SSブログ

相楽 [ラーメン]

しばし、昨年の貯金、ストックで凌ぎます。
一昨日昨日と毎度毎度の本厚木のどさんこでズッコけましたが、県央部エリア内で人の動きが頻繁にありまして、その度、厚木市内の行政に来なくちゃならないのです。
大事大事な資格証明書を搬送用の筒やクリアケースに入れてね。
カバンが重たいよ。
歩く1-1.jpg
でも今日はおばちゃんどさんこが定休日なので、今日は(今日だけ?)この店です。
歩く11店1.jpg
廃墟物件に無理して灯りが仄かに点いているようなこの店は偶然見つけました。昨日の記事の後、さすがに「他にいい店はないかなぁ」と考えたのですよ。
本厚木駅界隈に店はないかと。
歩く2.jpg
歩いたんです中央通りを延々と。中央公園西側から中町、総合福祉センター入口、とうとう東町郵便局前まで来たのですが、途中シャッター商店街になっちゃって1軒もありませんでしたね。
歩く3この先は橋-1.jpg
その先は相模大橋、相模川を渡ったら海老名市ですから。バカらしくなって川の土手に下りました。
ヒマにもそんなに歩いたのは、次のアポが、某支店で2時に社員2名と面談だったので、それまでの時間が余ったのです。
歩く4橋を渡るわけにはいかない.jpg
相模川の土手に佇んで風に吹かれているところ。
歩く8相模川.jpg
丹沢おろしは埼玉県の秩父おろしや上州三山から吹くからっ風ほどではないが、強風で冷たい時がある。でも今日は暖かかった。
仕方がないな。諦めて駅まで戻ろうと方向を変えたら、川の土手から入った公園に何かあるぞ。
歩く5何かあるぞ?.jpg
私はこういうのを見るとついつい駆け寄って見るクセがあります。碑とか標柱とか掲示板とか。駆け寄ってみたら忠魂碑とか開墾碑とか、町内会の掲示板だったりすることが多いけどね。
グルッと廻って公園に入ったら、それは下野国烏山藩の陣屋跡、飛び地を治める代官所の跡地だった。
歩く6烏山藩1.jpg
フムフムと眺めて、まぁ知らなくても日常に不自由はないし、これだけならBlogのネタにもならんなとお蔵入りしかけて駅方面に歩いて戻りました。
歩く7烏山藩2.jpg
小田急線高架下を歩いています。
あのまま歩いて高架をアンダークロスしてその先に行けば、麺や食堂厚木支店、本丸亭、藤本、他、幾つかあるのだが、そこまで行ったら公用圏内を外れてしまうのでパス。
歩く9小田急高架下.jpg
駅方面に戻る途中にバスロータリーがあって、そこのWCを借りた。まぁキレイなWCでしたね。バス運転手のご用達WCでしたよ。
で、そのロータリー脇にあったのですよ。この店が。
歩く11店2.jpg
失礼ながら私は廃屋、廃墟かと思ったのよ。
でも営ったんです。中にお客さんいたもの。
蔦が絡まってるんだ。静岡の廃屋酒場か、もう取り払って壁を塗りなおしちゃったけどそうなる前、高崎のすみれ食堂みたいだ。
この日はどさんこオバちゃんで済ませているので、記憶にとどめてるだけで立ち去りましたが、後日、重たいカバンを持って再訪することになった。
その日は本厚木駅から歩いた。本厚木駅北口から小田急線沿いに東側へ300mほど離れたところにある厚木バスセンターの端です。
歩く21交差点-1.jpg
バスセンターは上がペデストリアンデッキで、厚木サンパークという公園になっている。そのせいでやや薄暗くて寒い。そこの目立たない奥にポツンとあった。
歩く23バス乗り場へ.jpg
歩く25バスロータリー2店が見える1.jpg
向こうに見えます。あそこまで歩くのかと思うよね。
歩く26バスロータリー3店が見える2.jpg
ぐるっと廻って歩いて店全体を見ると、そこだけ取り残された1軒、旧い店、またこう言っちゃぁ失礼ですがボロい店ですよ。
店1グルッと廻って.jpg
店2潰れたゲーセンに見える.jpg
店3くたびれてるな.jpg
くたびれた赤レンガの物件は、左の相楽、右にも何か別の店があったんだね。店名を剥がした跡が見えるし、板で封をしてあるし。
廃墟になったゲーセンか、入っちゃいけない敷地にある倉庫か。営ってなければ廃屋みたいで「関係者以外立ち入り禁止」の札とチェーンが引いてあってもオカシくなさそうだ。
店5蔦が絡んでる1.jpg
バスロータリーに面してるとはいえ、背後のロケーション的にはホントにこれだけ取り残されているんですよ。
バスと反対側(東側)はダダっ広い駐輪場になっていたが、自転車の数は広さほど多くなかった。コロナ感染拡大で自転車の契約数が減ってるのかもしれないが。
店4幟.jpg
幟も出ている。行燈も出ている。でも電光看板が「営業中」に光っていない。
営ってるのかどうかわからん。
店6営ってるのかな?.jpg
暖簾は出ている。営っているのかな。訝しんで近づいたらコカコーラの自販機に「営業中」の札が架かっていた。
メ1.jpg
これが外に置いてあったセットメニュー、日に焼けたかバスの排気ガスで燻ったか。一部がドス黒くなっている。
ここまできて入り口前でも入ろうかどうしようかと躊躇しちゃうほどです。
メ2.jpg
よし、怖いもの見たさで入って見ようと引き戸を開けたら何と4名も先客がいて、ウチ2名はバスの運ちゃん、1人は女性客だった。
奥行も幅もある広い店内で、後で数えたら、駐輪場側のカウンターが9席、壁にマンガ本がたくさんあった。フロアにテーブル4席×3、2席×2、私がいる奥のカウンターが3席です。キャパ数が30人弱といったところ。
店内1マンガだらけ1.jpg
店内2マンガだらけ2-1.jpg
店内3-1.jpg
テーブル間隔などは余裕を持たせている。これ以上席を増やしたら、この後登場する女将さんが「アタシゃやってらんないよ」ってな感じです。
私がいる席の卓上と厨房の入口は、お世辞にも整理整頓してあるとは言い難いね。ティッシュ、消毒ポンプが3つ4つ、灰皿が積んである。
灰皿?
この店は喫煙可なんですよ。だから客同士が近くなると、昨今の健康法で喫煙場を追われた可哀そうな喫煙者と接する可能性も低くはないんだよね。そのうえ漫画本がたくさんあるから寛いじゃってさ。長い時間煙が薄っすらと漂っていたよ。煙草の煙のニオイを久々に嗅いだ。懐かしくもある。そのうち慣れた。
