SSブログ

家系で水分 塩分 野菜。。。 [ラーメン]

猛暑、酷暑が続いて日本全国が熱中アラートで赤く塗りつぶされた平日、朝9時から18時まで外回りしてました。
午前半日だけで発汗して喉が枯渇、身体が水分と塩分を欲していた。こういう日は食べる店を検索して歩き回らずに、駅前とかの「日高屋でいいや」になってしまいがちなのですが。
「昼に何食べてるの?」
「今日は・・・」
ジャン妻は眉をひそめた。私の身体を心配してちゃんとしたもの、栄養バランスを考えてできれば和食、定食をと言いたいらしいが、こっちは時間に追われてるので手早く食って次に行きたい気が先走るのだ。
この時期、できればセルフの冷水ボトルが置いてある店がいい。給水機も悪くないけどぬるかったりする時がある。セルフの冷水ボトルには大概氷が入ってるからね。

(今は冷水ボトルを置いてなかった店でも置いてますね。
コロナ禍のせいだろうか。できたら給水機も避けた方がいいのかな。何でこんな神経質になっちゃったんだろ私は。)

某所にある複合ショッピングセンター内に入った。涼しいねぇ。寒いくらいだ。平日の11時半前ということもあって売り場は地元の台所買い物客ばかりだった。
バス待ち時間を潰すのに炎天下のバス停で立って待ってるのがイヤで涼を求めて入ってしまったのだが、そこに名前を聞いたことのない家系が。
店1.jpg
自分は家系の何たらかんたらを知らない。食べたものしか知らない。記憶にあるのは松壱家、町田商店、高砂家、壱角家(家系らしからぬ中華そばを食べたことがある)ぐらいかな。系統だててどうこうとかって蘊蓄を持ってない。
本牧の大将?あれは家系じゃないです。
驚いたのはキャッチコピー「天然素材にこだわった世界でいちばん旨いらーめん」だと?
大きく出てますね。大き過ぎね?日本一じゃないですよ。世界でいちばんです。突っ込んでくれってなものです。
店は外から、公道からは入れない造作になっていた。ショッピングセンターの入口からモール内に入って入店するのです。そこにメニューボードがあって、ベースは家系豚骨の醤油、塩、味噌の3種です。
店2メ1.jpg
相性抜群!お得なセットを見てサイズを疑った。お茶碗に見えないのだ。ネギ丼、肉飯が平皿に見えた。餃子セットのご飯は醤油小皿ってことないかい。
その下のトッピングやサイドメニューは小さくて見難い。
家系は滅多に入らないけどどうしようかな。
涼しモールから灼熱の外に出て酷暑の中を出歩いて店を探すのもイヤだしな。ここでいいかな。今だけでもこのフロア内にいれば涼しいからな。
外から店内を覗いたら、カウンター上のセルフ冷水ボトルで水分摂り放題なのも確認できた。(これって結構大事なポイントなのですよ。)
そしたら店内の若い女性スタッフと目があった。よしっ、意を決した。家系豚骨醤油スープで塩分接種じゃなかった塩分摂取、トッピングで1日に必要な野菜の量1/4ぐらい摂取、そしてどうせ少ないだろうけど麺と小ライスで炭水化物を補給して元気にならないと。午後に繋げないと。
店内1券売機.jpg
券売機の前に立ちます。やはり見難いな。薄暗いのもあるし券売機の色と点灯の度も暗いし、私自身の目の悪さというか、老眼もきてるからなぁ。
まぁオーソドックスに醤油豚骨、プラス、野菜、小ライスにしたのですよ。
「お好みございますか?」
「いや、普通で」
家系の若いねぇさんにありがちな体育会系の元気さが無く声音は至って普通だった。店員さんも暑さでバテてんじゃないかな。
店内3メ2.jpg
扉が開けっ放しで買い物客から丸見えです。店の前は広場と空間になっている。
こうやってフロアから丸見えなのはちょっとなぁ。でも締め切るわけにもいかないか。
店内4外から丸見え-1.jpg
店内2.jpg
店内7.jpg
店内はこんな感じ。感染対策は入り口に消毒液、換気の為にドアを締め切らない。店員さんはマスク着用徹底、そしてアクリル板で仕切ってある各席。私が座ったカウンター席も2名単位で区切られていた。
ひとりでも2名分のスペースを利用できるのはコロナ禍のせいだな。店内のテーブル配置の間隔が開いているのでぜんぜん密じゃない。
卓上も床も家系にありがちなベタベタ感は皆無で清潔感があります。店内は明るくはないけど居心地のいい店舗だったと思う。女性でも入りやすいのではないか。
カウンター上には冷水ボトルがあるある、悪いけど遠慮せずにいただきますよ。
店内5冷水ボトルが大事なのだ1.jpg
家系にありがちな体育会系の気合声がなかったが、若い女性スタッフが3人いて私語が多かったかな。
腰と背を伸ばして奥のオペを見たら麺をテボで茹でていた。野菜も。あけてから両手でチマチマと盛ってました。麺の脇に押し込んでました。

