SSブログ

日高屋サイドランチ [グルメ]

店3.jpg
埼京線と新幹線が並行する高架ガード下に日高屋さんがあった。日高屋さんが出す料理はお世辞にも全てにおいてクオリティーが高いとか味がいいとは言い難いのですが、急いでる日、忙しない日に目に留まるとつい安易に流されてしまうところがある。「いいやもう今日は日高屋で」ってなってしまうのです。
そう流されないように己の気を引き締めるのが意外とタイヘンで。
でも今日は流されました。急いで午後13時~の会議に戻らなくてはならないので。
店1.jpg
だが、ここ南与野駅界隈には他に選択肢がない。過去に何回かUpしたラーメンの名店「きく家」が廃業してしまったのもある。他は吉牛、コメダ珈琲、がってん寿司、久兵衛屋ぐらいしかなさそう。
店2.jpg
店4.jpg
卓上狭い.jpg
店内1.jpg
店内2-1.jpg
いつもの生姜焼の気分じゃなかった。昨夜ジャン妻がグラム780円の牛薄切り肉をジャンのタレで焼き付けて野菜炒めに載せたノッケモリ(載っけ盛り)を出してくれたので。
でも麺類は避けよう。そうだ!サイドメニュー、おつまみからピックアップチョイスしてみよう。
オーダー取りにきた元気印のおねぇさんに、
「ええっと、細かくて悪いのだが、これと、これと、これと、これと、ご飯普通で」
これとこれが続いた。
「唐揚げは定番ではなくおつまみタイプでよろしいですね」
「うん」
「餃子も3個餃子で」
「ウン」
「かしこまりました。3個餃子、サイドつまみ唐揚げ、キムチ、マカリニ、ライス普通サイズでお願いしまぁす」
このチマチマとした恥ずかしいオーダーがさして広くもない店内に響き渡ったよ。
最後に「ご飯普通サイズ」これを言わないとアル客に見られて「県の要請でアルコールの提供はしておりません」釘を刺すように言われるかもしれない。
メニュー載せますが今日はサイドだけです。「これとこれとこれ・・・」・・・これらをオーダーしたわけ。どうせ現物は写真と違ってるかもしれないけどな。
メ1.jpg
メ2.jpg
メ3.jpg
メ4.jpg
さて、チマチマと小皿をオーダーしたが何が最初に来るのかな。餃子と唐揚げが足を引っ張るからおそらくキムチとマカロニだろうな。予想通り、その2つがきた。
キムチ1マカロニ1.jpg
キムチ2マカロニ2.jpg
手前に白いマカロニがあると光が反射しますね。
では向こうとこっち側、逆に置いてみた。
キムチ3マカロニ3.jpg
キムチ4マカロニ4.jpg
マカロニを摘まんでみる。表面がヌルヌルツルツル滑って摘まみ難い。摩擦係数が小さいのです。割り箸にすればよかったかも。
マカロニ5.jpg
マカロニ6.jpg
キムチを摘まんでみる。意外に美味しい。チョイ辛キムチとはいえ喉にひっついてムセる始末、今のご時勢でムセたりしたら白い目で見られかねない。
キムチ5.jpg
キムチ6.jpg
だけど酒類提供禁止なのにこれだけ摘まんでるわけにもいかない。ご飯を待つしかないが、この2品だけで「先にご飯を持ってきてくれない」と言うのも憚られる。やはりメインディッシュである3個唐揚げ、あるいは3個餃子が来るまで待とう。
私がいる席の前は透明アクリル板で仕切られた厨房で、こっちのフロアより段差があって高くなっているのは水回りと構造上の理由であろうか。そこを占拠している調理人おねぇさん、もうひとりいる女性スタッフと、私語じゃないんだけど、早番ならではの業務打ち合わせの声がまぁデカいこと。仕切られてるとはいえアタマの上から声が降ってくる。丸聞こえである。
お客さんが会計して出ていく時は「あぁりがとうございましたぁ」すっげぇデカい声で絶叫調子である。アクリル板で仕切られてるから余計に声がデカイのかね。
でも日高屋さんで厨房にいる人が「ありがとうございましたぁ」って叫ぶ店って初めてみた。
唐揚げ1.jpg
唐揚げがご飯スープと一緒にきた。どのタイミングでご飯を持って来るかと思ったらやっぱり唐揚げの方が餃子より早かったか。
唐揚げ2.jpg
唐揚げは薄皮パリパリ、既製品か冷凍か。人間の手作り感はあまりなかったな。機械で大量生産したような。とはいえ唐揚げは唐揚げなのでご飯のおかずに充分なるというものだ。
唐揚げ3.jpg
いつもながらぬるいスープ、薄味でお茶みたいである。
ス1.jpg
ス2.jpg
ス3.jpg
そして3個餃子がきた。両サイドに仕切り板があるので余計に狭くなった。唐揚げが出る前と餃子が来る前はピピピッピピピッとタイマーの音が聞こえたような気がする。
ギョ1.jpg
小皿で細々してるので、ホテルの朝食バイキングを彷彿とさせるな。浜松の朝バイキングには餃子があったけどさすがに唐揚げはないかもな。
ギョ2.jpg
今日のは焼きが甘いな。細っこくて具もスカスカだった。
ギョ3.jpg
唐揚げ小皿に、申し訳程度に仕方なく?添えられたキャベツの千切りがあるけどこれも乾ききっている。いつから切り置きしてたんだい?っても、日高屋さんでは包丁でまな板を打つ音はしないんので、どっかの(埼玉の)工場での千切りカットでしょうな。味気ないのでマカロニを移動して一緒に摘まんだよ。
マカロニを移す1.jpg
キムチにもマカロニを移動、辛いキムチにマヨネーズソース味を混ぜることで辛さがマイルドになるね。
日高屋さんのマカロニってマヨネーズが多過ぎてベチャベチャですな。
マカロニを移す2.jpg
マカロニキムチ.jpg
喰い終えた11時20分頃、それまで女性2人シフトだったところへ男性は1人が加わった。それまで女性2人で店を廻していたので、これから混んでくるであろう今日1日に予想される問題点の洗い出しTALKが始まっていたのだが、そこへ社員とおぼしき遅番男性が後から加わるとどうなるか。
それまで女性2人で話されてたTALK内容が怒涛の如く、その男性に「聞いてくださいよ」「こうしんきゃダメですよ」みたいな調子で振りかぶるわけですよ。
でも男性はそれを受けなきゃいけない。避けちゃいけない。交わしてもいけない。聞いて聞いて言わせるだけ言わせて宥めて、自分がシフトで入る前の労を労うのです。タイヘンそうだったが受ける側次第で厨房は明るい雰囲気に包まれるもなんだなと。
ご馳走様1.jpg
ご馳走様2.jpg
ご馳走様でした。小皿を積み上げた。たくさん平らげたに見えますが小皿ですよ。
1000円以内に収まりました。
「ありがとうございましたぁ」
厨房から大きい声が聞こえた。
高架上を新幹線の爆走音が聞こえた。
店5.jpg
店6.jpg
日高屋さんはコロナ禍での営業時間見直しで11時前の早い時間帯から営ってる店が増えた。
今は宣言発令中で夜の居酒屋は軒並み休業状態だが、夜に時短居酒屋で90分以内で飲むとなるとアルコール類オーダー19時ストップじゃないですか。ギリ18時スタートだとそれまでにお腹を空かせてないともったいないんだよね。(何が?笑)
なので、できれば11時、もっと早い時間帯にランチができる今の日高屋は、味とかは二の次三の次にして重宝するのです。
コメント(4)