SSブログ

西へ。。。 [コラム雑記帳]

前の上長、ディクソンのデスクの傍らには、使われてない抗原検査キットが山積みになっている。
唾液で判定するI-Check、インフルエンザ検査キットのように鼻穴から喉奥に入れるヤツも。
「これ(I-Check)1個貰っていいですか?」
「いいですよ」
何で配らないのかな。配らないで置いといたらそのうち使用期限切れちゃうんじゃないのか。でももう直属の上下関係ではないので「県境を越えて何処かへ行かれるのですか?」とも聞いてこない。聞かれたら「6月1日付人事異動の対応で、静岡エリア、我が故郷群馬エリアを廻らなくてはならないのです」、
群馬エリアはマンボウ(蔓延防止措置)で夜の街は壊滅状態だという。でも7月に先送りはできないし、ジャン母の退院関連で2~3日休まなくてはならないので、退院する前の週に強引に行ってきた。1泊2日で。
陰性だよ.jpg
行く前、I-Checkで抗原検査して、陰性なのを確認したが、ピンクの線が薄く、
「これって似非陰性じゃないスか?」(若手の男性社員)
「そんなこたぁない」
その抗原検査キットをポケットに入れて、
「夜は紀尾井?」(ジャン妻)
「多分ね。営ってれば」
私は静岡県が緊急事態宣言下でもマンボウでもないのを知らないで出かけた。
新横浜まで戻るのを潔しとせず、東海道線を西へ、小田原駅で東海道新幹線こだまに乗り換えるとこ。
小田原駅.jpg
小田原駅ホームから小田原城が見える。
小田原城が見える.jpg
何故かこの子がいる。今日は電車、徒歩移動だが、明日は終日レンタカーで遠州を廻るので、「ドライヴの御守に持っていきなさい」(ジャン妻)
何故この子がいる?.jpg
この子は富士山が大好きなのだが、富士山が雲に隠れてると機嫌が悪くなるのだ。
富士が見えねぇ.jpg
こだまはひと駅ひと駅ずつ律儀に停まっていく。熱海駅以外は後から来る後続特急に追い抜かれてばかりいる。熱海駅では「すぐの発車となります」急かすアナウンスが流れる。
新富士駅に着いた。駅ホーム上の売店は無期限で営業休止になっている。新富士駅のこだま停車は、1時間に2本しかないので(朝の東京方面のみ3本)需要もそんなにないんだろうな。
新富士駅.jpg
駅ロータリーからタクシーで富士市総合庁舎へ。運転手は枯れた二の腕の婆さん(失礼)で、ダッシュボードにくっついている写真は若い頃のをそのまま貼ってあったな。
新富士駅からタクシー.jpg

富士庁舎.jpg
富士庁舎入口-1.jpg
庁舎に着いたところ。申請は何なく済んだ。初めて見る方だった。
申請を終えて外に出てひと息入れようと息を吸い込んだら臭いのだ。製紙工場がたくさんあるからだが、今日は一段とニオうな。
富士市のHPにも載っている。「確かに初めて富士市へ来た方はこの臭いにかなり驚くようです。現段階での悪臭防止技術や産業形態から考えると、これらの工場からの臭気が今以上に改善されるには時間がかかると思われます。」
ウチの市は臭いと言っているようなものだが、事実なのです。
富士市内に在住して静岡エリアを一手に対応している草の者13号に「今日はいちだんと臭いな」心無い送信をしたら、
「昨日、雨が降ったからですよっ、でも富士市のお陰で日本全国のトイレットペ-パーが賄えてるんですよっ」、
怒ったようなメッセージが戻ってきた。
13号は今日明日は会えない。会社が時折思い出したように支店にプレッシャーをかける監査対応で、私とは逆ルートで静岡エリアの各支店を廻っている。「今回はお会いできなくて残念です」とは言うとったがね。
寺1.jpg
北条氏政公の首塚がある寺、
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2017-11-03-3
北条氏政公はどのドラマでも賢く描かれないのが残念である。飯に3杯、汁をかけて何処がいけないというのか。
寺2.jpg

歩く1.jpg
歩く2.jpg
富士駅まで歩いてたら、バス2台に抜かれた。チクショウと思いながら歩いてたら、曲がってカーヴ曲線を描く細い路地を見つけた。
歩く3.jpg
旧線跡1.jpg
これは身延線の旧線跡です。身延線は富士駅を出ると西向きにカーヴして入山瀬駅まで高架になるが、昭和44年(1969年)までは東向きになってこの辺りから北にカーヴしていたのです。
このカーブだと東京方面から来る列車は富士駅構内でスイッチバックしなければならないので現在の路線形状になったのだが、その経緯は当時、東京から富士宮駅に直行したS〇〇会と関係があった大石寺参拝の団体客が急増した為だという。
富士駅構内でスイッチバックしないで直に乗り入れが可能なカーヴになったのだが、現在は東京から身延線に乗り入れる列車はなさそうだ。そしたら今度は静岡市方面から乗り入れる特急ワイドビュー富士川、これは前に私が車内で寝過ごして、船山温泉の最寄り駅である内船駅まで行ってしまった特急ですが、この特急は清水方面から来るので、富士駅構内でスイッチバックしています。
旧線跡2.jpg
この細い路地を歩くと途中から遊歩道になり、晴れてればどの場所からでも富岳が拝める「日本一贅沢な廃線跡」とJTB発刊「鉄道廃線跡を歩く」最終刊に載っていた。
竪堀駅を出て潤井川鉄橋の手前で現在の路線に合流する筈だが、大幅に時間を体力をロスするは必定なので、そのまま富士駅まで真っすぐ歩いた。
そしたらこんなのがあった。
高い罰金1.jpg
家庭ゴミ収集場に指定日を無視して出して平気な輩は何処にでもいるが、この刑事罰と罰金額は相当な重さではないか。5年以下の懲役!1000万円以下の罰金!ここまで表示しないと収拾がつかないのだろうか。
高い罰金2.jpg

