SSブログ

らんち弁当 [グルメ]

店4-1.jpg
店2.jpg
小雨が降りしきる中、藤枝市から381号線(島田岡部線)を西へ快走、悠々流れる大井川を渡って北方へ転じ、新東名島田金谷ICに向かう途中で見つけた店で過去に2回入っています。

前回は焼肉定食、
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2021-05-04

その前はラーメン&小ライス&生野菜、
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2017-02-28

もう1回入った気がするのだが過去記事がみつからなかった。その頃から出すものは殆ど同じですね。
店3.jpg
いつ来てもけだるくユルユルの空気が漂っていて、コロナ禍とは思えないくらいに普通に営ってましたね。マスクはしてるけどアクリル板とかで区切られてないし、奥のテーブル席には平日なのに家族連れ4人がランチ中で子供さんもいましたよ。
店内1.jpg
店内2.jpg
私が東京者だと知ったら身構えるかな。昨日今日とレンタカーを別にしてタクシーを5回利用したのですが、2人の運ちゃんが私を東京者、出張者と見破ったらしく「お客さんワクチン打った?」ズケリと聞かれたからね。
そのうちワクチン接種者とそうでない者との差別化とは言わないけど、線引きが行われたりしてね。
今日は過去のメニューを見て決めてきた。らんち弁当、揚げ物、刺身、焼き魚、煮物、何故かウインナー、卵焼き、小鉢、ご飯、漬物、味噌汁、1100円といういい値段、
メ1.jpg
他、メニュー載せます。まぁ周囲が田園地帯だってこともあり、他に競合店がないせいか強気の価格設定です。
安くはないけど、俗にいうところの「敷居が高い」(意味がホントは違ってます)店ではない。
メ2.jpg
メ3.jpg
メ4.jpg
メ5.jpg
メ6.jpg
メ7.jpg
しばし待ちます。らんち弁当は細々したお惣菜の種類が多いので時間がかかるだろうと思い、ピッカピカに研磨されたカウンターの上に次の書類をバサバサ出して整理、チェックを始めたが、薄暗いので書類の文字があまりよく見えない。
店内3.jpg
店内4.jpg
ここに来るまでに遠州の支店長と2人、会っています。いいとこ静岡市までは来ても、そこから西、安倍川を渡って西へ、大井川を渡った先のエリアには滅多に来れないからね。
2人の支店長のひとりは女性で、私を見て「キタキタ」とばかりにすり寄ってきたが、どうも視線に媚びを感じるんだよな。
私は甘えてくるのは甲斐性として受け入れても、媚びてくるヤツは好きじゃない。そういうのってわかるものだよ。

