SSブログ

群馬がマンボウに! [呟き独り言]

東京都庁.jpg
外飲みが恋しいな。前は平日毎日の外食ランチと、夜は週に2日、多い日で3日ぐらい外飲みがあったので、料理写真付きの記事ストックに困ったことが無かったのですが。
今は外飲みが全くできなくなったから記事ストックが減ったよ。だからこんな記事を書いてます。ホントはあまり政治ネタを取り上げたくないんだけどね。

以下、Yahooニュースから。

『都は17日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言下で酒類を提供する飲食店などへの休業要請に応じていない33施設に対し、改正特別措置法45条に基づく休業命令を出した。33施設はいずれも飲食店。命令に従わなかった場合、行政罰として30万円以下の過料を科す手続きに入るという。 』

都が酒類を提供する場合は休業要請、酒類を提供しない場合は午後8時までの時短営業の要請を出している。
従わない33施設?公用で外出してるとチラホラ見かけますよ。昼から「お酒飲めます」って出してる度胸のある店が。誉めちゃいないですよ。私は店を責める気になれないだけ。
だって日本医師会会長のN先生が100人以上のパーティーに出たよね。開催されたホテルのガイドラインに沿って飲食は提供しなかったと仰っていたがホントかな。日本の医師のTOPが「大丈夫です」って証明したようなものじゃないか。居酒屋も感染対策すれば休業要請に応じなくても問題無いだろって言いたくなる。
言いたくなるだけで入ったりしませんけどね。

いいですね。課す側は倒産なんてないんだから。
要請に応じない飲食店には罰金を課して店が潰れても知らん顔、協力金給付は遅いのに、罰則金は早い、
政治家さんは奇麗事を並べて「協力しろ!」と仰せですが、経営者は切羽詰まっている。収入無くても月々の家賃や人件費は発生するんだから。
今やお国があっての国民になっている。未曾有の国難に直面してるとはいえ「国民の為に働く」ってのが空虚に聞こえる。会見は毎回毎回再放送みたいな台詞の繰り返しだし。最近はS首相、K都知事、N大臣たちの会見を見るのがイヤになってきた。彼らのカオが映ると、「もういいよ」(ジャン妻)ブチッと消します。

私が4月まで利用していた居酒屋は夜は軒並み全滅です。郊外の店はテイクアウトしてるが、都内はランチは営っても閉めてます。
なので出張にかこつけて群馬で飲んでやろうと思ったら、ジュリアスシーザーじゃないけど「群馬よお前もか」ってなもんです。群馬もマンボウ、蔓延防止等重点措置になった。
5月に出向く案件があったのですが行くの止めた。行っても飲み食いできないんじゃ行く意味がない。
私はその決定をこの店からのCメールで知った。
店2-1.jpg
マスターやママは、どっか他へ出稼ぎに出るのかね。

以下、Yahooニュースから、
『群馬県が新型コロナウイルス感染対策の蔓延(まんえん)防止等重点措置の対象に加えられた政府決定を受け、県は14日の対策本部会議で、前橋市など10市町を措置区域とし、飲食店全般への時短営業など要請内容を正式に決めた。
変異株の拡大などにより感染状況は「過去最悪のレベル」(山本一太知事)とされ、対策強化で抑え込みを図る。
山本知事は会議の冒頭で、「思い切った措置を講じないと県民を守っていけない。オール群馬で感染を抑え込んでいく。
県は当初、措置期間を31日までと見込んだが、感染力が強い変異株が全国的に勢いを増している。政府は専門家らの意見を踏まえて6月13日までと決め、県は今後約1カ月間、感染抑制に向けて全力を挙げる。』
山本知事.jpg
6月13日まで!
1ヶ月も!
6月1日付で第二次異動がある。首都圏はもとより、群馬、静岡、茨城、栃木といった関東圏と東海圏で20人近い社員がゴソッと異動するのだ。そこは行かなきゃならないのだが。
群馬県庁3.jpg
高崎市役所.jpg
今週、営業の女性社員がひとり、群馬県に向かったんですよ。
「行っても店が営ってないかもよ」
「そうなんですよぉ。食べるとこあるかなぁ。」
「延期したら?」
「前から締結日が決まってたんで」
昼前に「行ってきます」ってゴロゴロ引っ張って出かけてましたね。戻ってきてから「夕食は何を喰ったんだ?」って聞いたらコンビニで買ってホテルの一室で食べたって。
「だから居酒屋がどうなってるのかは見てません」
そこを見て来てほしかったんだがな。
でもまぁ20時以降は不要不急の外出も自粛だし、営ってる飲食店なんてないだろうな。
群馬の陽性者数.jpg
Yahooニュース続き、
『措置区域は感染状況が悪化している前橋、高崎、伊勢崎、太田、沼田、渋川、藤岡、富岡、安中各市と玉村町。
措置内容は、飲食店全般に対し午前5時~午後8時の時短と終日の酒類提供の自粛を求め、集客施設(劇場、博物館など)にも同様の時短を要請する。
事業者への協力金は・・・(省略)・・・重点措置の適用を受け、県は要請に従わない事業者に命令を出し、従わない場合に20万円以下の過料を・・・』
ニュース画面.jpg
10の市町村のうち、6市町村が私の出向くテリトリーじゃないか。
こりゃダメだ。6月16日まで待つしかない。
5月中の案件は、取り合えず(私はこの言葉が好きではない)現地の草の者、ええっと、何号だったかな、ああ、15号だ、彼女に委託することにした。
「いついつまでに行ってくれ」って。異動前は別部署だからお願いする口調だったけど、異動して同じ部署になったので今は命令口調になっている。

ぐんまちゃん.jpg
群馬のマスコットキャラクター、ぐんまちゃん、の仕事も減ったそうだね。
イベントが中止中止で、出番が激減したのである。
ぐんまちゃんは32階建の群馬県庁内で在宅勤務に勤しんでいるそうです。観光地をPRするわけにもいかず、県庁内を走り回って、職員さんたちに撮って貰って、ツイッターやインスタで県のイメージアップに励んでいるようです。
これらの店も軒並み休業中であろうな。
七1.jpg
店1.jpg
梅3.jpg
椿4.jpg

高崎市夜景.jpg
こうなる前は結構な回数で外で飲んでたんだなって。
家の外食費は家計費に廻されました。では今後、ジャン家の食卓を写真入りで載せるか?
でも自分で作るんならともかく。ジャン妻は掲載許可を出さないだろうな。
コメント(8) 

蓼科 [グルメ]

赤坂見附1.jpg
メトロ赤坂見附駅の真上にある蓼科へ向かう。
地上に出たら一定の間隔を空けての開店待ちの行列が。
国民は娯楽に飢えてるんだな。
赤坂見附2-1.jpg
向かう先に見える曲がった高層ホテルはニューオータニ、泊まったことある方、披露宴等で利用したことある方いますか?
赤坂見附3.jpg
店1.jpg
角地にあるスタンドそば蓼科、信州にちなんでいるのかな。そうは思えないけどな。
まだ早い時間ですが、今日は11:30~13:30の時間帯に移動と業務と窓口で拘束されるので、空腹でイライラしないよう先に済ませることにしたのだ。
食べ過ぎてもいけない。窓口で眠くなるから。私はここ何ヶ月か早朝覚醒が続いているので、移動中に眠くなるのですが、メトロで小まめに乗り換え移動してると眠る時間って無いんだよね。
店2.jpg
今日はこのセットにるすつもり。
店4今日はこれ.jpg
券売機がある右テナントに入ったら前回とは違うおっさんがいて、私が押そうとする券売機のボタンをじーっと注視してる視線を左の肩越しにチリチリ感じた。
押す前に振り返って、「これにするよ」とゴボウ天のボタンをツンツン押したけど、無言で無反応。
( -_-) ←おっさんの視線、
押して発券されるまで待機していた。
今日はゴボウ天・・・、いなり2個も。
トレイにいなりが2個置かれた。
店内2-1.jpg
店内4-1.jpg店内5-1.jpg
自分のカバンと、これから出される蕎麦や丼が乗ったトレイと2つ持ってくのが難儀そうなので、蕎麦を茹でて汁を移してる間に、壁一枚隔てた隣の居酒屋テーブル席にカバンを置いた。そっちには客はいなかったが、まさか置き引きに遭ったりしないだろうなと思ったりする。
店内6隣の店へ.jpg
店内1-1.jpg
カウンター上はかき揚げストックがたくさんあるから立ち食いは殆どできません。荷物置き場のような三角コーナー、これが唯一立ち食いできる場所ですが、隣の居酒屋が使えなかったら店として成り立たないです。
店内3唯一のカウンター.jpg
テーブル席に持ってきました。
ゴ1い1.jpg
ゴ2.jpg
ゴボウ天が円盤になっている。格闘マンガの得物、飛び道具みたいだが、この置き方、添え方はアリだと思う。
他所はどこも蕎麦の上にベタッと置かれるのでこの置き方は斬新です。汁に浸してないガリッとした部分と汁に浸かった部分と味わえるから。
と思えるのは最初だけで、箸で摘まんだ円盤をグルグルかき混ぜながら汁に浸していくとすぐにボロボロに崩れ落ちる筈だ。
ゴ3今日も汁が濃そう.jpg
ゴ4.jpg
ゴボウ円盤を底の方から摘まんで齧ってみる。
ゴ5摘まむ1.jpg
ゴボウなんて滅多に食べない。ゴボウを常食にしている国は日本だけだってホントですか?諸外国の料理の食材では見ないですね。
ゴ6底の方を摘まむ1.jpg
あれ?崩れ落ちないな。
表面ツルツル、テラテラのタマネギと違ってしっかり形状を保っている。衣が剥がれ落ちないのです。
ゴ7底の方を摘まむ2.jpg
蕎麦を引きずり出したけど、ゴボウ円盤は崩れない。
ゴ8蕎麦1.jpg
ゴ10蕎麦3.jpg
円盤を箸で断ち切って摘まんでみる。なかなか崩れない。しっかりした円盤天ぷらではないか。
ゴ11まだ崩れない1.jpg
ゴ12まだ崩れない2.jpg
終盤戦突入、まだ形状を保っている。
ゴ13まだ崩れない3.jpg
ゴ14まだ崩れない4.jpg
蕎麦が伸びちゃうので再度、蕎麦を引き上げるもまだ崩れてない。頑固な円盤天ぷらだな。
ゴ15蕎麦4.jpg
ゴ16蕎麦5.jpg
業を煮やして箸の先で分解してやった。ようやく崩れてきた。
ゴ17崩れた後半戦.jpg
残念なことにいなりは味が染みてないなぁ。
い2.jpg
い4.jpg
い6.jpg
噛みきった断面が真っ白でしょう。油揚げには味が染みてるけど。(そんなの当たり前だが)中身は冷たいご飯の塊でしかなかった。ジャン母が作るいなり寿司の方が全然美味しい。
写真を撮ってないですけど蕎麦の残り汁に浸して食べたんですよ。
やはりこの店のご飯ものはカレーなんだね。
店内7.jpg
店内8.jpg
そういえば。券売機がある右テナントには天ぷらストックがあるだけで揚げてる感じがしない。何処か他で揚げたのを運んできてるのだろうか。
そしあたら斜め前から揚げてる音が聞こえた。外に面した個室が揚げ場になっていて、そこで爺さんが天ぷらを揚げて油切りしていたのです。
店内9揚げてる-1.jpg
店3.jpg
ご馳走様でした。見てのとおり、右の蓼科、左の千成、別の店ですが中が繋がっています。右は券売機と天ぷらストックが置いてあって、そこで茹でて提供するだけで食べるスペースがない。左の居酒屋に移動して食べることになります。そこにも厨房があって今見たように天ぷらを揚げていました。
蕎麦屋なのか居酒屋なのか、屋号が違うだけで共同経営なのか、どういう経緯でこうなったのかは謎です。
店5.jpg
夜はどんな様相になるのだろう。居酒屋の喧騒の中で蕎麦をすするのだろうか。
いつか名物のカツカレーいったらUPしますね。
コメント(4) 

蓼科 [グルメ]

赤坂見附1.jpg
スタンド蕎麦探訪が続いている。
緊急事態宣言発令中でのGWの谷間、平日に通常出勤してたら、町中華が営ってないもんだから路線から外れてしまったのだ。
「あまりそういう食事が続くのは如何なものかと」(ジャン妻)
「だって他が営ってないんだ。野菜天ぷら食べてるから大丈夫だよ」
野菜を摂取してると威張ってみても、油も多く摂ってるからあまりよくはないかもな。
「弁当作ってあげようか」
と言ってはくれたが、働く大人たちのサラメシじゃないけど、あれは内勤だからできることで、私は昼時刻に何処にいるかわからないのだ。これから暑くなるし。
外飲みが全くできなくなったし、昼も弁当になると記事ストックが無くなってしまうじゃないか。
赤坂見附3-1.jpg
さて、赤坂見附駅の真上に立ち食い蕎麦の名店があるという。
汁も濃く、カレーがストロングポイントだと聞き及ぶ。
あるBloggerさんの記事を見て知った。赤坂見附は銀座線と丸ノ内線がホームを共有、並行してるので乗り換えに便利のイメージしかなく、外の世界に出たことは一度もない。初めて出ました。地上に出るまでが短かった。銀座線も丸ノ内線も浅い深度を走っていた。
彼方に見えるホテルはニューオータニですかな?
赤坂見附2-1.jpg
角地にある店、外の壁にメニュー写真がある。
店1.jpg
店2.jpg
カレーに自信があるようだね。
店3.jpg
店4.jpg
店6.jpg
券売機.jpg
では初回入店、券売機でミニカレー&天ぷら蕎麦をONしたら、それを見ていたのか、モソ~ッとした店主が、
「天ぷらをお選びください」
海鮮、タマネギ、春菊、ゴボウ、同じぐらいの大きさのかき揚げがドサドサドサッと待機していた。隠れて見えなかったが、カツやコロッケもあるようだ。
かき揚げはどれも同じ値段らしいね。
かき揚げ1-1.jpg
かき揚げ2.jpg
かき揚げ3.jpg
海鮮にしようか野菜類にしようか迷ったが、
「タマネギ」
「・・・」
店主は黙って蕎麦を茹で、ご飯をミニ器に盛ってカレールゥを塗し、丼に汁を移し、タマネギのかき揚げを載せ、刻みネギをドサドサドサッ、
かき揚げ4-1.jpg
オッちゃん1-1.jpgオッちゃん2-1.jpg
おや?この奥は何だろう?
向こうは何だ?.jpg
お盆、トレイで提供された。だけどカウンター上にかき揚げトレイが鎮座しているのでそこに置けない。店内はかなり狭く、何処で食べたらいいのか。
頑張っても二人ぐらいしか立てない荷物置き場のような三角コーナーがあるだけである。仕方なくそこへ持ってったら、
「奥で座って食べられますよ」
「???」
テーブル席フロア1.jpg
奥というか隣の店です。壁1枚隔ててALLテーブル席のフロアがあったのだ。繋がっている隣の店に持って行くのです。
隣の店、ビールジョッキが待機しているから居酒屋らしいが、そこと繋がって運命共同体のように連携、場所を貸借しているらしい。
そこに先客さんが1名いた。もうひとり店主がいた。奥からこれから働こうとするオバさんが着替えて出てきた。
テーブル席フロア2-1.jpg
緊急事態宣言延長中なので、酒類の提供ができないから貸してるのかと思ったが、前からそういうスタイルらしいね。
立って食べるわけにもいかず座った。アタマの上にTVがあってワイドショーが流れている。何が何でも開催したいのか東京五輪開催の是非、ワクチン接種の実態、大病から復活した水泳選手への「辞退の声をあげてください」選手に要求するのは筋違い、そんな問題が取り上げられている。
か1カ1.jpg
デカいかき揚げです。円盤型になっている。
か2.jpg
か3.jpg
汁も濃そうです。ネギもたくさん浮いている。フニャフニャしたワカメなんてのが入ってないのもいい。
か4濃そう.jpg
リフトアップしてひとくち齧ってから、円盤を廻すが如く、汁にクグラセてみたら、
か5リフトアップ.jpg
か6浸す1.jpg
か7浸す2回転させる.jpg
アッという間もなくボロボロボロっと崩れてしまった。
か8崩れた.jpg
湿った衣にくるまれたタマネギを摘まんでみたところ。
こないだ載せた築地の天花さんと比べてどうかなぁ。
か11タマネギ1.jpg
か12タマネギ2.jpg
蕎麦をリフトアップ、コシはないけどモサモサ感は少ない。だいたいサッと茹でて出される立ち食い蕎麦にコシなんてあるのか。
か9蕎麦1.jpg
か10蕎麦2.jpg
汁が美味しいですねぇ。濃くてジャンクで美味しい。崩れた衣がドロドロに溶けて美しくないけど深みが出てきた。
か13蕎麦3.jpg
この店のウリ、まったりした甘辛のカレーです。日に焼けたギャルの肌みたいな褐色のルゥ、辛さはあまり感じなかった。塩気も少ないと思う。ご飯が意外と多く、小さい也にボリュームがある。
カ2.jpg
カ4.jpg
居酒屋?.jpg
今まで食べてたテーブル席フロア奥に喰い終えた器を下げる場所があって、そこまで歩いて置いてから、さて、どっから出ようか。
このテーブル席フロアにも出入り口があるのだが、敢えてそこから出ないで最初に入ってきた狭い側に戻り、券売機がある入口から外に出た。さきほど蕎麦を茹でたオッちゃんが所在無げに立っていた。
店5.jpg
券売機、受け取り、テーブル席に移動、奥の下げ場、また戻る、2店くっついているとはいえ短くない距離を往復歩いたことになる。立ち食い蕎麦じゃなかったのである。立ってないけど、座って食べたけど、スタンドそば屋の中ではレベルは高い方だと思います。
揚げ台に並んでるかき揚げ、全て制覇してみたい。
コメント(4) 

天花カレー [グルメ]

店前のマップ.jpg
このMAPは昨日Upした日比谷線築地駅、天花そばさんの前にあります。
「オカシイ?」
私は首を傾げた。
道に迷ったのである。気が付いたらまたこの場所に戻ってしまったのだ。築地駅に戻ろうと思ってきたのではない。迷って迷って気が付いたら交差点の向う側にいて、あれはもしかして天花さんじゃないかって気づいた。
第2の目的地にたどり着けなかったのだ。第1は中央区の窓口でそこは上手くいったのだが、そこからラビリンス、どこをどう歩いたのか。

時刻を1時間ほど戻します。
天花さんでスタンドとは思えない素晴らしいかき揚げ、揚げたて、熱々を食べ大満足した数日後、やはり日比谷線で築地駅から地上に出て中央区に出向いた。
途中、こんなのがあった。
浅野邸跡1.jpg
内匠頭はここでお生まれ、お住まいでしたか。
私が今から向かう中央区行政とその隣にデンとそびえたつS路加国際病院、東方の河岸地に至る一帯、8900余坪!広いですね。赤穂藩主浅野家の江戸上屋敷があったと。
今だったら藩邸をビル化、高層マンション化しちゃえばいいんだから、高さは伸びることがあっても敷地はそんなに要らないだろう。5万石でそんなに広大とは無駄なことをしたものだ。お大名の格式でしょうな。
写ってないけど、この碑を見ながら喫煙している女性が左隣にいました。地元の方か歴女かわからない。喫煙だからマスクなんかしてないですよ。
本文を見たいんだけど、煙草吸ってなかなか退いてくれないから、
「撮るけどいいかな」
退けよと言ったわけじゃないよ。そんな風に言ってない。女性は無言でシブシブ退いた。煙草を片手で覆いながら。
こういうのは歩いてるから目に留まる。くるまで移動していたら気が付かずに通り過ぎてしまうもの。
浅野邸跡2.jpg

