SSブログ

ボロい券売機の店 [グルメ]

店1.jpg
店2.jpg
この店は過去に何回かUPしました。自分も昼は常連客と自負してましたが、コロナ禍と私のラウンドルートが変わったことでここ1年ほど足が遠退いていました。
食券のいい加減な店、ボロ券売機の店、ヘンな比喩で表現しましたが別に悪口ではない。実際そうなんだから。
姐と弟-1.jpg
店は姉弟で営ってます。夫婦みたいに見えますが姉と弟です。
初めての客には、
「取り合えず食券になりまぁす」
入店して振り向くと左に昔ながらのボロい券売機があって、そこに千円札を突っ込んでボタンを押すとイロのついた昔ながらのプラスチック券売機がカランと出てきます。その券に薄っすらと刻まれた料理名は押したボタンと一致していません。
ときおり券が出なかったりする。今日の私は久々に来て開店早々に一番客だったが、スタートでいきなり食券が出なかったからね。
「券が出ないよ」
「お釣りでました?で、何?」
「ホイコ」
いっそイマドキの紙券売機に変えたらって思う。お金を入れるだけの券売機なのです。
ホイコ1.jpg
ホイコ2.jpg
ホイコ3キャベツ1.jpg
ホイコ4キャベツ2.jpg
ホイコ5ニラニンジン.jpg
ホイコ7肉が残った2.jpg
味付けは濃いです。強い味、何処かピリ辛味も感じられる。
先にキャベツ、ニラ、ニンジンといった野菜類を食べて、肉だけ残して焼肉定食状態にする。それからご飯と一緒にガツガツ喰らうのです。
何だかラーメンスープが薄くなったな。私もそうだがこの店の常連客も高齢化してきたからか?糖分の少ない麺に変えたり、麺ハーフに対応したりしてるようですが。方向性を変えたのだろうか。
スープとキュー.jpg
混んできた。せっかちな姉ママは客が券売機の前に立ってるとその迷いを断ち切るかのように、
「お先にご注文うかがいます」
あるいは、
「今、味噌入ってます。味噌なら早くでますよ~」
誤解のないように言っておきますが、姉ママは決して客に品定めをしてるわけではないです。姉ママのBlogにも書いてあったけど、この店の客は100%近隣の会社員なので、貴重な昼休みを無駄にしないようにと、早く出して早く帰したいんだってさ。
口頭で注文を聞いても券売機で購入するのです。「口頭でも注文を聞くなら券売機要らねぇジャン」って思うけど、券売機を取っ払って後払い会計にするには何処にもレジを置くスペースがないからね。
お隣の半炒飯ラーメン-1.jpg
今日はお隣さんのラーメン&半チャーハンセットが気になるがそういうのを控えてます。今日は単品チャーハン、敢えて黄金のチャーハンと比喩してあげよう。
今日はボロ券売機から食券が出てきたが、以前より券がカタンって落ちるスピードが遅くなった気がするな。
券には薄っすらと料理名が彫ってあるのだが、オーダーしたものと名前が一致していないのでプラスチック券の色で判断するのです。この店イチ押しの野菜味噌ラーメンなら味噌だから茶色の券です。
でも長年使ってるので券が紛失したりして複数のイロの券をダブらせて使ってる。ひとつのボタンで2つか3つメニューが重なっているので値段で分けてるのもある。
だから食券でも結局は確認の為に口頭でもオーダー聞くんですよ。
チャ1.jpg
チャ2.jpg
この店のチャーハンですが、11:30開店早々か12時台前半にオーダーすると熱々でしっとり、13時になろうかという頃合いだとややぬくぬくのパラパラ系になっています。熱々のご飯が後半になるとぬくぬくになるからです。
しっとり、パラパラ、その中間、時間帯別に食べ比べてみてください。
チャ3.jpg
チャ4.jpg
チャ5.jpg
やはりスープが味薄ですな。このスープじゃぁ、醤油ラーメンを食べてみようという気にはならないな。
また薄そうなスープ1.jpg
また薄そうなスープ2.jpg
待機中の大盛り焼きそばが視界に入った。では次回は焼きそばにしょうっと。
焼きそば大盛りらしい.jpg
この店のイチ押しは味噌ラーメンです。野菜を練り込んだ味噌、プラス、野菜がドカ盛りでもないけど結構なボリュームで供されます。
味噌ラーメンがバンバン出たので私の焼きそばは少し後回しになった。見てたら弟さんは中華鍋を2つ、左右に置いて同時に振るって野菜を炒める。サイドの姉ママが麺を茹でて、スープと一緒に中華丼に移して、弟さんがその上に炒めた野菜類をドバドバッと載せていく。地の繋がった姉と弟の連携が絶妙です。味噌ラーメンなら一度に6杯か7杯は可能だそうです。
