SSブログ

きそば鈴一 [グルメ]

横浜駅構内店1.jpg
新しくなった横浜駅構内は、各階段から南北に一気通貫できるコンコースができている。そこにJR関連会社が展開する何処も同じ味の駅そばが出店していた。
除いたら厨房が狭そう。ひとりオペのようだ。これは汁サーバだなとアタマから疑った。
冷やしかき揚げに惹かれたのですが。冷やしなら汁サーバも寸胴鍋も関係ないんだけど止めといた。駅外に出た。昔からあるスタンドを思い出したので。
横浜駅構内店2.jpg
さて、今日は非常事態宣言発令前の最後の平日金曜日、夕方から居酒屋に駆け込んで最後の晩餐ならぬ外飲みをするので、昼は早い時間に軽めにしたいのだが。
まだコンビニやハンバーガーチェーンが無かった時代、立ち食いそばは究極のファーストフードだった。味は二の次で、早い安いである。
現代の立ち食いそばチェーンは過渡競争時代に突入している。あってアタリマエのメニューだけでは存続が危ぶまれる。そばうどんだけではなく、上に載せる揚げもの類のバリエーションの豊富さ、カレー他ミニ丼のセットもの、カテゴリーを増やして他社と差別化を図り、その期間限定の変わりものを打ち出して客を取り込む。蕎麦屋なのにラーメンがあったり、コロッケ蕎麦やトンカツが載ってるカツそばなんてのもあるしね。
だが、そういう時代の流れを全く無視して唯我独尊、時代に取り残されたのかそこだけ時間が止まっている感のある立ち食いスタンドそば屋が横浜駅西口にあって。
店1.jpg
横浜市民なら一度は見たことがあるでしょう。JR、東急、京急、市営地下鉄、相鉄線等各線が乗り入れる横浜駅西口、繁華街の西口5番街の角に昔からずーっとある立ち食いそば屋さん、
店2-1.jpg
店5.jpg
有名な店だが利用しようという気にイマイチならなかったのは、立ち食いカウンターが狭過ぎで、晴れた日は混んで店内に入り切れず、青空の下や外に置いた簡易テーブルで食べる路面喰い、丼を両手に持って路上で立ち食いする光景が公然と当たり前のように見られるからです。
その一帯は西口警察派出署の前だがくるまが走らない路地なので、それをいいことに道路に丼を片手にそばを食べている人がいつもいる。立ち食い客が店から溢れ出ているのである。その中に入っていけなかった。私は人の目を意識してしまうんだよな。
この日は小雨が降ったり止んだり、早い時間で幸い客もいなかったので、初TRYしてみたのだが。
券売機.jpg
唯一新しいものといえるのはSUICAが使える券売機だけ。その券売機も幾つかのボタンに「不良中」「ボタン不良中」が貼ってあった。
天ぷらそばをON、天ぷらイコールかき揚げだが、他は竹輪天と烏賊天、コロッケしかない。カレー臭もミニ丼も一切ない。セットものなんかもない。2品置くスペースがないからだと思う。
異色なのは「きしめん」があるけど。私的にはきしめんは鍋の締めなので、それ単品ではちょっと。
何ちゅうせまい店内.jpg
おっそろしく狭いカウンター上です。やはりセットものはできないし置けないですね。
天井も低い。私は余裕だが高身長の人はアタマをぶつけないよう注意を要する。
給水機の隣に消毒液があるのだが、それを掌に噴きつけたら熱かった。給水機の熱で温められたのです。
冷水も1回汲めるかどうかですね。2杯目は無理だと思う。1か所に陣取ったらそこから動くのも憚られるのだ。
給水機の熱.jpg
そば1.jpg
そば2.jpg
そば3.jpg
「ヘイ天ぷらそばお待ちぃ」
枯れたオヤジさんがカウンターにコトッと置いた天ぷらそばを受け取り、超の字がつく狭い立ち食いスペースでいただきます。