中央区.jpg
窓口での申請は上手くいった。次の本申請は週明け半ば、午前11時にアポをとった。各種申請手数料は7万円が2件、計15万円かかる。経理の女性に申請して仮払いを貰わないといけないな。
この後で私は墨田川の河岸を歩いて第2の目的地に向かおうとした。場所は伏せますが。
途中の7-11でコピーを2枚取った。7-11のS路加国際病院店だった。病院の下にあるせいか、どこのコンビニよりもガードが固かったね。
そこを出てから道に迷った。前に2度、これから向かうルートを歩いているので自信が合ったのだが、途中から自分が何処を歩いてるのかわからなくなったのである。
記憶だけを辿って自分の勘だけで歩いてたらちっとも目的地に至る大きいポイントにつかない。河岸にたどり着けない。
周囲が同じ風景に見える。高層マンションと狭い敷地に無理して建てた3階住宅ばかり。今思えば居留地通りを歩いて明石町をグルグル回ったような気がする。
足の甲が痛くなってきた。
河岸にたどり着けなかった。ふと気が付いたら、また築地駅と天花さんの前、交差点向かいにきてしまったのである。
戻ってきてしまった.jpg
私は登山はしないがこれが山ん中で迷ったら山怪ネタになるところだ。勝手知ってる山中、迷う筈のない山道、歩いても歩いても同じ場所に戻るという異空間の世界、何かに憑かれたようにそこから抜けられない?
突如として知ってる道に戻ることができたが、後日行っても迷った場所さえ分からないというあれですよ。でもここは中央区、山ん中じゃない。地下道でもない。地上です。オカシイ、何が起こったんだ?
私の中での体内方向指示器が壊れたか。
店21.jpg
今日の起点に戻ってしまった。
足の甲も痛むし、またここから次の目的地に再度歩き直す気力は当然なく、今日の次の訪問は急な飛び込みを理由に後日に延期した。
築地駅に下りて日比谷線で帰社するか。
時刻を見たら昼過ぎだった。ゲン直しに天花さんで済ませることにした。
店24.jpg
店22.jpg
メニュー写真.jpg
券売機.jpg
厨房3.jpg
カレーにした。黙って食券置いた。
さて、どんなカレーだろうか。私の後味悪い気分を吹き飛ばす爽快なカレーを期待するよ。
店内にひとり、女性客がいた。営業さんかな。私がこないだ食べたかき揚げ蕎麦をズルズルすすっている。
その人と距離を空けて壁際のカウンターに立った。
店内11.jpg店内12.jpg
歩き疲れたので気力がなく、写真は少ないです。
前も見た春菊と水溶き天ぷら粉のボゥルが鎮座していた。
揚げる前の春菊.jpg
厨房を覗き見したらライスは程よい量だった。カレーのライス量が多かったら少し減らして貰おうかと考えたが、そう言うまでもなかった。
供されたカレーはこれです。高崎の絶メシリストにある松島軒さんのカレーに似てるなぁ。
カ1.jpg
カ2.jpg
カ3.jpg
ジャガイモ4片、肉が4片、ニンジン無し、タマネギは多分入っているだろうね。間違ってタマネギ入れなかったカレーなんて不味そう。
ちゃんと福神漬けですね。どこのスタンドだっけ。紅生姜が添えられてるのは。
カ4.jpg
ルゥの色やスプーンで粘度をチェックした。ドロドロッとしたルーには小麦粉が沢山入っていそうだ。
カ5ジャガイモ1.jpg
ひとくち食べてみる。少し濃い気がする。でも塩気が少ない。そんなに辛くもない。温蕎麦でもあればその汁を足して伸ばしてもいいかもしれない。いつもクサすけどJR駅蕎麦のミニカレーは塩気が多いからね。
カ5粘度が強い.jpg
カ6ジャガイモ2.jpg
こういう表現、比喩しかできないけど、昔ながらのカレー?ありきたりだなぁ。子供の頃にジャン母が作ったカレーは翌日になると焦げ臭かったのを思い出した。カレーは2日めの方が美味しいと聞かされたときには「嘘だろ」って思ったものだ。
でも小麦粉は入ってなかったと思うが。
カ7.jpg
トッピングは現金で.jpg
改めてこだわり.jpg
店28ライバル店?.jpg
ご馳走様でした。隣にライバル店があって、何かのコンクールかコンテストか知らんが、グランプリカレーらしいぞ。
こっちにしようかとも思ったが.jpg
天花さんとは路線違いで真逆のカレーだろうな。
店23.jpg
店27築地駅前.jpg
グーグルマップで調べたら、私のアタマの中はポイントを抑えていた。だから自分ではちゃんと歩いた筈なのだ。地図上では。
洋画でもありますよね。ループ空間に迷い込んだという。ビバリウム、パラドクス、
1回で起点(築地駅、天花さん)に戻って来れたのは幸い。
迷った翌週、本申請の日の時は迷わず行けました。だが彷徨ったルート、どう歩いたのかは未だにわからないままである。
コメント(4) 

天花そば [グルメ]

築地駅.jpg
築地駅から地上に出たとこ。
中央区です。今年になって公用圏に加わった中央区、私が出向く行政建物にはこんな碑が埋め込まれている。
中央区.jpg
でもね、中央区なのに、中央の都市型なのに様式が手書きなのです。HPはあるけどpdfしかないのだ。
その辺りを突っ込んだら、
「Wordで表を作っていただいても構いません」
えぇ~、Wordで表なんて作ったことない。
「Wordで表を?アタシもやったことあるけどあれはめんどくさいよ。アタシは即!Excelに変えたよ。慣れてるしすぐできちゃうし」(ジャン妻)
最初は中央区さんから言われるとおり手書きしたけど、途中でめんどくなったのでExcelで作ったよ。まさか手書きじゃなければ受け付けないってことないだろうな。
その来上がった書類を持って、まだイマイチ乗り慣れてない日比谷線で中央区に向かう。
店1-1.jpg
日比谷線は速度が遅いな。
大深度地下使用法(外環道工事現場で陥没したあれですよ。同意が要らないの。)が制定される前の昔の地下鉄ですかね。昭和の東京五輪に間に合わせる為と、地権者の同意を避ける為に道路の下を通す計画にせざるを得ず、道路下から外れないように90度カーブを多く作って車両を短くしたから速度が遅いのだ。
駅間が短く感じる。眠くなる。遠方移動と違って睡魔の闘いである。
「都内だと近くていいですね。移動が楽でしょう」(異動前の上長ディクソン)
いつも自席に座ったままで外に出ない人からそう言われても、表面上は「まぁそうですね」内心では「だったら自分で乗って移動してみなさいよ」と言いたくなる。
駅間が短い、乗ってる時間が短い、眠くても寝るほどの時間じゃない。それでいて乗り換え等でシェルターみたいな駅構内を歩かなくてはならないし、出口を間違えることもしばしばである。
店3-1.jpg
何とか受理されそうな目途が開けた。そして今日は軽く路麺店な気分だった。緊急事態宣言が延長になり巷でOPENしてる飲食店は限られている。こういう時はネタ重視は取り合えず避ける。まず食べることである。狙って行った店が休業だとダメージ大きいし。
私のラーメン忌避は続いていて、まだ食べたい気にならないのだ。
3人か4人先客がいるのが見えるぞ。今みたいな午前中のハンパな時間でも客が入ってるからには何かがあるに違いない。
券売機.jpg
入口に券売機、ウナギの寝床みたいに細長い店内は椅子席はなくALL立ち席、女性2人、オヤジさん1人で営っていた。
「蕎麦、または、うどん、温かい麺か冷たい麺を申し出てください」の下には、揚げ置きのかき揚げ、春菊店、キンピラ牛蒡天が積み上げられていた。
揚げ待機中.jpg
客層は100%オジサンひとり客、カウンターはひとり1席、両サイドには無骨はパーティションガードが設置してある。
厨房2.jpg厨房1-1.jpg
トッピングは現金で.jpg
かき揚げ蕎麦の食券を置いて「そば」ボソッと言って奥へ移動しながら気づいた。天ぷら粉がデカいボウルに水溶きされていてオバちゃんが揚げていたのです。どっかの大手チェーンみたいに他所で揚げて運んでくるんじゃなかったのだ。
まさか揚げたては出さないだろうと思って待ってた。この手のスタンド蕎麦にしては時間を要した。
「かき揚げ蕎麦の方ぁ」
私のが呼ばれた。
「揚げたてでぇす。お気をつけくださぁい」
えっ、揚げたて!
店内1-1.jpg店内2-1.jpg
かき揚げ1.jpg
かき揚げ2.jpg
かき揚げ3.jpg
私はスタンド蕎麦屋で揚げたてを食べたことがない。熱いのかな。でも熱そうに見えないな。そう思って箸を突っ込んだら、
かき揚げ4湯気がモワァ.jpg
湯気がモワァ、
熱が封じ込められていたのである。鼻腔に揚げ蕎麦の香が入った。
かき揚げ5かき揚げを摘まむ1.jpg
湯気を吹き飛ばして、揚げたて熱々のかき揚げを摘まんだら衣が少なめでフワッとしている。箸で摘まんだらボロボロッと落ちた。
かき揚げ6かき揚げを摘まむ2ボロボロッ.jpg
気を取り直して摘まんだかき揚げはタマネギがベースだった。
かき揚げ8かき揚げを摘まむ4タマネギ2.jpg
かき揚げ9タマネギ1.jpg
この緑色の物体は何だろ。ニンニクの芽かな。
かき揚げ8この緑色は何だろ?.jpg
美味しいですね。タマネギが多くて揚げ油でテラテラ光ってる。強め濃いめの汁にタマネギの甘味が加わる。赤い小海老が入ってないせいかどことなく香りが上品です。
かき揚げ10かき揚げを摘まむ5.jpg
衣が少ないのですぐに汁を吸ってボロボロに崩れ落ちますが、ブ厚い衣がまとわりついた「坊主揚げ」よりも薄揚げのこの方がいいかな。
かき揚げ11タマネギ2.jpg
かき揚げ12かき揚げを摘まむ6.jpg
かき揚げ13タマネギ3.jpg
かき揚げが美味しいのでそればっかり摘まんでたら蕎麦を食べるのを忘れてた。これは蕎麦だったんだと。そこらの冷凍や、素人でもできる中途半端な茹で方の粉っぽさもない。細くてやわめだけどスタンドにしては美味しい蕎麦だと思った。オリジナルの蕎麦と謳ってますが、この場で打って切ってるんじゃなくてどっかで製造している生蕎麦でしょうな。
鯖節も使ってるのか.jpg
汁が熱々、出汁感やコクもあって悪くない汁です。濃いけどJR子会社のように尖っていない。他とは違うので掲示物を見たら、やはり鯖節も加わっていた、他、つなぎに山芋、汁には科学調味料添加物は使用せず、だそうです。
蕎麦を忘れてた2.jpg
蕎麦を忘れてた1.jpg
蕎麦を忘れてた3.jpg
蕎麦を忘れてた4.jpg
蕎麦を忘れてた5.jpg
蕎麦を忘れてた6.jpg
食べてて閃いた。このかき揚げをライスの上に乗せてやろうと。
美しくないのですが、残りのかき揚げ屑をトッピングメニューにある110円小ライスに載せてかっこんでやろっと。
その小ライスを追加でお願いした際、
「ハイ、小ライスぅ」
店主は後から来たご新規客に出そうとしたのを女性スタッフが制止した。
「それはあっちで食べてるお客さんの」
「あ、追加か。すみませぇん小ライスぅ」
かき揚げの残り、ドロドロになったカスをご飯の上に載せたら悪魔的な美味さであった。
ダメ押し.jpgダメ押し2.jpg
店2.jpg
ご馳走様でした。これは掘り出し物でしたな。カレー、春菊店、キンピラ牛蒡天とかもいってみたいですね。(カツ丼系はありません。)
この日から中央区窓口に頻繁にカオを出すことになる。ところが行き慣れてきた頃、あろことか道に迷ってしまい。。。(続く)
コメント(6) 

黄色いテント [グルメ]

店2.jpg
今年のGWは昨年同様にガマンのウィークだった。でも合間の平日はカレンダー通りに出勤したよ。
開いてない店が多かったな。非常事態宣言下で酒類提供自粛要請は実質的に禁止、令和の禁酒令といっていいよな。飲食店のモチベーションは低下し、飛び石の平日に中途半端に開けるより休業しちゃえと思う店が大半だろう。やってらんないって。
だがそうなると都内に出勤するサラリーマンのランチ難民が懸念される。開いてる店は混む、密になる。
こんな状況下で新規開拓する気なんかサラサラないが、いつもの店でも行って閉まってたら精神的にも空腹的にもダメージが大きいので、こういう時こそ手堅く行こう。アルコールを出してない店に行けばいいんだ。立ち食いスタンドが頼りだ。
店1.jpg
店3緑のテントは休業中1.jpg
店4緑のテントは休業中2.jpg
末広町、緑のテントはやはり休業だった。開けたらお客さん来ると思うけどな。
隣のライバル、黄色いテントは堂々と営っていた。
店5.jpg
黄色いテントの枯れた店主は、お隣の緑のテントの主人からひと声かけられただろうか。
「ウチは休むから」(緑)
「あ、そう、ウチは営るよ。」(黄色)
そんな挨拶を交わしただろうか。
店内1.jpg
店内2夏のメニューにかわりつつある.jpg
時刻は9:30過ぎ、段差のある入口を上がった。
「エイッいっしゃいっ」
「かき揚げ蕎麦ぁ」
「かき揚げ蕎麦ね」
ややダミ声の店主は蕎麦を茹でにかかった。
ガラスケース1.jpg
ガラスケース2.jpg
ガラスケースにある揚げ置きスタンバイの惣菜たち、これらが蕎麦やうどんの上に載るわけか。カレーの上にも。
待ってる間に気が付いたのだが、店内厨房に「鬼怒そば」とあった。
鬼怒川方面に因んでいるのだろうか。
店主が蕎麦を茹であげているところです。
オヤっさん1-1.jpgオヤっさん2-1.jpg

そば1.jpg
そば2.jpg
そば3.jpg
「ヘイかき揚げ蕎麦お待ちぃ」
そう言われて見たら、ワチャワチャとしたルックスの蕎麦ですね。かき揚げ、ワカメ、ネギ、どうせ伸びるんだから伸びるだけ伸ばさせてあげようと、かき揚げを箸で摘まんだら・・・
そば4キツネ?1.jpg
あれ?油揚げじゃないか。キツネか?
そば5キツネ?2.jpg
昨日の記事のタヌキ蕎麦にはカットした薄揚げが入っていて、タヌキなのにキツネも兼ねた「むじな蕎麦」の様相だったが、かき揚げ蕎麦にもキツネ、油揚げが入っていたのです。
そば6かき揚げ1.jpg
かき揚げを摘まみ上げたらボロボロボロッと崩れ落ちた。カリッとした箇所は皆無だった。フワッ、ボロッ、ベトッとしたかき揚げ、
そば7かき揚げ2.jpg
黒い点々が浮き上がる蕎麦は汁を吸って膨らんでいく、伸びて太くなっていく、
そば8.jpg
そば9.jpg
そば10.jpg
味、コク的には三ノ輪橋の長寿庵に敵わないが、それとは別の「味」のある店だな。
喰い終えて時刻を見たら9:40頃か。今日は昼を抜くことにした、いや、昼を兼ねてその分も今食べてしまおう。
「カレーライス!」
「ヘイ、カレーライス」
店主が寸胴鍋からカレールゥをすくってかけているところ。
オヤっさん3.jpgオヤっさん4-1.jpg

カ1.jpg
カ2.jpg
お皿の周囲にカレーソースが飛び散っているのが笑える。赤いのは例によって紅生姜、何で福神漬じゃないのかなと思う。
カ3.jpg
こないだのカツカレー、カツが異分子のように感じたので、シンプルにカレールゥとライスを味わってみようとしたのだが。これまた何かが載ってるぞ?
カ4これは何だ?.jpg
摘まんでみた。齧ってみたら、コロッケだった!
カ5コロッケだった.jpg
コロッケが載ってたけどコロッケカレー」ではないらしい。ルゥだけ熱くてコロッケは中身が冷めているから無くてもいいかもね。余りもの?をサービスしてくれたかのような妙な展開になった。
カ6.jpg
でもせっかくだからいただく。せめて駅蕎麦みたいにチルド温蔵器庫でもあればなぁ。
カ7.jpg
この店のカレーライスはデフォでコロッケが載ってるのかなぁ。
それとも今日は店主の気分、気まぐれかな。
店6.jpg
ご馳走様でした。開いててありがとうです。タヌキにキツネ、かき揚げにもキツネ、カレーにコロッケ、いつもそうなのかわからないが、こういういい意味でのフェイントが魅力であります。野球投手に例えたら変化球でありばがら剛腕、剛球でもあるという。
この日は28日(水)で翌日29日(木祭)は休んで家にこもりましたが、5月に向けて大事なヤマがあるので、30日(金)1日(土、6日(木)7日(金)は普通に出勤しなくてはならない。
ランチ難民に陥らない為に聞くだけ聞いてみた。カレンダー、30日(金)は赤マジックで囲まれているので、
「6日7日はお休みで?」
「あ、いや、明後日30日は休むけど、6日と7日は営ってるよ」
「あ、そこは営るんだ」
「アイ~、よかったら」
だが6日と7日はこっちに来なかった。公用予定がチェンジして中央区を彷徨うハメになったのである。日比谷線の築地駅方面へ飛びます。
コメント(8) 

黄色いテント [グルメ]

銀座線末広町、地上に出て眩しい陽射しを浴びながら徒歩3分、緑のテントの隣に黄色いテントのスタンド立ち食い蕎麦屋があって、
店1.jpg
店2.jpg
同じビル内、2店が壁を隔てて営業している。利用する客は緑と黄色、どちらも利用したことがあり、 その日の気分や、時間の有る無し、混んでるか空いてるかで使い分けているのではないか。
黄色いテントの上にお隣の緑のテントの縦看板が張り出している。知らない人はこの縦看板を見て、黄色いテントの店がこの縦看板の店名だと思うかもしれない。
店3運命共同体1.jpg
お隣さん同士でライバルかも。
店主同士が不仲?いや、店子同士は仲良く共存共栄して欲しいよな。運命共同体かもしれない。
幸い昼の営業時間帯以外は被らない。緑のテントは11時から。黄色いテントはおそらく朝7時から現在は3時まで。時間に余裕がある客は緑のテント、急ぐ客は黄色いテントで済ませるのではないか。
店4運命共同体2.jpg
今日の私は時間に追われている。それにまだ緑のテントの開店前なので今日は初志貫徹、黄色いテントのスタンドと決めている。
入り口が2ヶ所ある。角部屋のL字の変にそれぞれ扉が開いていた。
外にあるメニュー。
メ1.jpg
なすそば、あじそば、なんてのもある。
「いらっしゃい」
いい枯れ方をした昭和のオヤジさんがいた。映画に出て来る潜水艦内のジェフ、料理長みたいな声だった。
券売機はなかった。
「カツカレー」
「へい、カツカレーね」
店内2.jpg店内1-1.jpg
ガラスケースには揚げ起きと天ぷら、カツが積んである。揚げ起きかぁなぁんて言ってはいけない。揚げ置きでいいのです。
厨房をコノ字に囲むカウンター、左の壁際には丸椅子もあったかな。
メニューは壁にベタベタと貼ってある。
メ2.jpg
カ1.jpg
私は入って右の壁に面したカウンターテーブルにいますが、このカウンターはやや低い位置にあり、腰を屈めないと喰えないのだ。
そこで食べるカツカレーを上から見下ろしています。
カツ全体にルゥをまぶしてベチャベチャにするのではなく、半分にかけてある。
カ2.jpg
回転させてみる。
カ3回転させてみる1.jpg
何で福神漬けじゃなくて紅生姜なのかワカラン。
カ4回転させてみる2.jpg
カツを積まんでリフトアップ
カ6カツ1.jpg
カ7カツ2.jpg
ひんまがって捻れたカツ、手作りの証、
カ8カツ3.jpg
カ9カツ4.jpg
ビーフカレーベースのカレールゥ、塩気、醤油っ気は少ない。辛くも甘くもない。辛さよりコクが出てるカレールゥだった。
カ11ルゥ.jpg
私はまだコップに水を酌んでない。そんなに辛くもしょっぱくなくてもカレーはカレーだから冷水を欲する。そこに立って天ぷら蕎麦を喰ってる先客さんがジャマで、そっちに置いてある冷水ボトルが取れないのだ。気づいてくださいよって。
とうとう声に出して言いました。
「水汲みてぇんだけどな。退いてくんねぇかな」←原文、声音のままです。
先客さんを退かしてようやく冷水にありついた。
その先客さんが帰った後、店内に爽やかな春風が吹き抜けた。
店内3.jpg
さて、カレールゥが蕎麦の汁をベースなら蕎麦も美味かろうと。カレーで舌の感覚が麻痺してるのにその場で第2ラウンドに突入、
「ごっそさん、たぬき蕎麦」
「へい、たぬき蕎麦」
オーダーしてしまったのだよ。
店主が蕎麦を茹でるオペレーションに入ったところ。
店主1-1.jpg店主2-1.jpg
たぬきに見えない1.jpg
これはタヌキに見えないな。具がたくさん浮いているよ。
たぬきに見えない4きつねも兼ねている?.jpg
揚げが入っているぞ!
薄揚げ?たぬきだけどきつね?
関東と関西ではたぬきときつねが違うらしい。私も近畿エリアを担当していた頃、新大阪駅や新今宮駅のスタンド立ち食い蕎麦で「???」ってなったものだ。
関東ではたぬき=天かす、きつね=油揚げ、ここでこれ以上その違いや例外を述べるのは割愛しますが、私は関東人だからたぬき=ネタ抜き=天かすで既製品の揚げ玉はイマイチ好きでない。きつね=油揚げ、きつねの好物だから?という風に思っていた。
黄色いテントのたぬき蕎麦はたぬきなんだけどきつねも兼ねている。ひとつの丼の中で同居している。他にもネギがどっさり、ワカメも浮いている攻撃的なタヌキ蕎麦ならぬむじな蕎麦?であったよ。
たぬきに見えない2.jpg
たぬきに見えない3.jpg
たぬきに見えない5.jpg
たぬきに見えない6.jpg
たぬきに見えない7.jpg
たぬきに見えない8キツネ.jpg
たぬきに見えない9ワカメ.jpg
メンチそばを食べている常連さん相手に、おやっさんのボヤキが始まった。
「5月1日どうしようかなぁって考えてるんだよ」
「閉めちまってもいいし、そこだけ開けてもいいし」
「俺ぁ開けてもいいんだが、女房が休んじゃったらって言うしなぁ」
「だけどよぉ、おもしれぇもんでさ、3時前に店閉めようとするとお客さんがパラパラ入ってくるんだよ。ひとりふたりさんにんってな。別にいいんだけどよ」
アルコール出す訳じゃないから開けたっていいと思うけどね。
店5ディスプレイ.jpg
店6行燈.jpg
店7ザックリ.jpg
店8.jpg
「ごっそさん」
「へいっまいどっ」
まいど?私は一見です。まいどと言われたらまた来なきゃならないじゃないか。幸い千代田区界隈の公用が増えたので、ちょい足を伸ばすか途中下車してみるか。緑のテントの店が休業中になったGW前に再訪しました。(続く)
コメント(2) 