麺を茹でる金属製のカゴみたいなのをテボというそうですが、それを検索してたら。。。
記事を投稿した後にこんな広告が出やがって。鬱陶しい限りである。

何故テボが出るかな.jpg

見上げるくらい高いカウンター上から渡されるかと思ったらぐるっと廻って持ってきてくれた。
ラ1.jpg
ラ2.jpg
麺が見えないですね。キャベツ、もやし、ホウレンソウ、刻みネギ、チャーシューで蓋されて麺が見えない。
まさか麺が入ってないってことはないだろうな。ベジタブル家系じゃあるまいし。
真横から見たところ。スープを節約する省エネ丼ですな。
ラ3横から.jpg
青物、ホウレンソウは、クタクタに似たのを細かく刻んで掌で握り潰して絞った感じで、ホウレンソウの香は完全にトンでます。苦味も抜けきってます。ホウレンソウが嫌いな子供でも食べられると思う。
ラ4麺が見えない1.jpg
ラ5麺が見えない2.jpg
チャーシューが1枚頂部に鎮座しています。というか、寝てます。
その下にある茹でキャベツとモヤシはこの日の朝採れではない。イロが黄色い。ショッピングモール内にあるのをいいことにひとりの女性スタッフがレジ袋に入れた野菜を持って入ってきたから、野菜売り場で今、買ってきたのかな。
海苔が3枚、スープに浸けてご飯を巻いて食べました。さっきは「小皿じゃねぇだろうな」と疑いしまくってましたが、ライスの量は多めだったです。
ラ6麺が見えない3.jpg
何処からも麺が見えませんな。中太麺なので伸び難いだろうから、先にリフトアップ撮影をしてしまおう。まずはエラそうに寝てるチャーシューから。
ラ7チャ.jpg
悪くないけどチャーシューメンを食べたいと思うほどではなかったね。
青物、ホウレンソウ、クタクタです。細かくカットしてあるので、インプラントとの隙間に残ったりしそうだな。
ラ8青物1.jpg
原価が安かろうモヤシ、茹でモヤシ、
ラ9野菜を摘まむ1.jpg
キャベツ、黄色いからそれ也の芯に近い部分ですかね。甘いです。
ラ10野菜を摘まむ2.jpg
キャベツともやしを併せて摘まむ。もう家系ラーメンと思わなければいいんだ。家系野菜スープの麺付きと思えばいいんだ。さすれば私の身体を心配してくれるジャン妻へのヘンな罪悪感も薄れる、
ラ11野菜を摘まむ3.jpg
ラ12野菜を摘まむ4.jpg
ラ14意外といいスープ.jpg
スープは甘めですね。キャベツの甘味も出てるのかな。クリーミーともいえる。ポタージュ風でもないけどこれってホントに醤油が入ってますかねって疑った。なので最初のひとくちでインパクトはない。ないけどだんだんとレンゲが止まらなくなってくる。好みは分かれるかと思いますが、私は甘しょっぱくて美味しいスープだと思いましたよ。
ボケてますが、フニャったホウレンソウをレンゲですくったとこ。ただ青物を食べてるって感じです。
ラ15青物2.jpg
ようやく麺にありつく。上州沼田の吹割の滝みたいに箸からダラリと下がってる。野菜ばかり食べてたので「あ、そうか、これってラーメンだったんだ」ってなもんです。
ラ16ようやく麺が.jpg
でもやっぱり野菜が主役です。野菜と塩分、カウンター上にある冷水ボトル氷入りが主です。麺とチャーシューは脇役になってしまった。
ラ17野菜を摘まむ5.jpg
ラ18野菜を摘まむ6後半戦1麺より野菜が主役.jpg
最後の最後の方のスープです。底が狭まった省エネ丼は底の方に残留物が沈殿して味がしょっぱくなりがちだがそんなこともなかった。好みはあるだろうけど完成度の高いスープかもしれない。
ラ19塩分を欲している.jpg
しょっぱさは感じかったのは発汗のせいかもしれない。でも店が歌ってる世界一の味とはいえないよ。自画自賛はアテにならないし、気にしないで、期待しなければ普通にイケました。この後の喉の渇きもそんなになかった。
ご馳走様でした。空いた丼と碗を上にあげた。ティッシュで卓上を拭いた。そんなことしなくてもこの後、女性スタッフが親の仇のようにゴシゴシ消毒するだろうけど。
出されるものがものだけに力仕事で汗を流している方たちも2人か3人、連れ立って入ってきます。
土建屋さんの若いのが3人いたが、この店で働くギャルスタッフを見たくて来店してるのもあるだろうね。
店内6.jpg
久々の家系だった。ワシャワシャ野菜を食べれてよかったし、こういうラーメンショップはシングル利用する客も多いし、そういうお客は会話しないので今の時勢では安心感があるのですよ。
コメント(4) 

