SSブログ

あしなや [ラーメン]

鎌倉駅ホームに接する上り下り線路脇に1本ずつ側線があって、そこに成田エクスプレスがヒマそうに留置してあった。
コロナ禍で成田を発着する海外便が激減したので、特急の需要も減ったのだろう。コロナ禍の経済ダウンはJRの収入にも影響が大きいようである。
成田エクスプレス待避中.jpg
雨の鎌倉1-1.jpg
鎌倉駅西口ロータリー、紫陽花シーズンだったのでこの雨でも観光客がいたが、最盛期の混みように比べたら閑散としたものである。外国人はまったくいなかたですね。
ジャン妻は紫陽花が嫌い。花が嫌いというか、花びらが茶色くなってもまだ咲いてるのが「未練たらしくてヤダ。切ってやりたい」と言っている。
雨は朝よりは幾分収まってきたが、雨は終日降り注いで、熱海市の伊豆山で土砂災害を引き起こすことになる。
雨の鎌倉2-1.jpg
駅ロータリーから右の路地にあった書店がブックCafeになっていた。書店には「吾妻鏡」現代訳が全巻ズラリ揃ってたんだけどな~。
吾妻鏡には建久7年(1196年)~建久10年(1199年)1月の記録がそこだけごっそり抜けているといいます。
2月になって頼朝の長男頼家が後を継いで征夷大将軍になったと。では頼朝はいつに死んだのか。死因は?そこに触れていない。そこだけ抜き取ったのか。陰謀、改竄のニオイがプンプンする。
頼朝が死んだ日付は京都の公家の日記からなのです。
そこを見たかっただけなんだけど。来年の13人にはその辺りは取り上げられるのかな。
店1.jpg
店2.jpg
創業以来83年、鎌倉駅前では老舗の食堂「あしなや」です。店の入口にメニューサンプル。キレイに磨かれているので美味しそうに見える。
店3.jpg
私は駅側の路地側から入りますが、建物向こう側の若宮大路にもエントランスがある。
外観は白タイル張りで無機質な外観、近年店内を改装したので、テーブル席の間に幾分余裕ができた。壁側のカウンター席もできた。
客層が地元の中高年のおひとり様客、コロナ禍になる前は外国人客や、鎌倉という土地柄か、自由研究目的の学生さんもいたものだ。
店内1.jpg
店内2.jpg
店内3.jpg
上品な、それでいて超お喋りのオバさん3人が迎えてくれた。店内はガラガラだった。滞在中は私ひとりだけだった。
ひとり客用のテーブル席、壁側のカウンター席、グループ対応(4人まで)のテーブル席、80ウン年の老舗らしく、ファミリーヒストリー写真と解説が展示されている。古写真も募っているみたい。
「ご注文がお決まりの頃・・・」
「決まってるよ」
ラーメンとチャーハンであります。1500円近くします。
「チャーハンにスープはお付けしますか?」
日高屋さんじゃあるまいし。チャーハンのスープは醤油ラーメンのスープなんでしょ。塩分過多になっちまうから要らないよ。前に塩ラーメンにチャーハンにした時、「塩味と醤油味、両方味わえますわよ」と言われてその通りにしたことがあるけど。
メニュー載せます。観光地価格とも言えないが強気な価格です。
メ1.jpg
メ2.jpg
強気なのは価格だけじゃなくてメニュー構成にもあります。夏でも冷やし中華を出さない。半チャーハンなんてのもない。ロースカツの並と上の差額が500円って何だろ?
小ライスと並ライスが同じ金額で260円!大ライスは360円!「ライスは小(茶碗)と並(丼)からお選びください。お値段は同じです」ってなもんです。
イワレ1.jpg
イワレ2.jpg

テーブル上1.jpg
ひとり用のテーブル席にいます。手前左の箸ボックスがジャマなので向こうに置いた。(後で戻しましたよ。)
動かさないと手前と向こう側に置かなきゃならないからね。
テーブル上2箸箱を向こうに置いた.jpg

