SSブログ

松屋マイカリー [グルメ]

タワー1.jpg
天空を見上げる。首が痛くなった。
何て高いマンションだろう。賃貸か分譲か?都営地下鉄大江戸線の西新宿五丁目駅に向かう途中でみつけたこのマンションは「ザ・パークハウス西新宿タワー60」その名のとおり60階建、最上階は幾らするのかと物件を検索したら2LDKで17,300万円だった。これが都心の相場価格というものなのか。
だけど地上との往復がタイヘンそうである。そんなに高いとこに住んで大丈夫なのだろうか。
マンションの地上に近い辺りに視線に戻すと1階には、
タワー2.jpg
タワー3.jpg
タワー4.jpg
何と牛丼チェーン松屋があった。
ズルッとズッコけそうになった。高級マンションの1階に松屋とはオドロキだ。
だけど松屋のロゴの隣に知らない別の店ロゴがあるぞ。
店5コラボ1?.jpg
マイカリー食堂とは何だ?
店2.jpg
何だこれは?レモンクリームチキンカレー?
店3ボード1.jpg
タワーマンションの1階だけあって松屋にしては扉が重たそうだ。重たい扉に貼ってる写真左は松屋のお得意な「出ては消え、出ては消え」を泡沫のように繰り返す期間限定丼らしい。右写真のロースカツカレーは松屋が牛めしと併せて提供していたオリジナルカレーとは違う路線のようである。
店4ポスター1.jpg
店内を覗いたら畳1枚分くらいのデカいメニューボードがあって、上半分が松屋、下半分がマイカリー食堂メニューになっている。
店6確かに松屋だが1.jpg
下半分のマイカリー食堂メニュー、明らかに従来の松屋カレーとは違いますね。
店7確かに松屋だが2.jpg
見上げたらマイカリーのロースカツカレーの旗が欧風っぽく下がっている。
店8コラボ2.jpg
私はこの時点でカレー記事が2つ待機していた。ひとつは昨日Upしましたが、こりゃ失敗したなの某カレーチェーン店で、もうひとつは明日Up予定の某駅前ビル地下にある奇を衒った名前のカレースタンドのリベンジ編です。その繋ぎの記事にしようと思って店に入りました。
例によって松屋は私の苦手なタッチパネル券売機なのですが、メインメニューが左右2つに分かれていた。左が松屋、右がマイカリー食堂、この松屋は東京神奈川の一部店舗だけの限定コラボ店、松屋が展開するカリー専門店なんだそうな。すぐ近くにある青梅街道沿いの西新宿店は松屋単体でカリーコラボになってませんでしたね。
今日の記事はいろいろ言わせてください。見たまま、感じたままをそのまま記します。
例によって券売機がタッチパネルでめんどいところから始まります。松屋単体でも苦手でめんどいのにそれにマイカリー食堂がくっついたことで更に解り難くなった。
タッチパネル1-1.jpg
タッチパネル2.jpg
左上筆頭にある牛めし、丼/カレー、定食、期間限定、これらは従来の松屋メニューで、上から5番め、ロースカツカレーをONしたんだか右の写真ボタンをONしたんだと思う。よく覚えてません。
そしたら次の画面に進んだ。彩野菜のロースカツカレーが確かに選択されています。プレーンカレーと欧風カレーと2種あるカレールゥとボリュームを選択する。私は欧風の普通830円にした。
タッチパネル3.jpg
でもそこで確定にならない。券が出てこない。オカシイと思ったら下にこんなのがあって、某カレーチェーン店ほどじゃないけどトッピングが幾つか表示されていた。どうしてもカレーチェーンはこういう追加トピで単価を上げて儲けようとするところがある。
私は右下の定番野菜が気になった。ニンジン、タマネギ、ジャガイモ?ってことはタマネギがカレールゥに入ってないってことじゃないだろうな。タマネギが入ってないカレールゥなんてあんのかと疑ってそれもONした。
タッチパネル4何だかようワカラン.jpg
でもまだ発券されない。ここで戸惑ってもこの店は奥行が長く厨房が遠く、この後でもいろいろ出てきますが最低限以下の接客接遇しかしません。接客接遇ゼロといっていいくらいに素っ気ないです。だからタッチパネル券売機の操作法がわからなくても、バカみたいに恥ずかしい大声を張り上げない限り対応してくれないだろう。厨房から脱兎の如くこっちにスットンで来なきゃならないからね。
最終確定は下の「注文確定、カートに追加」をONするのです。これがすぐわからなかった私はこのトシまでカード持ってなくてネットショッピングに不慣れな人間だからです。今の世に生きる人は普通はできるでしょう。
食券.jpg
これでオーダーは飛んだ。頭上にディスプレイがあって高速のSA、PAのフードコートのように食券番号が表示されている。私の番号もあった。できあがった番号から呼ばれるんだけど厨房までがこんなに遠くて、
店内1厨房まで遠い1.jpg
「何番のお客さまぁ」と絶叫調で声を張り上げられるのもマイクで呼ばれるのも恥ずかしいけど、それすらなくて頭上にあるできあがりましたディスプレイに番号が表示されるだけです。
そこにテロップが流れて「コロナ感染対策の為、接客は必要最低限の発声とさせていただきます・・・」・・・だったと思うけどそれを見て私は鼻白んだ。コロナのせいにしているが要は客と接したくない、喋りたくない、触れ合いたくない店なのです。時勢柄仕方がないともいえるがこれほど無愛想、無機質な店もそうそうないんじゃないかって。不愛想ではなく無愛想なのです。接客接遇が苦手でも調理のオペレーションさえ慣れれば働けるってなもんです。
店内のメニューボード.jpg
この店は出来上がったら厨房のお渡し口まで取りに行き、喰い終えたら再度厨房まで歩いて下げに行くセルフスタイルなのですが、私の隣の席に客が置き忘れたのか味噌汁の蓋みたいなのが転がっていた。ってことは、店員さんは拭きに来てないってことですよね。
卓上2隣片付けろよ.jpg
卓上1.jpg

