SSブログ

東十条銀座 [ラーメン]

暑い日が続いている。
「日傘もって歩いたらどうですか?」(DON子)
「ヤダよ」
「男性の営業でもそういう人いますよ」
「日傘なんてのは男の沽券に関わる」
「じゃぁハンディファン(携帯扇風機)とかでも」
うるさいなっ、
「ヤナこった」
女の子じゃあるまいし。DON子よ、お前さんは私の体調を心配してるんじゃなくて、私が日傘やハンディファンを持ち歩いてるのをオモシロがって見てみたいだけだろ。
振り切って本社を出たらホントにもう暑いというか熱い。頭頂部から額に、首筋に汗が流れるのでクビに濡たした薄いタオルを巻いていますよ。
東十条三丁目.jpg
東十条三丁目、この角を右に曲がります。左折すると東十条駅北口改札に出ます。私は東十条駅南口に公用先があってそっちを終えて延々歩いてきたのだが、今から目指す店は実は東十条駅北口からの方が近いのだ。
東十条駅はホームの南と北の端っこに改札があるので、私は10両編成の長大ホームの距離を延々と歩いたことになるね。
そこから東、目指す店は東十条銀座街のハズレにあった。
商店街1.jpg
商店街2店が見えた.jpg
店1まだ営ってない.jpg
11:25、まだ暖簾は出てない。ちゃんと11:30定刻にOPENするかな。個人で営ってる店ってそういうのにルーズなところがあるからね。どっかの岸根公園の「華や」さんなんかは定刻11:00になっても開かないときが度々あるし、東十条駅の廃止された機関区に面した大番軒(店主が奥さんにブツクサ言う店)なんか11:40過ぎても開かなかったからね。
この炎天下で店前で待つのはイヤなので、近くのスーパー、コモディイイダ東十条店内で涼をとった。ジロジロと品揃えを見ながら。
店2.jpg
店3.jpg
11:35に戻って入店したら、あ、もう先客さんがいる。
何をお食べになってるんだろう。見たことない麺だった。(東軒ラーメンらしい。)
私はもう決めてある。1030円という破格の値段、1000円超の半チャンラーメンセットとは如何なるものだろうか。
待ってる間、店内をジロジロ見てみる。椅子が床から高いので私の短い脚がブラブラして床に足裏が着きません。カウンターが湾曲しています。こういう造作は工費がかかる筈だよ。椅子も高いので前は喫茶店かなぁ。それにしては厨房が広いようだが。
店内2湾曲したカウンター-1.jpg
卓上にメニューはないです。背後の壁側にベタベタと貼ってあって、首を曲げるとデカいメニューが目に入る。焼肉定食、肉野菜定食、私の好みはあるようですな。
メ1.jpg
メ2.jpg
メ3.jpg
厨房1-1.jpg
厨房では店主がチャーハンを炒めてママが麺を茹でて水切り上下に5回、そしてワントレイで出された千円超過の半チャンラーメン、
ラ1チャ1.jpg
このチャーハン、ハーフじゃなくて悠に1人前あるだろ。
チャ2.jpg
ラ2.jpg
ラ2.jpg
大量のワカメと刻みネギが浮いています。このしっかりしたワカメは水で戻したフニャフニャワカメじゃなさそう。魚屋さんの店頭に出されてるワカメだった。私はワカメより青物派だが、この歯応えあるワカメはいいですね。
ラ4刻みネギとメンマ1.jpg
中央部にある刻みネギ、細い也に歯応えがありそうなのと、ネギの香だけ尖ってしまいかねないのでスープに浸しました。
ハート型のチャーシューに店側の愛を感じる?
ラ5厚めのチャーシュー1.jpg
伸びてしまいかねないので、薄黄色い麺を引きずり出します。
ラ6麺1.jpg
ラ7麺2.jpg
ラ8麺3.jpg
メンマは普通の大きさ、幅広でしっかりした歯応えのワカメ、ラーメンでワカメが美味しいって滅多にないです。乾燥ワカメを水で戻しただろってのが殆どだからね。
ラ9メンマ.jpg
ラ10割としっかりしたワカメ2.jpg
スープは東京ラーメン風で出汁よりも醤油が尖っていた。私でも胡椒を入れたくなるような、最初から胡椒の香がするような、決して現在の私の好みの路線ではないですが、ラーメン専門店が百花繚乱咲き乱れる前の前のずーっと前の時代のものです。
ラ14スープ.jpg
チャーシューはこのクラスの店(バカにしてるんじゃないですよ)にしては分厚いです。
ラ11厚めのチャーシュー2.jpg
ラ12厚めのチャーシュー3.jpg
炎天下で脱水気味なところへ味が濃いめでなので、氷の入ったコップ水をグビィッと一気に飲み干したらママがお替りの冷水を汲んでくれた。冷水ボトルはアクリル板で遮蔽された隣に置いてあって、感染防止対策か客にセルフで汲ませないらしい。
私は炎天下の水分補給でペットボトルの水を持ち歩いてたのを思い出した。それは床に置いてあるカバンの脇ポケットに突っ込んである。
高い椅子から手を伸ばしてそれを取り出し、
「水、持ち歩いてたんだった」
「あら、でもせっかくだから飲んでくださいよ」
もうママが汲んでくてたからね。
「じゃぁいただきます」
その2杯めの水がカラになったらまたママが冷水ボトルを持ってきて、
「いいんですか。持ってるけど」
「外は暑いからそのお水、取っておかないと」
「ああ、そうですな」
水の遣り取り.jpg
チャ3.jpg
やっぱりこのチャーハン、ハーフじゃないでしょ。でも味の記憶が余りないのだ。至って普通のチャーハンだったような気がするが。
むしろ特筆すべきは合間に摘まんだ大きいザーサイが美見しいですよ。ちっこいキューちゃんか柴漬けでごまかしたり、日高屋みたいにザーサイを小さく細かく切り刻んでやっつけで出す店が殆どなのに。
セットものには全部ザーサイがついてるようですな。
ザーサイ1.jpg
ザーサイ2.jpg
店4.jpg
店5.jpg
店6.jpg
お腹いっぱい、ご馳走様でした。ザーサイ以外は味的に普通だけど、ボリュームとママとの冷水汲むときの会話で妙な満足感があった。あの会話が無かったら後印象が違ってきただろう。
まだそんなにトシじゃなさそうだし(失礼、下手すりゃ私の方がトシいってるかも)まだ現役でいけるでしょう。
商店街3.jpg
商店街4.jpg
商店街5.jpg
東十条駅北口までヨロヨロと歩いています。遠く感じた。カバンの脇ポケットには店では使うことがないままぬるくなったペットボトル。途中でアタマから被って濡れタオルを湿らせて、新しいのを自販機で購入した。
コメント(6) 

