SSブログ

ワクチン接種②ランチ [グルメ&人間ドラマ]

横浜市から「新型コロナワクチン接種」のお知らせが届いた。集団接種、大規模接種等の予約受付案内が今頃。。。
予約開始時期はワクチン供給状況等を踏まえて年齢的に3段階で受付開始とのこと。私等の対象年齢50歳以上は8月11日(水)9:00~、
遅いっ!
私等は10年お世話になっている都内某所のかかりつけ医で1回め接種を終えています。遅ぇな横浜市は。呆れて罵りながらネタにする為に複写して、あとはゴミ箱にポイするだけです。

横浜市からのお知らせ1-1.jpg

横浜市からのお知らせ2.jpg

接種前夜の食卓1.jpg
接種日前夜の晩餐でございます。
私は昼に外食してますが、ジャン妻は在宅勤務が続いて全く外食できていない。
(14日のぢ曜日に本牧の「大将」に連れてったら休みだったんだよね。)
ほっともっと、オリジン、そういうのはイヤだって。崎陽軒ならいいと。でも自分がこさえたお惣菜を用意してあるので、小さいヤツにした。
かながわ味わい弁当というサイズの割に高いヤツを。
神奈川味わい弁当1.jpg
HPから、
『神奈川県とのタイアップ企画として、かながわを知り味わうお弁当をコンセプトに誕生した「かながわ味わい弁当」シリーズより、本年も「夏のかながわ味わい弁当」が登場!
横浜名物シウマイをはじめ、三崎産マグロ、三浦産芽ひじき、小田原蒲鉾、小田原産梅干といった神奈川県が誇る名物に加え、枝豆、とうもろこし、マンゴーといった夏ならではの味わいを詰め合わせた内容です。』
『白飯、トッピングに枝豆とちりめんじゃこ炒り煮、白飯、トッピング小田原産梅干、三崎産マグロの生姜煮、三浦産芽ひじきとくきわかめの炒め煮、小田原蒲鉾、昔ながらのシウマイ3個、とうもろこし真丈煮、筍煮、人参煮、蓮根煮、玉子焼き、きゅうりの漬物、マンゴーわらびもち』
マグロは定番の醤油漬けではなくて味噌漬けだし、シウマイと梅干以外はたいしたことなかったね。いつも思う。定番には勝てないと。
神奈川味わい弁当2.jpg
神奈川味わい弁当3.jpg
神奈川味わい弁当4.jpg
神奈川味わい弁当5.jpg
他、エノキと豚肉と玉子の吸い物、肉ジャガ、ポテサラ、破れ餃子、
吸い物.jpg肉ジャガ.jpg
ポテサラ.jpg破れ餃子.jpg
飲み食いしながら明日の2回め接種後の副反応について予想したりする。1回めの当日夜、焼酎オンザロックを3杯飲んだら多少の体温上昇と上腕部の鈍痛はあったね。
翌日の伊豆高原八幡野では普通に飲んだけどね。
私は熱と痛みに弱いので、37度を越したらもう具合悪いってなってしまうのですが。
接種前夜の食卓2.jpg

そして2回め接種当日、クリニックにきています。翌日も有給休暇です。
半休にして午後から勤務に戻ってもいいのだが、会社側も毎日のように5000人規模で新規感染者数が発表されてるので、無理に来ないで休んで構わない、みたいな弛緩した空気になっている。

クリニック6-1.jpg
狭いけど待合に扇風機が3つもフル稼働している。涼し気にジャン妻が接種を待っているところ。
撮ったらギロッ!!と睨まれた。
クリニック3ジャン妻1-1.jpgクリニック5ジャン妻3-1.jpg
私を睨んだ後、先に呼ばれて診察室へ。3分くらいで戻ってきた。次に私も呼ばれて女医さんが楽しそうにブスッ、ブチュ~、すぐに終わった。
これで気持ちとしてはひとまず安心だが、免疫力がつくには1週間か10日かかるんだって?その前に今夜から明日明後日にかけての副反応が楽しみである。
「3回めも接種するんですかね」
「どうかしらねぇ」(女医さん)
ブースターと呼ばれる追加ワクチン接種のことですが、先進国で主力のファイザーとモデルナのワクチンは2回接種で免疫がつくと言われているが、月日が経てばいずれ低下する。
アメリカ食品医薬品局(FDA)は免疫力が低下した人に限定してブースター接種を許可した。バイデン政権も8月18日の演説で、9月20の週から3回目接種を始めると表明した。
その一方でWHO辺りが、ワクチンが行き渡らない途上国での接種が更に遅れるとの批判もあるが、私は3回めも接種する気は満々なのです。
「来年また接種するんでしょう?」
それまで背筋をシャンと伸ばして座ってた女医さんは、途端に椅子にもたれて仰け反りながら、
「おそらくね。せめて1回で済めばねぇ。2回って意外とタイヘンなのよ」
何がタイヘンなのかよくわからないが、ワクチンの在庫管理や接種者の病歴とか、いろいろあるんでしょうな。
「では3回めになったらこちらでよろしくお願いします」
「ハイ、やります」
女医さんは力強く頷いた。