紙コップの給水機.jpg
そんでもってこの店、セルフだからいいけどコップが紙なんですよ。紙コップなの。これはウチの支店にも置いてあったりするけど、ボタンを押すと紙コップがストンと落ちるあれです。
アウトドアじゃないんだからこういう店内で紙コップで出すのは嫌いだね。洗い場の負担をたかがコップくたいでも減らしたいのかね。カレーってのはそれ也に辛いので水を複数回欲するんですよ。紙コップで何回も汲んでたら紙がやわくなるに決まっている。サイズも小さいし。氷も出てきませんから。
この紙コップを補充しに厨房からスタッフが1回だけフロアのこっちまで闊歩してきました。そのカオには、遠いなぁ距離があるなぁって目が言ってたように見えたね。せっかく出てきたならついでに私の隣に置き忘れた味噌汁の蓋でも持ってったらどうだい。そこもノーチェックでした。
紙コップで汲みに立って気が付いたのは壁際にキャッシュレスの券売機があったこと。何人かはこっちを利用していましたね。
キャッシュレス券売機.jpg
給茶機もあった。これも紙コップです。
紙コップの給茶機.jpg
私は紙コップの給水器近くを選んだから入口側に近い席にいます。厨房まで取りに行くのが遠いけど、かといって奥の席にしたら紙コップで給水するのに入口近くまで逆に延々歩いてこなきゃならない。奥に給水器はなかった。2台も要らないだろうけどね。
店内2.jpg
まだオペレーションが不慣れなのか私のカリーは時間がかかった。後から来た牛めし客や定食客に抜かれた。厨房を遠目に見てると何やら白い皿をレンジに突っ込んでONしているのが見えたから、おそらく寸胴鍋ではなく出来合いのパック商品だと思われます。
10:30に確定して提供は10:38、この僅か8分、曲がりなりにも牛丼チェーンの提供速度じゃないです。厨房のお渡し口まで取りに行くんだけどそこに福神漬があって自分で取りますが、その口頭説明もないです。「そこに書いてあるでしょ」ってなもんです。厨房の女の子スタッフは半券を無造作に引き千切ってトレイに放り込みやがった。
カ0受け取り口.jpg
カ1.jpg
カ2野菜たち.jpg
カ3カツと茹で卵.jpg
カ4.jpg
では席に持ち帰っていただきます。ジャガイモ、これは後から追加した定番野菜トピですね。ニンジンもそうです。こういう後から追加したから温めるのに時間を要したのかもしれません。
カ5ジャガイモ.jpg
カ6ニンジン.jpg
プチトマト、こういうのをうっかりガブッと噛むと中から熱々の汁がブチュッと出て口内を火傷したりしますがその心配はなかった。
カ7プチトマ.jpg
何かと思ったら茄子でした。小さい茄子でしたな。茄子なんか普段食べないから無くてもいいけど。
カ8茄子.jpg
タマネギ、どう見ても煮込んでるのではなく後から追加したけです。野菜炒めのタマネギみたいなシャキシャキした食感でしたよ。
カ9タマネギ.jpg
ハーフカットの茹でタマゴ、彩を添える為ですかね。
カ10ゆで卵.jpg