罪な香 [グルメ]

新橋駅の階段を上がるといい香が.jpg
新橋駅地下から地上に向かって階段を上がると、途中前方から罪な臭いが前方から漂ってくる。
臭いというか駅蕎麦の香りです。
店1.jpg
この駅蕎麦(改札外)から漂う香りは反対側の烏森口や、改札に入って橋上のホーム(浜松町寄り)に立ってても階下から漂ってくるのです。
時々気になっていたのですが、この香りを嗅ぐ時は大抵昼を済ませた後なのでずーっとスルーしていた。でも横須賀線の地下ホームから上がってきたこの日は 他に食べたい昼が思い付かない日の早い時間帯だった。
この記事は4月でした。春に入社した新人60人、4月1日に3部に分けての入社式から始まってオンライン研修に入っている。最終日の今日は午後イチから45分、この私が講師で現実的なTALKをするカリキュラムが組まれている。定まった昼に食べてこっちが眠くならないよう、昼は早い時間に軽く済ませたいなと。
そこでこの駅蕎麦に入ってみようかと。提供ディスプレイを見たらどうも例のJR系の子会社が展開している店系列とは違うようだ。讃岐うどん(モドキかもしれないけど)を売りにしている。
店2-1.jpg
ディスプレイ1.jpg
ディスプレイ2.jpg
ディスプレイ3.jpg
ディスプレイ4.jpg
ディスプレイ5.jpg
ディスプレイ6.jpg
ディスプレイを見たらカレーにジャガイモらしき物体が入っている。これが気になった。ディスプレイやメニュー写真は「あくまでイメージです」とはいえ、駅そば(改札外だが)にジャガイモは珍しい。大概は薄っぺらな豚コマ肉とタマネギだけだしな。
券売機1.jpg
店内7提供口-1.jpg
騙されてもいい気分で券売機のミニカレーセットをオンして入った。あっち(大陸か半島)から来たと思われる女性スタッフが、
「お蕎麦ですかぁうどんですかぁ」
蕎麦にしました。
店内にもミニサイズメニューが。
店内メ1.jpg
トッピングメニューがこれ。
店内メ2トピ.jpg
これは外の券売機メニューにはなかったな。
店内メ3.jpg
鎮座している残りひとつの丸型かき揚げ、はて?これは店揚げか、他所で揚げて持って来るのか、
店内8かき揚げがチョン.jpg
すぐ提供されてアクリル板がある対面カウンター席についた。見回したらランチ前なのにそこそこ客がいた。外の券売機にも2人並んでいる。パラパラとお客が入ってくる。その度にさっきのおねぇさんの「蕎麦ですかぁうどんですかぁ」が繰り返される。
店内1-1.jpg
店内2-1.jpg
店内3-1.jpg
全部の椅子席をカウントしたらおよそ半分の客入りだが、コロナ禍でひと席ずつ間隔を空けた状態でのほぼ満席という盛況ぶりだった。
タ1カ1.jpg
タ2.jpg
セットの蕎麦はたぬき蕎麦湯で、天かすじゃなくて既製品の揚げ玉かな、要らないけどワカメも入っている。私はこのフニャフニャ、ペラペラしたワカメがあまり好きでないのだ。
タ3.jpg
タ4.jpg
見るからにモサッとした蕎麦、
タ5.jpg
タ7.jpg
カレーのスプーンですくってみる。
タ6スープをすくう.jpg
出汁が薄いなぁ。讃岐うどんを謳ってるから味薄なんだろか。
それでも後半はお決まりの蕎麦粥、雑炊?ドロドロになるという。
まぁたぬき蕎麦には期待してないよ。今日のチェックどころはカレーにジャガイモが入ってるか、どれくらい入ってるかである。
カ2.jpg
カ3.jpg
カ4.jpg
カ5.jpg
確かにジャガイモあった。でもゴロゴロとあるわけじゃない。ディスプレイとは程遠かった。ミニカレーだからかな。そしたら店のねぇさんの声が聞こえた。
「カレーライス入りまぁす」
後から入ってきたひとり客がセットでもなく単品ミニカレーでもなく、レギュラーサイズのカレーライスをオーダーしたのだ。私は殆どミニカレー最後のひと匙かふた匙を残すのみとなっていたが、レギュラーサイズのカレーにはどれだけジャガイモが入ってるのかチェック、見てやろうと食べる動きを遅くした。
「カレーライスお待たせしましたぁ」
見たら、ジャガイモ少なっ!
殆ど具のないビシャビシャなルゥにしか見えなかった。このとき私の中でレギュラーサイズのカレーは消え去った。
だがまだ気になったことが。私の斜め前にガタイのいい女性客がいて讃岐うどんをズルズルすすってたのだが、その汁が薄かった(見た目)のです。
讃岐うどんだから関西風なのかと。蕎麦とうどんは汁が別なのだろうか。よせばいいのに再訪しました。モサモサした蕎麦でなくてうどんにしてみたのだ。
ディスプレイ9.jpg
ディスプレイ10.jpg
ディスプレイ7.jpg
券売機2.jpg
ディスプレイにはセットの券売機のナンバーが振ってあった。大きめで写真入りのボタンをオン、カツ丼セット
券売機3ボタン.jpg
「蕎麦ですかぁうどんですかぁ」
「うどん」
「はい少々お待ちくださぁい、カツ丼セットうどん」
店内4-1.jpg
この日も混んでいた。うどんだから蕎麦よりは時間がかかったが、
タウ1カツ1スープの色が違うな.jpg
タウ2.jpg
やはり薄いなぁ。
私の舌がおかしいのかな。身体が塩分を欲してるのだろうか。まだそれほど暑い時期じゃないのに。
柚でも浮かべたらいいスープにはなるかもな。
タウ3.jpg
うどんのコシもあるのかないのかワカラン。本場の讃岐うどんを知らないけど、JR四国の沿線にお住まいの方が上京されてこれを食べてどういう感想を持つか聞いてみたいものだ。讃岐うどんなんて謳わなきゃ悪くない普通のうどんです。
タウ4.jpg
カツ2.jpg
カツ3.jpg
ですが、カツ丼は私の中では及第点、美味しかったよ。スタンドでこれぐらいなら上出来です。
昨日食べたゆで太郎のカツ丼なんか酷いものでしたよ。
カツ4.jpg
カツ5.jpg
カツも冷凍肉を叩き潰してガリガリに揚げたのではなく、軟らかい消しゴムみたいな肉でもない。いいんじゃないですかねこれ。
カツ6.jpg
カツ7.jpg
レギュラーサイズのカツ丼を見てみたいものだ。スープ付きだって。だから味が薄いのかな。

店3.jpg
橋上ホームに上がったら下から香りがわき上がってきてる。罪な臭い、香りが漂ってる。コロナのせいで換気をよくする為にOPENにしている。
香りを撒き散らしてコロナ禍でも客をGETできている。客回転が速い駅そば(駅の改札外だが。)でクッ喋ったりする客なんてまずいないからね。アルコール類も置いてないし。今後も生き残るでしょう。
コメント(2) 

新宿駅西口5月1日 [グルメ]

大江戸線新宿西口駅.jpg
5月1日、新宿西口、大江戸線で下車して地上に出たとこ。
不要不急の外出ではないよ。弊社の新規OPENする支店のセレモニーにカオを出してきたのだ。最小限の許認可でスタートしたので、第2第3の追加申請(公費)を取得する為の下見を兼ねて。
新店を造ったのは私と20年の僚友で工事施行や設備管理を担当する取締役ナンバー3の毅、社でいちばんうるさ型で誰からも畏怖されている。一匹オオカミの毅はひとりで様々な業者を動かして店を作り上げた。凄いヤツだと思う。
新店は女性4人で廻す。その4人と毅、私、毅と不仲のナンバー5(滞在中、お互いひと言も口を利かなかった)エリア長(女性)草の者1号、他もう1名が応援に入っていた。
それだけでも10人いる。他、業者さんが3人、そんな広くない店内に私を含めてそれだけの人間がずーっといるのは密だからよくない。取締役ナンバー2は開店の挨拶だけしてすぐどこかへ行っちゃった。
「BOSSは?」
「今日は来ないって行ってましたね」(毅)
毅はブスッとした声で言った。例によってあまり機嫌がよくない。
私がカオを出したのは、1日付で店舗運営部に異動したからでもある。異動前の部署だったら来なかったよ。
近隣への挨拶、店内の動線や流れを把握、今後追加する項目等を擦り合わせして、私は2時間ほどでそこを辞した。
思い出6.jpg
思い出2.jpg
思い出横丁を歩いてみた。前に立ってる若い旦那さん、どっか酒を出してる店ないか?って探してるでしょ。
実は私もそうなんですよなんちゃって。
思い出5.jpg
この旦那さんは結局昼酒を諦めたみたいだね。
思い出4.jpg
思い出横丁元祖天玉そばが見えた。気持ちグラッときたんだけど、すっげー狭いカウンター店なので素通りしてしまった。
思い出1.jpg

思い出3.jpg
線路に面した横丁ですが、ある店のおねぇさんが一升瓶6本入る空のケースを2つ持って店外に出して、椅子にするかのようにひっくり返して外にデンと置いたのだ。
置いたはいいがそのおねぇさん、両腕をケースの底に着いたままで俯いて固まってしまい、何やら思いつめたような表情で動こうとしない。
「どうしたんだ?大丈夫か?」と声をかけたら人間ドラマになるところだが、それも憚られたな。
店1.jpg
グルッと廻って、さて、どうしようかと。何も食べずに帰るかなと思ったら、CoCo壱が営ってたのである。まだ11時前なのに。
店2.jpg
朝カレーなんてやってるんだ。
朝カレー?.jpg
まだ11時前、朝カレーだけだったらスルーしたかもだが、もう他に無さそうなので
メ.jpg
CoCo壱ぃ?
最後に食べたのはいつだ?
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2019-06-13
2019年の6月か。あの頃は誰もマスクなんか着けてなかったよな。
久々に入ってしまったんですよ。スタンド蕎麦のカレーは食べてるけどジャガイモが入ってない。ジャガイモが入ってるカレーが食べたくなって。揚げたてのトンカツも食べたくなって。
卓上1メニューは撮ってません.jpg卓上2.jpg
店は2階もあるようだが、1階のカウンター席にデンと座った。カウンター下の荷物置き場が狭くて難儀だった。カウンターの縁がすり減って剥げている。
サイドがアクリル板で挟まれ、手前と向こうの幅も狭いので、メニューを撮れてません。牛カレー、牛スジカレー、そんな新シリーズがあったね。
店内1.jpg店内2.jpg
向こうのカウンター席に若い男女が3人いて、ノーマスクで声高に喋ってる。喰い終えても出ないでずーっと喋ってる。店のおねぇさんが空いた皿を下げても喋ってる。おめぇらいい加減に出てかねぇかと言いたくなる。
店内3お喋り若い客-1.jpg店内6朝メニューを片付けてるところ.jpg
11時過ぎたので、おねぇさんが朝メニューを下げて廻ってる。私はモグモグ食べている。私の前にも屹立している朝メニューを私の肩越しに細腕を伸ばして取るかな?
そんな無粋なことはしなかった。私は朝メニューを手に取っておねぇさんに渡した。「あ、ありがとうございます」って。作業意思が互いに通じた。
揚げてる音が聞こえる。やっぱり店で揚げてるんです。
店内4揚げる音がする.jpg牛スジ.jpg
「お好みでソースお使いください」
使わなかった。見て驚いたのですが、カツが2枚あるぞ。
カ1.jpg
前は大きいカツ1枚だったのが、小ぶりのカツ2枚になっていた。
カ2.jpg
他、根菜の具を数えてみたら、ジャガイモが4個、ニンジンが3個、端っこに放り出された感のインゲンが2つ、
カ3.jpg
上から見たところ。
カ4上から.jpg
カ5野菜1.jpg
カ6野菜2.jpg
まぁよく言われますし自分も言いますが、カレーソースはビシャビシャです。カレールゥじゃないね。カレースープとまで酷評しないがカレーソースです。
カ8ビシャビシャなルゥ.jpg
ジャガイモ、中まで火は通ってますが、中はホクホクしたあれ、小吹イモ、違うな、何て言えばいいのかな。白いんですよ。
カ9ジャガイモ.jpg
ニンジン、ジャガイモとタマネギと併せて家庭のカレー3種の神器であります。
カ10ニンジン.jpg
何でインゲンが入ってるんでしょうね。
カ11インゲン.jpg
カ7カツ1.jpg
カツは今そこで揚げたカツ。スタンドカレーの揚げ置きで冷えたカツ、温めなおしたカツ、それはそれでいいけど、たまには揚げたてを喰いたいやな。
カ12カツ2断面1.jpg
カ13カツ3断面2.jpg
カツの断面です。ヒレカツだけどトンカツ専門店で出されるちゃんとしたヒレカツのようにまぁるくいカツじゃないです。粗っぽいカツですが、このカツ、スプーンでザックリとカットできる。
カ14カツ4.jpg
カ15カツ5.jpg
後半、ビシャビシャなルゥが少なくなって、未練たらしくスプーンで書き集めようとするとお皿を擦る音がカリカリ鳴ってみっともないので、残ったライスをブルドーザーの土砂よろしく手前に引いて、残りのルゥを纏めたところ。これで食べやすくなった。
カ16後半戦手前に寄せる.jpg
店3-1.jpg
2日3日4日5日は休んだが、6日7日はカレンダー通りに出勤した。緊急事態宣言中だし、GWの合間の平日は開いてる店が少ないだろう。ランチ難民にならないようにしないと。チェーン牛丼、立ち食い蕎麦、ファミレス、駅前中華とかになるかな。頼りにしてますよ。
でもラーメンは避けるつもり。
今日みたところ、11時前から営ってる気骨のある店はCoCo壱以外だと家系のラーメン屋が多かったですね。
さて、緊急事態宣言が続いている。外飲みや出張ができないので、チマチマしたランチネタしかUpできない日々がしばらく続きそうです。
コメント(2) 

アタシとだって! [人間ドラマ]

大都会-1.jpg
「毅さん、今度いつ本社に来ます?」
「週明け月曜には行きますよ。朝からいます」(毅)
「ちょっと相談が。一身上のことで。声かけます」
この会話はCメールです。社内いち気難しい毅は滅多に本社に来ない。支店の施工、改装、新機種導入、看板設置や設備の修繕を担当しているので、壊れた箇所を抱えた支店をいつも廻っている。
週明け、毅は朝からいた。関係各部署のMTGの後で声かけて、空いてる小会議室に連れ立って入った。
「一身上って?」
「あ、いや、辞めるとかそういうんじゃないですよ。もうすぐ上期の目標シートを上長(ディクソン)に出すんだけど、そのタイミングで異動願を出そうと思って」
「異動ですか?何処へ?」
「店舗運営部ですよ」
毅は目を見開いた。

私の通常業務は、支店の許認可更新と、医療従事者たちの届が主です。それらは店舗運営部内のエリア長、支店長、あるいは医療従事する資格者個人から依頼されることが多い。
「ディクソンの下で、給与担当のソリ合わないオンナ、DON子、庶務担当のW美たちのシマ(部署)にいる意味ないですよ。あっち(店舗運営部)に移った方がやりやすいんです。」
毅は大きく頷いた。
異動希望先の店舗運営部長(取締役ナンバー2)にも内々に話をしてあります。そっちに移りたいって。
「その方が絶対にいいですよ」って言われた。
(もっともそこの部長さんは私が移ることで、ある思惑があるのですが。)

またしても「毅さんと〇〇さん(私のこと)しかできる人がいないので」の業務がきてるんです。それは新規出店と他社からウチに吸収されるM&A、前に担当していた大和田(仮名)の病気療養が続いているので、会社は前回同様に毅と私に振って来るだろう。
座ってるのが毅、立っているのが大和田です。

毅と大和田-2.jpg

何で毅を巻き込んだかというと。毅が手掛ける新規出店の営業許認可申請と、私が担当するM&Aの営業許認可申請は同じ書式なのです。提出する窓口も同じです。
毅はゼロからテナント内を工事施工して新規に起ち上げる。私は既にある他社を廃止して、自社の支店として新規に起ち上げる。これは前にも書いたね。
私がやるM&Aは、既にモノがあるから毅のようにゼロから施行工事する必要はない。そこに他社とはいえ従業員もいるからね。
立ち入り検査も含めて手続き上で一緒なだけです。
他社→自社になるので、先方にかなり気を遣いますけどね。これも前に書いたな。
だから私と毅は対行政、対会社という部分で共同戦線を張ることがこれまでにも多々あったのよ。

「毅さんとこには都内の新店、私も都内のM&Aが幾つか来てる。でもまだ大和田さん無理みたいだしねぇ」
「ですね。無理なのわかっててアイツら(店舗運営部)はちっとも自分らでやろうとしない。人を抱えてるのに育成しようとしない」
「でしょう。今回も私らにきますよ。だったら自分があっち(店舗運営部)に異動すればいいやって。さすれば新規出店だって、毅さんがハード面(工事施工)して、自分がソフト面、レイアウト図さえあえば申請書作れるし、通常業務のラウンド過程で新店に異動する社員の免許証もかき集められるし、まとめて窓口に出しに行けますワ。」
いつもしかめっ面している毅の愁眉が明るくなった。
「ああ、その方が絶対にいいです。自分も助かります」
「〇〇(ソリ合わない)のカオも見飽きたしなぁ」
珍しく毅は哄笑した。

https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2021-03-26
この過去記事で、ジャン妻から、
「もう残り何年もないんだから異動願い出したら?」
「アタシはもうディクソンの下で燻っているアナタを見るのイヤ」
「店舗運営部に異動願出して、店舗運営部で終わりましょう」
これで心中に灯がついた私は毅の同意も得て勢いづいたが、このトシまで異動願なんて書いたことない。ウチの会社で異動願書いた経験あるヤツなんているのだろうか。