ジャン妻と連れ立って外に出た。ちと距離はあるけど銀座線で某駅地上に出て、ママの黒板メニューの店へ向かった。昼酒じゃないですよ。ランチです。
炎天下にランチを求めて、ビジネス街に這い出た餓狼たちが店前に並んでる。
店2並んでる2-1.jpg店3並んでる3-1.jpg
この店はランチ客の回転率を速くしたいので店内待ち合わせはNGなのです。揃ってからでないと入店できない。
私は孤食なので関係ないし。コロナ禍でいいとこ3人まで、4人連れなんてのはいないみたいだ。
だけど外で並んでるこの状態でオーダー決めさせて、聞いて伺ってその場でお会計なのですよ。前に何回か言ったモン。「昼はママが路上でカツアゲしてる」って。
並んでる状態でママと目が合った。
「あら?」
満席でWaitなのをいいことに少し立ち話。
「今日はご出勤で?」
「お休み」(ジャン妻)
私は片手でピストルを形作って左肩に当て、「これ(ワクチン接種)の2回め」
「ああ、そうなんだ」
ここでママがジャン妻に何やら耳打ちした。何を耳打ちしたか、その結果どうなったかはある程度の期間を空けて時効になったら明かすかもです。
先会計にホクホク顔のママです。ママのおカオ、普段は夜の薄暗い店内で見てるので、明るい陽射しの下で見ると何だか新鮮だが。
「トシがバレるな」
「???」
「やっぱり夜に薄暗い店内で見る方が」
「!!!」
店4並んでる4ママがカツアゲ中1-1.jpg店7メ.jpg
回転は早いのでこの後店内に入るのですがメニューはこれだけです。
ささみカツ、名古屋味噌で、950円、
イワシの山椒かば焼き、950円、
ピリ辛牛スジ、950円、
刺身、これがもっとも高くて1050円、
いい値段してやがるな。窯で炊いてるからってこの価格はちょっとな。
私は窯で炊き立てのご飯はあまり好きじゃない。窯で炊いたご飯が好きくないなんてそれでも日本人かと言われそうだが、私は少し冷めて固めのぬく飯が好みなのです。
奥のテーブル席に通されました。
店内1-1.jpg
店内2-1.jpg
嗚呼、変わってないですね。宣言前に駆け込んだ7月9日以来だ。
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2021-07-11
これが夜だったらいいのに。

ジャン妻は久々の外食にご満悦だが、ピリ辛牛スジ定食、牛スジが窯炊き立ての熱々飯に合うのだろうかね。
牛スジ1.jpg
中央に半熟玉子が鎮座しています。ジャン妻は牛スジ肉、ゴボウ、コンニャクを摘まんでは口に入れ、中央の玉子に手を出さない。煮込み汁にご飯を混ぜたりもしないな。炊き立てだからだろうか。
まさかワクチン副反応で食欲が萎えてるんじゃないだろうな。その反応は翌朝、翌日に少し出た。
牛スジ2.jpg

ササミカツ1.jpg
ササミカツ2.jpg
私のササミカツ、ササミだからトンカツ、ロースカツと違ってたいしたことないだろとタカを括ってたら、これが意外な美味しさ、いい肉質でさ。
ジャン妻にも1枚あげたのだが、「やわらかい」って。前歯で噛み切れる。東新宿の大和飯店(太和飯店)のミニカツ丼みたいな筋張った固さは全く無かった。
だけど名古屋味噌、甘い黒味噌で食べるのがな。塩胡椒かできれば、
「タルタルソースを!」
「止めなさいって」
ササミカツ3.jpg
ササミカツ4.jpg
ササミカツ5.jpg
ササミカツ6.jpg
ササミカツ7.jpg
ササミカツ8.jpg
「あ、アタった」
「何が?」
シシトウのフライ、思いっ切り辛いのにアタったのである。
「よくアタるわねぇ」
店内4久々の外食にご満悦のジャン妻2-1.jpg
サッサと食べて店主にメモを渡した。22日で解除される筈だった緊急事態宣言は9月1日まで延長、そして12日まで再延長になっている。(ですよね?)
23日~の夜予約を消して、1日~解除される前提でダメモトでその週を1日予約、そしていよいよ13日~、おそらくそうなるだろうけど、その辺りを仮予約した。
そういう楽しみでもないとやってらんないって心境でもある。
店を出て振り返ったらまだ並んでる。ランチだけで何とか乗り切ってくれ。
店8まだ並んでる-1.jpg

もう1軒、その先にある新潟県に特化した居酒屋はランチも休業になっていた。
店14.jpg
店11こちらはランチも休業中.jpg
ジャン妻が休業前、当番出勤でわ、ざ、わ、ざ、この店まできて食べた最後のランチだって。カレーなんて出るんだ?
休業前のランチ1-1.jpg
休業前のランチ2-1.jpg