コメント 4

ロビ

こんにちは。

野菜が多いのはよいですね。ラーメンを少しヘルシーな食べ物と思わせてくれます。

うちの近くにも人気の家系のお店があり、以前と変わらずに店員さんの掛け声が大きいです。マスクをしているので大丈夫なんでしょうが、今のご時世でそこまでしなくてもと思ったり。
そういう接客が好きな人もいるんでしょうね。
by ロビ (2021-08-17 12:59) 

くまねこ

こんにちは。

キャベツがのっているのは、嬉しいですね。
もやしは、どれくらいゆでてありましたか。
私は、シャキシャキのもやしは苦手なのです。
なんだか、青臭い感じがして。
しなしなの方が好きです (^-^)

たっぷり野菜だけいただいて、麺は残したいです。
(それは、ラーメンじゃない) (´艸`*)
by くまねこ (2021-08-17 14:09) 

船山史家

ロビさんこんにちは。
この日は野菜中心に食べましたが、野菜ゼロじゃないけどチャーシュー、メンマ、刻みネギだけの日が多いです。水で戻したフニャフニャワカメでなく青菜が浮いてると「この店頑張ってるな」と簡単したりします。今は青菜が高いですからね。
家系はそういう接客する店が多いですね。町田商店なんかも「麺入りやすっ!」「麺上がりやすっ」会計して退店時も気合で送り出されます。己を鼓舞して客に元気を与えたいのでしょうか。
by 船山史家 (2021-08-18 05:51) 

船山史家

くまねこさんこんにちは。
家系スープに載ってる野菜はデフォで青菜、追加はモヤシとキャベツですね。他は刻みネギかな。
キャベツは横浜関内の「高砂家」で初めて食べました。キャベツを入れることでスープが温く薄く甘くなります。
もやしはそんなに茹でてなかったようです。生じゃないけどシャキシャキに近かった。茹で過ぎるもやしは客に好まれないみたいですよ。
新宿三丁目で「ベジタブル家系」という麺抜きバージョンがありました。私はそれを「麺付き」で購入しましたが、食券の購入がめんどくさかった記憶があります。
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2018-10-19
by 船山史家 (2021-08-18 05:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。