SSブログ

馬場家の食卓 [居酒屋&人間ドラマ]

いきなりメニュー載せます。
メ7.jpg
メ6.jpg
メ5.jpg
メ4.jpg
メ3.jpg
メ2.jpg
メ1.jpg
6月20日まで延長になり、しばらく居酒屋に行けそうにないので、お蔵入りしかけてた記事、写真に火入れして掲載します。
緊急事態宣言の発令前、駆け込みのように連れて行かれた店です。
「そうなる前に是非、〇〇さん(私のこと)をお連れしたかった」
そう誘ってくれたのはK部長、ジャン妻のもど上司さんであります。昭和から平成半ばにかけてのプロレスファンで、社内でその世界にいちばん詳しい人です。
日頃は穏やかに話す方なのであまり喜怒哀楽の怒を出さない人ですが、意外に人間の好き嫌いが多く、普段親しいように見えてる人でも、実はアイツは嫌い!ムカっと来る!〇〇の分際で!そういう負の感情を心中に押し殺して隠し持っている人。
社内の人間関係を遠巻きに俯瞰して見ておられるんだな。
裏の情報通でもある。ディクソンと違って重要なネタを内々にリークしてくれるので私は助かることが多い。
その人に誘われて行った店なのですが、もう場所は覚えていないのです。新橋のどっかの路地から地下に潜ったら、そこに故ジャイアント馬場さんの像がお出迎えしてくれた。
馬場さんがお出迎え.jpg
生前、お履きになってた靴とかも。サイズがデカいです。子猫だったら靴の中に入れそうです。
馬場さんの靴2.jpg
サイズ的に国内では手に入らないから外国に行った時についつい買ってしまい、履かない靴の方が何十足も多かったとか。子猫が入って昼寝してたってのも実話らしい。
店内フロアに下りたら地下とは思えない広さ、高さ、リングでも置けそうである。
店内7出る前に見下ろす-1.jpg
レプリカかもしれないが、現役時代のベルト、ガウンが飾られている。
店内1-1.jpg
ディスプレイが2つ3つあって、現役時代のVTRが流れている。
店内2VTR1.jpg
店内4VTR3-1.jpg
店内3VTR2-1.jpg
乾杯1-1.jpg
乾杯2-1.jpg乾杯3-1.jpg
宴たけなわ.jpg
たいしたおとおしじゃない.jpg
ジャン妻と3人、斜め向かいになって軽く飲んだのですが、料理はまぁたいしたことなかった。
時勢が許せば複数人数で十六文サイズのハンバーグとか、カレーライスやシチュー、そういのを取り分けて摘まんだ方がいいと思います。
「この店で皆でパァッとやりたかったんですが、そういうわけにもいかなくなりましたね」
グループ向きですね。
サラダ1.jpgフライ.jpg
サラダ2.jpg
K部長さんは情報通、彼がもたらす前情報や裏情報に私やジャン妻が助けられたことも多い。どういうツテがあるのかわからないがこっちの知らない情報を抑えているんです。
言葉や声音は優しくて丁寧なんだけど、心中何考えてるかわかんないところもあるんだな。話を聞いてて「えっ、あの人のことをそう思ってたんですか」って驚くことが多々ある。
K部長さんも取締役なんだけど最近の取締役の人間関係をよく思っていない。特に昨年の政変でエリア長からナンバー2に抜擢された部長さん(私の異動先の上長さん)に良い感情をお持ちじゃない。
「アイツはガキのクセに」って憤懣やるかたなかった。
確かに私から見ても子供ではある。口の利き方がなってない。エリア長から抜擢されたから、それまで同格だったエリア長、特に男性エリア長からは「上から目線!」評判が悪いのだ。
「ナンバー4とナンバー5を立ててないよね。それでいてナンバー3(うるさ型の毅)のことを怖がってるし」
「私はそのナンバー2の部署に異動願を出してるんですけど」
「別にいいんじゃないですか。〇〇さん(私のこと)はディクソンさん(異動前の上司)の下よりも、仕事の面ではあっちの部署の方が合ってるでしょう」
そこは穏やかだったが、次にこう言ってきた。
「でも〇〇さん(私のこと)はナンバー2のことどう思ってます?好きな上司と言えますか?」
さぁ何て応えようか。
こういうところがコワいのだ。こっちも社内でそれ也の貫目があるからいいけど、人によってはうっかり返事できない内容である。
「好きとは言えないですね。むしろ嫌いかなぁ。」
「でしょう。あのネチネチした言い方がねぇ」
「あっちに移った方が仕事がやりやすいから移るんであって」
たしかにナンバー2はハツラツとはしていない。数字に強いから抜擢されたんじゃないかな。だからジャン妻はやりやすいみたいだけどね。

