SSブログ

蓼科 [グルメ]

赤坂見附1.jpg
スタンド蕎麦探訪が続いている。
緊急事態宣言発令中でのGWの谷間、平日に通常出勤してたら、町中華が営ってないもんだから路線から外れてしまったのだ。
「あまりそういう食事が続くのは如何なものかと」(ジャン妻)
「だって他が営ってないんだ。野菜天ぷら食べてるから大丈夫だよ」
野菜を摂取してると威張ってみても、油も多く摂ってるからあまりよくはないかもな。
「弁当作ってあげようか」
と言ってはくれたが、働く大人たちのサラメシじゃないけど、あれは内勤だからできることで、私は昼時刻に何処にいるかわからないのだ。これから暑くなるし。
外飲みが全くできなくなったし、昼も弁当になると記事ストックが無くなってしまうじゃないか。
赤坂見附3-1.jpg
さて、赤坂見附駅の真上に立ち食い蕎麦の名店があるという。
汁も濃く、カレーがストロングポイントだと聞き及ぶ。
あるBloggerさんの記事を見て知った。赤坂見附は銀座線と丸ノ内線がホームを共有、並行してるので乗り換えに便利のイメージしかなく、外の世界に出たことは一度もない。初めて出ました。地上に出るまでが短かった。銀座線も丸ノ内線も浅い深度を走っていた。
彼方に見えるホテルはニューオータニですかな?
赤坂見附2-1.jpg
角地にある店、外の壁にメニュー写真がある。
店1.jpg
店2.jpg
カレーに自信があるようだね。
店3.jpg
店4.jpg
店6.jpg
券売機.jpg
では初回入店、券売機でミニカレー&天ぷら蕎麦をONしたら、それを見ていたのか、モソ~ッとした店主が、
「天ぷらをお選びください」
海鮮、タマネギ、春菊、ゴボウ、同じぐらいの大きさのかき揚げがドサドサドサッと待機していた。隠れて見えなかったが、カツやコロッケもあるようだ。
かき揚げはどれも同じ値段らしいね。
かき揚げ1-1.jpg
かき揚げ2.jpg
かき揚げ3.jpg
海鮮にしようか野菜類にしようか迷ったが、
「タマネギ」
「・・・」
店主は黙って蕎麦を茹で、ご飯をミニ器に盛ってカレールゥを塗し、丼に汁を移し、タマネギのかき揚げを載せ、刻みネギをドサドサドサッ、
かき揚げ4-1.jpg
オッちゃん1-1.jpgオッちゃん2-1.jpg
おや?この奥は何だろう?
向こうは何だ?.jpg
お盆、トレイで提供された。だけどカウンター上にかき揚げトレイが鎮座しているのでそこに置けない。店内はかなり狭く、何処で食べたらいいのか。
頑張っても二人ぐらいしか立てない荷物置き場のような三角コーナーがあるだけである。仕方なくそこへ持ってったら、
「奥で座って食べられますよ」
「???」
テーブル席フロア1.jpg
奥というか隣の店です。壁1枚隔ててALLテーブル席のフロアがあったのだ。繋がっている隣の店に持って行くのです。
隣の店、ビールジョッキが待機しているから居酒屋らしいが、そこと繋がって運命共同体のように連携、場所を貸借しているらしい。
そこに先客さんが1名いた。もうひとり店主がいた。奥からこれから働こうとするオバさんが着替えて出てきた。
テーブル席フロア2-1.jpg
緊急事態宣言延長中なので、酒類の提供ができないから貸してるのかと思ったが、前からそういうスタイルらしいね。
立って食べるわけにもいかず座った。アタマの上にTVがあってワイドショーが流れている。何が何でも開催したいのか東京五輪開催の是非、ワクチン接種の実態、大病から復活した水泳選手への「辞退の声をあげてください」選手に要求するのは筋違い、そんな問題が取り上げられている。
か1カ1.jpg
デカいかき揚げです。円盤型になっている。
か2.jpg
か3.jpg
汁も濃そうです。ネギもたくさん浮いている。フニャフニャしたワカメなんてのが入ってないのもいい。
か4濃そう.jpg
リフトアップしてひとくち齧ってから、円盤を廻すが如く、汁にクグラセてみたら、
か5リフトアップ.jpg
か6浸す1.jpg
か7浸す2回転させる.jpg
アッという間もなくボロボロボロっと崩れてしまった。
か8崩れた.jpg
湿った衣にくるまれたタマネギを摘まんでみたところ。
こないだ載せた築地の天花さんと比べてどうかなぁ。
か11タマネギ1.jpg
か12タマネギ2.jpg
蕎麦をリフトアップ、コシはないけどモサモサ感は少ない。だいたいサッと茹でて出される立ち食い蕎麦にコシなんてあるのか。
か9蕎麦1.jpg
か10蕎麦2.jpg
汁が美味しいですねぇ。濃くてジャンクで美味しい。崩れた衣がドロドロに溶けて美しくないけど深みが出てきた。
か13蕎麦3.jpg
この店のウリ、まったりした甘辛のカレーです。日に焼けたギャルの肌みたいな褐色のルゥ、辛さはあまり感じなかった。塩気も少ないと思う。ご飯が意外と多く、小さい也にボリュームがある。
カ2.jpg
カ4.jpg
居酒屋?.jpg
今まで食べてたテーブル席フロア奥に喰い終えた器を下げる場所があって、そこまで歩いて置いてから、さて、どっから出ようか。
このテーブル席フロアにも出入り口があるのだが、敢えてそこから出ないで最初に入ってきた狭い側に戻り、券売機がある入口から外に出た。さきほど蕎麦を茹でたオッちゃんが所在無げに立っていた。
店5.jpg
券売機、受け取り、テーブル席に移動、奥の下げ場、また戻る、2店くっついているとはいえ短くない距離を往復歩いたことになる。立ち食い蕎麦じゃなかったのである。立ってないけど、座って食べたけど、スタンドそば屋の中ではレベルは高い方だと思います。
揚げ台に並んでるかき揚げ、全て制覇してみたい。
コメント(4) 