キタ1-1.jpgキタ2-1.jpg
キタ3.jpgキタ4-1.jpg
ラ1チャ1.jpg
この配置にしたからといって交互に食べなかったのは、ラーメンのスープ、麺が美味過ぎて、伸びてしまわないうちにそっちを先に食べてしまうのと、箸とレンゲが止まらなくなったからです。家系、二郎系、油そば系、鶏白湯系といったガッツリ派の若い人には物足りないかもしれない。
ラ2.jpg
ラ3.jpg
ラ4.jpg
ラ5.jpg
香を嗅ぐと昔懐かしい中華そば。昔を知らなきゃこうは言えない。それは私が旧い人間だからだが。澄んだ琥珀色のスープを飲むとこれまた懐かしい食堂のラーメンであります。全身に行きわたるようで幸福な気分になります。さすがは老舗です。専門店がはびこる前の時代の王道的なスッキリとしたものですね。
ラ6スープ.jpg
麺は独特なちぢれ麺、やわいです。
ラ7麺1.jpg
ラ8麺2.jpg
ラ9麺3.jpg
湯気がモワァ、
ラ10麺4湯気がモワァ.jpg
湯気を吹き飛ばします、フンッ(鼻息)
ラ11麺5湯気を吹き飛ばす.jpg
メンマは細メンマ、太いメンマは合わないと思うな。ワカメなんてのでお茶を濁さないのはいいが、青物が欲しい気がします。
ラ13メンマ.jpg
ラ14ナルト.jpg
誉めてばかりいても何なので、残念なのがこれ。今日のチャーシューは、う~ん、何だかニオうな。何故かな。
ラ12チャーシュー.jpg
ラーメンの丼底に沈んでいる麺やメンマの切れ端をすくう作業に没頭して、いい加減にその辺りで止めなさいというお告げを聞いた気がしてからチャーハンに移行します。
頂部に紅生姜が鎮座しているのは、チャーハンが薄味なのでそれだけと飽きて来るから味変に使うか、最初っから混ぜてしまった方がいい。
チャ2.jpg
チャ3レンゲを向こうへ.jpg
チャ4.jpg
チャ5.jpg
チャ6.jpg
チャ7.jpg
ご馳走様でした。フロアと厨房の入口に3人のオバちゃんスタッフがいてずーっとペチャクチャ喋くってた。よう喋るな。私は会計を済ませてから雨でうっとおしい空を見上げてたら、
「幾分小雨になりましたですね。さきほどまで凄い大雨でしたものね」
お上品な口調に様変わりしたものだよ。
店内11.jpg
私は郊外在住だけど横浜市民です。横浜市民もプライド高くて東京者を田舎者の集まりだと思ってるところがあるが、その横浜市民がどうしても勝てないというか、一目置く相手が鎌倉市民だと思うのです。
何処か一歩引いて余裕があるように見えるんだと。この店もそんな気がする。
でも鎌倉市在住の人は、鎌倉に住んでいることすらあまり人に言わない気がする。私は鎌倉に住んでる人に「いいとこにお住まいですよね」って言うしかない。でも実は鎌倉のよくないところを列挙してみたりする。渋滞する、観光客が多過ぎる、道が狭い、そう思ってたところへ昨年のコロナ波では「鎌倉に来ないでください」締め出そうとしただろ。あれでカチンときた。
でも私は鎌倉市民に憧憬を抱いているんだろうね。地図上では身近なところだから魅力的に見てるわけですよ。
店4若宮大路側.jpg
これは若宮王路側、こっちが正面入り口で、駅から入るは裏口なのかな。
公用から駅に戻る途中、チラと除いたら店内は間隔を空けて満席だった。客層年齢も高かったようだ。値段もお高いからな。
コメント(4) 

コメント 4

熊猫

ジャンさん。

「チャーハン」820円ですか。
いい値段ですね。
観光地プライスといえど、ちょっと引いちゃいます。

by 熊猫 (2021-08-15 15:48) 

くまねこ

こんにちは。

コロナ禍の折、
「飲食店内、黙食せよ」
と言われているのに、店員がおしゃべりですか (^^;)

いや~ね~ (´艸`*)
by くまねこ (2021-08-15 16:28) 

船山史家

熊猫さんこんにちは。
私も最初は引いちゃうところかドン引きでした。今はもうマヒして慣れましたが。
ラーメンは秀逸な味だと思いますが、チャーハンはそうでもなくて、800円の価値はないと思いますね。もっと安い値段で美味しいチャーハン出す店ありますよ。
紅生姜が上に載ってるのとグリーンピースがジャマっ気で。
でも過去に何回も行っています。高いだけに安心は安心なのです。
by 船山史家 (2021-08-15 16:34) 

船山史家

くまねこさんこんにちは。
厨房とフロアの境目があって、そこから一歩厨房側に踏み込んだ辺りにタムロしています。そこにいるとフロアに目端が利く位置なのと、厨房の店主ができあがった料理を「お願いしまぁす」すぐさま運び出せるスタンバイ位置ではあるのですが、何もなければそこで誰かしら喋ってますね。
そりゃこういう時勢だからマスクはちゃんとしてますよ。働きに来てるんだけど会話を求めて来てる感があります。
9月も鎌倉市の公用があります。また行くことにはなりそうです。
by 船山史家 (2021-08-15 16:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。