「ナンバー4とナンバー5を立ててないよね」と仰っているが、私は逆の見方もしている。ナンバー4とナンバー5はナンバー2を軽く見てるのです。彼らの態度に節々に現れている。
ナンバー4とナンバー5は陰ではナンバー2を呼び捨て「さん」付けしてない。その感情は自分らのアタマ越しにジャンプしてナンバー2に収まったからだろう。ナンバー2が顧客からのトラブル処理に対応していても傍から助けたり援護射撃をしようとしない。サーッとその場からいなくなったりするんだな。

K部長さんはディクソンに対してはガマンして付き合ってるといった感じだったな。でもある一件で、非人情なヤツだなと思っている。
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2021-03-16
K部長さんの部下が辞意を表明したが、コロナで退職日を延期になった。ディクソンは「今回だけですよ」と釘を刺したあの一件、まだ根にお持ちのようです。
チャンチャン焼き.jpg
ポテトとワイン-1.jpgキャベツ.jpg
オム.jpg
こうやって書くとK部長さんは得体の知れない人物のようだが、人情家でもあって、役つきでない一般社員が困っていると必ず助言するし、浮いてる感のある社員には1日1回、必ず声をかけている。
私や毅はそれが職場の私語に見えて「うるせぇなぁ」って思っていたのだが、この日でやや見方を変えた。
「N子さん(ソリの合わないオンナ)はDON子さんを自分のとこに囲って、W美さんと隔ててたでしょう。だから自分は何かあるとW美さんに積極的に声をかけようとしているんです。」
ソリ、DON子、もうひとりの女性がW美です。私はW美を嫌いではないが日頃はあまり話さない。業務が被らないからです。女性3人の私語に入る気もないし、W美も用がない限り話しかけてこなくなった。唯我独尊で孤独な女性なのです。
ソリもDON子も陰ではよく言ってない。
「でもあの子(W美さん)も悪いよ。ロクすっぽ挨拶もしないじゃないですか」
「そう、彼女の態度も悪いんだけどね。でもね・・・」
・・・の後、擁護が続いた。どちらか一方の意見、側面だけで判断しがちだということや、もう反対側の私見を聞いてもいいんだけど、結局は己で判断するしかないということかな。
店内5見入るファン-1.jpg
店内6-1.jpg
VTRで流れる試合は馬場さんの試合ばっかりでしたね。スタンハンセン戦とか。
K部長さんに、私がプロレスファンだった頃、記憶に残ってる試合を挙げてみた。ジャン妻はオモシロくもなさそうに聞いていた。
チャンカー、ビルロビンソンVSモンゴリアンストンパー
最強タッグ特別試合、ハーリー・レイスVSタイガー・ジェット・シン
仲間割れアングルの失敗作、ブルーザーブロディVSジミースヌーカ、
マニアックで通をうならせた、カンナムエキスプレスVSマレンコブラザーズ、
四天王では田上明のファンだったのだが、それも映らない。馬場さんばっかりだった。
「あのVTRは、個人で楽しむ為で、ホントは営業で流しちゃマズくないですか?」と突っ込んだら、この店は馬場さんの奥様、あの有名な元子さん(故人)の甥っ子さんが経営する会社が母体で、馬場さんの肖像権、グッズとかを管理している会社が運営しているそうである。
コースタ.jpg
私は馬場さんが亡くなってから徐々にプロレスファンからフェイドアウトしていった。見なくなった。
最後に観戦したのは横浜アリーナ、神取忍と北斗晶がタッグを組んだあれだった。
今は暴露本の多さに辟易している。でも語り部は少なくなったね。新間寿さんもご高齢だし。
前田日明さん、キラーカーンさん、高千穂明久さん(カブキ)藤原喜明さんは言ってることが一貫して同じですね。どのインタビューを見ても同じだしね。
桜田一男さん(ケンドーナガサキ)も亡くなった。グレート小鹿さん、タイガー戸口さん、遠く米国から佐藤昭雄さん、語り部は少なくなったものだ。
K部長から裏情報や知らなくてもいいネタを知ったので私は若干混乱した。でもK部長がW美を想う気持ちを知ったので、この日の翌日、K部長さんがW美との私語に私を巻き込んだので、昨日の今日だから私も会話に乗ってあげました。W美はウレシそうだったな。
コメント(8) 