外で黒くなっていたのと同じメニューですが、カウンターの壁に上下が挟まっているのがわかりますか?
メ3.jpg
女将さんが冷水を持ってきた。私は挟まっていたのを力づくでベリッとを引き剥がしてしまい、左下のチャーハンとラーメン1010円(ハンパな10円は何か意味があるのか?)を指して「これね」と言ったら、女将さんは煙草か酒で潰したシブイお声で、
「アイ、チャーハンとラーメン、普通ですね。お味は如何なさいますか?」
「???」
「ふつう味、ピリ辛味、コッテリ味とありますが」
「ああ、ふつうでいいですよ」
「ハイ」
そう言って女将さんは、私が壁から剥がしたメニューを壁の隙間にグサッと差し込んでもとどおりにした。
「あ、外しちゃいけなかったのね」
女将さんは気持ち目を細めた。マスクしてるから口許は見えないが、ニヤッと笑ったということにしておきましょう。スタスタと厨房に入っていった。遠目に見た厨房にはご主人?旦那さん?ひとりで調理していましたね。
メ4.jpg
その間、1名、また1名、そして3名、お客さんが入ってきて、ひとりカウンターでラーメン食べてた女性が出ていった。
「ゴメンね、バタバタしちゃって」
見送りまでしてたんですよ。常連さんらしい。固定客がついているようです。駅から離れてるし、だいたい本厚木駅で小田急に乗る乗客はこのバスロータリーまで来ませんから。ひとつ手前のバス停、本厚木駅前でバス下りますよ。
ということは知る人ぞ知る店だろうか。というか知らなきゃ来ないなこの店は。昔からの常連さんぽいのがどんどん客が入ってきたのです。
ゲンバーマン3名入ってきて入口側の4人テーブル席、女将さんはスタスタスタスタ(この音が印象に残った)歩み寄ってオーダーとって、またスタスタスタスタと厨房に戻って、旦那さんにオーダー告げて、調理補助やトレイにスタンバイする作業で忙しいこと。往復する距離が長いのです。
まぁひとりでフロアを仕切っていることを考えたら、なるべく厨房に近い席にして女将さんのスタスタ往復運動の距離を短くしてあげた方がいいかもね。
メ5.jpg
見てると半チャーハンとのセットがよく出てますが、その他、いなり、お握り、ミニ親子丼、ミニカレー、餃子も3個からでニンニク有り無しと、セットとしては意表をつくラインナップです。
スープもさっき女将さんが言った3種類、普通、ピリ辛、こってり、メニュー裏にはラーメン他の麺類がそれ也にあります。
定食類は無いです。野菜炒系も無いです。つまみで何故か生姜焼とだけあるくらいで定食にはなってなかった。裏メニューであるかもしれない。
このキャパと店側の人数で定食類まで導入したらタイヘンだと思う。そこをお握りだの稲荷寿司だので穴埋めしてるのかな。
ラ1チャ1.jpg
ラ2.jpg
ラ3.jpg
^-ラ4.jpg
美味しいですっ!
薄っすらと脂も浮いています。あっさりだけどコクと甘味があすスープ、
上手く言えないのですが、比べて悪いけど、こないだ食べた東十条のクラシックなラーメンよりも全体的に遥かに美味しいではないかい。
メンマ、チャーシューも悪くないです。青物もあるし、水で戻したペラペラ、フニャフニャしたワカメなんかより全然いいです。
ラ5麺.jpgラ6チャーシュー.jpg
ラ7メンマ.jpg
ラ8スープ.jpg
ラ9青物1.jpg
ラ11青物2.jpg
ハーフのゆで卵もある。頑張っていると思います。
ラ12タマゴ2.jpg
チャ4.jpg
チャ2.jpg
チャ3.jpg
チャ5.jpg
白菜漬.jpg
ご馳走様でした。ちょっと侮れない、隅に置けない味でした。
さて会計しようとしたが、女将さんは入口側テーブルの3名さんに、麺類とチャーハンセットをスタスタ歩いて運んでいた。3人だから3往復するわけです。しばらく待ってたらスタスタ音が消えたのでカオを上げたら、女将さんが小銭を両替してた。
立ち会って10円玉と千円札1枚置いた。
「意外と美味しかった」
意外は余計かも知れないが、
「あら、そぅおぅ?」
???
店21行燈.jpg
入り辛い雰囲気だが、入ってしまえば老夫婦でやってる昭和食堂、人気店だったんですよ。
店の外観とは違うということ。
外見で判断しちゃダメだということ。ちゃんと営業してるんだから。
でも見ため、外観も大事だけどな。
だが。。。
店24ぐるっと回ってみた駐輪場側から.jpg
店23蔦が絡んでる3反対側から見る.jpg
何だか立ち去り難かった。何かモヤモヤした気分がある。それは、この店が何故、この旧いままで取り残されているのかということ。
それは何かすぐにわかった。裏に廻ってみた。
店26駐輪場との境目.jpg
店27駐輪場遠くから見る.jpg
このとおり広い駐輪場に接しているのですが、さっきも述べたとおり停めてる自転車は少ない。
敷地内も手入れしているように見えない。係員すらいなかった。歩行者がロータリーを避けて突っ切る近道みたいになっている。
そしてこんなものが!
令和3年4月に何かが起きる.jpg
「自転車ご利用の皆様へ。当駐輪場は、複合施設建設予定地のため、令和3年4月末をもちまして利用を終了とさせていただきます。」
この駐輪場は廃止になる。そしてこのMAPにある「中町1丁目駐輪場」区画には、この店が取り込まれている。ということは、駐輪場が利用終了になる令和3年4月末以降、この場所での存続は危ういということではないか。
だから今更、手を加えたりしないのだろう。
店名と、厚木市、再開発で検索すると、この店の今後について懸念する記事があがってきた。
厚木市HPにはこんなMAPがあって、
厚木市再開発MAP.jpg
このMAPの⑧中町駐車場はコの字になっていて店は含まれていない。かとうって、そこだけ残して再開発もないだろうから、いずれ消えゆく運命なのは間違いなさそうである。
歩く11店1.jpg
行かれるなら今のうちですぞ。
コメント(6) 