口の堅い後輩社員に聞いてみよう。もと草の者4号、今は本社中枢にいるU紀(仮名)に聞いてみた。U紀に「聞きたいことがある」って廊下に呼び出したの。彼女が支店から本社に来るにあたってそういうの書いたのかって。
「書いてないです」
「書かなかったんだ。ではどうやって?」
「〇〇さん(人事、教育部長)が、アタシに声かけて本社に引っ張ったんですよ。不本意ながら」
不本意どうこうってのは、ホントは自分はかなりの人見知りなので、本社に来て社員全員が対象になる今の部署に来たくなかったんだと。
「そうか。君はそういうの書いて異動したのかと思ってた」
「違うんです。書くんですか?」
「ウン、でも書いたことないし。書き方はネットで調べりゃいいんだけどね。この会社ってそういうのが叶う会社なのかどうかもわかんないから聞いてみたのさ」
「異動願を書いた人がいるのは知ってますけど。でもそれって殆どが支店間の異動で、誰々と合わないとかそういう理由ばかりでしたね」
私はそういう理由じゃない。
「何処へ異動希望してるんですか?」
「店舗運営部」
「ええっ!」
U紀は眉をしかめた。あんな部署に?ってカオだった。

異動願は2通書きました。上長のディクソン宛とBOSS宛にね。
2通別々に書いたのは、ディクソンが自分とこから異動願が出たことを不名誉に思って握り潰すんじゃないかと懸念したのです。
これまでの会社人生で初めて異動願を書いたのだ。ツボ、ポイントは心得ています。「自分を異動させることでこういうメリットがありますよ」をちゃんと書いたよ。稟議と一緒です。

理由①、現在の通常業務は100%店舗運営部内からの依頼で、そこへ異動することで情報が早く得られ作業効率が上がります。
(でもこれだけだと弱い。自分のことしか考えてないからね。)

理由②、M&Aの対応が可能です。
異動することで、自分は楽するどころか業務が増えるのです。
異動希望先の部長さんは別の目的でこれに喰いついた。毅が手掛ける新規出店作業にも私を加えようとしたのです。社内いち気難し屋の毅の窓口というか、担当にしようとしたフシがあるね。

理由③、後進への引継ぎです。
現在の部署にいたら引継ぎができない。自分も正社員として残り年数を考えると後進への引継ぎを考えなくてはならないが、今の部署にいたらマニュアルだけ作ってハイサヨナラになりかねないと。
まさか引き継ぐ相手が給与担当のソリ合わないオンナやDON子ってわけにいかない。異動希望先には14人か16人いるエリア長や、主任(草の者)たち、1200人近い従業員がいるからね。そこの誰かに落とし込むしかないのです。

それらを纏めて、私はこのトシで初めての異動願をディクソンとBOSSに出しました。
ディクソンには「よろしくお願いします」と言って事務的に渡した。BOSSには理由の①②③を口頭説明したうえで頭を下げて手渡した。
BOSSはこんなことを言った。
「新店の申請はできますか?」
それは毅の担当でしょ。
「毅さんがやってる新店は開発部が絡むのと、業者の工事施工があるので厳しいです。でも図面が上がってレイアウトが決まればそこから先の申請はできます。」
「わかりました」
後で思えば、①は私個人のことだからどうでもいい、③は会社として今後の為に絶対必要、それとは別に②「毅さん対応をお願いします」なんですよ。③と②なんですね。
如何に毅が周囲から畏怖されてるか、腫れもの扱いだってことです。彼と話や仕事ができるのは20年来の僚友の私しかいないのです。
でも私は工事施工は担当できないので、書類面だけ引き受けることになる。でもBOSSも私に、難し屋の毅の対応をお願いしますと暗に言ってるんですよ。
異動を考える人.jpg
だがそこからどうなったのか。動きが、発表が無いんですよ。
まさかディクソンが「〇〇さん(私のこと)はウチにいてくれなければ困る人材です」なんて心にもないことを言い張って止めてるとも思えんしなぁ。
焦れた私は異動先の部長(取締役ナンバー2)やBOSSに直談判してしまった。「その後、何も言われてないですが、どうなったんですかね」って。
異動先の部長(取締役ナンバー2)は、
「自分とBOSSの間の話では、その方向でいいんじゃないかってなってます。〇〇さん(ディクソンの本名)は、こちらで面談してからになりますねって言ってました」
杓子定規なディクソンめ。何だか知らんが形式段階を踏まないと進まないらしい。黙って今日にでも明日にでも放出すればいいんだ。

また別の男性職員から内々に呼ばれて、
「5月1日付で進めています」、
何でその男性職員から言われたかというと、その者は本社フロアの管理責任者で、電話回線、FAX回線、消火器や防災避難ルート、蛍光灯、自販機、ゴミ出し、コロナ感染防止対策などなどやってる人で、席替えやデスク配置も担当しているのですよ。いよいよ異動となったら私のデスクは異動先へ引っ越すからね。
私は群馬に飛ばされてた1年以外、ずっとずっとずーっと前にいるソリ合わないオンナとようやく離れることができる。早く離れたいんだけど。正式決定して発表して私を動かして欲しいんだけど。
私がいきなり辞めても困るのは店舗運営部にブラ下がってる支店の従業員であって、ソリ合わないやドン子に迷惑は全くかからないんだ。早く出してくれないかなぁ。
異動する気満々です。

また業を煮やした私は実績作ってやろうと、異動先の部長さん(取締役ナンバー2)の承認を得て、異動先の週イチMTG(ミィーティング)に出ることにした。
ちっとも動きが見えないディクソンに、
「自分、店舗運営部のMTGに出ます。もう例の案件がきてるので」
「ああそうですか」
ディクソンは「アナタはまだこっちの人間なんですよ」とでも言うかと思ったが、急いでいるのは今言ったように新店とM&Aが店舗運営部からの依頼で毅と私に来てるんです。ディクソンもそれは承知してるので黙認した。

異動先である店舗運営部のMTGに出ても、私はまだ異動前なので意見は言わない。全体の情報共有について聞いてるだけです。でも出て驚いたのが、どんな議題でも必ず毅が絡んでいること。
でも毅はその場にいないのです。いるメンバーが口を揃えて、
「それは毅さんでないと」
「毅さんが何ていうか」
「毅さんからまだ何も聞いていないです」
彼らは毅が手掛けている工事中の新店に、何処かのタイミングで引き継ぐというか立ち入るのですが、店舗運営部の誰もがその新店の合鍵を持ってないのがわかった。マスターキーを毅が持っていて、合鍵を作ったかどうかすら誰も毅に聞いてないのです。
私は聞いてるだけですが、合鍵ネタになった時、そこにいたメンバー全員が私のカオを見たものだよ。え?私がどうにかしろってこと?合鍵できたかどうか毅さんに聞いてくださいってこと?
誰かが毅に言わなきゃ手に入らないが、この時点では私はまだ前の部署だからねぇ。
小会議室を出て縦列にゾロゾロと歩いてオフィスに戻るのですが、部長がボヤくんですよ。
「ああイヤだなぁ。でも(毅さんに)言わなきゃならないしなぁ」
「気持ちはわかりますが」
「いいですよ、わかってますよ、自分がまとめて言うしかないでしょ」
そういう会話をしながら自席に戻る私を見て、ソリ合わないが訝しい表情をしていた。ソリは、何で他部署のMTGに出ているんだろう、アヤしい、そう思ったそうです。
ディクソンは無言だったが、もう彼(私のこと)はあっち(異動先)の人間なんだという表情だったよ。

だがまだ動きがない。焦れまくっていたら4月の後半になって、BOSSに呼ばれた。
「異動の件聞きましたか?」
「いや、聞いてないですよ」
「早く言うように〇〇部長と〇〇部長に言ったんですが・・・」
前者は異動先である店舗運営部の部長で、後者は今の上長であるディクソン、
「いえ、ぜんぜん」
BOSSは立ち上がりかけた。ディクソンの席へ行って「まだ言ってないんですか?」とでも言おうとしたらしだが、この日、ディクソンはいなかった。在宅勤務だった。
「だいたいアイツ遅いです。忘れっぽいし。」
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2021-04-26

後でBOSSは、私がアイツ呼ばわりしたディクソンに異動の件を早く進めるように言ったらしい。
そしたら在宅勤務中のディクソンから私に携帯メールが届いて、週明けの月曜朝、人事面談がありますと連絡があり、そこで正式に決まった旨、話をされた。
多少ネチネチと言われましたね。
「異動したいが為に先方に先走ったりするところが心配です」
自分だって忘れてたクセに。遅いクセに。
でもディクソンはこうも言った。
「自分も向こうに異動した方がいいと思ってました」
ああそう、だったら早く放出してくださいよ。
「機密保持の面で心配です」
あの件だな。前回のM&Aので、OPENにしちゃいけない段階で、エリア長会議で「今から行ってくっからよ」って捨て台詞を吐いて出たら、エリア長たちざわついて会議にならなくなったというアレか。
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2021-04-01-1

私は異動したくてしょうがないので抗弁しないで黙ってました。そしたらディクソンはこんなことも言ったんです。
「毅さんと話せる人って〇〇さん(私のこと)だけですからね。その辺りは今までのノウハウを活かして」
ディクソンも毅の対応に苦慮しているのである。口では毅のことを「取締役なのにああいう態度は如何なものですかねぇ」とか批判してたが、その後で「私がこう言ってたってことは毅さんには言わないでくださいね」って保身に走ったのには内心で失笑した。
「もちろん毅さんとも一緒にやりますが、上の誰かが毅さんに日頃の態度を注意しないんですか?」
「誰かがしてると思います」
誰かがねって誰がよ。誰も注意してないってことだよ。私をクサしてるのか認めてるのかようワカラン面談だったが、ディクソンにしてみれば、私がBOSSや異動先の上長に「自分の異動まだですか?早くしてくださいよ」と急っついたから、私が早く出ていきたいようでオモシロくないんだろうね。
面談が済んで、ディクソンと2人で小会議室から戻ったら、ソリ合わないオンナがまた訝し気にこっちを見た。

私の前の席、ソリ合わないのアタマが写っています。
フンっ、もうすぐお前さんの前からもオサラバだよっ、
向こうにソリがいる-1.jpg

私はBOSSと異動先の部長に「ディクソンから正式に話がありました」と伝えました。
異動先の部長さんは、
「ウチに来たら毅さんのフォローをお願いしますね」
今まで腫物扱いで誰も接してなかったらしいんだな。そりゃ新規案件は毅と一緒にやるけどさ。でも連中が毅の態度を注意してくださいってのは等級からいってお門違いだよ。それはBOSSが言わないとね。

その日の翌日、支店廻って2人の親しいエリア長に、内々に「異動になります」と言った。
ひとりはhttps://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2019-09-29後半に登場した女性エリア長で、草の者5号の直接の上司でもあります。
「今までは何処の部署だったんですか?」
私は口あんぐりになった。自分たちと同じ部署(店舗運営部)だとずーっと思ってたらしい。
過去記事に続いてまたマイカーの助手席に乗せて別支店に移動したのですが、相変わらず汚い車内だったね。
次に行った支店には草の者18号がいて彼女と打ち合わせ、そこに男性のエリア長がいて、何故か私の異動を喜んでくれたのだが、
「最近、毅さんが無茶ぶりで。あそこまで細かくやらなきゃならないんですかねぇ」
そうやってボヤくんですよ。エリア長が私の異動を喜んでくれてるのは毅との間になってくれって意味も含んでるんです。
嫌われてはいないけどそこまで畏怖される毅にヘンな意味で感心したよ。凄いヤツだなと思った。

その後も外回りしてたら業務携帯が振動した。PCからメッセージが転送されてきたのです。送信者はディクソンで、配信先は私、ソリ合わない、DON子、W美、そして前述の席替え男(フロア全体を管理する責任者)です。
定型挨拶文の後に、
「5月1日の人事異動についてお知らせいたします。
〇〇さん(私のこと)ですが、5月1日から店舗運営部へ異動することになりました。
席はレイアウト変更があるまでは今のままとなりますのでよろしくお願いします。」

これだけかよって。
しかもメールですよ。全員を集めて口頭で言わなかったのです。
前は週1日MTGをやって各人のスケジュール確認とかをしてたのだが、ソリ、DON子たちは在宅勤務の方が多くなったので、全員集まってのMTGはしなくなった。だからディクソンはメッセンジャーだけで通達したのだろうけど、これだと異動決定事項だけで、異動の理由や異動先で何をするのかについては全く触れていませんよね。
そういうのは私抜きでもいいから皆に口頭で言って欲しかったのだがなぁ。後でソリ合わないはこの件でちょっとした権幕で私を詰るのですよ。
結局ディクソンにとって私なんかはこの程度なんだよなって。箸にも棒にも掛からぬ存在だったんだなと思った。いや、そんなこともないかな。
でも別にいいやって。私は出ていく人間だからね。

ディクソンが配信した週の後半、月イチで開催される異動先での全体会議というのがあります。方針とか今すすめていることとか、情報共有をするのです。それに自分も初めて出席することになった。
「自分も出ることになりました」
「ああ、そうですか」(ディクソン)
ディクソンは無表情に頷いた。
その会議はエリア長全員が出席します。取締役ナンバー2、ナンバー4、ナンバー5、東京本社で出席するエリア長と、コロナ禍もあってWEBで参加する遠方のエリア長、他、特定業務担当で部下のいない役職者数名が出席します。
ディクソンもいた。取締役ナンバー3の毅は新店の工事現場からWEBで参加だった。
私は群馬から戻ってからはずーっとひとりで決裁できる職掌が続いていたので、全体で決める会議なんて出たことないのです。こういうの久々です。
会議1-1.jpg

会議2-1.jpg

会議3-1.jpg

会議4-1.jpg
眠くなるかと思ったがそうでもなかった。へぇ、こういうことをやってるんだ、こういうプランを進めてるんだ、数値目標や人の動かし方に厳しいなぁ、感嘆しながら聞いてました。

途中、こんなことがあったのよ。顧客獲得の為の新プランが提起され、概ね賛同して「じゃぁ進めましょうか、いつから?」ってなった時、スクリーンに毅からのメッセンジャーが入った。
「それは如何なものですかね」
物言いなんだけど、これだけで会議出席者全員が凍り付いた。それまで割と和やかだったのが満座、シーンとなった。誰もその場で応えようとしないのです。
座長も兼ねていた店舗運営部長は音声を切って「やっぱり毅さんは反対ってきたかぁ」困り果てた表情で腕を組んだ。
エリア長たちも一言も発しない。店舗運営部長は昨年まではエリア長だった。政変があって大抜擢されたのですが、今いるエリア長たちにしてみればオモシロくないんですよ。昨年まで自分たちと同格だったのにっていう感情ですね。だから毅が物言いつけてきても「アンタ取締役になったんだから自分で決めなさいよ」なんです。援護射撃がなかったです。
毅の物言いでいったん保留になったが、提起するプランを毅に事前根回しないでやっちゃったということですね。他にも事前に根回ししないでいきなり提起した案件があってやや紛糾したけど、久々に刺激のある会議であったよ。おもしれぇなって。(笑)

会議終了前に、異動先の部長さん(ナンバー2)が、
「最後に人事面での発表があります。〇〇部の〇〇さん(私のこと)が、5月1日付で・・・」
私の異動が正式に発表になりました。私も消毒した専用マイクで簡単な挨拶をしました。
その場にいた数人のエリア長は目をひん向いたりギョッとしたり「だからこの席にいるんですね」ってなったり「何で急に?どうしたんスか?」って聞いてくる者もいた。
この場にいないWEB参加者の表情は全員はわからないが、https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2019-04-25-1に登場したM子が大口を開けてアングリ。この日の夜になって「今までより近くなりますね」っていう微妙なメッセージが来た。
生意気な女性課長がちょこちょこ私んとこにきて、
「毅さんの対応、お願いねぇ~」
「それかい」

異動先の全体会議でも発表されたからにはもう全社的にOPENなのですが、私はそソリ合わない、DON子、経理の連中、人事部、教育部、営業や開発部門には自分の口から言ってません。何事もなかったように知らん顔してました。
何となくソリ合わないオンナの態度がよそよそしくなった。目を逸らすんですよ。伏し目がちになるの。
4月後半、私は本社を出たり入ったり、4月29日やGWの休日の分を4月中に片付けようと忙しなかったので、直行直帰が続いた。この春に入社した新人研修もあったしね。外から帰社してもすぐ追加の書類を作って外出する慌ただしさ。稀に朝から本社にカオを出すと、ソリやDON子が在宅だったりして彼女らとはすれ違いが生じた。
そしたらある日、在宅勤務してたDON子からメッセージがきたんですよ。
「聞きました。でも異動の理由って何ですか?」
私はこう返事しています。
「アイツ(ソリ)のカオを毎日毎日見てるのに飽きたんだよ。」
まだ言い足りなくて、
「日に日に老けてくアイツと一緒にトシをとっていくのがイヤになったのもあるな」
DON子は私のシンパだが、こんな心無い返信を送られたことでさすがに色をなした。
「そんなこと言わないであげてくださいっ」
言わないでください、ではなく、言わないであげてください、これがミソで、ソリ合わないがかわいそうだからそういうこと言わないであげてください??
「本人メチャメチャショック受けてましたよっ」
「それはディクソンがメッセンジャーで発表したからだろ。」
「それもあるけど、ずっと長年一緒にいたのにって寂しいのもあるみたいですよ」
???

右、デカい背中がソリ合わない、
向こう奥にいるのがもと草4号のU紀、
左にいるのがDON子、
左からドン子U紀ソリ-1.jpg

新人研修が終了して、社内の空気が少し落ち着いた感のある日の午後のこと。
私は珍しく自席にいて次の書類を作ってた。いたのはディクソン、ソリ合わない、DON子は在宅、W美は有休、もうひとりいる有望株の男性は外出していなかった。
ディクソンは、毅には及ばないにせよ、私という難物を追い出すのが決まったのでサッパリしたカオしてやがるな。
時刻は14時50分前だった。まずいな、ディクソンは15時から管理部門の会議に入る。就業規則改訂や給与改定の最終決定だって。そしたらソリ合わないと2人きりになっちまう。
ディクソンが会議に入る前に席を外してやろうと、その場を逃げ出そうとしたのだが、ディクソンがBOSSに呼ばれた隙にソリ合わないがヌオッと立ち上がってゴジラのように私を見下ろし、ランランと睨むような目で、
「上長(ディクソン)が会議に入られたら話があります」
「・・・」
やれやれ、そうきたか。
「いいけど。例の件か」
「そうですっ」
「この席ではちょっとなぁ」
「じゃぁ場所を変えてでも」
逃げられない。わーったよ。ディクソンが会議に入ったのを見て、空いてた小会議室に2人で入った。

会議室のドアを閉めて向かい会ったらまぁ凄い剣幕で切りだしやがって。
「事前に聞いてないですっ」
だってお前さんには事前に言ってねぇし。何でお前さんに事前に言わなきゃならないんだっての。
「どういうことですかっ?」
「異動願を出したんだよ。」
「えっ!」
ソリは仰天した。
「異動願い出したんですか?」
「そう。このトシでね。自分でもまさかと思うけどな」
「なんでっ、上長(ディクソン)と合わないからですかっ?」
「合わないぃ?」
「DON子さんもそう言ってますっ」
私は噴き出してしまった。
「会わないって?それじゃぁ私のワガママじゃないか。そんな小さいことじゃないよ。まぁそれもちったぁあるけどな。そんなことよりも」
「じゃぁどうしてですかっ」
私はこの記事冒頭で毅に説明したのと同じ理由をソリに説明するハメになった。少しアレンジを変えて。

理由①、
「今自分がやってる通常業務は100%店舗運営部内からの依頼で支店に直結する内容だろ。お前さんやDON子がやってる給与とか保険とかと俺は関係ないもん。ディクソンは機密保持主義だから正式に決まってからでないと情報をOPENにしないし、向こうの部署にいれば腹案の段階で話してくれるからね」
「確かに上長は事前に言ってくれません。いきなり『いついつから決まったからやって』って言うだけです」(ソリ)
「だろ、機密保持の面で仕方がないんだろうけど私はそれじゃぁ困るんだ。いつ頃になると新規案件が始まりそうですとか、誰々が支店長に抜擢されます、その後は誰々を異動して補充する予定ですとか、そういうヒソヒソ話が大事なんだよ」