コメント 6

ロビ

こんにちは。

中華は大番が多かったですが、ここも入ったことあります。昔からの町中華の雰囲気で、メニューがいっぱいあったような。ジャンさんの行動範囲は広いですね。少し高いけど、となりのプリモもよく行きました。

この商店街は長くて店も多く、最近ではあまりないですね。あと、万国旗を掲げている商店街はここしか知りません。
by ロビ (2021-08-29 10:42) 

船山史家

ロビさんこんにちは。
今日は残暑と湿度がキツイので冷房効かせた自室にこもってます。
商店街や地元に慣れ親しんだ中華屋さんでしたが、看板デザインが赤と黄色、三角形なのもユニーク、お隣のプリモさんと並ぶ景観を意識したデザイン、色合でしょうか。
店内も明るい雰囲気で、失礼ながら大番さんとは真逆だと思いましたよ。
肉野菜炒め、焼肉定が気になりますね。
万国旗が下がっていたので何かのお祭りかと思いました。明るい商店街でした。
by 船山史家 (2021-08-29 13:00) 

熊猫

ジャンさん。
お疲れ様でした。

「あづま軒」は、東十条銀座のほぼ終点ですから、歩きだと難儀したことだと思います。
ちなみに我が家は「あづま軒」から先、徒歩7分くらいでしょうか。
「あづま軒」のお母さん、優しいですね。ジャンさんだからかな。

空が青く、白い雲がくっきり。どれもみんないい写真ですね。
by 熊猫 (2021-08-29 13:35) 

船山史家

熊猫さんこんにちは。
公用の兼ね合いで南口から歩いたので結構な距離に感じましたが、一度経験してしまえば何てことないです。でも暑さに閉口しました。足から頭から焼け付くようでしたね。
熱いのと発汗したのでスープ飲み過ぎたかも。味的にはあまり印象に残ってないのですが公用先最寄り駅の圏内なので再訪はありそうです。
お母さん優しかったですよ。私だから?さぁそれはどうでしょう。
更に先にある王子神谷も気になっています。
by 船山史家 (2021-08-29 15:20) 

くまねこ

こんにちは。

首から手ぬぐいのように首にかけて使う
ハンディファンもありますよね。
左右両側から顔に向けて風が当たって、
涼しいらしいですよ (^-^)
by くまねこ (2021-08-29 17:28) 

船山史家

くまねこさんこんにちは。
私は薄い布タオルを巻いていました。工事従事者が巻いてるような手ぬぐいじゃありません。
首かけハンディファン見たことあります。あれはファンがブラ下がってるから用途がわかりますけど、ネッククーラーっていうのを見たときはこの人むち打ち症かなと思ったものです。
熱さまシートを貼ろうとしたら、今の時期は誤解されかねないから止めた方がいいですよと言われました。
by 船山史家 (2021-08-30 06:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。