SSブログ

ここでは一番 [グルメ]

歩く1.jpg
歩く2-1.jpg
歩く3店が見えてきた-1.jpg
店1-1.jpg
京成大久保駅から徒歩10分、他に競合店が無いのもあってその辺り一帯では店名の通り「一番」をキープしています。
ご覧のとおり舗道が無いので、撮影するに多少の注意を要します。
店3.jpg
店2.jpg
店4.jpg
メ2.jpg
メ3.jpg
侮れない店で鶏唐揚げを含めた550円のGoGo定食がウリなのですが、他のGoGo550円はサバの塩焼き定食、肉どうふ定食、トン汁定食、
他、グランドメニューには、イワシまたはアジフライ定食、カツ定食、エビフライ定食、串カツといったフライ類の定食、
チャーハンや中華丼以外にもカレーライス、カツ丼、カツカレー、チキンライス、オムライスといった味のついたご飯もの、
生姜焼は無いけど焼肉定食、タンメンとは別に塩ラーメン?
酢豚、八宝菜、青椒肉絲、回鍋肉、麻婆豆腐といった本格中華、餃子はあって当然だが、水餃子に自家製シューマイなんてのもある、
半チャン(半チャーハン)セットはラーメン、ギョーザはもとより野菜炒や焼きそばをセットしたダブル炒めもの、
メ1外のボード.jpg
そしてAとBの日替わり、今日はAが良く出てたが、と鶏唐揚げ、コロッケ、シャケ付定食、シャケは薄いけど塩焼きの切り身だった。
まだあるのだ。目の前にブラ下がってる黒板メニュー、納豆、冷奴、目玉焼き、お新香、ザーサイ、アジフライ、消してあるけどイワシフライ、
メ4黒板からもチョイス.jpg
これら多彩なメニューを年老いたご夫婦(失礼)と娘さんの3人で営んでいる。
店内1.jpg
店内2.jpg
店内3.jpg
ワンコインプラス50円だけでは憚られる。今日も単品でもうひと品を追加してしまった。
それもアジフライを!
メニューのGoGo豚汁定食を指して、目の前にある黒板のアジフライを指して、
「GoGo豚汁とアジフライ」
「それ、どちらか単品ですよね?」
娘さんに聞かれた。定食を2つ食えるわけなかろう。そんなに大食いに見えるかい。ではどちらを単品にするか。私は納豆や冷奴が描かれてる黒板メニューのアジフライを単品と思い込み「こっち単品」って言った。こないだは黒板メニューに書かれている目玉焼きを単品で追加してるからね。でも後でわかったのだが、黒板メニューのアジフライ600円はグランドメニューの定食600円と同じ金額なので、両方とも定食の値段だったのである。
家族の厨房1.jpg家族の厨房2.jpg
家族の厨房3.jpg
厨房で店主が野菜をトントン切り出した。中華豚汁には大根、里芋といった根菜類は入らない。ニンジンはスライスしてあり、豚肉以外の脇役は炒めものに使う葉野菜がそのまま豚汁の具に化けると決まっている。
次に店主はアジを出して粉を塗してジャーッと揚げ油に放り込んだ。遠目にもデカいアジに見えた。並行して中華鍋で豚汁の具を炒めている。
おや?ラーメンの丼が出されたぞ。牛丼チェーン店で出される大きさの豚汁じゃなかった。もしかして、
豚汁1.jpg
豚汁2.jpg
ラーメンの丼で出された豚汁、トン汁、業務用の白味噌かな。おそらく味噌ラーメンもこれと同じベースで、味噌ラーメンの麺抜きがこれに違いない。
豚汁3.jpg
レンゲでひとくちすすったら熱々で少々上顎を火傷した。後で皮が剥けた。
具を左に寄せます。豚肉、豆腐、白菜、ニンジン、長ネギ、ニラ、小松菜の茎、
豚汁4.jpg
レンゲで白菜と豆腐、ニラをすくいます。
豚汁5.jpg
白菜、豆腐、ニンジン、小松菜茎をすくいます、熱々です。後から入れた豆腐ですら賽の目カットなのに熱い。
豚汁6.jpg
豚肉と長ネギは味噌チャンコ鍋に欠かせない具ですな。そう思うと店主がもと親方に見えたりする。
フゥフゥ言いながら食べます。なかなか冷めない。
豚汁8.jpg
後半になると封じ込まれた汁自身の熱で野菜他の具がクタクタになってきます。最後までアッチッチでしたよ。
豚汁9.jpg
アジフラ1.jpg
トン汁をフゥフゥ食べてる間に銀の別皿でアジフライが供されたのですが、大きさがバラバラでデカイのです。アジに見えなかった。齧ってみたらサクッとアジだったが、タラかホッケかと思ったよ。
アジフラ2.jpg
衣はいい感じです。揚げ方にプロの年季を感じる。ブ厚過ぎず薄くない。カリッと揚がっています。
アジ身には軽く塩で下味がついてますが大きいだけに途中で飽きるので、カウンター上にあるマヨネーズとソースを半分ずつかけていただく。
そのマヨやソースは娘さんが消毒液を拭きかけた布で親の仇みたいに磨いてましたね。
マヨとソース.jpg
アジフラ3.jpg
フライの下に敷いてある副材はレタス、キュウリ、ハーフカットのゆで卵、ポテサラ、
ちぎったレタスは水切りが完璧で、フライの衣を水気で濡らすこともない。それにマヨネーズを追加してワシャワシャ食べるという。
アジフラ6.jpg
アジフラ7付け合わせ.jpg
デカくて重たい。箸先から落ちそうです。
アジフラ4大きさがバラバラ.jpg
アジフラ5デカイ.jpg
これにホウレンソウおひたし、キュウリのお新香がついてくる。小さく見えるご飯茶碗は飯がギュウギュウに詰め込まれているのだ。
おしんこ.jpgおひたし.jpg
店5.jpg
店6.jpg
グゲェ、腹一杯になった。550円だから牛丼チェーン店の大きさの豚汁丼と変わりないだろうと、単品アジフライだからせいぜい小さいアジの開き2枚くらいだろうと侮ったのが失敗だった。かなりのボリュームでした。
娘さんが外出したので(銀行両替かな)お母さんがお会計してくれた。
GOGO豚汁550円プラス黒板のアジフライの600円、1150円だと思って1000円札1枚と100円玉1枚、50円玉1枚渡したら、
「1050円だよ」
よくわかんないけど敢えて逆らわずその通りに従った。凛とした気を感じた。
おとうさんさんは厨房勝手口に腰を下ろして涼んでいる。次のお客さんが来るまで束の間の一服です。
コメント(2) 

コメント 2

くまねこ

こんにちは。

豚汁にお豆腐がいっぱい入っているのですね。
こちらでは、お豆腐の入った豚汁は、
見たことがありません。
あと、我が家では赤味噌です (^-^)
by くまねこ (2021-09-03 14:59) 

船山史家

くまねこさんこんにちは。
豚汁(トン汁)豚肉が入った味噌汁?味噌ラーメンも白味噌なのでしょうか。豆腐まで熱々でした。
和食の豚汁じゃないから里芋、コンニャク、ゴボウといったものは入ってませんでした。町中華だから葉野菜の豚汁(トン汁)でした。量が多かった~。
食文化の違いかもしれませんが、赤味噌もいいですね。
冷蔵庫に豚バラ肉があるのを確認しました。明日の朝、味噌汁に豚バラ入れてくれないかなぁ。
by 船山史家 (2021-09-03 16:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。