンタン5個、
12段、月曜限定、プレムアムマンデーの生ビール、角ハイボール、危険トウガラシペースト、激辛パウダー、とりかわ、
チェックしながら入力してたら疲れてきた。これだけあってどれもこれも完璧なら凄いですけどね。
トッピングの下、10段から12段を見る限り夜はラーメンBARなのでしょうな。いろいろ創作して頑張ってるのはわかりましたよ。
私の選んだのは1段めの左端、鶏白湯黄金、濃厚ではないヤツ。鶏白湯もこのトシになると食べなくなりましたね。
店内2.jpg
やはり椅子が高い。よっこらせと腰を上げて座ったら短い脚がブラブラする。
座った状態で見下ろした床です。
椅子から床を見下ろす.jpg
店内3.jpg
カウンターの上のセルフ冷水はレモン水です。家系だとセルフの冷水がレモン水だったりします。この店も正規の軌道から外れてヘンテコリンなメニューだらけだから、口直しにレモンを入れたのでしょうよ。
券売機を調整中の若い店長さんです。
券売機を調整中の店長さん.jpg
ラ1.jpg
愛想のないねえさんですが提供は早かった。これが黄金ラーメン、噂に違わず黄金色のスープといっていいんですかね。
ラ2.jpg
スープ以外の具は、チャーシュー、海苔、メンマ、パラパラっと載せただけだろ~の感がある水菜は歯間や歯茎にチクチクぶつかってジャマですな。
ラ3.jpg
ラ4.jpg
麺は美味しいですね。コシがあります。やや白っぽいんですよ。ラクサではないと思いますが。
ラ5白い麺1.jpg
ラ9黄金のスープ.jpg
黄金と謳うスープもさすがに美味しいです。明かりの反射によっては水晶のように光り輝くだろう。
チャーシューも美味しい。
でもやっぱりチクチクする水菜は要らない。
ラ6チャーシュー1.jpg
ラ7チャーシュー2.jpg
ラ8水菜.jpg
ラ10白い麺2.jpg
ラ11メンマ.jpg

店内6.jpg
美味かったけど店のねえさんの愛想の無さは私に対してだけでなく、あとからお客さん3人に対してもそうだった。だけどこういう店の子は慣れた客には愛想がいいんですよ。客を選ぶんです。それは店側の権利でもあるけどね。
まぁシャイなんだろうね。
戻ってきた若い店主は穏やかな方でしたが、店主もねえさんに気を遣ってか私語しまくりだった。
店4.jpg
東陽町2.jpg
火の鳥、
ファイヤーバード、
火焔のように全身が燃え立つ怪鳥、
ファイヤーラドン、
イーゴリ・ストラヴィンスキーのロシアバレエ組曲、
歌でいうとカルメンマキ&OZにあったな。自分は今でもカルメンマキ&OZの「火の鳥」はコード進行だけなら弾けますよ。
中村耕一氏がああいう事件で脱退する前のJAYWALKにも「火の鳥」があって、見たら私のiTunesにもまだ入っていた。今のJAYWALKは、昔の名前でまだ頑張っていますの感しかないけどな。
火の鳥、この地で長く営っているこの店は、こんな時勢でも普通に営ってそうだからホントに不死鳥なのか。いろいろ奇を衒った感があるが、他であまり見ないニュージャンルのスープだった。
コメント(4) 

コメント 4

熊猫

「立ち飲み処」とありますね。
この店は夕方になったら、立ち飲みに変わるのでしょうか。

と思って調べたら、「ひのとり」の隣のお店みたいですね。
「ひのとり」の看板と同じえんじの看板なので、思わず「ひのとり」が二毛作かと思いました。
by 熊猫 (2020-05-21 14:00) 

くまねこ

こんにちは。

私なら「火の鳥」といえば、手塚治虫先生の作品ですね (^-^)

ラーメンに水菜ですか。
味が染みないし、くせもあるし、馴染まないと思いますが。
珍しいですね。
by くまねこ (2020-05-21 14:08) 

船山史家

BBB熊猫さんこんにちは。
券売機の上から10段め11段め12段めにアルコール類やつまみ系が打ってあります。なので夜は居酒屋に変身すると思うのですが。立ち飲みなのかどうか。
ラーメンも置いてある居酒屋バージョンですかね。長くいる店じゃなさそうです。夜は愛想がよくなるのかも。
熊猫さん立ち飲みお好きですよね。
by 船山史家 (2020-05-21 18:18) 

船山史家

くまねこさんこんにちは。
ああなるほど。国民的には手塚治虫先生の火の鳥ですね。
ラーメンに水菜は合わないと思うのです。何だかチクチクするのとスープが冷えるだけというかね。箸で摘まみ難いし。
青菜だとホウレンソウがいいのですが、青物は季節によって価格が安定しない時があります。水菜はハウス栽培というか水耕栽培だから安定しているのでしょう。
ホウレンソウを出す店は、くったくたに茹でて、ちぎった青物が載せられますけどね。
by 船山史家 (2020-05-21 18:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。