SSブログ

最後のベースアップ [呟き独り言]

店21.jpg
店24.jpg
店25.jpg
外飲みができないので記事ストックが減ったなぁ。
仕方がないので「これ単独なら記事にするまでもないな」そういう未発表の料理写真を掘り起こし、合間に挿話を入れます。
昨日と同じ地元の店です。街中ではなく、閑静な住宅地にある中華屋、店売りよりも出前で成り立ってる店でコロナ禍でも忙しそうです。
店を継承する二代目旦那もいるからまず将来は安泰でしょう。
メニュー載せます。
メ11.jpg
メ1.jpg
メ2.jpg
メ3.jpg

今日も有給休暇です。有休消化じゃないですよ。休めたから休んだだけです。休んでも何処に行くでもなく何をするでもなく無為に過ごしてました。
タ1.jpg
タ2.jpg
タ3.jpg
タンメン、青々とした葉野菜類、この時期だからかキャベツがちと固いな。
これがNHKのサラメシだったらお弁当作る人が「ちょっと色が偏ってますね。赤い色が欲しいですね。」スライスしたニンジンを多めにプラスするだろう。
タ4.jpg
タ5.jpg
ではお蔵入りしかけてたタンメン写真の合間にお話を挿入します。
異動前月のこと。給与改定があった。その旨、配信したのは総務のDON子、
『正社員各位、
2021年4月1日に報酬制度が改定され、正社員の賃金体系が変更となりました。
新給与体系への移行に伴い、「給与移行通知書」を発行しておりますので、給与明細WEB閲覧サービスで各自、確認をお願いします。』
以下、閲覧方法がPDFで添付されていた。

給与体系の何が変更になったのか。
資格手当、遠隔地手当、らしいです。
らしい、というのは、私はこのトシまで資格なんて持ってないし、貰いようがないからですよ。
タ6.jpg
WEB明細される前から給与明細なんて見ない。
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2017-11-28
2017年にUpしたこの記事で、私は当時は紙だった給与明細を封を切らずに会社のゴミ箱にポイ捨てしてヒンシュクを買っています。
今は明細が紙ではなくWEBに切り替わった。明細を各支店別に分けて郵送するというトテモタイヘンな手間作業が無くなったのであります。
切り替えたのはDON子、彼女に聞いたの。
「WEB明細か・・・」
「見方がわからないなら教えてあげます」
「明細、見てないからなぁ」
「見ないんですか?」
このトシになったらもう昇給はありません。そこまで来ちゃったし。
「金額変わらないから見てもしょーがねぇし。賞与と年末調整時は見るよ。そん時に教えてくれ」
URLを開いて、社員別の初期パスワードを入れて、自分でパスワードを設定するというよくあるパターンですよ。夏季賞与は6月(だったかな?あ、今月じゃないか。)冬季賞与は12月、年末調整の12月の給与明細を見る際にやり方をDON子に教わった。他の月は見ないのです。

手当が改訂された案内文があって、認定〇〇師、実務実習指導〇〇師、登録販売者、栄養士、これらは以前から支給されてたのですが、今回の給与体系改訂にあたって事務社員の〇〇請求専門士1級と2級他が加わった。会社が奨励する幾つかの研修過程を修了した者とかも。多岐広範囲に渡る。
今は研修過程を修了しないと上に上がれない制度になっている。無資格者で何も努力しなかった私みたいな者、昔からいるだけで偉そうに威張ってる私みたいな者はいずれ追い抜かれます。

タ7.jpg

給与改訂?
まさか減ったかと思った。そりゃあと2年もしたら私は正社員から契約社員になって、何割かダウンするが、先んじて減ったかと思って。
見てやろう。DON子を呼んだ。
「給与明細ってどうやって見るんだ?」
「またですか」
「まただと?」
「あっ、いえっ、毎回見てないんですか。見ないんですね。ええっとですね」
教えてくれた。誰の目にも触れないよういに印刷したんですよ。そしたら何でか知らんがA3用紙で印刷された。
「何でA3で印刷するんですか?」
「老眼だからだっ」
サイズを指定しなかっただけだが、フォントが見やすい。

総支給額を見たら。。。
増えてる!

