SSブログ

蓼科 [グルメ]

赤坂見附1.jpg
メトロ赤坂見附駅の真上にある蓼科へ向かう。
地上に出たら一定の間隔を空けての開店待ちの行列が。
国民は娯楽に飢えてるんだな。
赤坂見附2-1.jpg
向かう先に見える曲がった高層ホテルはニューオータニ、泊まったことある方、披露宴等で利用したことある方いますか?
赤坂見附3.jpg
店1.jpg
角地にあるスタンドそば蓼科、信州にちなんでいるのかな。そうは思えないけどな。
まだ早い時間ですが、今日は11:30~13:30の時間帯に移動と業務と窓口で拘束されるので、空腹でイライラしないよう先に済ませることにしたのだ。
食べ過ぎてもいけない。窓口で眠くなるから。私はここ何ヶ月か早朝覚醒が続いているので、移動中に眠くなるのですが、メトロで小まめに乗り換え移動してると眠る時間って無いんだよね。
店2.jpg
今日はこのセットにるすつもり。
店4今日はこれ.jpg
券売機がある右テナントに入ったら前回とは違うおっさんがいて、私が押そうとする券売機のボタンをじーっと注視してる視線を左の肩越しにチリチリ感じた。
押す前に振り返って、「これにするよ」とゴボウ天のボタンをツンツン押したけど、無言で無反応。
( -_-) ←おっさんの視線、
押して発券されるまで待機していた。
今日はゴボウ天・・・、いなり2個も。
トレイにいなりが2個置かれた。
店内2-1.jpg
店内4-1.jpg店内5-1.jpg
自分のカバンと、これから出される蕎麦や丼が乗ったトレイと2つ持ってくのが難儀そうなので、蕎麦を茹でて汁を移してる間に、壁一枚隔てた隣の居酒屋テーブル席にカバンを置いた。そっちには客はいなかったが、まさか置き引きに遭ったりしないだろうなと思ったりする。
店内6隣の店へ.jpg
店内1-1.jpg
カウンター上はかき揚げストックがたくさんあるから立ち食いは殆どできません。荷物置き場のような三角コーナー、これが唯一立ち食いできる場所ですが、隣の居酒屋が使えなかったら店として成り立たないです。
店内3唯一のカウンター.jpg
テーブル席に持ってきました。
ゴ1い1.jpg
ゴ2.jpg
ゴボウ天が円盤になっている。格闘マンガの得物、飛び道具みたいだが、この置き方、添え方はアリだと思う。
他所はどこも蕎麦の上にベタッと置かれるのでこの置き方は斬新です。汁に浸してないガリッとした部分と汁に浸かった部分と味わえるから。
と思えるのは最初だけで、箸で摘まんだ円盤をグルグルかき混ぜながら汁に浸していくとすぐにボロボロに崩れ落ちる筈だ。
ゴ3今日も汁が濃そう.jpg
ゴ4.jpg
ゴボウ円盤を底の方から摘まんで齧ってみる。
ゴ5摘まむ1.jpg
ゴボウなんて滅多に食べない。ゴボウを常食にしている国は日本だけだってホントですか?諸外国の料理の食材では見ないですね。
ゴ6底の方を摘まむ1.jpg
あれ?崩れ落ちないな。
表面ツルツル、テラテラのタマネギと違ってしっかり形状を保っている。衣が剥がれ落ちないのです。
ゴ7底の方を摘まむ2.jpg
蕎麦を引きずり出したけど、ゴボウ円盤は崩れない。
ゴ8蕎麦1.jpg
ゴ10蕎麦3.jpg
円盤を箸で断ち切って摘まんでみる。なかなか崩れない。しっかりした円盤天ぷらではないか。
ゴ11まだ崩れない1.jpg
ゴ12まだ崩れない2.jpg
終盤戦突入、まだ形状を保っている。
ゴ13まだ崩れない3.jpg
ゴ14まだ崩れない4.jpg
蕎麦が伸びちゃうので再度、蕎麦を引き上げるもまだ崩れてない。頑固な円盤天ぷらだな。
ゴ15蕎麦4.jpg
ゴ16蕎麦5.jpg
業を煮やして箸の先で分解してやった。ようやく崩れてきた。
ゴ17崩れた後半戦.jpg
残念なことにいなりは味が染みてないなぁ。
い2.jpg
い4.jpg
い6.jpg
噛みきった断面が真っ白でしょう。油揚げには味が染みてるけど。(そんなの当たり前だが)中身は冷たいご飯の塊でしかなかった。ジャン母が作るいなり寿司の方が全然美味しい。
写真を撮ってないですけど蕎麦の残り汁に浸して食べたんですよ。
やはりこの店のご飯ものはカレーなんだね。
店内7.jpg
店内8.jpg
そういえば。券売機がある右テナントには天ぷらストックがあるだけで揚げてる感じがしない。何処か他で揚げたのを運んできてるのだろうか。
そしあたら斜め前から揚げてる音が聞こえた。外に面した個室が揚げ場になっていて、そこで爺さんが天ぷらを揚げて油切りしていたのです。
店内9揚げてる-1.jpg
店3.jpg
ご馳走様でした。見てのとおり、右の蓼科、左の千成、別の店ですが中が繋がっています。右は券売機と天ぷらストックが置いてあって、そこで茹でて提供するだけで食べるスペースがない。左の居酒屋に移動して食べることになります。そこにも厨房があって今見たように天ぷらを揚げていました。
蕎麦屋なのか居酒屋なのか、屋号が違うだけで共同経営なのか、どういう経緯でこうなったのかは謎です。
店5.jpg
夜はどんな様相になるのだろう。居酒屋の喧騒の中で蕎麦をすするのだろうか。
いつか名物のカツカレーいったらUPしますね。
コメント(4) 