天気のせいもあるが、こうやってカウンターでも食べれることすらラッキーなのです。私の後に入れた客は2人だけで、ということはキャパ3人しかない。4人めは路上の簡易テーブルで食べてた。小雨程度じゃ気にしない客もいるみたいだね。
目の前の道路で立つか、その辺の路上の段差に腰を下ろして食べるスタイルが当たり前なのです。女性客は見たことない。
そば4かき揚げふにゃふにゃ1.jpg
そば5かき揚げふにゃふにゃ2.jpg
かき揚げはやわい。ふわふわしている。揚げ置きなのはわかる。置きっ放し時間が長かったに違いないが、小さい温蔵庫もないオープンなスタンドだし、店外から入る湿気もあるから更に湿った感すらある。
そば6かき揚げふにゃふにゃ3ちぎれて落ちそう.jpg
そば7かき揚げふにゃふにゃ4.jpg
そば8かき揚げふにゃふにゃ5.jpg
そば9かき揚げふにゃふにゃ6.jpg
ふにゃふにゃ、ぶにゅぶにゅしています。もとは坊主揚げなんだね。ネタよりもネタを包む天ぷら粉の方が多くてブ厚いのだ。
でも昔のかき揚げ、天ぷらは殆どがそうだったよな。カラッとしてなくていいのですが。
そば10伸びてくる.jpg
そば11無理してリフトアップ1.jpg そば12無理してリフトアップ2.jpg
そば13無理してリフトアップ3.jpg
みるみる汁に崩れるかき揚げ、途中で自重に負けてボロッと崩れ落ちた。弱腰(コシ)で伸びていくそば、かき揚げやそばに吸収されて少なくなっていく汁、
いつも書きますが、後半はそば雑炊の呈をなしてくる。箸で摘まむより丼の縁を口に持ってってズズズズッとすするんですよ。
ご飯にかけたら美味そうだね。でもこの店にはご飯系はない。店というより屋台なので、時間かけて食べられちゃ困るからです。
熱々じゃないのは、路面、路上で丼を持って食べざるを得ないから、熱いと手で持てないからだと思うな。
そば14汁が蒸発したのではない.jpg
そば15終盤戦.jpg
この狭さで思い出したのが、JR金町駅にある「そばっ子」
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2018-06-19
あの店も狭かったがアルミサッシの引き戸があった。でもサッシとカウンターの距離が30cmしかなくて、立ち喰いしている客のケツやカバンが店の外にハミ出していたな。
あの記事で「ここまで狭いスタンドを私は知らない。デブは無理だと思う。雨降ったら濡れるんじゃないか。サッシとカウンターの間に挟まって食べているといっていい。」思ったままに書いてます。今でも時々乗り換えますが、金町は路上で食べてる客はいないかったよ。
店4-1.jpg
ごちそうさまでした。これは外にある荷物置き場、これにも丼を置いて食べれるのですが、それを撮ったつもりが「従業員入口」「食器の返却口ではありません」とある控室が写ってしまったゴメンなさい。そこでオバちゃんがカップラーメンを食べていた。賄なら店で出されるそばを食べればいいのに。立って、外で、路上で(笑)
店3-1.jpg
店6.jpg
横浜駅西口駅チカ5番通り界隈は、昭和の頃からそこに居座り続けている個性店が多く、大手外食チェーン店が出店し難い感がある。地権がヤヤコシイんだと思うな。
新鋭の店はパルナード通りを経て南幸橋を渡った先にひしめいている。そこに至らずこの地でシーラカンスのように生きる立ち食いスタンドそばが存続できたのは、駅に近いこと、近隣にライバル店(小諸そば、富士そば、ゆで太郎)がないこと、店側が次世代の若い者に媚びず、中年層から上の年齢層を選んでるのと、狭過ぎなのも逆に功を奏したのだろう。創業してどれくらいかわからないが、昭和、平成を生き抜いた路面スタンドは令和のコロナ禍に入った。しぶとくこのまま変わらず残っていくような気がします。
コメント(4)