理由②、
「理由①だけだったら異動しないで今の部署でもできるけど、昨年から大和田が長期病欠で、新規案件は毅が怖ぇカオしてひとりでやってるだろ。M&Aが俺んとこに立て続けにきてさ。M&Aの書式は毅がやってるのと同じ書式、同じ窓口なんだよ。だから異動すれば新規出店とかで毅をフォローすることも可能なんだ」
「それだと今より仕事が増えるじゃないですか」
「構わないよ。昨年から『他にできる人がいませんのでお願いします』って私や毅に振ってきてるから結局は同じだよ。どうせ残り2年だしな」
「残り2年って言わないでください」
「(フンッ)毅と2人で、向こうの部署は自分らでやろうとしない、育てようとしないってブツクサ言ってる自分がイヤになったってのもあるんだよね。」
「じゃぁ毅さんの仕事も!」
「そうだよ。毅には事前に相談して彼も私の異動を望んでるんだ。次回の出店から一緒にやることになるな。異動先の連中にも言われたよ。毅さんのフォローお願いします窓口になってくださいって」
「確かに毅さんは気難しいし、お話ができるのは20年来の〇〇さん(私のこと)しかいないと思いますけど。でも、ア、アタシだって!」
「ああ、ちょっと待ってくれ。まだ理由があるんだ」
「何ですかっ」

理由③、
「後進への引継ぎだよ。自分も正社員として残りの年数だと後進への引継ぎを考えなくちゃならない。今の部署にいたらマニュアルだけ作ってハイサヨナラだぜ。まさか引き継ぐ相手が給与担当の君(ソリ)やDON子ってわけにいかないだろ。異動先には14人か16人いるエリア長や主任(草の者)たち、その下には1200人近い従業員がいるからね。その中の誰かに託すしかないんだ。」

異動後組織図(改訂).jpg

この理由③でソリは大人しくなった。少しは納得したみたい。
「今言われた理由を異動願に書いたんですか?」
「そう、異動願ってのは願いをかなえる為に書くんだから稟議と一緒なんだ。でも私は今の等級役職のまま異動するから余計な出費や経費が増えるわけじゃない。今やってる業務を持って異動するだけだから誰にも迷惑はかからない筈だ」
「・・・」
「普通は異動したら業務内容が変わるジャン。私の場合は変わらないんだ。だから異動は異動なんだけど、異なる異動ではなく移る移動だね。」
「・・・」
まだオモシロくなさそうなカオしてるからもう少し肚を割って話してやるか。
「もうひとつ、願に書けない理由があってさ」
「何ですか?」
「それはな」
少し深呼吸した。

仕事を評価できるのは、その仕事を依頼した者だけだろ。」
「ハイ」
「仕事の、業務の依頼者だよな。では私に業務を依頼してるのは誰かっていうと、さっきも言ったが各支店で勤務している従事者に繋がる向こうの部署なんだよ。」
「確かにそうです」
「だから私の評価者はディクソンじゃない。彼からは日々依頼されてない」
「・・・」
「私は向こうの部署、エリア長、支店長、主任(アブなく草の者と言いかけた。)社員たちに評価されたいね。ディクソンに評価されたくないんだ。店舗の社員から低い評価されたら仕方がないが、今のままだとずっとディクソンから平均的で無難な評価をされるだけだろ。彼は私の業務知らないもの」
「・・・」
「ディクソンに不当な低い評価をされたとかそういうんじゃないよ。でも彼の下で終わりたくないんだ」
「わかりました。」
「・・・」
「そういうことでしたら納得します。でも私だって彼から高い評価をされてると思ってませんよ」
「でも上がったんだろ?」
「いち等級あがりましたけど」
日々の私語、長いお喋り、立ち話や文句、そういうのが無くならない限り今より上は無理だよって言いたいけどね。
でもソリはわかってない。私は評価の高い低いを言ってるんじゃない。評価者に値するかしないかを言ってるんだがな。

「でもっ、でもっ、」
「なんだ?」
まだ何かあるのか。何か蒸し返すのか?
「毅さんには事前に相談したんですよねっ。」
「事前に相談した。だって次からは2人でやろうぜってのが発端でもあるしな。BOSSにも向こうの部長さんにも」
「アタシとだって、ずっとずっと、長年、一緒にいたのに・・・」
「・・・」
「水臭いじゃないですかっ」(涙)

「・・・」
「逆の立場で私が同じようなことをしたら怒りますよねっ」
「まぁ、そうだな。」

しばし沈黙、言うだけ言わせて目が潤んだソリも、やっと表情が和らいだ。
その後はディクソンの悪口じゃないけど、アタシは誰が上にきても受けるしかないし、フライングできる私のことを羨ましいって。
ディクソンと合わないからってそんなんが理由じゃないんだけどな。
「異動か。まさかこのトシでな」
「トシって言わないでください」
最初に会ったときはソリは20代後半、私は30代後半だった。それから20年、ソリはこないだも私の前で、老眼がどうのこうの、背中に肉がついたの、髪が白くなったとか、耳を覆いたくなるようなことを。そういうのを聞かされると私はこっちの老いまで指摘されてるようでイヤなんだよ。「トシって言わないでください」ってか。それはこっちがお前さんに言いたいね。

まだ若い頃、20代後半のソリ、
二の腕も細かった。
若い頃のソリ-1.jpg

「DON子さんも心配してましたよ。上長と合わないから異動するのかなって。個別にお話された方がいいですよ」
「へぇ、皆そう思ってるのかな。誤解を解く意味でも話すよ。」
「席はいずれ向こうに移るんですよね」
「決まればね。席はおそらく」
「毅さんの隣?」
「かもしれねぇなぁ」
「他にいませんよね、笑」

「水臭いってよ」
「彼女がそんなこと言ったのっ?衝撃だワ」(ジャン妻)
「人間ソリ合わないを見た思いであったよ」
それから4月30日の定時までの数日、私とソリは合わないまでも今まででイチバン穏やかな関係だったんですよ。
ところがですね。。。
お酒-11.jpg
退勤時間になって私は出かけたらソリに呼ばれて上写真の酒を渡された。これはもしかして異動する私への餞別か?餞かい?
だがソリはこう言ったんです。
「ハイこれ、今生のお別れね」
なにっ!
今生の別れだとっ?
私は呆気にとられてしまい、不覚にもその場で言い返せなかった。
それだけで収まらずあろうことか私の肩を叩いて、
「飲み過ぎちゃダメですよっ。身体の調子がちょっとでも悪かったら検査するんですよっ」
持ち帰って「こう言われた」話したらジャン妻は呆れた。
「それってさぁ、日本語の使い方わかってないんじゃないのぉ?」
(ー”ー;)
コメント(4) 

船山温泉99の謎139 道の駅 峯の城 [船山温泉近郊ネタ]

中部横断自動車道は、本年度9月に下部温泉早川IC、身延山IC、南部IC、これが完成する予定だそうです。そうなれば東名高速&新東名高速と中央高速が南北に結ばれる。
神奈川、静岡方面からの宿泊客誘致に加えて、西東京方面からの宿泊客誘致も期待できるというものだが、このコロナ禍ではなぁ。
「君は太平洋を見たか、僕は日本海を見たい」これにプラスしてT館長は「だったら君は船山温泉を知ってるか?」と声を大にして言いたいところだろう。
私は中部横断道は使わないで、東名高速の富士川SAでこれまで走った52号線(富士川街道、身延街道)に下りて、富士川に沿って北上するルートを走りたい。一度、中部横断自動車道で新清水ICから新東名に入ったが、それだと走行距離が長くかかる。
日曜日の下り東名高速道が思いっきり空いてたので、12時半くらいに南部町に入ってしまった。
時間を潰すにしても観光地なんかないし、人混みは避けたい。そこで閃いたパーク地がある。道の駅南部、そこには私の中での船山温泉近郊ネタで最大のテーマがある。
道の駅1.jpg
道の駅2.jpg
道の駅だから国道52号沿いです。船山温泉方面に左折しないで北上、南部路の前を少し北上する。南部路は刺身蒟蒻とカツ煮がメチャ美味しかったな。
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2018-05-03-1

「光行公の像がある筈だが」
「???」(ジャン妻)
「あ、あったあった」
幕末まで続いた盛岡藩、支藩に八戸藩、七戸藩といった奥州南部氏の始祖、南部三郎光行公です。
光行公1.jpg
光行公2.jpg
ジャン妻はまた私がヘンに偏った自己的趣味に自分をつき合わせるのかというカオをしていたが、まだ宿入りする時間には早いので、シブシブ下車した。
駐車場は満車に見えますが、施設内にはそんなに人がいなかった。台数が少ないからだろうか。
ほぼ満車1-1.jpg
ほぼ満車2-1.jpg
ほぼ満車3-1.jpg
道の駅3-1.jpg
道の駅4-1.jpg
道の駅5-1.jpg
道の駅6-1.jpg
道の駅、メインゾーンには野菜、果物他、物産がたくさんあった。地場のものだけでこれだけのスペースは埋まらないだろうな。山梨県内全域から集めているのでしょう。
でも私はそういうのに興味がないんだ。南部氏関連は何処だ?どこにある?
船山温泉が載ってないじゃないか.jpg
南部町一帯のMAPがあった。
「船山温泉が表記されてないじゃないか」
「船山は観光地じゃないでしょ」
「十枚荘温泉もないぞ」
「・・・」
温泉マークだけあった。
展示室1.jpg
南部氏の展示室を見つけた。入ってみる。でも誰もいないぞ。
展示室2.jpg
誰も興味を示さないのかな。これが奥州だったら見学者が何人かいるだろう。哀しいかな山梨県南部町、南部氏発祥地とアタマではわかっていても、県外からの来訪者にとっては「それ、何?」なんだろうな。
HPには「南部氏の歴史を紹介する「南部氏展示室」南部氏は奥州の武家として知られていますが、実はここ南部町が発祥の地です。南部氏の歴史や町内に残る南部氏ゆかりの史跡などを紹介しています。」
やはり甲斐国は武田なんだろうね。南部氏がこの地発祥ということを知っても知らなくても日常には不自由しないしね。
解説1.jpg
南部氏の解説です。発祥地がここであること。奥州での繁栄に繋がること。
解説2.jpg
南部三郎光行公は、源頼朝率いる奥州平泉征討軍に従軍して武功を挙げ陸奥国を拝領、それまで領していたこの地、甲斐南部領は三男の実長に割譲した。実長を南部破切の六郎という。
波切?南部町の北隣、身延町に波木井という地がある。破切=波木井らしいです。
実長の子に長義という人がいて、この人の系譜が波木井に土着、代々波木井氏を称する。
奥州の南部氏は中世を生き抜いて繁栄したが、甲斐の波木井南部氏はというと、
「甲斐では宗家南部氏と波木井南部氏が南部と身延を治め、南北朝の頃までは奥州との間をしばしば往来していた。しかし、移住もあって徐々に衰退、大永7年(1527年)波木井南部氏が武田信虎に滅ぼされたことにより、甲斐の南部氏は歴史の表舞台から姿を消すことになってしまった」
解説3奥州へ.jpg
船山温泉T館長は「ウチを南部の隠し湯にしようかと考えたんですが」
でも船山の開湯は明治45年と聞き及ぶ。ちと時代考証的に無理がある。開湯から遡っておよそ400年前に南部氏は滅んでいるからである。
400年前とはいつ頃か。どこで滅んだか。年表があった。ある箇所が大事で、その記載もあった。
解説4年表1.jpg
解説5年表2.jpg
「大永元年(1521年)今川氏親の将、福島正茂が甲州河内に侵攻、波木井義実(波木井南部10代)と穴山信風(信綱)はやむなく今川勢に味方し、大島(甲斐大島)で武田勢と戦う。その後今川勢が府中に進軍」(穴山信風は武田信虎に降伏、従属しています。)
「大永7年(1527年)波木井義実は今川勢に加担したことで武田の軍勢に襲われ、本郷(現・南部町)峯ノ城にて全滅した。これにより波木井南部家は滅亡したという。※15」
本郷とはまさに船山温泉のある地名です。むかしむかし湯治場だった時代は「本郷の湯場」と呼ばれたともいう。
解説6滅亡の箇所1.jpg
解説7滅亡の箇所2.jpg
解説8滅亡の箇所3.jpg
※15は出典です。「南部町伝承」とあった。
出典は伝承による.jpg
南部町伝承とありますが、裏付ける史料は甲斐国誌、それには、
「大永中福島上総乱入ノ時、波木井三河守義実此ニ党スルニ依テ、武田信虎ノ為ニ峯ノ城ニ於テ責殺サルトアルモ此城ノ事ナルベシ」
大永年間(1521年~)駿河今川氏の福島(クシマ)上総介が甲斐に侵攻、波木井三河守義実が今川方の福島を手引きしたが為に「峯ノ城ニ於テ責殺サル」峯ノ城で武田信虎に攻め滅ぼされたという記述で、南部町アルカディア図書館にあります。
武田信虎に攻め滅ぼされた波木井義実は、馬上像の南部氏の祖、三郎光行に同行せず甲斐に残った三男、実長の系譜で数えて十代目、船山温泉を含めた南部町身延町、河内一帯を支配していた。
南部氏の末裔である波木井義実が滅亡した場所はお隣の身延町にもあって、そこには波木井という地名や波木井城があるし、1984年には身延町の南部氏館跡発掘調査報告書が出ている。場所は南巨摩郡身延町梅平という場所です。検索するとPDFで見れます。
だが身延の波木井には甲斐国誌でいうところの「峯ノ城ニ於テ責殺サル」峯という地名はないようである。
峯という集落は船山温泉のすぐ北方にあって、南部町誌には波木井義実が滅んだ場所の推定地としてこのような記載があった。
「峯ノ城は波木井義実に関係した城と記され、北川の一段低い所に波木井氏の子孫が祀る社が建てられている。身延町に波木井城があり、波木井氏の峯ノ城とも呼ばれていることから、ここも峯ノ城の比定地の一つとして位置づけられる」(南部町史)
この辺りの記述において、南部町と身延町が学術論争に及んだという話は聞いていない。私も南部町史だけで身延町史は見てない。船山温泉が南部町にあるからそっちに偏っただけである。
だけど私の中ではこれまで大人しくしていた南部町が、道の駅内にある史料展示室に堂々とその旨を明記したのが大事なのだ。ハッキリここ南部町で滅んだと言い切っているのだから。
波木井義実が滅んだ峯ノ城は船山温泉の北東、高台にある集落にある。波木井山ともいふ。
(今回、船山に泊まった翌朝に撮影)
峯の城1.jpg
峯の城2.jpg
峯の城3.jpg

位置関係はこうなっている。
位置関係1.jpg
位置関係21.jpg
位置関係2.jpg
位置関係3.jpg
船山温泉のすぐ近くではないかい。
武田信虎軍が攻め寄せた時、船山にも矢が飛び交う音や喚声が聞こえたのだろうか。
位置関係22.jpg
峯ノ城には2010年、船山温泉のT館長と同行した。
その前、2009年に幾つか証言を得ている。

証言1、峯集落にお住まいの農家のオバちゃん、
「坂を下ったところにうちの田んぼがあってそこに大きい岩があるの。岩の辺りは誰かが斬られた場所だって聞いた。」
刀で斬る仕草、槍で突く仕草をしながら、
「斬られたか槍で突かれたかわかんないけど、そういう怖い場所だって。こんなコワイ話、今までしたことないよ」

同じく2009年、証言2、峯ノ城入口にある畑を耕していた耳の遠い爺さん、城域を指しながら、
「中は潰しちゃった。知っている年寄りはもうおらんね」

2009年以降、いつだか忘れたけど証言3
穴山信懸(ノブトオ、穴山氏五代、波木井義実と共に今川を手引きした穴山信風の父)の墓近くで出会った爺さん、
「公民館を建てた時にあの辺りを掘ったら石垣と人骨が出て来た。光行の墓じゃないかって」

2010年晩秋、私が週1日勤務していた弊社の支店に、ひとりのお爺さんが来られた。
新患だったので、待合にご案内して初回問診票の記載をお願いしたら、そのお爺さんのお名前が「波木井」だったのです。ハキイとフリガナまで振ってくださった。
「もしかして身延の方ですか?」
「うん」
「では南部氏の末裔?」
「先祖がね。義実でしょ」
お爺さんははっきり義実(ヨシザネ)と言われた。

2015年「甲斐武田を探検」サイトに峯ノ城に碑が立った旨が掲載されていた。
https://ameblo.jp/mnrhanz1/entry-12430684379.html
そこの管理人、みんさんに連絡して情報交換をしたことがある。城域にある御堂を波木井堂といって、そこには大小の石碑が2つあって、大きい方には波木井六郎実長、もう一つの小さい方には、十一代波木井三河守義実とあるそうです。
他、武田信虎が攻めて来た時の戦死者を供養する千人塚があって、それらの碑は波木井氏の子孫の方が建てられたという。
その後、2016年に行ったら、峯ノ城域は獣害対策の電気柵が取り巻いていた。峯ノ之城だけでなく、集落のあちこちが電気柵だらけになり、里の者たちが電気柵に閉じ込められた感があった。
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2016-10-07

船山温泉のある南部町は「奥州南部氏発祥の地」と謳ってはいるが、これまでは謳っているだけで、アピール度は歯痒いくらいに薄かった。
外来者へのアピールは、この道の駅南部で初めて打ち出されたといっていいのではないか。

だが、私の中ではまだ新たな謎がある。これです。
位置関係23謎1.jpg
山城神社についてはすぐわかった。御祭神は波木井実長、南部三郎光行(南部城主)の実子で、奥州に下向せずこの地に残って波木井氏を名乗った最初の武人です。
では山城の鼻とは何のことか?
山城といえばみ52号線が潜るトンネルの山上に「荒れた状態です」(南部町役場)放置状態の南部城山(ジョウヤマ)があるが、そこから西に離れていて山続きとも言い難い。鼻とは何のことなのだろうか。
位置関係24謎2.jpg
もうひとつ、これは明記されていなかった。
標柱10南部光行だって?2.jpg
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2021-01-03-1
前回の船山行で訪れたこの標柱は、船山温泉から峯集落に向かう坂道の途中を右に下りた辺りにある。茶畑の中にあるので全文は確認できないが「館跡に向って左奥に井戸と泉水の跡がある。尚、石積みは鎌倉時代以前の平石積みである」という。
この館跡は展示室には明記されていなかったな。内容も場所も。
あの茶畑の館跡標柱は末裔の方が独自に立てたのだろうか。
光行公3.jpg
解説9系図1.jpg
解説10系図2.jpg
南部氏の郷.jpg
南部氏はこの地で滅んだ義実以降も血脈は残った。他へ落ち延び、武田の勢力が盤石になった頃に戻ってきたら南部町一帯は穴山氏が支配するところとなっていたので、南部や波木井を称するわけにいかず姓を変えたという。(近世こもんじょ館、サイトから。)
その姓もわかっていますが、それは本稿とは別カテゴリになるかな。この稿では南部町が道の駅南部に滅亡の地である旨を初めて外来者にアピールしたということにしておく。
見学者は私だけだったけど、コロナ禍が収まったら、奥州盛岡の南部氏関連の方々もこの地に来訪されるかもしれないが。

山城の鼻とは何なのだろうか?
コメント(4) 

和室213号室 [船山温泉]

船山2.jpg
遠雷がする。
通り雨が降ってきた。
自然3雷鳴が.jpg

通り雨1.jpg
通り雨2.jpg
部屋から見た中庭、見下ろす池の角度がいつもとは若干違うのにお気づきでしょうか。
今回は長年利用してきた215号室のツインベッドルームではなく、ひと部屋手前の213号室から眺めた風景です。
庭と池を見下ろす角度がいつもと少し違う.jpg