でも私は店側がすすめる味噌には迎合しないヒネクレ者でもあります。後から来た客に味噌で抜かれようと、自分が食べたいものをオーダーするのだ。焼きそばがきました。
焼きそば1.jpg
焼きそば2.jpg
焼きそば3.jpg
ウスターソース味ではないな。オイスターソース味かな。
ライトでいい味加減です。このクラスなら大盛いけそうだな。ランチよりビールに合うな。でも今は酒類提供自粛になってしまった。
焼きそば5.jpg
焼きそば6.jpg
焼きそば7.jpg
では次は生姜焼き、この日も食券が出なかったぞ。滞在時間20分の間に私以外にもうひとり出ない客がいた。
「券でないんだけど」
「あ、ゴメン、で、お釣り出た?」
ってなもんです。もう券売機変えましょうよって。
まだ早い時間なので1計を案じた。
「ご飯冷ましといてくれる?」
「アイヨ」
チャーハンでも書いたけど、11:30~ご飯が熱々で。焦ってかっこんで上顎を軽く火傷したことが何回もあるんだな。学習しない人間なので。
生姜焼は肉もそうだが、ご飯をひたすら食べる定食でもあります。なので冷ましといてもらったのだ。余計な熱を放出させるのだ。
そういう意味では、私はカマドで炊いた炊き立て熱々のご飯って苦手です。炊き立てでなくてもいいのです。ジャーでいい。だからといって長時間営業の居酒屋や家系なんかで「これはいつ炊いたんだ?」のような黄色くて固くて臭うようなご飯は勘弁だがね、
生姜焼1.jpg
いつもよりは湯気が立たないご飯だった。「ご飯に合うおかずって何だと思う?」と聞かれたら迷わず豚生姜焼と答えるでしょう。
生姜焼2.jpg
生姜焼3キャベツマヨ.jpg
生姜焼4.jpg
生姜焼5キャベツが先.jpg
いつものように先にキャベツを食べた。胃の腑に敷くのです。後から食べる肉の脂の吸収を阻むのだ。これが内臓負担減に効果があると長年思い込んでいたが、TBS地上波からBSに引っ越しした噂の東京マガジンで、肉を先に食べるミートファーストが効果があるというのを観て目からウロコ、これまでの概念が崩れた。
肉を先に食べると脳内で満足感を早く得られるので食欲を抑えるんだと。肉は噛むからよく噛むことで脳の満腹中枢も刺激され、満腹感も早く得られる。噛むことで脳内にヒスタミンが分泌されて食欲が抑えられる。食べ過ぎ防止にいいとか。
生姜焼6.jpg
マヨネーズの量もまぁまぁですが、これは赤いキャップのマヨなのかな。白じゃないかな。
店内11姉さん1-1.jpg店内12姉さん2-1.jpg
店内13弟さん1.jpg店内14弟さん2-1.jpg
ボロ券売機.jpg

肉野菜1.jpg
肉野菜2.jpg
肉野菜3.jpg
肉野菜炒めは野菜も肉も細かいので先に野菜だけ食べて肉を残すなんてことはできない。肉も野菜もご飯も一緒に食べるしかない。
回鍋肉の辛味を抜いたヤツか。余りボリュームがあるとはいえないですね。荒川のドカ盛り店の1/5ぐらいしかないんじゃないかなぁ。1日に必要な野菜の量半分もないと思いますよ。
肉野菜5.jpg
肉野菜6.jpg
肉野菜7.jpg
具のひとつひとつは小さくカットされた状態で強火で炒めるので、キャベツの芯なんかも驚くほど軟らかい。
ニラ肉1.jpg
ニラ肉2.jpg
ニラ肉3.jpg
ニラ肉4.jpg
ニラ肉炒め、何となくオーダーしてしまった。後で写真を見て気が付いたのですが。お皿の窪みの部分にしか入ってないですな。ニュー新橋ビル地下の「しん楽」さんみたいに皿から溢れんばかりじゃないです。
ニラ肉5.jpg
ニラ肉6.jpg
この日もスープが薄い。見るからに薄いですよね。白湯とは言わないが、昆布茶のような。
う~ん、書こうかどうしようか迷ったが書いちゃいます。この店のラーメン&半チャーハンセット、醤油味のラーメンなんですが、ラーメンを半分近く残して出てった客をこの1年で2人見かけたよ。
カウンター上に置かないでそのまま出てったの。姉も弟もさすがに憮然としてたね。スープの味が今この記事で言ってるようにイマイチ変わったのか、薄くなったのか、糖質を下げた麺に変えたせいか、その2人の客の口には合わなかったんだろうね。でも至って普通のラーメンなんだから無理しても食べて欲しかったね。
スープとキュー.jpg
この店は回鍋肉と生姜焼以外の炒め物はおススメしません。肉野菜炒めにするぐらいなら店イチ押しの味噌ラーメンをおススメしますよ。焼きそばとかチャーハンとか。
前は日替わりで「豚肉と野菜と玉子のピリ辛炒め」なんてのもあったが、そういう日替わりはやらなくなったらしい。