コメント 8

モノノフ

ジャイアントロボの例の「ムアッハ」と言う掛け声は、ジャイアント馬場の真似しいやと子供の頃信じてましたが、本当のところどうだったんでしょううね?
by モノノフ (2021-05-30 12:56) 

船山史家

モノノフさんこんにちは。
ジャアントロボ!
懐かしいですね。観てましたよ。海獣ダコラー、巨碗ガンガー、目玉のお化けガンモンス、イマイチ冴えない造形なのが逆によかったですね。
馬場さんの声真似?(笑)
かけ声は「バッ!」「マッ!」だと思いますが。
子供の頃、最終回で泣きましたな。
by 船山史家 (2021-05-30 14:31) 

くまねこ

こんにちは。

プロレス、わかりません。
でも、ジャイアント馬場の名前は知っています。

たぶんですけど、「巨人の星」に出ていたような・・・
by くまねこ (2021-05-30 16:29) 

船山史家

くまねこさんこんにちは。
出てたと思います。プロレス入りするまでは巨人に在籍していましたからね。
週刊ゴング(廃刊)で故・菊地孝さんが書いた記事を見たことがあります。タイトルが凄くて「ジャイアント馬場は本当にヘボピッチャーだったのか」菊地さんは馬場さんと仲良しだったからこんなタイトルがOKだったんでしょうけど。2階からボールが飛んでくるって言われたそうですよ。
でも大成せず自由契約になって、プロレスの世界に身を投じるのですね。
by 船山史家 (2021-05-30 16:48) 

ショウ

ここ、烏森神社の横の通りじゃないですか?
以前、入った魚福の近くだった様な・・・
by ショウ (2021-05-30 18:33) 

船山史家

ショウさんこんにちは。
新橋に来られた時に魚福さんへ行かれてますよね。それと烏森神社の路地だったかなぁ。そんな気もしますが。
地下に下りたら馬場さんがいたんですよ。
地下の店や2階にある店は間口が狭いから覚えにくいんですよねぇ。
by 船山史家 (2021-05-31 06:41) 

熊猫

ジャンさん。

昨夜、このお店の前、通りました。
気になっていました。

昔、アントニオ猪木酒場に行ったことあります。
あ、キラーカーンさんが営っていた立ち飲みも行きました。

ここも行かなきゃ。
by 熊猫 (2021-06-01 15:46) 

船山史家

熊猫さんこんにちは。
場所はわかりました。スパムステーキ居酒屋の近くだったという。
私も昔ながらのプロレスファンでしたが、レスラー酒場は私には合わないかな。ついついVTRを観ちゃうし、そこでの話題が限定されますからね。知ってる人はノルけど、知らない人は浮いちゃうでしょう。同行者を選んだ方がいいと思いました。
紅夜叉の居酒屋は行ってみたいと思いますね。
by 船山史家 (2021-06-01 19:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。