https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2018-06-04
この過去記事で、私はもう退職した草の者7号に東海道線六合駅まで送って貰ったのですが、そうなる前に、前述の女性支店長から「焼津駅まで送りますよ」と言われたのに、あろうことかそれを固辞しています。やんわりと断ったのだ。
下手に助手席に同乗したら、他に誰もいない車中で会社や上司の悪口を「聞いてください」ばりに訴えられそうだったので避けたのよ。
それでいて草の者7号(寿退職)のくるまに同乗して六合駅まで送ってもらいました。彼女がボヤくには、静岡県をいちエリアとして組織に組み入れてしまうと、やはり東西の移動がタイヘンだというんだな。
私も今回県内を移動して、静岡県ってのは東西に長い県だなぁと思った。群馬みたいに四角い中を円を描くように移動するのではなく東西の往復運動なのです。東は富士市、西は天竜川の手前までをひとりで担ってる静岡エリア長の負担が心配だ。首都圏のエリア長はそこまで広範囲じゃない。ひと県をひとりに任せるには酷だと思った。
だが、東京本社の幹部は、静岡県エリア長の移動負担の重量を知らない。知ろうともしない。エリア長も痩せ我慢してるのか、諦めてるのか、己の苦渋を上に訴えようとしないですね。ってことは「できるんだろ」としか見られないんだよな。
らんち1.jpg
ご飯には梅の振り掛けが少し降りかかってる。
らんち2ご飯.jpg
刺身、他、冷えたお惣菜、この煮豆がメニューでいうところの小鉢なんですかね。
らんち3冷たいもの.jpg
らんち4刺身はイマイチ.jpg
らんち5煮豆苦手.jpg
煮物、筑前煮、プラス、カボチャの煮物、あ、椎茸が混じっている。
小さいけどシャケ、隣のソーセージグリルは何処の銘柄だろう。シャウエッセンじゃないな。
らんち6まぁまぁのおかず.jpg
らんち7シャケ.jpg
らんち8ソーセージ美味しい.jpg
煮物の四角い小皿と箱の壁との間に挟まれて窮屈そうな卵焼き、
らんち10煮物隅っこに玉子焼き.jpg
揚げ物はフライ、アジか、カマスか、キスか、
その下に生野菜が少し、
らんち9フライ.jpg
らんち19サラダ.jpg
タルタルソースは無いな。
「左はお醤油で右がおソースです」、
ランチ21醤油ソース.jpg
マグロを摘まむ、見てわかるでしょう。ドリップが出てしまった後の残骸ですよ。
らんち11マグロを摘まむ.jpg
サーモン、薄っぺらでこれも時間が経過した残りものですね。刺身定食じゃないランチの刺身ってどうしてこういう風に客を小馬鹿にするようなネタを添えるんだろうね。
バカらしくなってイカの刺身は撮らないで口の中に放り込んじゃったよ。
らんち12サーモンを摘まむ.jpg
フライ、アジかキスかカマスかわかりませんが、これは美味しかったです。サクッと。ソースつけなくても塩味で下味ついていた。
らんち13フライを摘まむ.jpg
このグリルウインナー、私としては絶品でした。ビールのつまみというよりもご飯のおかずに合う濃い味、食感だった。やっぱりウインナーはボイルよりグリルに限るね。
ルートインで格納庫に保温されたボイルウインナーなんかを食べないでよかった。
らんち14ソーセージを摘まむ.jpg
シャケもまぁまぁいい味加減、身でしたよ。小さくて薄っぺらいけど、この塩加減でデカくて厚かったら塩分過多になるかも。他にもおかずがあるからならではのちょうどいい大きさだった。
らんち20シャケ.jpg
お重の箱壁との隙間から取り出し難かった卵焼き、
らんち15玉子焼きを摘まむ.jpg
そして煮物、ニンジン、カボチャ、ゴボウ、レンコンは摘まんで撮るの忘れた、
らんち16ニンジンを摘まむ.jpg
らんち17カボチャを摘まむ.jpg
らんち18ゴボウを摘まむ.jpg
味噌汁、量がお椀の半分しかないのが笑える、
らんち11味噌汁少ねぇな.jpg
はて?これが漬物なのだろうか、
ランチ22これは何だ?.jpg
手作りと既製品が混在していた弁当でした。はてさて、これで1100円相応かどうか。私はわからないので皆さまに委ねますが。いろいろおかずが有っていいんだけど、フライとシャケとウインナー以外はどうでもよかったというか。その3種がなかったらご飯がすすまなかっただろう。
でもご馳走様でした。
店5.jpg
店6.jpg
明るくはないがキレイな店です。田舎(失礼)にそこだけ営ってる和食系のレストランに見えた。店と客側の適度な距離感もいい。
出されるものは食堂なのか居酒屋なのか割烹なのかようワカランけど。定食類も多いが夜は居酒屋かね。カウンターの前には黒板メニューもあったからね。
店1.jpg
小雨が降りしきる中、新東名のICまで北上した。途中、単線の大井川鐡道と並行したが、私は大井川鐡道の廃車体は見たが、現役で走っている場面を一度も見たことがないのです。
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2019-03-28-2
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2021-05-04
この後、午後のネタはちょっとこのBlogには書けません。某所でエリア長と打ち合わせしたのですが、どうしても愚痴になる。ホワイトとブラックの中間、微妙なグレーゾーンな内容だったのだ。
なので唐突ではあるがここで静岡紀行は打ち切りになります。次回は8月、そうそう間が空いてない真夏に自分はまたやってくることになる。
コメント(2) 

コメント 2

くまねこ

こんにちは。

なんだか、母の葬儀の時に葬儀屋が用意してくれた
仕出し弁当に似ています (失礼 (^^;))

出入り口のところに、信楽狸がいますね。
このとぼけた顔つき、結構好きです (^-^)
by くまねこ (2021-06-28 15:28) 

船山史家

くまねこさんこんにちは。
なるほど仕出し弁当かもです。刺身付きで。
フライ、ソーセージ、シャケ、これだけならもう1回食べたい気がします。
観光地でもないのにいい値段します。
ジャン実家にも信楽焼タヌキいますよ。かなり前のいつだか覚えてませんが現地にも行きました。タヌキだらけ。
ウチの女性社員にもソックリなのがいて。
by 船山史家 (2021-06-29 07:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。