SSブログ

甲州ワインビーフが特売品に? [グルメ]

ジャンは公用外出中、駅で電車の待ち時間を潰すときに、駅に直結している食品売り場を見て憩ったりします。買うんじゃなくて見るだけです。
今日は小田急線の本厚木から小田急相模原、町田、新百合ヶ丘の沿線をウロついていた。書類がたくさん入ってるカバンを持ってね。朝イチはカバンが重たかったが、出していくに連れて少しくつ軽くなっていく。
昼は本厚木で済ませています。止せばいいのに味噌バターラーメンなんてのをね。午後は酷暑でフラついてきた。午後3時くらいまでは午前半日の疲労が押し寄せてくるのです。夕方になると楽になる。
いっときの涼を求めて駅に直結する食品売り場に入った。小田急商事株式会社が展開するOdakyuu OXだった。
そこに気になるチラシがあった。

チラシ1.jpg

チラシ2甲州ワインビース拡大.jpg

甲州ワインビーフだと?
あの船山温泉で喰ってるあれか。
「ブドウ粕やトウモロコシ、オカラ、麦などの飼料を食べて健康に育った安心、安全で美味しい国産牛」
「甲州ワインビーフ焼肉用食べ比べセット(肩、モモ)」
これが180gで1280円(本体価格、税込み1383円)で販売されていたのである。
4日(水)5日(木)2日間限りで。

チラシ3.jpg

甲州ワインビーフは山梨県で有名な昇仙峡から北の奥、昇仙峡ライン7号線から27号線を走った上芦沢という標高1000mクラスの高地にある小林牧場でしか生産されない。
船山温泉のHPには宿で出される食材の白地図が載っていて、小林牧場は甲斐国の北の方にある。そこまで行ったらその先は無くドン詰まりのようです。

食材マップ.jpg

山梨県はワイン王国、甲州ワインビーフはワインをつくる過程で出るブドウの搾り粕他の飼料を与えて肥育させたのだが、肥育ってのは人間が食べる為に育てるわけだよ。食べるということは罪深いことなのだな。
小林牧場を最初に取り上げたのは呟きⅠの頃でもちろん船山温泉に絡んだネタだった。当時の飼育数は1300頭だった。
あの頃、こんな風に書いています。
『船山温泉では平成16年から甲州ワインビーフの提供を始めた。
平成16年は宿が現在の近代的なスタイルに変革した年だった。個室食事処の設置もそう。蛍鑑賞も平成16年からだという。
甲州ワインビーフは、小林牧場直営店、山梨県内の精肉店、百貨店でも販売されているそうです。ネット販売も。
ヒレプランは事前予約制、船山温泉では基本料金外で、別途、ヒレプランとなっています。』
「基本料金のコースだとモモ肉なんですが。
正直言いまして、お勧めはモモよりヒレプランもしくはタンプランです。ワインビーフのモモ肉も悪くはないですが、ヒレに比べますと柔らかさでは落ちますね。タンは独自なものです」
私はタンは好まないので食べたことない。最初の頃にモモ肉を喰ったかな。ちょっと記憶にない。

2020年7月にいただいた甲州ワインビーフヒレプラン。。。
肉1.jpg
肉2.jpg
肉3.jpg
肉4野菜.jpg
肉5.jpg
肉6.jpg

サイコロにカットしてあるのは客が焼きやすいのと、好みの焼き加減を判断できるからですよ。
私の本音は「焼肉屋じゃないんだから客に焼かせるな」ですが、厨房にシェフを置くか、シェフが各個室で目の前で焼くなんてしたら人件費等で価格が跳ね上がってしまう。
ステーキの焼き加減なんて人によってバラバラだし、厨房から持って来るまでの動線も短くないし。仕方のないことなのです。

売り場4.jpg
売り場1.jpg

食品売り場を眺めてみた。
広告の品、数量限定、切り落とし200gで1000円、税込み1080円。。。

売り場2.jpg
売り場3.jpg

買い物主婦の視線を感じたよ。そしたら草の者から着信があって、焼肉用食べ比べセットを撮らずに出てしまった。

ヒレプランは前日までの予約制で、今は相当に値上して100g4180円、100gなくて2人前だと3080円、特売品の値段(切り落とし1000円、肩もも食べ比べ1280円)と比べると随分と高価だが、肉の部位が違うからね。ヒレの部分は多く採れないから。
三重県の松阪牛通販専門店HPから1頭あたりどれくらいか見たら、ヒレは3kgしかないぞ。
他、リブロース10kg、サーロイン10kg、肩ロース18kg、ランプ5kg、イチボ2kg、マエバラ15kg、ナカバラ30kg、ソトバラ30kg、バラヤマ3kg、ウデ10kg、マル10kg、モモ20kg、スネ10kg、それと希少な部位が合計約10kgだった。
ヒレ3kg以外の他の部位は確かに多いね。
私が見た切り落としってどれにあたるんだろう。

牛の部位.jpg

だけど私の認識では、ワインビーフは置いてる店が限られてるんじゃなかったかな。それを小田急商事が運営する駅スーパーの広告品に展開したのか。これだけの店舗数を。
さてはコロナ禍で出荷量が減ったんだな。

店舗情報路線マップ.jpg

チラシと売り場の写真をジャン妻に転送した。
「買ったの?」
まさか。これから夕方まで電車、バス、歩きを繰り返すんだよ。この暑さで買って持ち歩いたら傷むじゃないか。
夜はすき焼きになりました。触発されて。(笑)サブリミナル効果かも。

すき焼き1.jpg
肉1.jpg
すき焼き2.jpg
すき焼き3.jpg

甲州ワインビーフじゃないですがどっかの国産牛肉薄切り、880円/100g。。。
魚と違って肉は価格が安定してるけど、ある程度の価格しないと美味しくない時がある。
赤身以上霜降り未満で手ごろな価格の肉って難しいですよ。

追記です。この記事を作成UPしてから、こういう類の広告が表示されてジャマです。

広告がうざい.jpg

記事をストアしてる最中にもこんなのが。

広告がうざい2.jpg

松坂牛なんて高い肉をオーダーするかっての。
コメント(2) 

コメント 2

くまねこ

こんにちは。

お肉は、値段なりのおいしさの場合が多いですよね。
我が家では、もう少しお値段安めの国産牛を
買うようにしています (^-^)
by くまねこ (2021-08-09 14:58) 

船山史家

くまねこさんこんにちは。
今しがた追加したのですが、この記事をUpしてからご覧のような松坂牛の広告が表示されまくってウザったいです。しばらくは表示されるだろうなぁ。
牛肉はブランドや部位によってそれ也の値段しますね。牛肉はそれ単体のモノ(ステーキでも焼肉でも)が多いですが、豚肉はバリエーションが豊富だと思います。
甘味が出るし、豚味噌鍋なんかサイコーです。
by 船山史家 (2021-08-09 16:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。