ではこの記事ラストに向けて、厨房の賄からレギュラーメニューに昇格した丼を3つ、まず豚丼、豚バラ肉をタレで炒め焼いたのをご飯に載せてるだけ。肉の下にはもやしが敷いてあるというもの。
「胡麻無しでお願い」
「アイヨ、胡麻無しね」
胡麻は歯間と歯茎に残るからな。
豚丼1.jpg
豚丼2.jpg
豚丼3.jpg
日によっては豚丼ばっかり出る日がある。TVで何かで、それっぽいのが取り上げられたのを観たから来るのかな。
同じオーダーが続くと例によって食券が無くなる。「ママ券でないんだけど」が続くから笑っちゃうよな。
でもそういうのに慣れてる客はいいけど、初めて来た客は券売機から食券が出ないと「???」何か操作を誤まったか、壊してしまったかと怪訝をと売り越してオロオロしてる客もいるから笑えるよ。
豚丼5.jpg
豚丼6.jpg
私はできればご飯と豚バラ肉は別皿がいいんだけどな。
また見るからに薄いスープ、薄かったのでお茶みたいにグビグビ飲んでしまった。
また見るからに薄いスープ.jpg

ス1.jpg
ス2.jpg
ス3.jpg
次はこれも賄から売り物に昇格したスープご飯塩、これは過去には胃カメラ検査、バリウム検査、内視鏡検査、風邪ひいて休み明け、そういう時の昼に食べたね。別に今日はそういう日じゃないのですが。マンボウやらで夜の居酒屋が時短営業になっていた時期のもの。18時過ぎに急いで居酒屋に駆け込んでた頃だから昼を軽くした。
ス4.jpg
ス5.jpg
ス6.jpg
ス7.jpg
刻みネギ、廸子胡椒付きです。何も入れなければライトな塩スープの雑炊ですが、柚子胡椒を入れるとピリっ、辛っと味が締まって入れ過ぎるとムセます。入れ過ぎ注意、コロナ禍で店内でムセるわけにいかない。
でもやっぱり少しの量なのに軽くムセた。
ス8.jpg
ス9.jpg
ス10.jpg
最後にスープご飯味噌、この日は12:30に来たら満席で席が空くのを待ってます。働く男のデッカい背中たち。アクリル板が設置されたので窮屈そうです。
混んでる1-1.jpg混んでる2-1.jpg
混んでる3-1.jpg混んでる4-1.jpg
店内をジロジロ見てたら、ボロイ店内だなぁ、散らかってるなぁって思う。いや、散らかってるというか、置き場がないのだ。壁面積や床面積もないからね。そこは工夫してボックスティッシュはカウンター上に設置するとか努力してますが、ただでさえ置き場、スペースが無いのに消毒液のボトルがそこらじゅうに鎮座している。
券売機はボロいし。エアコンだっていつ頃の機種だろうか。ゼェゼェいってるだけでちっとも涼しくならない。下手すりゃブレーカーが落ちるだろう。
いつだったか姉ママのBlog(アメブロ)見たら、厨房の水道がブッ壊れて水が止まらなくなり、高低差が無いかわりに群馬県沼田の利根町にある有名な吹割の滝みたいになってた。
24時間対応可能な業者さんに頼むと高いので、弟さん自ら施行したり、常連のお客さんが格安で施工してくれたり。
他にもそこらじゅう修繕の繰り返しである。床やカウンターも。でも券売機が壊れて修理したという話は聞かない。もう殆ど壊れてるところもあるし、修理しようにもメーカーに部品がないだろうな。
(現在はWCを改装したのを機に、弟さんが休日返上で内装を変えたのでスッキリした。ゴチャゴチャ感は消えています。でもボロ券売機は相変わらずです。)
アクリル3.jpgボロ券売機-1.jpg
アクリル1.jpgアクリル2.jpg
客回転は早い方です。味噌ラーメンがいちばん早いね。ようやく空いて、3つめの賄、スープご飯味噌、バター入り、刻みネギ、刻みタクアン付、スライスしたニンジンがキレイ、
ス1.jpg
ス2.jpg
ス3.jpg
ス4.jpg
ス5.jpg
ス7.jpg
ス8.jpg
ス9.jpg
ス10.jpg
ス11.jpg
スープご飯は塩も味噌もレンゲですくうからスープをついぞ飲み過ぎてしまうんだな。ご飯は残したくないからね。
自分自身の決断が要る。何処かで「もう終わりっ」決断してレンゲを置かないといけない。
卓上.jpg
姉さん21-1.jpg弟さん21-1.jpg
店4.jpg
店5.jpg
そろそろラーメン食べようかな。本牧大将は別にして町中華のラーメン、どの店で復活しよかな。この店のイチ押しである野菜味噌ラーメンもその候補のひとつではあるけれど。
で、2月上旬の岸根公園「華や」さんだったか、本厚木のスバラしいラーメン「やっこ」以降、3か月に渡ってラーメン断ちしてたの止めました。解禁しました。その解禁1号は、このボロ券売機の姉妹店が新御徒町駅近くにあって。。。
コメント(2)