手前この日の和室向こういつもの洋室.jpg
船山温泉は、年にすくなくとも2回きます。ジャン妻の誕生月12月、ジャンの誕生月4月、この記念日は船山温泉と決めていて、今年も後半の(金)泊を押さえてあったのですが、親戚の通夜、告別式が入ったので2日ズラしました。
「間を空けることなく即、変更できるって凄いな」
「長年来てるこの宿だからできることよ」(ジャン妻)
いや、そうではなく、私の会社内での立ち位置というか、ポジショニングというか。そういうのを誉めて欲しかったんだけど。
とはいうものの、船山温泉殿、急な日程変更で申し訳ありませんでした。
和室1.jpg
和室2.jpg
和室4.jpg
洋室と違って角部屋じゃないのでやや暗く感じないでもないが、蟄居閉門で寛げるともいえる。
213号室は湯、食事処にいちばん動線が近い部屋かも知れない。
213。。。
13。。。
不吉な部屋番号だ。この人なら好んで泊まるかもしれない。
G13.jpg
和室5.jpg
和室7.jpg
和室、初めて布団敷っ放しの畳の部屋で寝ることになる。
いやまてよ?初めてではないな。ジャン母と3人で来たとき、丸い半円の弧を描いて庭に出っ張ている和室に泊まったことがある。まだBlogを起ち上げる前、あれは私を船山に導いた温泉サイト、番頭さんの掲示板時代だったな。畳の上はそれ以来か。
213号室はL字型に曲がった箇所にある部屋なので、もうL字型の辺にある隣の部屋を意識しながら部屋の中をウロつかなくてはいけない。下着1枚で部屋を歩き回るなんてトンでもない。
和室8.jpg
和室9.jpg
(日)泊だから空いてるだろとタカを括ってきたら、意外にも(失礼)殆ど満室だった。大小の釜が10個鎮座していた。ひとり客も増えたようですね。
満室に近い2.jpg
エントランス、ロビー前から見た部屋、2階の右端の部屋が215号室、その右隣が今回の213号室、下1階は食事処、
部屋を望む.jpg
眩い1.jpg
T館長の新しい道楽というか、この宿の資産でもあるワインセラー、
「また数が、種類が増えたわね」
「このワインが従業員への現物支給だったりしてな」
眩い2.jpg
眩い3.jpg
館内1.jpg
館内2.jpg
館内3.jpg
湯もひと通り廻った。大粒の雨が降る静山、
静山1.jpg
静山2.jpg
静山4.jpg
静山の湯も渓流の湯も大浴場は定員5名となっている。となると例の寝そべりが更にジャマくさいな。早くブッ壊しましょうよ。
静山3定員5名.jpg
窓を全開にした清水、普段は閉めてるので硫化水素のニオイがいちばん漂う湯でもある。
清水1.jpg
清水2.jpg
閉めてしまえばここだけ別世界の静、
静1.jpg
静2.jpg
湯上りの生ビールが運ばれてきたので、ジャン妻がマスクを外して飲もうとするところ。
湯上がりの生-1.jpg
雨上がりに外に出てみた。
船山温泉は地元の山梨県の客よりも、隣都道府県からお見えになる客の方が遥かに多い。私もそうだし。この日は9か所のナンバープレートのくるまが停まっていた。
私を含めて県境を跨ぐ移動だが、私も普段は都心に普通に通勤しているし、くるまでGOTOドアなら問題ないと思うがね。
くるまで家から宿へ直行、観光しない、SAやPAではWC休憩だけ、宿に籠る、外に観光に出ないといったって船山温泉の周囲には自然だけで何もないから出てもすることがない。「観光しないで宿でゆっくり過ごそう」です。
でも白状すると1か所立ち寄っています。宿入りするまで「道の駅なんぶ」に滑り込んで資料室を見たんだよね。誰もいなかった。
船山3.jpg
駐車場1-1.jpg
駐車場2-1.jpg
船山4.jpg
船山8.jpg
船山6.jpg
高速が空いてたので早く着いててしまい、書籍も持ってこなかったので退屈ではあったよ。
コンビニで買ったくだらないマンガを読んだけど、マンガなんてすぐに読み終わってしまうからね。
213号室、13という不吉な番号の部屋に寝てるのを幸い、宿の怪談本でも持ってくればよかった。1時間ほど寝てしまった。
和室10-1.jpg
和室11.jpg
和室12.jpg
山梨県は神奈川県に隣接しているし、首都東京に直結しているが、よく言われるのが「首都圏直結の山梨県がなぜコロナ封じ込みに成功したのか?」
山梨県だけど長崎知事が打ち出した「やまなしグリーンゾーン構想」認証制度ですね。対象は山梨県下の宿泊業、飲食業、酒蔵、山梨だから当然ワイナリーも。チェック項目が30~50あって、それをクリアすると県から感染症対策のお墨付きが発行される。書類申請だけでなく、県の職員や委託業者が現地まで来るそうです。
OKなら山梨県がステッカーを発行する。船山温泉も認定されています。HPに自信満々に打ち出しています。

グリーン.jpg

山梨県は県下の飲食店に休業要請も出したが、解除する際には県が示した基準である感染拡大予防ガイドラインを満たした店は個別に休業要請を解除していった。
ガイドラインの内容は30分に1回の換気、入場者の制限、人との間隔を最低1メートル確保、客やスタッフのマスク着用、定期的な手指消毒、入場者の入り口での体調確認、合計17項目だと。
ウチの社内にも山梨県出身の者がいて、
「山梨県はねぇ。成功したと言われてますけどねぇ。あれは、あの店ちゃんとやってませんよっていう、その、何ていうか、言葉は悪いけど密告のような。そういうのもあるんですよ」
密告だと言い方が暗いが、抜き打ち検査や利用客の通報制度のようなものか。別にそれはそれでいいのではないか。緊張関係を維持して対策が継続されるのならね。「お宅はちゃんとやってませんよね。見に行きます」来店して指導、是正すればいいのだから。
だけど政府はこの第三者認証制度「山梨モデル」を導入するよう全国の都道府県知事に通知したのですかね?
バカにするわけじゃないけど首都圏と違って圧倒的に人口が少ない県でしょう。全国都道府県で実行するのも確認するのも大変だと思う。東京や大阪のように無数の飲食店がひしめいているような地域で100%実行可能かどうか。
その後どうなったか聞かない。緊急事態宣言発令で括っちゃたからね。
船山5.jpg
寝て、起きて、再度、湯に入って、ゴロゴロしてたら、

プルルルッ!
プルルルッ!
プルルルッ!

ああ、18時前か。電話は何処だ?何処で鳴ってる?
格納されてるTVの下にあった。扉を開いて受話器を取って、
「いつもの部屋(215号室)と勝手が違って、電話が何処で鳴ってるのかワカランかった」
「笑、フロントでございます。ご夕食のご準備ができあがりましたので・・・ふじまでお越しください。お待ちしております」
ガチャッ!
「何処で鳴ってたの?」(ジャン妻)
「TVの下」
普段、扉開けないからね。TV観ないし。宿でTVなんか観ると俗世に引き戻されるからな。
廊下1.jpg
廊下2.jpg
階下に下りたら昼間は掃除部、夕刻だけ接客係の小柄なMさんがいて、他のお客さんに「お名前は?」伺っている。お名前を伺ってから各個室に案内するわけか。
すぐに入らないで入り口で立ってたら、
「何をやってるんです」(T館長)
すぐ入らないのはMさんが戻ってきて私らにどんな対応をするか見てやろうと。T館長に見抜かれてしまった。
「そうやってすぐネタにしようとするんだから」
カオパスの俺らにMさんが「お名前は?」とでも言おうものなら「ぬぅわんだぁってぇ!」と絡んでやろうと思ったのだが不発に終わってしまった。
夕餉が並んだ1.jpg
夕餉が並んだ3.jpg
まだ夕方だけど陽が大森山の向こうに隠れ、照明もそんなに明るくない、テーブルクロスはシブイ茶色、無骨なお皿は焦げ茶色か黒っぽい色ばかり、この宿の野趣溢れる料理は見てくれがイマイチなのでインスタ映えしない。(インスタしてないけど。)
甲州何とか豚のハム、稚鮎の春巻き、何かの自産肉のパイ包み焼き、天ぷら、タケノコ、
自家製ソースはキュウリだったり、ブロッコリーだったり。
山のご馳走1.jpg
山のご馳走2.jpg
山のご馳走3.jpg
山のご馳走4.jpg
山のご馳走5.jpg
山のご馳走6.jpg
山のご馳走7.jpg

岩魚刺身1鱒刺身1.jpg
岩魚刺身2.jpg
岩魚刺身3.jpg
あれ?赤い刺身がある?
鱒刺身2.jpg
鱒刺身3.jpg
これは鱒か。このセットは定番で、どうも他の部屋と間違えて出たらしい。いつもは4か所ともイワナだから。
館長も女将さんも気がついたが、川魚の刺身が好きな私はこのままいただいた。鱒の刺身大好き。信州サーモン、上州ギンヒカリ、船山の甲州は富士之介、だったかな。
あっさりしている。都内の黒板メニュー居酒屋のサーモン刺身は脂のノリは凄過ぎたからな。
タケノコ刺身1.jpg
追加メニュー、タケノコの刺身、今の時期ならでは。
「酸っぱいな」
「そりゃ酢味噌だもの。この程度で酸っぱいの?」(ジャン妻)
タケノコ刺身2.jpg
タケノコ刺身3.jpg
赤銅色の肉は山梨のどっかで罠にかかった可哀そうな猪の鍋、
猪鍋1.jpg
煮えてキタキタ。猪肉は豚肉と違って煮込めば煮込むほどやわらかくなるが、野菜は煮過ぎない若い野菜が好きなので、先に白菜、ネギ、青物をよそって。
猪鍋2.jpg
猪鍋3.jpg
猪鍋4.jpg
猪鍋5.jpg
調子にのってタケノコも入れてしまった。贅沢だな。タケノコと猪肉の味噌汁か。
「穂先を入れないでよもったいない」(ジャン妻)
猪鍋6.jpg
猪鍋は前より優しい味になった。前はやや辛、ほんのやや辛い味付けだったが、それがなくなり、マイルドで素朴な味噌汁の味を呈していた。
ほうとうを入れたり、ご飯入れてオジヤにしてみたいが、それをするとコースの最後までたどり着かない。ほうとうを入れたこともあるけど市販のうどんやきしめんを想像すると裏切られますよ。全く別物と言っていいと思う。

素揚げ2.jpg
いつものウチらだけの定番、岩魚素揚げ、他の部屋は塩焼きだと思う。今日はお腹の肉を割いて揚げる面を増やしてある。
付け合わせは山菜天ぷら、野蒜、
無念の形相をしている岩魚、供養の為にもアタマから尻尾まで全部食べるからな。。
素揚げ3.jpg
素揚げ4.jpg
素揚げを齧るジャン妻2-1.jpg
ジャン妻がイワナにかぶりつこうとしているところ。
直虎で川名の御隠居(井伊直平、演、前田吟さん)の配下が囲炉裏端でイワナにかぶりついてるのに似ている。
塩焼きは飾り塩を塗してあるから塩分過多になってしまうんですよね。
「19時になったら酒類提供禁止?」
「そんなことないですよ」
ああそうか、ここは山梨県だからね。これが都内や神奈川の旅館だったらラストオーダーになるのだろうか。
肉1.jpg
肉2.jpg
肉3.jpg
甲州ワインビーフヒレプラン、付け合わせの野菜はタマネギとシメジ、クレソン、ガーリックチップはガーリック好きのジャン妻に全部食べられてしまった。
肉4.jpg
肉5野菜添え.jpg
肉6.jpg
ここでも調子に乗って、タケノコを焼いてみる。
肉7.jpg
肉8.jpg
「Mさん来ないかな」
「・・・」
別にアラを探そうってんじゃないよ。ああいう昭和の大衆食堂のオバちゃん接客が好きなだけさ。
でもT館長は私がMさんに密に接触しようとするのを好まない。引き離そうとする。ネタにしようとしてるのを警戒している。Mさんにも「あの人に近づくんじゃない」と注意してるかもしれない。
Mさんは船山温泉で最も長い勤続年数です。
蕎麦1.jpg
手打ち蕎麦は誰が打ってるんだろう。お世辞にも喉越しよくツルツルツルッとはしてないです。もしかしてつなぎ入ってないんじゃないかなこれ。
日頃、駅そばやスタンド蕎麦ばっかり食ってる私には贅沢というもの。
蕎麦2.jpg
蕎麦3.jpg
蕎麦6.jpg
締めの釜飯、ご飯をよそうジャン妻、
混ぜ1-1.jpg混ぜ2-1.jpg
混ぜ3-1.jpg混ぜ4-1.jpg
炊き込みご飯2.jpg
今日はもちろんタケノコご飯です。イワナの骨汁、香の物と一緒に。
市販の赤出汁味噌汁とか、黄色いイロのタクアンなんかが出ないのがいいでしょう。
炊き込みご飯3.jpg
炊き込みご飯4香の物.jpg
炊き込みご飯5骨汁.jpg
ご飯をガツガツ喰らうジャン妻、ジャン妻は旅行に来ると胃袋とカロリーの上限リミッターを外すのです。
ご飯を食べるジャン妻1-1.jpgご飯を食べるジャン妻2-1.jpg
誕生日プランで出されるケーキは別腹が無いので私は無理でした。Mさんにあげちゃった。
デザ1.jpg
デザ2.jpg
あ、そうそう、食事処の床、畳は新しく張り替えられていました。厨房からワゴンを転がすのでどうしても傷んでしまう。ささくれだって足裏がチクチクしなくなった。
「そういうネタをBlogに書いて欲しいんですけど・・・」(T館長)
食事処から見た風景.jpg

語らい1-1.jpg
語らい2-1.jpg
ジャン妻とT館長が談笑中です。何だか難しい話をしとったな。コロナ禍での旅館経営のノウハウとか。今後の社会情勢とか経営談義かな。私はもっぱら聞き役でしてね。私の異動の話とか出たのかな。忘れた。
また書籍を借りてる。自慢じゃないけど私はT館長やジャン妻が読むようなハウツー書籍をこのトシまで読んだことが無い人間なのだ。自己流でここまで来ちゃったし。もう読んでも役に立たないし、老眼で読めないだろう。
話を聞いてる時はいつも為になるなぁと思うのだが、終わってみるとよう覚えていないのだ。
語らい3-1.jpg
寝酒、夜食、笹一を常温でいただく。デザートはあげちゃたけど、何とか全部、腹中に収まりました。
二次会1.jpg
二次会2.jpg
夜の渓流.jpg
寝転がって、T館長からお借りした経営書籍に目を通すジャン妻、
この後、バタッ、ZZZ。。。
館長から借りた書籍を読むジャン妻-1.jpg

朝の光景.jpg
起床は5時半、私にしては遅い方である。普段が4時、下手すりゃ3時半に目覚める。そのまま起きてたりとか。
朝の散歩もしなくなった。まだ寒いし。
家でもベッドなので久々の畳の上は腰に来るかと危惧したがそんなこともなく。
部屋でスマホ見ながらゴロしてたら電池が無くなってきた。WCへ2回行ってゴロ寝してたら、

プルルルッ!
プルルルッ!
プルルルッ!
この音が他の室から聞こえたんですよ。ひと部屋ひと部屋ずつ順番にかけてるのか。TVが収納されてる扉を開けるのがめんどいけど、次はこの部屋だなと身構えた。鳴ったらすかさず取って、今から下りますよと。
「受話器外しといたらどうなるんだろ?呼びに来るのかな」
「さぁ。そういうことはしないの。やめなさい」(ジャン妻)
電話が鳴ってる.jpg
廊下にプチバイキングコーナーがあって先にご飯をよそうのですが。ジャン妻は2人分のご飯、私は2人分のオレンジジュース、
ジャン妻が持ってきたご飯の量が少ない。
「貸せ。自分でもう1回行ってくる」
「止めなさい。最初っから大盛にするなんて。後でお替り行けばいいでしょ」
コロナ禍の時勢で、途中でお替りするより1回で済ませた方がいいと思うんだよ。
食事処から.jpg
朝餉が並んだ1.jpg
朝の陽ざしが眩しい食事処に朝餉が並んでいる。ロールカーテンを下ろして撮った船山温泉定番の朝定食、黒くてゴツいお皿は殆ど河原の岩みたいで、この皿を夫婦喧嘩の得物に使ったら大怪我するは必定である。その無骨な岩の上に、山菜、青物、チョイ辛い漬物、脂身の無いチャーシュー(甲州の豚だと信じたいね。)ピリ辛い蒟蒻、稚鮎のマリネ?が鎮座している。
ご飯、お米は武川米、馬場信春が馬場家の名籍を継ぐ前にいた教来石家が知行していた辺りのお米、
朝餉が並んだ4.jpg
黒い皿のおかず1.jpg
黒い皿のおかず4漬物.jpg
黒い皿のおかず5南蛮漬.jpg
黒い皿のおかず7.jpg
山女魚の一夜干し、私はアタマっから尻尾まで全部食べましたが、箸先で摘まみまわすジャン妻の食べ方、食い散らし方のまぁ美しいことったら。
山女魚一夜干し.jpg
タケノコ、インゲンの煮物、今日は薄味、横浜は崎陽軒シウマイ弁当のタケノコ煮が如何に味濃いかがよくわかる。
タケノコ煮物.jpg
サラダ、館長がいうところの「旅館料理ではあまり使われない食材だと思います」のキャベツが唯一出されるのがこれです。
サーモンハムが載っている。
サラダ1.jpg
マヨネーズかドレッシングか。それらの混ざった感のある濃い液体をブッかけていただく。
サラダ2.jpg
これがレストランのランチに申し訳程度に付いてくるミニサラダなんかだと、ドレッシングは上の部分だけで奥まで入ってないケースがある。あの名店104ですらそうだからね。
味噌汁1.jpg
何も入ってない汁だけの味噌汁に見えますが、実は根菜や葉物がたくさん入っています。ジャガイモ、ニンジン、タマネギ、ネギ、青物、薄揚げ、などなど。
いつも言うけど、味噌汁の底からすくい難いオタマだな。後半は鍋を傾けないとすくえないのだ。
最初は熱々ですが、固形燃料がすぐなくなると冷めてくる。
味噌汁2.jpg
もうひとつの足軽の陣笠をひっくり返したような鍋は、固形燃料がまだ活きている。自家製豆腐の鍋です。
自家製豆腐1.jpg
自家製豆腐2.jpg
自家製豆腐が美味しいぞ。地元で50年食べてた老舗の個人豆腐屋が昨年9月に廃業してから美味しい豆腐や油揚げ、厚揚げを食べてない。そのせいか船山温泉のこの豆腐、見てくれは白いブヨブヨした塊が素晴らしく美味だった。こんなに美味かったかこれ。
味噌汁3豆腐を入れてみた.jpg
冷めた味噌汁に豆腐を入れてみた。後から豆腐を入れて余計に冷めたりしない?と思うでしょう。逆です。味噌汁は固形燃料が無くなって冷めていますが、そこへ自家製でグツグツ煮えた熱々の豆腐を入れたら味噌汁が再度温まったという。
温泉半熟玉子は白身をすすって、黄身はちょこっとだけ醤油を追加してご飯にかけていただく。
温泉玉子.jpg
酸っぱい.jpg
ご馳走様でした。いつも変わり映えしませんがそれがいいと思う。食後に珈琲が欠かせないジャン妻、
朝のエントランス2-1.jpg
部屋で寝なおして、改めてチェックアウト前にひとっ風呂浴びに渓流の湯へ。
チェックアウト前1.jpg
青空、春の陽射し、新緑が眩しい。ここにずっとずっとずーっといたくなるくらいに素晴らしい。
チェックアウト前2.jpg
チェックアウト前3.jpg
チェックアウト前4.jpg
チェックアウト前5.jpg
食後の和室.jpg
チェックアウト前21.jpg
では帰り支度して出ましょう。畳の上で寝た和室213号室、次回はまた奥の洋室215号室に戻ると思います。
部屋にスマホを忘れて慌ててくるまを出したので、去る前の船山館の写真はありません。
「何をお忘れで?」(T館長)
「スマホ。あれがないと」
「次回お見えになるまでお預かりしておきますよ。今日の記事も自分がUpしますんで」
(??)
コメント(8) 

ABCチョイス [グルメ]