店12ママ1.jpg店15ママとジャン妻-1.jpg
ママが店内から路上に出てきたので立ち話をしたが、
「ずっと休んで何してるんです?」
「身体のあちこちを治したり。。。」
とか言ってたが、この店は厨房に2人の料理人、フロアに男性女性、以外に従業員を抱えてるのと、ママもマスターもご高齢なので、もういいやって閉めたりしないか心配である。もしそうなってもその決断を尊重するしかないが。
「22日で終わる筈が9月1日に延期になって、また12日まで伸びて。時短でいいから、と、に、か、く、営らせて欲しいものだワ」
休んでイライラして、マスターとママ、夫婦仲が悪くなったりしないだろうな。いつもの路地側のカウンター2席、キープしておいてください。

店16こちらは営っていた.jpg
もう1軒、スパムステーキの店、
「点いてるね」
「営ってるな」
でも今日は昼を済ませたのでまた後日にしよう。

ワクチン副反応か、カロナールの副作用か、帰りの東海道線グリーン車内で爆睡するジャン妻です。
爆睡中のジャン妻-1.jpg

接種券と接種済証-1.jpg

これが接種済証明書のようなものです。右下に新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)とあって、上段に1回め、下段に2回め、クリニックの名前とQRコード入りのシールが貼ってある。如何にも素人の手造り感がある。
「これって、偽造できないか?」
「う~ん、できるでしょうね」
示唆してるわけじゃないですよ。これを持って、ロックダウンする前に東海、上州に行かなくてはならないのだ。ワクチン接種2回済んでからにしようと先延ばししてたら締め切り、期限を過ぎてしまいそうなのだ。

アプリ記録1.jpg

アプリ記録2.jpg

この接種済証をアプリに入れ込むのが結構めんどかった。「Health Amulet」(ヘルスアミュレット)というアプリをインストールするのだが、パスワードを何回も聞いてくるのである。めんどいのでそういうの得意なジャン妻にやって貰った。
アプリをダウンロードしたせいか、「体調は如何ですか?」いちいち通知で聞いてくるのがウルサいな。
翌日の体温1.jpg翌日の体温2.jpg

人出.jpg
日本国内で2回めのワクチン接種を終えた人は5000万人を超えたって。
内訳は高齢者が30000万人、医療関係者が600万人、他、1400万人がそれ以外、私らは1400万人の中の2人でしかない。
いつか2回とも接種者が、日本の総人口1.26億人に達するのだろうか。
コメント(4) 

コメント 4

くまねこ

こんにちは。

ワクチン接種、おつかれさまです。

外食、いいですね。
我が家は、もう何か月していないかな。

もう、飲食店を縛ったくらいじゃ、感染者は減らないでしょうね。
議員だって、テレビスタッフだって、会食しています。
パラリンピックは、小学生に観戦させるそうですし。
ワクチンを2回接種したらコロナに罹らないと思って、
マスクをしていない人もいます。
こんな中で、悪の根源のようにされている飲食店は気の毒です。
by くまねこ (2021-08-21 15:35) 

船山史家

くまねこさんこんにちは。
副反応は抜けたようです。腕の痛みも引いたし。さぁこれで怖いもの無し、飲むぞぉったって店が開いてないし、もう感染拡大前みたいな飲み方はしないしできないでしょう。
今のやり方は飲食店へのイジメですよ。どうやったら酒類を提供できるかに舵を切らないんだモン。
客数を絞って滞在時間を短くして、客席の間隔を空けて少人数の客だけにする、店内で騒いだら注意する(これはかなり勇気の要ることですが、そこまでやらないと)提供する酒量も上限設定していいと思いますね。
滞在時間は90分以内でしょう。だいたい120分も150分もいたらメートルが上がって声高になるに決まってます。
感染防止策を徹底したうえで営業させないとね。
by 船山史家 (2021-08-21 17:14) 

峠おやじ

ワクチン接種完了おめでとうございます。
そちらの業種は医療関係でとっくの昔に接種済と思ってましたよ。

娘婿なんか、業務でお医者さん巡りをするためか
医療従事者並みに接種が終わってました。

史家さんの年齢なら副反応も少なかったんじゃないですか。

感染者激増で岐阜県も自宅療養者が出そうです。
くまねこさんがおっしゃるように皆が油断していると思います。
これだけ感染者が増えているのに駅周辺の人流は
増えているとの数字が出ていました(名古屋、岐阜)。

by 峠おやじ (2021-08-21 22:16) 

船山史家

峠おやじナワさんこんにちは。
弊社も支店勤務社員は接種が完了していますが、私は外巡りが多い職掌ですが事務方なので後回しになるだろと予想はしてました。接種券が届いたのが7月入ってからです。券が届いただけで接種申し込み案内が届いたのは8月に入ってからなんですよ。
横浜市は遅いです。今日、市長選ですが。
それとは別に総務部長から職域接種らしき案内もきたのですが、接種会場が遠くて断念、結局自分のかかりつけ女医に子供がおやつを強請るが如く、受診の度に「ここで接種したい」「何とかなりませんか」訴え続けたらそっちから案内が来たという。(笑)言ってみるものです。
副反応は少なかったですね。腕と首筋にかけて鈍痛があったくらい。今はもう全然平気です。
ひとまず心理的に安心は安心ですが、これまで同様、自分也に万全の注意を払って日々を生きねばなりませんね。
by 船山史家 (2021-08-22 08:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。