SSブログ

がら屋 [ラーメン]

速い安い止まらないと謳われる京急がこの日止まった。6月10日、能見台駅で人身事故でダイヤが乱れていた日の朝、私はT字型カミソリで唇下を切った。たいした切り傷じゃないけどそういう箇所って出血するとめんどい。
マキロンのバッタ品を塗って納戸の薬箱から絆創膏を取り出したら、買った当初は乾いてた筈が長いことしまってあったせいか湿気でベトベト、太い指先で割き難いこと。
絆創膏を貼ってもみるみる赤く染まっていく。どうせマスクするからいいんだけど、白マスクは止めて家では評判のよくない黒マスクにした。家を出るのが遅れてしまった。
がら屋5.jpg
ダイヤ乱れまくりの京急戸部駅から徒歩10分にある西区役所に申請を済ませて京急戸部駅に戻ってきたところ。
この後は都内港区に向かう。路線を検索したら、京急~泉岳寺~三田~三田線~芝公園というルート、
芝公園は飲食店が少ないんだよな。
そう考えて立ち止まって目に触れたのが京急ガード脇にある店「がら屋」前からあった。店内で豚骨を炊いているので、店に近づくと豚骨を炊いている臭いが漂っていたものだが。
がら家か。あまりいいネーミングじゃないね。ガラが悪いのかな、店ん中がガラ空きなのかな、なんて悪意に満ちた比喩を思ったりした。
がら屋1.jpg
がら屋2券売機対比表.jpg
店頭に券売機との対比表があって、これが店内外にある唯一のメニュー、
大分類は醤油、塩、味噌、辛系の醤油、塩、味噌、汁なし油麺、
トッピングと呼ばずに「上乗せ」とあって、白髪ネギ、キャベツ、もやし、メンマ、岩海苔、ワカメ、別皿で生卵、何だかわからないが旨辛の具、ミニバター、チャーシューが1枚2枚3枚、味付玉子、
ホウレンソウが無いんだな。
トッピングにキャベツがあるので、濃厚で当たりが強くてもライトな家系に変化するのかなと。そう思ってキャベツを押そうとしたら、何故か、何故か、何故だかわからないが、白髪ネギを押してしまったのだよ。
がら屋3券売機.jpg
黒いTシャツ着た強面の美人な姐さんが券を預かってくれた。姐さんひとりで営ってるのかと思ったら奥の厨房に屈強な男性がひとりいた。
先客1名、涼し気で爽やかな若い男性だった。静かに食べていた。
店内1-1.jpg店内2.jpg
店内5風通し.jpg
店内4女将?-1.jpg店内3.jpg
飛び込み営業がきたんですよ。
「こちらに〇〇さんがいらっしゃると聞いたのですが」
姐さんはキッとなって、
「〇〇は夜シフトですよ。今の時間帯は入っていません」
やや険のある言い方だった。営業さんはスゴスゴと引き下がって出てった。
奥の厨房から野太い声で「何だって?」それに返す姐さんの声音もややキツい。店の名前とおり決してガラがいいとはいえないね。荒っぽいTALKが飛び交ってた本牧大将間門店を思い出したよ。
ラ1.jpg
ラ2.jpg
水菜かぁ。歯茎にチクチク触れるんだよな。パクチーを除いて青菜は好きな方だけど。その上に白髪ネギがどっさり乗っている。頂部にワカメも。こういうワカメは私は要らないな。麺が見えないじゃないか。
ラ3ネギと水菜.jpg
ラ4頂部にワカメが.jpg
ラ5上から見る.jpg
湯気がたってませんな。これはぬるいと見た。実際ぬるかった。いや、適度な温度だったとしておこう。
ラ6反転させてみる.jpg
ラ7麺が見えない.jpg
向きを180度回転させてみた。麺が見えないですね。
左に鎌のように曲がったネギがチョンと浮いている。この鎌のようなネギを見て、自分は今日、唇下を切って絆創膏を貼ってるのを思い出した。ネギや水菜が傷口に触れたら痛かろうなと。
どうする?絆創膏したまま食べるか?でも防水タイプじゃないので絆創膏が豚骨スープまみれになって剥がれ、血も混じって汚くなるだろう。考えてるうちに麺が伸びてくる。
店内7揚げタマネギ.jpg店内6このティッシュで血を拭いた.jpg
ボックスティッシュがあったので、出血したらそれで拭おうと。意を決して絆創膏を剥がして食べ始めた。
湯気すら立ち昇らないラーメンに冷えた白髪ネギ、冷えた水菜を浸してみる。ますますぬるくなるは必定だが仕方がない。火傷しない程度の適度な温度だった。
ラ8ネギを浸す.jpg
白髪ネギを摘まんだ。水に適度にさらしてあったのか辛くない。
ラ9ネギを摘まむ1.jpg
ラ10ネギを摘まむ2.jpg
水菜を摘まんだ。この細くて尖った水菜や白髪ネギを傷口になるべく触れないように運んだ。
ラ11水菜を摘まむ.jpg
食べてる途中で白髪ネギが血に染まったりしないか。
親指を傷口に当てた。やっぱり出血してる。白髪ネギが傷口に触れる。水菜が傷口に触れる。チクチクする。ライトな豚骨スープが傷口に触れる。麺も傷口に触れる。アタリマエだろ食べてるんだから。もう気にしないぞ。
白髪ネギと水菜に隠れてた麺を引きずり出す。中太でツルツルしていたが、麺の表面が滑るのか、スープが纏わりついてオイリーだから滑るのか。
ラ12あっさりしたチャーシュー.jpg
チャーシューは・・・
至って普通です。あまり特徴のないチャーシュー。
店内8卓上.jpg
卓上に置かれたフライドオニオン「無料提供が続けられるよう、大量に使わなようにお願います」とか何とか書いてあったね。これで味変するといいらしいが私は無料トピが嫌いでしてね。無料だと何も文句言えないし。いや、金を払って文句を言いたいわけじゃないですよ。
ラ13麺だけを引きずり出すのは無理.jpg
ラ14家系スープ.jpg
スープは適度にぬるかった。ライトな家系かな。塩なのか醤油なのか判断し難いほどスープが軽かった。これはいい意味でね。色も弱いしサラッとしたライトな豚骨スープ、臭みは殆ど無しで濃厚とはいえない。クドくない。それでいて白いご飯にも合いそうだがそこは思い止まった。
がら屋4.jpg
がら屋6.jpg
がら屋7.jpg
傷口が豚骨スープでヌルヌルする。前の柱のボックスティッシュ、悪いけど3枚4枚使わせていただいた。朝ほどではないが赤くにじんだ。
絆創膏を貼りなおして黒いマスクした。その一連の動作を見てるだろう姐さんの視線を感じたが、それらを空いてる皿に置いたりしないよ。まるめてゴミ箱に。
出血は終日続いたので、今日だけはマスク着用のご時勢で良かったと思ったりした。傷口に白髪ネギと水菜のチクチク、お店で供されたものとは関係ないネタでこの店は印象に残ったのであります。
硬派の店だったと思う。ラーメンは家系にしてはライトだったけどね。
コメント(4)