オカシイ?何故に増えている。
増額になってる。間違いじゃなかろか。
各項目を見た。私は基本給と役職給だけで至ってシンプルなのですが。
あ、これだ!
役職手当が上がってたのです。1万円増額になっていた。間違いじゃないよな。
喜ばしいことだが私は考え込んでしまった。何で私なんかに。何か貢献したわけでもない。そういう職掌じゃない。給与計算や経理と一緒で、できてやってアタリマエの職掌、万年同じ評価なのに。
この時は発表になってはいたものの異動前だったので上長のディクソンに声をかけた。「ちょっといいですか?」って。

タ8.jpg

「この明細なんですがね」
役職手当の欄を指した。
「1万円上がってるんですよ。間違いってこたぁないですか」
ディクソンはアッサリとこう答えた。
「間違いじゃないですよ。副部長手当が上がったんです」
「そうなんですか?」
そういう通達はないぞ。
「給与改定ですから」
「では、間違い、では、ない?」
「間違いじゃないです」
ここで「よかったじゃないですか」とか気の利いた言葉を言わないのがディクソンのディクソンたるツマんない由縁だが「これこれこういう金額に改訂されました」それぐらい事前にあってもいいよな。
「まさか異動するにあたって餞別、餞(ハナムケ)とか」
「いやいや、異動前から決まってましたから」
ツマンねぇ回答だなぁ。なので増額の根拠はわからないままである。

タ9.jpg

増えたら増えたで考えたのは、先の見えた私なんかに増額するより、主任たち(草の者)に増額してやって欲しいってこと。
主任たち、草の者に聞いたことがある。
「主任手当って幾らよ」
「1万円です」(O美、草1号)
「いちまんえん?」
「・・・」
「たったそれっぽちか?」
「そうですよぅ」
「じゃぁちょっとした贅沢もできないじゃないか」
「贅沢なんかできませんよっ。切り詰めて生活してるんだから」

「少ないって思ってくれます?笑」(草8号)

「少ないっちゃぁ少ないんでしょうねぇ」(草5号)

「たったの1万円で仕事量増えたしぃ」(草16号)

たったそれっぽっちと言ってしまった1万円が私に廻されたようで、何だか申し訳なさというか、複雑な気分になってしまった。精神的な余裕かもしれないが。

タ10.jpg
店内11.jpg
増額した分はどうなったか。家計費に廻しましたよ。1万円増額してジャン妻に渡したの。明細も見せたし。
「おそらくこれが最後のベースアップだろうな」
「多分ね。でもよかったじゃない」(ジャン妻)
増額分も賞与や退職金計算に加算されるので悪い話であるわけはないのだが。私は社内で誰にも手当が上がったなんて言ってないです。言えないですよ。
店22.jpg
店23.jpg
今回の給与改訂で草の者たちの主任手当も5000円Upしたそうです。10000円が15000円になった。それを草12号から聞いた。
せめて10000円Upして20000円にすればいいのにって思った。
「たった5000円か」
「ハイ・・・」(草12号)
「それであっちこっち行かされ、あれやれこれやれってコキ使われてんのか」
「でも5000円でも嬉しいです」
素直で明るい草12号はニッコリ微笑んだ。でも私の台詞は本社の管理職が言っていい台詞じゃないですね。煽ってどうするんだって。それに「あっちこっち」「あれやれこれやれ」には私の業務委託だったのが指示命令と化したのも含まれてるんだからね。
この5000円UPには納得してない草たちの方が多いらしい。ハッキリ言ってきたのは男勝りの草5号で「たぁったごせんえんぽっきりですよぉ」とあろうことか私に吠え掛かってきたからね。
「じゃぁ幾らなら納得するのさ?」
「せめてあと2万かなぁ」
あと2万だと計3万じゃないか。5000円でも10000円でも20000円でも、貰った後で「やっぱ足りない」「少ない」「微々たるもの」って言うに決まってるさ。
お金の間隔ってのは人それぞれ違うから「それだけあれば充分だろ」とは決して言えない。上げる側の会社と貰う側の社員、その溝はいっとき狭まることはあるかもしれないが、決して埋まることはないのだ。
コメント(4) 

コメント 4

モノノフ

いいじゃ無いですか、給料アップならありがたく頂いとけば(^o^)/
今日からは昼食にも一品追加出来ますね♪
by モノノフ (2021-06-12 11:59) 

船山史家

モノノフさんこんにちは。
ええ、まぁ、ありがたくいただきます。じゃまになるものでもないし。
増額分は家計に廻しました。コロナ禍で外飲みもできないですからね。

by 船山史家 (2021-06-12 13:22) 

くまねこ

こんにちは。

手当って、微妙ですよね。
「この仕事量でこの金額では」
・・・安すぎて割に合わない
・・・もらい過ぎなんじゃないか

気の持ちようとも思いますが (^-^)
by くまねこ (2021-06-12 17:06) 

船山史家

くまねこさんこんにちは。
私は貰い過ぎですね。でもそれを口に出すと「あの人は余裕があるから」って陰口を言われます。実際過去にそういうことがあったのです。第三者から「言ってましたよ」って伝わってきたの。
ひとそれぞれですから。年収500万の者が「1000万必要なんです」って言うからにはそれ也の事情があるのだから。
まぁでもラッキーでした。何で私なんかの手当が改訂になったのかはわかりません。
by 船山史家 (2021-06-12 17:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。