コメント 4

モノノフ

うん、このカレーライスならOKですね!
蓼科と言えば信州だったかな、だとしたらきっと蕎麦もOKじゃないですか(^o^)/

父が存命中にその頃新しくオープンしたばかりの、蓼科東急リゾートへ後にも先にもたった一度の家族旅行に行ってきました。
もうその父も姉もおらず、母は老人施設にずっと入所してる今が信じられません(^_^;)
その時に食べた蕎麦の味は忘れましたが、白樺湖近くの脱サラおじさんの店で初めて食べた山菜スパと明太子スパの美味しさは、今でも鮮明に覚えていますよ(^o^)/
by モノノフ (2021-05-18 15:23) 

くまねこ

こんにちは。

蕎麦屋って、割とあるものなんですね。
しかし、今日の店は2軒続きですか。
おもしろいですね。

それにしても、カレーの色の表現が・・・ (^^;)
by くまねこ (2021-05-18 16:17) 

船山史家

モノノフさんこんにちは。
そうです信州です。蓼科湖や白樺湖は記憶にあるので、ビーナスラインを走った筈ですが、あれは当時の仲間との付き合いで仕方なく乗ったんじゃなかったかなぁ。
最初のとっかかりはスキーだったと思います。ひとりスキー好きがいて、半ば強引にやらされて連れて行かれた気がしますね。今思えばああいう体育系のお誘いはパワハラみたいなもので、今だったら「無理に誘うな」って言えますけどね。
今は東名と中央を結ぶ縦貫道がありますが、当時はウチから中央高速に入るのが結構タイヘンだったんですよ。
だけど紀州のモノノフさんが信州旅行とは驚きです。遠くてそうそう行けない地での美味しい思い出は美しいものですが、儚くも哀しくもありますよね。
by 船山史家 (2021-05-19 07:00) 

船山史家

くまねこさんこんにちは。
都心にはかなりの数がありますね。忙しない会社員向けです。サッと食べて次に向かうという。
カロリー高いけど栄養バランスはどうかなと思いますけど。
2店は別々なのか共同経営なのか謎です。左のテーブル席が無ければ券売所と茹でる場でしかないです。左にも厨房があって、そこで何と!(今日の記事)
カレールゥの表現、自分ではなかなかいいと思ったのですが。
by 船山史家 (2021-05-19 07:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。