歩く11.jpg
富士駅-1.jpg
富士駅そばの香、汁とかき揚げの香に惹かれてはいけない。今日の昼は富士市内の支店で、静岡エリアでいちばんうるさいA子たち、過去に何回も登場していますが、彼女たちと相伴することになっているのだから。新入社員も増えたし。
富士駅でA子にLINE(というかCメール)しています。
「昼がまだなんだけど。そっちの休憩室借りていい?」
「もちろんですよ。大歓迎です」
こうやって反応してくれる辺りがウレシイ。A子は7年前、私が静岡エリアに関わって最初に受け入れてくれた人でもあります。
でもA子は時間にうるさい。
「何時頃いらっしゃいますか?」と必ず聞いてくる。別に悪いことではない。私だって「時間は自分だけのものではない」が信条だから。
特急1.jpg
特急ワイドビュー富士川がやってきた。
「また寝過ごさないでくださいね」(A子)
「寝ないで起きてますよ」
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2019-12-28
この過去記事で私は特急車内で寝てしまい、船山温泉の最寄駅である内船駅まで行って隣ホームの列車に飛び乗って戻っています。今日の車掌さんは、あの行き違い列車に無線で連絡してくれた車掌さんかもしれない。
特急2.jpg
少し余裕があったので、お宮横丁で富士宮焼きそば、大盛600円を購入した。
横丁1.jpg
横丁2-1.jpg
富士宮駅からタクシー.jpg
富士宮駅界隈からタクシーで東方へ戻るんですよ。最寄り駅は・・・ないな。富士駅からタクシーでも同じ距離かな。身延線の各駅は無人駅ばかりでタクシーなんか絶対にないからな。
運ちゃんに聞かれた。
「お客さん、ワクチン打った?」
ギクッ!
東京者と見破られたか。この「ワクチン打った?打たない?」これが今後の差別化に繋がったりしないかと危惧しています。考えすぎかな。

A子-11.jpg富士宮焼きそば-11.jpg
私の前に、静岡エリアでいちばんお喋りで聞きたかり屋のA子がいて手製の弁当を食べています。私は富士宮焼きそばを食べています。食べてる途中で飽きてきた。やっぱり上州の焼きそばの方が美味しいと思う。でもA子は、焼きそばは富士宮焼きそば!と譲らない。自分でも作るそうである。
そういえば5月にも日帰りで来てたな。前回とそう日数は空いてない。
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2021-05-04
A子は会社情報に飢えてるのか、会う度に質問責めに遭うのだが、私は7年前に静岡エリアで私を最初に受け入れてくれたA子が決して嫌いではない。むしろヘンな意味でなく好きな方です。年齢は一回り下です。
でも話してるとA子は会社の人間ではないし、企業人ではないな。地方のいち支店の女ボス、裏ボスですね。
「今日はB子(草の者13号)さんがいなくて残念ですね」
「さっき電話で話したけど。〇〇店で会えるか?って聞いたら、そこへは行きませんって」
B子はエリア内の各支店が会社ルールに乗っ取ってちゃんとやってるか、会社内監査が入る前にチェックして廻っているんだと。
帳票類、請求書チェック、クリンネスなんてのはまだいい方で、顧客サーバのリプレース、電子手帳のバージョンアップ、顧客とのLINE導入とか。
煙たがられ役を担ってるんだな。
「でもウチのエリアは広いから、移動がタイヘンそうだし、留守を守るC子さんの負担が」(A子)
静岡県は東西に長いのを知ってか知らずか、会社はひとつのエリアにしちゃったから全域をカバーするのがタイヘンそうだという。廻ってるB子の評価はしやすいが、ひとり留守を守るC子をどう評価するのですか?とも聞かれた。
娘さんの話になったな。大学は6年生だって。
「じゃぁまだまだ学費がかかるわけ」
「そうなんですよぉ。稼がないとぉ」
「じゃぁ稼いでくださいウチで」
「笑、〇〇さん(私のこと)ってあと何年ですか?」
「2年、でもその後も1年は残るつもり」
そしたら傍らの若手男性が、呟くように言った。

「〇〇さん(私のこと)が会社にいないと・・・」

???

私はその男性が言ってる意味がわからなかった。
「1年は残るよ。その先は・・・」
お茶を濁すように返して、その後はA子とバカっ話で盛り上がった。

店1.jpg
1時間ほどでそこを辞して、清水区の窓口を2か所廻って藤枝市内に泊まったのですが、ホテルに入る前にようやく外飲みを解禁しています。
コメント(2)