ホテル11.jpg
親戚の弔事で通夜、告別式が船山温泉の日程と重なってしまった。
ジャン母がいまだリハビリ入院中なので、腐っても鯛じゃないけど長男の初は名代として出席しなくてはならない。ついに初の船山温泉行キャンセル!
いや、延期になりまして。
延期といっても間を長期で空けることなく予定していた(金)(土)を(日)(月)に2日ズラしたのです。咄嗟にこんな休みのズラし方ができる私って凄いと思いませんか?
(あ、思わない?ならいいですけど。)
通夜告別式の会場ですが、東西線の行徳駅から徒歩5分の場所だった。通夜はお決まりの18時~ですが、翌日の告別式が9時~なんですよ。
夜遅く帰ってまた朝早く来るのがめんどい。ジャン妻がホテルを検索して、門前仲町のリッチモンドに泊ったのです。
私は10何年前、今はもう他社に譲渡した近畿地方の店舗を幾つか担当していた時期があって、その頃は業務提携していたダイワロイネッとチェーンとリッチモンドチェーンの宿泊会員だったのです。昨日までの浜松旅行時もリッチモンド浜松を利用してたし。
部屋はこんな感じだった。暗いけどキレイです。
部屋1.jpg
部屋2.jpg
部屋3-1.jpg
今から通夜に向かうところ。
出発するところ-1.jpg
メ2佇むジャン妻.jpg
明日のモーニングメニュー予告編を見ているところ。ツッコミどころ満載なので後でご説明します。でもこういうのはいいと思う。前にルートイン高崎と藤枝のフロントで、「明日のメニューは何だ?」と聞いたら「わかりかねます」と返されたことがある。聞く方も聞く方かもしれないが、知って応えてくれてもいいと思うよ。
メ1予告編.jpg
灯が灯っても20時には消えてしまうであろう門仲の酒場路地、
門仲1.jpg
東西線で通夜会場に向かった。東西線沿線は私の公用圏内でもありますが、途中の葛西駅は「ミスターゲーリー氏のテリトリーだだよ」行徳駅は「佐奈田堂氏と2回、飲んだ場所」ひとつ先の妙典駅「佐奈田堂氏の縄張りで「かさや」っていう住宅地にポツンと1軒、中華屋があって」
翌日、ジャン妻を連れてかさやさんに行こうかと考えたのだが、ホテルのモーニングメニューがボリューム大なのと、告別式の次に最寄り駅が何処かわからない市川市内の斎場、火葬場まで行ったので、それは叶わなかった。
〇〇葬という一風変わった通夜が散会して門仲に戻ってきたのが20時過ぎ、緊急事態宣言と令和禁酒令の直前でもあり、居酒屋や飲食店は灯を消して閉まっていた。
「今夜はコンビニだね」(ジャン妻)
「コンビニ食かぁ」
私はコンビニで酒類や菓子類、日用品を購入したことはあるけど、朝昼夕の食事を購入したことのない贅沢な人間なので躊躇してしまった。
門前仲町駅の5番出口で地上に出たら7-11に若い男女が大人数で入っていった。そこを素通りしたら「ちよだ鮨門前仲町店」があったので、
「お寿司にしましょう」
まぁいいか。精進落としに相応しいと思った。
「じゃぁコンビニでビール買ってくる」
私はちよだ寿司を離れてさきほど素通りした7-11に戻りかけたら、店内からさっき入ってった若い男女の集団が片手に缶ビール、缶チューハイを持ってゾロゾロと出てきた。
プシュッ!プシュッ!プシュッ!
舗道を歩きながら一斉に封を切って飲みだしたものだよ。
「ねぇねぇ、ちょっとぉ、まだ乾杯してないよぉ」
こっちは勘弁してくれってなもんです。なぁるほど、K都知事がうるさく言ってるのはこれか。路上飲み、外飲みだね。
彼らはこれから何処へ行くのだろう。深川公園だろうか。

ホテルへ戻る道すがら、居酒屋は軒並み閉店していた。
部屋で広げた通夜振る舞いならぬ精進おとし。会場でも私等の夜食が用意されていたのだが、会社の内規で人数を問わず外での会食が禁止されているので固辞したんだよ。
夜1ホテルに戻る.jpg
夜2テイクアウト1.jpg
夜3テイクアウト2.jpg
「それで足りる?」(ジャン妻)
「足りるわけない」
「でも今から出て買いに出て行かないでしょう」
「行かない。あんな連中がいる中に出たくない」
食べ足したり飲み足したりしないで終わった。会話はさきほどの通夜、親戚の話題ばかりである。
夜4テイクアウト3.jpg
夜5テイクアウト4.jpg
夜6テイカウト5コンビニ.jpg
昨夜、食べた量が少な過ぎて翌朝5時に腹の虫で目が覚めてしまった。
1階に降りた。コロナ禍でバイキングは停止、お惣菜になっています。
そのチョイスの仕方がアタマを捻るというか、考え考えアタマを使わないと納得したオーダーができな組み合わせになっていて、メニュがABC3つあって、そこから選ぶんですよ。
メ3.jpg
Aグループ、一品お選びください、
A-①、鯖の塩焼き(ご飯、味噌汁付き)
A-②、ミニ漬けマグロ丼(味噌汁付き)
A―③、蕎麦(深川飯おにぎり付き)
A―④、スクランブルエッグ(パン、スープ付き)
A―⑤、玉子とアボガドのサンドイッチ(スープ付き)
A―⑥、パンケーキ(スープ付き)
メ4.jpg
次にBグループ、これも一品お選びください、
B-①、ジャーマンポテト、
B―②、サーモンフライ、
B―③、ハッシュドポテト・ソーセージ、
B―④、蕎麦(ハーフ)、
B―⑤、天ぷら盛り合わせ、
メ5.jpg
そしてCグループ、三品お選びください、
C―①、玉子焼き、
C―②、明太子、
C―③、グリーンサラダ、
C―④、フルーツ盛り合わせ、
C―⑤、オクラごま和え、
C―⑥、ヨーグルト、
C―⑦、プリン、
C―⑧、納豆・焼き海苔、
C―⑨、コールスロー、

「Aをひとつ、Bをひとつ、Cから3つ選べばいいのか?」
「ハイさようでございます」
はて?これをどう組み合わせたらいいのか。
まず、Aグループで主菜を決めなくてはならない。A-⑥パンケーキなんか無視、A-③朝から蕎麦なんてスタンドじゃないんだからこれも除外、A-⑤玉子とアボガドのサンドイッチ?アボガドでなくてツナかハムだったらこれにしたかもしれないが、見たら挟んである具がトテモ多くて、かぶりついたら中の具がボロボロ落ちて粗相をしたようになるだろうから止めた。
消去法で残ったのはA-①ご飯味噌汁付きの鯖塩焼き、A-②ミニ漬けマグロ丼、A-④パンスープ付のスクランブルエッグ、
結局は無難なA-①にした。
ジャン妻はA-⑤玉子とアボガドのサンドイッチ、

次にBグループ、これもまた迷った。
B-①、ジャーマンポテト?朝からビールじゃあるまいし、
B-②、サーモンフライ?朝から魚フライもちょっとなぁ、
B―③、ハッシュドポテト・ソーセージ、よくありがちなボイルソーセージではなくてグリルみたいだ。これはアリだな。ハッシュドポテトは大好きでしてね。朝マックでね。
B―④、蕎麦(ハーフ)?何でここにミニ蕎麦があるのかな。A-③深川飯お握り付きの蕎麦をチョイスした人はダブル蕎麦になる。A―④スクランブルエッグ、A―⑤玉子とアボガドのサンドイッチ、A―⑥パンケーキにミニ蕎麦を追加するのもヘンだし。
好みの問題かもしれないがそういう人はまずいないかな。A-①鯖の塩焼き、A-②ミニ漬けマグロ丼にプラスするんだろうね。
B-⑤、天ぷら盛り合わせ、これはA-①鯖の塩焼き、A-②ミニ漬けマグロ丼、A―③蕎麦に付け合わせるのが無難だろうな。
私もジャン妻も、B―③ハッシュドポテト・ソーセージにしてしまった。
「アタシ、ハッシュドポテト全部食べないからあげるよ。他のにしたら?」
だったらそっちは他のにすればいいのに。
「私はハッシュドポテトが好きなんだよ。ソーセージもグリルみたいだからそれにする」
Bグループはひと品選ぶだけだが、B-①ジャーマンポテト、B―③ハッシュドポテト・ソーセージを組み合わせたらビヤガーデンだよね。

まだ次のCグループがある。これから三品選ばなくてはならない。
再度、並べてみますが、
C―①、玉子焼き、
C―②、明太子、
C―③、グリーンサラダ、
C―④、フルーツ盛り合わせ、
C―⑤、オクラごま和え、
C―⑥、ヨーグルト、
C―⑦、プリン、
C―⑧、納豆・焼き海苔、
C―⑨、コールスロー、
この並べ方、お惣菜とデザー系が交互に表示されている。食後のデザート系C―④フルーツ盛り合わせの次にC―⑤オクラごま和えが登場して、C―⑥ヨーグルト、C―⑦プリンとまたデザート類に戻るのです。そしてこれはむしろAグループに添えた方がいいのではと思うC―⑧納豆・焼き海苔が現れ、入れ忘れたものを慌てて隙間に埋め込んだようにサラダが2種類割り込んでいた。あまり深く考えてないというか、あるものを後から付け足した感があるね。
皆さんはこの中からどれを3品チョイスされますか?
BグループよりもAグループで何をチョイスしたかにもよりますね。A―④スクランブルエッグ、A―⑤玉子アボガドのサンドイッチ、A―⑥パンケーキをチョイスされた方は、C―①玉子焼き、C―⑧納豆・焼き海苔はチョイスしないだろうな。
C―④フルーツ盛り合わせ、C―⑥ヨーグルト、C―⑦プリン、デザート系だけでまとめればスッキリしますね。私は選ばないけどね。
AとCだけでいいかもしれない。BはB―④蕎麦(ハーフ)以外は揚げ物なので、朝から揚げ物は要らないっちゃぁ要らないかもね。Bはランチか、夜のビールですな。
そんなこんなで私たちにしてはオーダーに時間がかかったんですよ。考え考えしたからね。
でもオモシロいっちゃぁオモシロいですね。
昔ありましたよね。共通なのを線で結びなさいっていうお題目が。あれには正解があったけど、このメニューには「???」はあっても正解はないんだから。何でもありですよ。
ABCチョイスがめんどいのは厨房も同じのようで、料理を出すオバさん、持って来るおねぇさん、指差し呼称で「これはAの何々、Bの何々、Cはこれとこれとこれ」伝票と確認しながらトレイに載せてましたね。
会場-1.jpg

和食手前洋食向こう.jpg

洋食1.jpg
洋食2サンド.jpg
ジャン妻のチョイス、玉子とアボガドのサンドイッチ、挟んである具が膨れ上がっている。こぼれそうである。私がこれにしたら絶対粗相をする。かぶりついたらそこらじゅうにボロボロ具が落ちて大惨事になるは必定だ。ジャン妻も慎重に口に運んでいた。ミックスサンドと違ってどれも同じ具、味なので、途中で飽きてきたみたい。
サラダ、コールスロー、昨夜もコンビニで買ったコールスロー食べたので被った、
洋食3サラダ.jpg
スープ、これはイマイチだった。ジャン妻が残したのを少しつまんですすったが、既製品の粉末スープを濃くしたようなシロモノだった。
洋食4スープ.jpg
ハッシュドポテト、ソーセージ、ジャン妻は1枚残したので貰った。朝マックのハッシュドポテトが好きでしてね。
私もチョイスしたけど、ソーセージはグリルなのがウレシイ、ボイルソーセージはニオうので嫌いなのだ。
洋食5.jpg
私的には絶対にあり得ないチョイス、ヨーグルトとプリン、
洋食6.jpg
和食1.jpg
そして私のご飯系列チョイス、カットされてるけど大振りで身の厚い鯖が2枚もあった。
これがルートイン系列だとチビた薄っぺらの切り身だけどさすがはリッチモンド、冷えて固くなってることもない、歯応えも軟らかい、塩加減もいい、
和食2サバ2つも.jpg
味噌汁はややぬるい、まぁ仕方がないかなここまでの動線が長いからな。
和食3味噌汁.jpg
ご飯と味噌汁、メインの惣菜が鯖塩焼きなのに、これだけ和食ぽくないハッシュドポテトとグリルソーセージ、
和食4和食じゃないけど.jpg
サラダは2種、グリーンサラダ、昨夜も食べたコールスローサラダ、
和食5サラダ1.jpg
和食6サラダ2.jpg
納豆とセットになって出された味付け海苔を置いてみた。納豆と海苔は既製品なのは仕方がない。
和食8海苔を置いた.jpg
グリルソーセージを摘まんでリフトアップ、
和食9和食じゃないけどグリルソーセージ.jpg
大好きなハッシュドポテトを摘まんでリフトアップ、これだけご飯に合わない、
和食10和食じゃないけどハッシュドポテト.jpg
サバを摘まんでリフトアップ、
和食11サバを摘まむ.jpg
ボリューム大で7割方満足したけど、ジュースは不味かったな。100%果汁なんて大嘘ですよ。注ぎ口が2本あって、1本から果汁が出てもう1本から水?薄め液みたいなのが注がれたからね。
ドリンク1-1.jpgドリンク2.jpg
ドリンク3.jpgドリンク4.jpg
でもご馳走さまでしたお腹いっぱいです。面白かったけど選ぶのがめんどいので、和食洋食別に決められた内容の定食でいいと思いますよ。C―①玉子焼きはまだしも、C―②明太子とC―⑧納豆・焼き海苔は客に選ばせないで最初から鯖塩焼に入れといたらどうかね。切り身は1枚でいいから。
ホテル1.jpg
ホテル2.jpg
ホテルを出たところ。澄み渡る春の青空、
昨夜は早く灯を落とした居酒屋路地もまだ眠っている。
門仲2.jpg
これから告別式、火葬場まで行こうか辞退しようか考えたが、結局は火葬場まで行きました。その後の会食も辞退して献杯だけして場を去りました。
明日は船山温泉、弔事で日をズラした関係で、部屋は初の和室になるらしい。
コメント(4) 

ナレ死の現場 [隠れ郷土史]

気になる丘1.jpg
前夜、ホテルコンコルドを出て貴田乃瀬へ向かう際、ホテル前の交差点、横断歩道の向こうにある丘が気になった。あれも浜松城の曲輪のひとつではないかと。そこには葵の幟がパタパタはためいてたのである。
浜松城の前身である曳馬城の主郭跡です。そこには小さいながらも東照宮と謳ったお社がある。
気になる丘2.jpg
貴田乃瀬の翌朝、100%ではないけど7割方満足したモーニングバイキングを済ませてチェックアウト、では駅に戻る前、腹ごなしに散策を。
「あっちじゃないの?」(ジャン妻)
ジャン妻が指さした方角には浜松城の再建天守閣があった。
「あっちは興味ないんだ」
前の丘を指した。
私は天守閣、白亜の楼閣、石垣、そういうものに全く興味がないのです。(会津鶴ヶ城は別だが)
10数年前は姫路市内にも支店があったのですが(管理が行き届かず現在は他社へ譲渡)その頃ですら国宝の姫路城に行ってません。何故かと言われても、興味がないからとしか言いようがないなぁ。
気になる丘3見上げる.jpg
アヤしい丘を見上げる。
「何処から登るんだろ?」(ジャン妻)
ぐるっと廻ってみる。途中を左折した。この道は堀の跡だね。
気になる丘4登り口は何処だ?.jpg
気になる丘4空堀跡らしい1.jpg
また左折する。向きは浜松城を向いてる筈だ。これも堀の跡だろ。
気になる丘5空堀跡らしい2.jpg
気になる丘6案内板があった1.jpg
あ、案内板があった。元城町東照宮(引間城跡)とある。元城町とはもともと城があった町か。浜松城の前身である地域を裏付ける命名である。
気になる丘7案内板があった2.jpg
ゆるい坂を上って。これが山城だったらジャン妻はブゥブゥ言いよって絶対についてこない。町内の平城だからつきあってくれてるのです。
気になる丘8.jpg
小さいながらも東照宮の入口、鳥居があった。その右に曳馬城跡の碑とイワレを記した解説板、位置関係を示すものが。
ミニ東照宮1.jpg
ミニ東照宮2.jpg
ミニ東照宮3案内板.jpg
ミニ東照宮4解説板と碑1.jpg
ミニ東照宮5曳馬城.jpg
私らだけかと思ったら境内に4組ほど観光客がいたんですよ。いわゆる歴女と思しき方も。いるんですねぇそういうのに興味ある方が。
「お参りする?」
「する。ここまでキタんだから」
小銭、バス代を残して他を投げ込んだ。コロナ禍が収束しますようにって。
ミニ東照宮21.jpg
ミニ東照宮22.jpg
ミニ東照宮23-1.jpg
曳馬城は引馬城ともいう。引馬といえば、高崎駅から群馬バスで剣崎の託児居酒屋へ行く途中に引馬っていうバス停、地名があったな。馬でも引いたのだろうか。
いや、この地のイワレだと、ここから現在の浜松城天守の位置まで城を引いた?推測ですが。
解説板1.jpg
解説板2.jpg
解説板3.jpg
4月7日からCS銀河で「おんな城主直虎」全話再放送中です。録画して観てます。
4年前に初回観たときは大河って感じがしなかった。ホームドラマかよって。井伊谷という狭い世界、足を伸ばしても駿府辺りまで。小さい家中の騒動の繰り返しでスケールが小さい。入れ込む登場人物は一人もいなかったですね。中野直之は生意気だし、奥山六左は使えないし、龍雲丸はチンピラのボスでしかない。井伊谷三人衆も何だかなぁって。じゃぁ何で再放送見てるかというと、大河として観なければいいのですよ。小さい内容でも要所要所に光るところがたくさんある。検地とか徳政令とか今川仮名目録とか。井伊家を次から次へとイジメる過酷な運命展開には一掬の涙泣きを得ない。
ドラマ前半で前田吟さんが演じた井伊直平、この人は直虎や直政の曾祖父ですが。何であんなトシまで頑張っているかというと。嫡男が登場しません。杉本哲太さん演じた直盛(直虎の父)は直平の嫡男、直宗が三河国田原城攻めで討ち死したので家督を継いだ。
直平の次男、直満(演、宇梶剛士さん)は第1話のとおり横死している。だいたい井伊谷の位置関係で相州小田原の北条氏と誼を通じるのはかなり無理があると思うが。
登場しないが、この時に四男、直義も討たれている。
五男、直元は病死、
三男は小林薫さんが演じた南渓和尚らしいがよくわからない。で、お爺ちゃん直平についてですが、第12話(おんな城主直虎)の途中で奇妙なナレ死を遂げている。
井伊直親を掛川街道で殺害し、2歳の虎松(直政)の首まで差し出せと、今川氏真の井伊家への怒りは収束しないかにみえたが、新野左馬助の掛け合いでどうにか虎松は助命された。
だがそれには条件があった。
小林薫さん演じる南渓和尚が言う「オオジジ様が戦いに行くことが決まった」
70歳を超えた高齢の直平に戦場へ出向けというのである。
「オオジジ様は70を過ぎたご高齢ではないですか。何故、戦になど・・・」(柴崎コウさん演じる直虎、この時は次郎法師だったかな。)
直虎(次郎法師)が館へ行くと、直平と新野左馬助、中野直由が酒盛り中で、
酒盛り.jpg
「我々が今後、今川の戦の手伝いに出ることが虎松の命を助けるための条件だったのだ。我々は必ず戻ってくる。仮にその、もしも、が起こったとしても、それはもはや宿命である。」
息子たちを失いながら、このトシまで生きながらえ、悟ったように言う直平だが。戻っては来なかった。
史料1.jpg
『直平は、今川に叛旗を翻した粟野氏を責める為出陣、その陣中において不思議な死を遂げた。』
史料2.jpg
史料3.jpg
『新野左馬之助と中野直由は、反乱を起こした曳馬城の飯尾連竜討伐で討死を遂げた。』
ナレ死です。不思議な死を遂げた?その現場がここ曳馬城の可能性があるのだ。
今川氏真に従って出陣した井伊直平は、ここから西、白須賀に在陣中、陣中から不審な出火があり、白須賀集落が焼き払われ、氏真は直平が直親殺害を遺恨に思ったうえでの意趣返しと勘繰った。
直平は不慮の事故であると弁明するが、この出火過失を埋め合わせる為、甲斐武田に通じた天野左衛門尉討伐の際、曳馬城内で毒殺されたというもの。(他にも諸説アリ)
新野.jpg
中野.jpg
新野左馬之助と中野直由は、今いる曳馬城の飯尾連竜攻めで討死とあった。
飯尾氏については説明版に家康前の歴代城主として簡単な説明があった程度だった。井伊直平、新谷、中野については全く触れられていなかった。
直虎の再放送CSで観なおして、直平、新野、中野の最終シーンで、ナレ死と照らし合わせて、
「貴田乃瀬の翌朝、行ったあの小さい東照宮で3人とも死んだんだ」
「???」(ジャン妻)
その辺り、曳馬城のくだりを後日、ジャン妻に得意満面で解説した私ですが。通じたかどうか。

