SSブログ

蕎麦宿の透明な衝立 [蕎麦宿]

宿1.jpg
宿2-1.jpg
宿3-1.jpg
宿入りしてくるまをバックから入れたら、大女将さん(グランマ)が黒い軽自動車で戻ってきた。この家はくるまがひとり1台あるらしい。
久々に再会のご挨拶をしたが、もう客室に来ることもないだろう。ジャン妻と何か話していた。
「何処へ行ってたんだろ」
「さぁ。女将さん少し痩せたかも。2人(兄弟)が立派に継いでるしもう引退だね」(ジャン妻)
大旦那の姿も見えない。
「2人揃って楽隠居じゃない?」(ジャン妻)
宿4若の後ろ姿1.jpg宿5若の後ろ姿2.jpg
長男が蕎麦打ってる間に奥の恵明庵に案内してくれる若(次男)の後ろ姿、もう勝手知った部屋だから案内要らないけど、お仕事だから付き合ってあげたという。
部屋で彼が恐縮して言うには、
「こないだはくるまを押していただいて」
ああ、前回2月、駅まで送って貰ったあれね。国道121号に出る直前、美加登屋と清水屋旅館の前の坂で後輪がスタックして、私等と通りかかった人、計4人か5人でワゴンを押したんだった。
「下りて押さなかったら人間性を疑われるよ」
「あれ、2駆だったんですよ」(若)
「4駆じゃなかったんだ」
確認しておけばいいのにね。
宿6部屋1.jpg
宿9部屋4.jpg
2階建て、メゾネットタイプの恵明庵、1階にリビングと天然かけ流し部屋付温泉風呂、2階がベッドの寝室、1階は薄暗いが、2階は明るい。
キレイに敷かれたベッドメイキングですが、この後すぐに私の悪い寝相でグチャグチャになるのです。
宿7部屋2.jpg
宿8部屋3.jpg
恵明庵の寝室から駐車場を見下ろしたところ。すぐに満車になります。
宿9駐車場を見下ろす.jpg
宿10湯1.jpg
宿11湯2.jpg
ジャン妻を先に湯に入らせて、固い湯をやわらかくして私は後から入る。それでも熱いので湯温を見たら、地熱が高いせいか41度だった。これが翌朝になると急に下がって朝になると底の方はぬるくなった。
恵明の湯から見上げた新緑の又見山は絶壁の山に見える。野生動物がたくさん隠れてそうだ。
宿12又見山1.jpg
宿13又見山2.jpg
宿14湯3.jpg
宿15湯4.jpg
踏切の音がして、走行音が近づいて、汽笛がヒョッと鳴って、恵明の湯から軌道を見下ろしたが、この季節は木々の葉っぱに隠れて走行する車両が見えない。15:42発、会津田島行、
見えない1.jpg
見えない2.jpg
見えない3.jpg

宿16湯上りの生-1.jpg
湯上りの生ビールを飲むジャン妻、私も仕方なく付き合った。私は披露宴と法事、出張ではない電車旅以外は昼酒はしない人なのです。
「何で昼は飲まないの?」(ジャン妻)
「酒は夜に飲むものだよ」
そう聞かれてもよくわからない。嫌いなんだとしか言いようがない。昼から飲んだら人間堕落するとでも思ってるのかも。
宿17部屋5.jpg
宿18部屋6.jpg
宿19部屋7ジャン妻爆睡-1.jpg
ジャン妻は眠りに落ちた。寝不足なのです。今朝未明4時に起きたら隣にジャン妻がいない。1階の6畳座敷でオンザロックを飲んでいた。
「起きちゃった。そしたら眠れなくなった」
「何時に?」
「2時半かなぁ」
何でまたそんな時間に起きたんだ。仕事が気になって眠れなくなったのだろうか。在宅勤務が続くと出勤とは違ったストレスがあるらしいな。
ガ1.jpg
4号源泉ポンプの崖を通る会津鉄道の桟道橋梁、枕木は新しいに取り換えられたが4連のガーダーが旧くなってきている。架け替えとなったらタイヘンだ。
17:05、会津若松行がやってきた、
ガ2.jpg
ガ3.jpg
ガ4.jpg
ガ5.jpg
すぐにその場を立ち去らずに待ってたら、今度は17:09、会津田島行、
ガ21.jpg
ガ22.jpg
ガ23.jpg
ガ24.jpg
ガ25.jpg
会津鉄道は昨年の脱線事故で車両が破損して野岩線や東武鉄道への乗入れ可能な車両が不足した。
併せてコロナ禍による日光方面の観光客輸送量が減り、AIZUマウントエクスプレス3号4号の東武日光駅乗入れを取り止めて、会津若松~会津田島の普通列車で運行している。
輸送量低迷により、会津田島~西若松の始発列車である会津田島発5:24、最終列車である西若松発22:13の運行を取り止めた。職員の夜間勤務削減もあるんだって。働き方改革か。1時間に1本走ってるかどうかなので、そこしか削減するポイントが無かったわけである。だが始発、最終だけでなく、会津田島発9:03、19:43の会津若松行普通列車、会津若松発10:22分、20:18分会津田島行の運行も「輸送量が少ない」という理由で取り止めた。
乗客数が少ないとは言ってない。輸送量が少ないです。同じだけどね。
計4本が運行を取り止め、ダイヤから消えている。宿に置いてあった時刻表もそうなってましたね。そうやってタコが己の脚を喰らうようなことをしてるとどんどん収入が減ってくよ。空でも走ってるところを見せないと。
なので、朝イチいつも起こされてた始発と寝落ちする前の最終が無くなった。
大丈夫か会津鉄道?
水田1.jpg
水田2.jpg
宿の路地向かいにある田んぼ、まだ田植えの途中、夜になったらまぁ凄いカエルの大合唱になってさ。ゲロゲロゲロゲロ、それも同じような鳴き声に混じって、グエッ、グエッ、酔っ払いのオヤジのゲップみたいな太い鳴き声、あれはウシガエルかヒキガエルの鳴き声かね。
水田3.jpg
水田4.jpg

宿22-1.jpg
宿21-1.jpg
宿20今日も満室満車.jpg
17時半に起きて、再度、湯に浸かって、17時50分前になると、廊下が慌ただしくなる。
前は大旦那ひとりのドスドス足音だったのが、それより軽い足音が2人聞こえた。
で、今回、テーブルにこんなものが。。。
宿21調味料?.jpg
宿22衝立?-1.jpg
ついに蕎麦宿もこういうのを置くようになったか。。。
コメント(4)