カ11カボチャ.jpg
これは何だと思います?カボチャなんですよ。彩野菜ってのは夏野菜が主体なのかプチトマ、茄子、カボチャといった私が食べない野菜の具に絞られる傾向にある。でも「写真はイメージです」なんだろうけどどれも実物は具が少なくて小さいです。
カボチャの上に何だろ?小松菜の茎か何かが混ざっている。この突然現れる青物がクセもので、唇下にペチャッと引っ付いたりした。
カ12ルゥ.jpg
カレールゥ、某カレーチェーンのようなビシャビシャじゃないしそれ也に欧風っぽいコクもありますが、如何せんぬるいです。カツの温度の方が高かった。もう少し熱かったら美味しく感じたかもしれない。欧風ですが僅かにほんの僅かに酸味もあります。
辛さは調整できるようです。
カ14カツ断面1.jpg
これまで見てわかるようにデフォで肉類は入ってなかった。肉はご飯の上に鎮座してるカツだけ。が肉も衣も私の好みで、皮肉なことにこのカツがイチバン美味しかったという。揚げたてじゃないと思うけど、カラッとサラッとした油っ濃くないキレイなカツでしたね。このカツは美味しかったな。C&Cより美味しいと思った。
カツ15カツ断面2.jpg
カツ16カツ断面3.jpg
このカツをルゥに浸して齧ったらこれまた皮肉なことにカツの方が熱を持ってるのです。ルゥに浸したらカツが冷めてしまったという。
店1.jpg
空いた器を下げに持っていく厨房が遠いです。スタッフはこっちを見もしないで横を向いたまま「ありがとうございました」と声には出してたが、この店で聞いた声は最低減最小限の「いらっしゃいませ、ありがとうございました」だけです。何て無機質で近未来的なショップだい。私には向いてないと思った。
でも外に出たらテイクアウトの準備中で、そこに立ってた男性か女性かわからない(マスクとメガネをしてたから)大きいスタッフがいて、
「ありがとうございましたぁ-」
この「ましたぁ-」が大事なのですよ。店の外だからさっきの「発生最小限」のテロップマニュアルから開放されたかな。いろいろ言いましたがご馳走様でした。
コメント(6) 

コメント 6

papaberry

おはようございます。
私も苦手です。
自宅近くの「松屋」がタッチパネル式になり
全く行かなくなりました。
駅の反対側の「すき家」へ行っていたのですが「すき家」が
タブレット式注文になってしまい行かなくなりました・・・。
イオンのセルフレジも苦手です(笑)
セブンイレブンがセルフ支払いレジに置き換わっていますので
なかなか厄介です。

by papaberry (2021-09-10 09:02) 

くまねこ

こんにちは。

手を抜くところは「コロナ対策」。
だったら、「コロナ対策」で、お客1人ごとに、
テーブル・椅子を消毒してほしいですね (-_-;)
by くまねこ (2021-09-10 14:17) 

モノノフ

なるほど、これがマイカレー食堂ですか。
どうも調べてみたところ和歌山県内には無さそうですが、松屋さんのカレーは昔から美味しいと定評はありますよ♪
でも私としてはどうせならステーキ屋まつに進出して欲しいですね(^o^)/
by モノノフ (2021-09-10 15:03) 

船山史家

papaberryさんこんにちは。
今日は暑かったです。華やさんでまたぞろノンアルを飲んでしまいました。
自分はスーパーやコンビニのセルフレジは慣れました。現金?カード?現金をONして金を突っ込めばいいので。
むしろコンビニや酒屋でビール買って「年齢確認お願いします」見りゃわかんだろって思ったりします。おっといかんいかんそういうのは。
ですがタッチパネル券売機、タブレットは苦手です。ゴールにたどり着くまえが心許ないです。オーダー確定までのフローチャートなんでしょうけどね。
まさか華やさんもタブレットになったりしないでしょうねぇ。笑
by 船山史家 (2021-09-10 17:07) 

船山史家

くまねこさんこんにちは。
時間を区切って拭き拭きタイムがあるのかもしれませんが、ひとりひとり拭かなきゃですね。お客さんがそんなに入ってなかったから油断してるんじゃないかなぁ。タッチパネル券売機なんかもそうですよ。いろんな客が指先で触れてるんですから。私は消毒してからタッチパネルに触れてオーダーし終わってまた消毒しました。紙コップボタンをONしてからも消毒、喰い終えてからも消毒、都合4回ですよ。前はこんなに神経質な人間じゃなかったのに。
by 船山史家 (2021-09-10 17:11) 

船山史家

モノノフさんこんにちは。
今日の午前中に横浜市内某所を歩いてたら、松屋のトンカツ松乃屋とカリーがコラボしてるのを発見しました。だからカツが美味しかったのかもしれません。
コラボ店は東京神奈川だけのようです。前からあるオリジナルカレーは食べたことがあったかどうか。創業ビーフカレーを高崎で食べたことがありますがこれもあまり記憶がありません。
ステーキ屋松は都内に3店舗しかないようですが私の公用圏内には無いんですよねぇ。
by 船山史家 (2021-09-10 17:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。