コメント 6

熊猫

ジャンさん。

外観は廃墟ですが、店内はいたって平穏ですね。
「チュウハイ」にそそられます。

行きたいなぁ。

by 熊猫 (2021-01-14 13:30) 

みー

昨日の最後の写真を見て、気になって口コミ検索してみました。
「入るのに勇気がいる店です」って!
確かにそうですね。よく思い切りました(笑)
ワタシ好みのラーメンです^_^
by みー (2021-01-14 15:15) 

くまねこ

こんにちは。

若い店主さんなら、移転して続けることもありそうですが、
なんとなく、そのまま店を閉めてしまいそうな感じですね。
行く末が気になりますね。
by くまねこ (2021-01-14 16:08) 

船山史家

熊猫さんこんにちは。
外観はそうとしか見えないですよね。昔は他にも店舗がひしめいていたのでしょうか。
明日も厚木市に行くのですが、さてこの店に再訪するか、もとのどさんこおばちゃんで人間ドラマを見るか。
着いたら決めます。投げたコインの表裏みたいに。
by 船山史家 (2021-01-14 18:30) 

船山史家

みーさんこんにちは。
私もかなり躊躇しまして。この外観で、中にお客がいるのかいないのか見えないし、営ってるのか営ってないのかわからない店だと私でも多少の勇気は要りますね。
他にも店が並んでたりすればいいのですが、これだけポツンと取り残されてますから。
それでいてラーメンはトテモ美味しかった。意表を衝かれました。意外でした。
by 船山史家 (2021-01-14 18:33) 

船山史家

くまねこさんこんにちは。
厨房が殆ど見えないのですが、僅かに見たところ、店主も高齢のように見えました。
聞いてみたいですけどね。「駐輪場が閉鎖になるみたいだけど、この店はどうなるの?」って。
答えはわかってるような気がします。
もうちょっと早く知り得ればよかったとも思うし、先が見えてるなら入れ込まなくてもいいやって思ったりもします。
明日も厚木市に行きます。さて、どうしうようかなと。
by 船山史家 (2021-01-14 18:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。