コメント 4

モノノフ

確かにこの見た目では稲荷寿司は残念な感じですね、私は関西人ですが稲荷寿司に関しては東京下町の濃い味のが好きです♪

そうそう、今日病院でとんでもない我が儘男を目撃しましてねぇ(^_^;)
以下、三好鉄生の名曲の替え歌で贈ります♪

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

ちっちゃい男がいたもんだ♪
病院であれこれ駄々捏ねて♪
お風呂へ行かせと騒ぎだす♪

誰もが我慢しているなかで♪
我が儘ばかりの情けない男♪
はっドンドン♪

ちっちゃい男がいたもんだ♪
看護師つかまえ駄々捏ねて♪
みんなの仕事の邪魔をする♪

誰もが我慢しているなかで♪
我が儘ばかりの情けない男♪
はっドンドン♪

ちっちゃい男がいたもんだ♪
他の患者は見過ごして♪
俺だけ不自由とケチつける♪

誰もが我慢しているなかで♪
我が儘ばかりの情けない男♪
はっドンドン♪
by モノノフ (2021-05-19 12:04) 

くまねこ

こんにちは。

戦時中に日本が敵国の捕虜にゴボウを食べさせたのが、
戦後「捕虜虐待」に該当する、とされたそうですね。
「草の根っこを食べさせるなんて!」
だそうですが、日本人は喜んで食べているのにね (^^;)
by くまねこ (2021-05-19 16:58) 

船山史家

モノノフさんこんにちは。
スタンド蕎麦とかき揚げは充分美味しいですが、稲荷寿司は真っ白で冷えた飯の塊でしたので残念。
私は五目稲荷寿司のような具がゴチャゴチャ入ってるのは苦手で(細かく刻んだ椎茸とかニンジンとか)シンプルに酢飯だけでいのですが、寿司って感じもしなかった。
入院は人間ドラマあるあるだそうですが。病中徒然に替え歌作詞されましたか。その辺の人間模様をUpされては如何でしょう。
もと歌は「すごい男の歌」ですかね。歌っていたあの人は今は何をされてるのでしょうか。2曲で終わってしまった感があります。
by 船山史家 (2021-05-20 07:13) 

船山史家

くまねこさんこんにちは。
そうそう、戦時中にはそういう事件もあったそうですね。食べさせた将校は戦争犯罪人になったそうですよ。栄養価も高いのにね。
ゴボウサラダとかもあるのに。高崎の「なかじゅう亭」というラーメン屋で、メンマかと思って摘まんだら飴色のゴボウでしたよ。
ゴボウは豚汁に入れたのが好きですね。
家では滅多に出ないです。ジャン母は煮物によく使ってましたね。
by 船山史家 (2021-05-20 07:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。