境内の裏にある土塁痕?いや、これは後世の壊変であろうね。
土塁かな1.jpg
土塁かな2.jpg
土塁かな3.jpg
右に昨夜泊ったコンコルド、左遠方に浜松城、
右コンコルド左浜城.jpg
浜松城が見える1.jpg
浜松城が見える2.jpg
気になる丘11下りたところ.jpg
「いやぁ、観光したなぁ」
「???」(ジャン妻)
では境内にある二公像の間で記念撮影をして帰りましょう。
解説板4.jpg
二公像1.jpg
二公像とジャン-1.jpg
帰りのバス.jpg
浜松駅に向かうバス車内、運転手は昨年、給料が不満で退職したウチのエリア長にクリソツだった。その運転手のアナウンス「両替のお客様は最後尾にお並びください」に失笑した。思わず口に出てしまった。
「そんなこと言ったって、全員が両替だったらどうすんだよなぁ」
「シッ!」(ジャン妻)
コメント(4) 

コンコルド [グルメ]

新横浜2-1.jpg
新横浜駅、ジャン妻が新幹線の特急券、座席指定券をチェックしているところ。
ジャン妻永年勤続20年のお祝い宴は都内の行き慣れた店ではなく、西へ足を伸ばすことにしました。
太田和彦氏が「料理の鉄人」と称する浜松の貴田乃瀬へ。昨日の店です。
新横浜駅みどりの窓口の女性職員さんは明るく親切で。
「15:45発にされますか?あと5分で15:21に間に合いますが」
それを逃すと24分待ちは小さくないので、手早く15:21を購入。
「空いてれば富士山が見える側がいい」
「ではAB席をお取りしますね」
トテモ感じのよい方でした。ウチの受付に欲しい。草の者たちは私の前では従順だが、店の窓口ではイマイチなのもいるからな。
変わったお名前の方でしたが、実名出したいくらいですよ。
プチ1.jpg
何故この子がいる?
ドライヴの御守は不要だぞ。別に現地でレンタカーを借りるわけじゃないんだ。
「連れてけ」(プチ公)
「・・・」
「富士が見てぇんだ」
新横浜15:21発、浜松着16:27、車内ガラ空きだったが、静岡で名古屋方面へ向かう家族連れがゾロゾロワヤワヤ乗り込んできた。声高に喋るんじゃないって。
車内.jpg
途中、三島を出た辺りで、富士山が大好きなプチ公が雲に隠れ気味の富士を眺めているところ。
プチ2.jpg

浜松.jpg
浜松着16:27、そこからタクシーで今宵の宿へ、
「前のホテルじゃないのか?」(プチ)
リッチモンドホテル浜松がコロナ無症状者および、軽症者の受け入れ施設になり、全館休業になってしまったのだ。あのホテルのモーニングバイキングは美味しいんだけどなぁ。
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2017-10-13
モーニング焼きそば、パスタ、餃子とかもあったし。
まぁ仕方がないですね。とはいえ、コロナ施設の方が儲かるんだろーよと悪態をついた。

リッチモンド1.jpg

リッチモンド2.jpg

浜松城が見える11-1.jpg
左手に浜松城が見えます。出世城と謳ってますが全く興味ないんだよね私は。復元天守、白亜の建物、櫓、石垣とかはぜんぜん興味ない私は国宝姫路城も見向きもしないで今日まできてしまった。(会津鶴ヶ城は除く。)
私が興味あるのはこの進行方向右手の丘です。後で取り上げます。

コンコルド3-1.jpg
コンコルド2-1.jpg
今宵泊まるホテル、コンコルド、
ジャン妻がネーミングだけで予約取ったらしい。
「駅チカにもホテルあるんだけど、料金が高いのと、口コミがイマイチだったんだよねぇ」(ジャン妻)
コンコルド1.jpg
エントランス1.jpg
エントランス2.jpg
エントランス3.jpg
エントランスはこんな感じでダダッ広い。浜松駅からやや遠いです。人がいなさそうに見えたので宿泊客少ないのかと思ったが、翌朝のモーニングバイキングは適度に混んでいました。
家康公か井伊直政公かわからないが、レプリカの鎧兜もあった。
12階の客室へ。ETVを出たら、そこにこんなものが。
アメバー.jpg
ジャン妻は「何でここにアメニティがあるのかな?」と言った怪訝な表情である。
「アメニティバイキング?いや、バーか」
アメバーですね。部屋にアメニティは無かったです。部屋に人数分当然のようにセットしても使用しないのもあるからね。ここで客人が必要なものだけ持って行くスタイル、清水のクエストもそうだったな。
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2019-09-03
でもクエスチョンだらけのクエストはアメニティがフロント脇に置いてあったから、スタッフが横目でチェックできるけど、この場に置いたら心無い者に必要以上にゴソッと持ってかれかねない気もする。
客室1.jpg
客室2.jpg
客室3.jpg
部屋はこんな内装です。コンコルドなんてとっくの昔に運行を終了したふた時代前の音速旅客機の名前だから、内装が旧いんじゃないかとヘンに危惧したがそうでもなかった。リニューアルしたんだと思う。
あげつらうようで悪いから撮らなかったけど、廊下から見た部屋のドアや柱は旧く、塗装の一部が剥離してたけど、旧いと思ったのはその程度である。
廊下.jpg
12階部屋から見た風景、真下を見たら膝から腰にかけてブルッと震えたので遠方に視線を移す。家康が甲斐武田軍に惨敗して逃げ帰ってた三方ヶ原方面を望む。
風景1.jpg
では時間になたので、田町の貴田乃瀬へ。そしたらETVにあった明日の朝のお楽しみに目がいった。
朝の楽しみ.jpg
「これから貴田乃瀬に行くのよっ」
私の脳裏の嗜好が、これからのお祝い膳から明日朝に飛んだのがオモシロくないらしい。

そして貴田乃瀬で飽食鯨飲して戻ってきたところ。私もジャン妻もホロ酔いです。
コンコルド4.jpg
コンコルド5.jpg
コンコルド6.jpg
コンコルド7.jpg
夜景.jpg
部屋に戻ってさっきと同じ方角の夜景です。私はシャワー浴びましたが、ジャン妻はそのままバタンキューと寝てしまった。

未明に起きて、水と胃腸薬を飲んで二度寝して起きたら快腸、昨夜いただいた「つぶ貝とアワビの肝エスカルゴバター」が効いたな。
未明に起きた時は胃がモタれて鈍痛もあったが、大正漢方胃腸薬を2袋服用したらスッキリして腹の虫が鳴るという。新三共胃腸薬や中外胃腸薬、センロックなんかより効果大です。

朝1.jpg
朝2.jpg
8時に1階のモーニングバイキング会場へ。前夜フロントで「9時になると下げられてしまいますので」と言われてたので急いできました。
会場1.jpg
会場2-1.jpg
会場3-1.jpg
会場4-1.jpg
やや混んでいた。先にテーブル席に「食事中」の札を置いた。テーブル席は広くとってあったが、料理コーナーとの動線が遠いんだな。
右手に使い捨てビニール手袋をして各料理を廻るのですが。あまり種類が多いとはいえないね。HPに載ってるものはちゃんとありましたよ。

HPから.jpg

HPから2.jpg

HPから3.jpg

目の前で3種類の玉子焼きを調理してくれるのだ。海苔、プレーン、チーズの3種類、そこも渋滞します。混んでたし、右手に使い捨てビニール手袋をはめているので各料理は撮っていません。
で、こうなりました。
ジャン妻は和食、オムレツは和風、少しずつ種類多くチョイス、
バイキング1.jpg
バイキング3茶漬け?.jpg
バイキング5味噌汁.jpg
バイキング2和風オム.jpg
バイキング4.jpg

バイキング6.jpg
私はパン食、オムレツはチーズ、自分の好みのものだけ多くチョイス、ハッシュドポテト、ベーコン、肉ジャガはオマケですが。
朝からハッシュドポテトそんなに食べてなんて言うなよ。前に言ったんですよ。こっちのバイキングチョイスのスタイルにいちいち難癖をつけるなって。「自分の好きなものばかりたくさんチョイスするのはオカシイ」「バイキングの本来のスタイルじゃない」とかヌカしてましたから。いいジャンか。
でも朝からハッシュドポテト3個は多かったかな。
ソーセージ1本だけチョイスしたけどやっぱりどうしてもボイルなんだよね。グリルは出さないですね何処も。やっぱりグリルじゃないと。さらの木みたいにカリッと。
玉子焼きとは別にバタースクランブル、これもホテルバイキングの定番ですが。オムレツと被っててもつい手が出てしまうんだな。
バイキング9好きなものばかり.jpg
オムレツは美味しいね。ビジホによくあるあれ、同じ形でカットされて置きっ放しの出汁巻き玉子なんかよりぜんぜんいいです。
バイキング8チーズオム.jpg
肉ジャガも味しみて美味しい、ニンジン、ジャガイモもグダグダになってない。
バイキング10肉ジャガ.jpg
バターロールパンにバターベットリつけて、
バイキング11パン.jpg
バイキング7薄いスープ.jpg
誉めてばかりでもないのだ。このコーンスープ、これはイマイチどころか最低のシロモノ。クリームって感じしないし、殆ど薄い塩味しかしないのだ。コーンなんてどこにも無いし。底に沈んでたのかな。粉末を大量に溶かしまくったようなスープだったのが残念です。
バイキング12珈琲.jpg
珈琲が欠かせないオンナ.jpg
「ふ~ぅ、お腹いっぱい。夜は軽くしよっと」(ジャン妻)
出たよ。シラケるな。それを言うなっていつも言ってるジャンか。蕎麦宿でも船山温泉で、さらの木でも、終わるとその日の夜は手を抜くんですよ。
「そういうこと言うんなら、もう何処にも連れていかないぞ」
「あれだけ飽食したんだから、せめて今日は質素にしようって気はないの?」
ないよ、では腹が空くように、近隣の散策を1か所、
浜松城が見える-1.jpg
コメント(4) 

貴田乃瀬 [居酒屋]

店1.jpg
4月上旬に浜松に行ったんですよ。そのときの模様をUPします。
2年前だったかな。私が永年勤続20年で表彰された時は、朝礼の満座の中で読み上げられ、拍手を浴びながら目録を渡された。
でもジャン妻の永年勤続20年は表彰もなく、上司から昼間に「あ、ハイこれ」渡されただけ。書類やレターパックを渡すように。
その一方で4月1日付の異動者、昇格者は朝礼の拍手の中でという。
この差は何だ?
店2.jpg
どうもジャン妻上司は部下の女性社員を喜ばせようという気やセンスが無いらしいね。じゃぁ私的に20年の節目のお祝いをしましょう。20年お疲れさまのロケーション地は、都内や神奈川のいつもの店ではなく、遠州浜松の料理の鉄人が営む「貴田乃瀬」のカウンター席と相成りました。
店3.jpg
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2017-10-12-1
直虎ブームの2019年以来ですね。4年振りか。直虎はCS銀河で4月7日から一挙全話再放送中です。
浜松は新幹線だと近かった。酔っぱらうので日帰りはキケン、泊りました。
過去の定宿だったリッチモンドホテル浜松がコロナ患者の待機施設になったので、そこからすぐ北、浜松城に面したコンコルドホテルにIN、そこから歩いた。ちょっと迷った。路地を間違えたりした。
店は四天王のひとり、本多平八郎忠勝屋敷跡(推定地)の前にあります。

強面の親方(店主をそう呼ぶ)少しお痩せになった。精悍になった。太田和彦氏の著には「料理の鉄人」といふ。
色白でトンボメガネのママは変わらずお若い。
2人で廻していたからタイヘンそうだったな。
混んでた。テーブル席に3人、4人、2つある座敷にも3人、2人、カウンターは私らと後からもうひと組、電話も鳴ったがお断りしてましたな。
店内1-1.jpg
店内2-1.jpg
おとおしは冷蔵庫から出したトレイ1面に入っていた何かのパテ、自家製のいぶりがっこ、
「20周年オメデトウ」と言って乾杯です。
最初の膳1.jpg
最初の膳2.jpg
今日も手書きのお品書きが美しい、
メ1.jpg
メ2.jpg
メ3.jpg
メ4.jpg
この店の名物、炙りしめ鯖、
親方が、塩を振ったしめ鯖をガスバーナーで炙っているところです。このガスバーナーは包丁やまな板と同じく親方の七つ道具のひとつ。これが無いと炙りしめ鯖が完成しないのです。
オーダー入ってから鯖の小骨を抜いて、バーナーで皮目を炙ります。炙った後に皮目から出てくる脂が固まります。しめ鯖といえども刺身だからちゃんと冷えていないと。冷蔵庫の中で冷ますのです。
炙る2-1.jpg
炙る3.jpg
しばらく冷蔵庫で冷やして、包丁でカットして、
切る2-1.jpg
切る3-1.jpg
炙りしめ鯖1.jpg
炙りしめ鯖2.jpg
炙りしめ鯖3.jpg
緑色の四角いのは、浜名湖で上がった海苔を煮凝りみたいに固めたもの。
炙りしめ鯖4.jpg
炙りしめ鯖5.jpg
断面は殆ど生に近い。刺身といっていいかもね。肉厚でトロトロで皮は香ばしく、脂の甘みも。舌の上でトロケるしめ鯖です。焼き塩が浸みてるから醬油要らないです。ワサビだけでいい。
シウマイ2.jpg
セロリシウマイ、皮で包む前に具を冷蔵庫の中で6時間寝かすので、店の開店に間に合わないこともあるとか。
これも醤油や芥子なんて要らないです。この店、卓上に調味料ないですから。
シウマイ3.jpg
シウマイ4.jpg
シウマイ5.jpg
ポテ1.jpg
貴田乃瀬風ポテサラ、温かいポテサラに冷えたベーコンが挟まっていて、しばらく置いとくとベーコンが温ポテサラの温もりでやわらかくなるという。
ポテ2.jpg
気になるものが。
「揚げネギのチップ?」
「さぁ、ガーリックじゃないの?」
ポテ3.jpg
この後はお任せにしたのですが、お任せになった途端に料理の出が早くなった。他のお客さんのオーダーに便乗できるからね。
親方が厨房奥から何かの塊を持ってきたぞ。
店内3厨房から親方登場-1.jpg
エルカルゴバター1.jpg
つぶ貝とアワビの肝エスカルゴバターという凄いものが出された。
エルカルゴバター2.jpg
エルカルゴバター3.jpg
前にも食べてその悪魔的な美味さに唸ってますが。何しろガーリックがふんだんに入っていて。居酒屋で出されるサザエガーリック、エスカルゴの比じゃないです。翌朝が快腸でしたよ。快腸過ぎたぐらい。
エルカルゴバター4.jpg
エルカルゴバター5.jpg
エルカルゴバター6.jpg
これは料理名不明、自家製のさつま揚げ、牡蠣の天ぷら、浜名湖の牡蠣だということにしておきましょう。
料理名不明1.jpg
料理名不明3.jpg
牛タンゴルゴン1.jpg
次もこの店の名物、牛タンやわらかにゴルゴンゾーラソース、牛タンを煮て、冷やして、ゴルゴンゾーラソースをかけたもの、牛タンゴルゴン2.jpg
これも仕込みに時間がかかるらしい。煮た牛タンを冷やすのに時間がかかるんだと。
牛タンゴルゴン3.jpg
牛タンゴルゴン4.jpg
浜松まで来て永年勤続20年の節目のお祝い会なのに、どうしても会話は業務の会話になるな。
都内で仕事をUpして17時半か18時からの普段の飲みの会話と変わらん。安くはない銘柄の日本酒とハイレベルの料理が出されてるのにね。
ジャン妻はあと1年半、限られた期間で何を開発してどう引き継ぐか。その先、延長するかどうか。何かテーマがあれば考えると。
ジャン妻は仕事の節目節目になると「辞めたい」が湧きあがってくるんだよな。過去ずーっとそうだったもの。それを私が抑えての繰り返しで今日に至っている。
次にアブなくなるのは20周年のタイミングだろうなと思ったら案の定ですよ。辞めるのを引っ張った伊東甲子太郎は関連会社の代表に移った。稀にカオは出していますがジャン妻のことなんか歯牙にもかけようとしないね。今の上長はアホじゃないんだけど女性社員を喜ばせるコツを全く心得ない無粋者で、無造作に書類を渡すように「ハイ、これ」目録を渡されて終わり。
「アナタは辞めたいと思ったことないの?」(ジャン妻)
なくはないよ。でもそれが何だったかはもう忘れたなぁ。結局私の仕事って内容的には自分の為にではなく各支店の為、そこにいる従業員の為に働いているので、小さいながらもその度に喜びも少なくないのです。
私はあと2年、その先も1年は残ると決めています。今のまま週5日40時間、何割かダウンするであろう待遇にも何も言わないつもりです。最初の年だけはね。2年めから何か条件つきつけるかも。

店内5.jpg
店内6.jpg
ついに親方自ら座敷にドリンクを持って行くという。
店内4ついに親方自ら持ってた-1.jpg
デカい皿がたくさん積んである。右端と冷蔵庫上に載ってるのは干支を表した酒瓶です。
店内7.jpg
何故、この子がいる?
何故この子がいる?.jpg
ラストはホタルイカのみどりの天ぷら、
みどり1.jpg
みどり2.jpg
みどり4.jpg
日本酒の銘柄を一気に並べます。基本は料理に合わせた親方のお任せです。銘柄を見て興味のある方は検索してみてください。
酒1.jpg
酒2-1.jpg
酒3.jpg
酒4.jpg
酒5-1-1.jpg
ちょっと気になる光景を見てしまったよ。
後から来たお2人さん、男性の方はドクターと見たが、ドクターがお連れの女性に何かを詳しく説明してたんですが、しまいに料理を置く藤の花を描いた下敷きに会話に関するネタをボールペンで何やら書き込んでたんだよね。
そりゃ各人に配られてるけからその席の物かもしれないけどさ。
そういうのに書くか普通。無粋なことではある。
「食べましょうよ」
「食べるより会話したいんだけど」
だったら他へ行かれたら如何ですかと思った。BARでも行けばいいじゃんか。
私はドクターをあまり悪く言えない業種ではあるがついでに吐き出しちゃいます。かなり以前に地元の常連ドクターがこの店で私の隣に座って、私がオーダーしたフォアグラの焼き鳥風というこの店の超高カロリーの優れものを「自分はこの店の常連でしょっちゅう来てるから、そんなの食べませんよ」クサしたんです。上から目線で失礼だなぁコイツって思った。
もっとも私もあまり人のこと言えない。本社で配られた会議用の仕出弁当をチラ見して「よくそんなマズそうな弁当が食えるな」って毒ガスを吐いて、U紀(もと草の者4号)に「そんなこと言わないのっ」ってたしなめられたけどね。でも店の下敷きに私的なことを書いたりしませんよ。
親方トーク1-1.jpg
バイトさんがいないし、親方とママの2人で天手古舞、こっちのオーダーするタイミングとズレが生じてややイラつくシーンもあったが、盛況なのはいいことだ。ただ、キャパ数の限度があって、ALL満席にはしないみたい。ひとり客もNGなんだそうです。
実は親方は饒舌で。
「昨日(金曜)は空いてたんですけどねぇ」
「コロナ禍で昨年は3か月閉めてたんですよ」
「今はアルバイト君もいないので、一度にお客さんがドッと来られたらたいへん。でも有難いことです」
「今でもネコ飼ってます。初めての雄です。去勢してどうこう。ネコもそうですが自分も女将さんに尻尾を握られてるようなもので」
料理人はネコ好きなのが多いね。ここ貴田乃瀬だけでなく、静岡市内の紀尾井さんや、高崎の〇郎さん、安中の104さんもネコ好きだからね。
「この春の花粉症は。。。」
遠州浜松の花粉って凄いんですか。毎年のようにキツイみたいです。
親方トーク2-1.jpg
いつかは今の店から鞍替えしておでん屋さんを開く夢も消えてないみたい。どんな凄い創作おでんが出されるんだ?おでんにゴルゴンゾーラソースでも塗すのだろうか。
店6.jpg
店4.jpg
店9.jpg
割烹ではない。居酒屋の特上クラスかな。
もちろん値も張ります。私らの居酒屋では最高値ですかね。そう滅多に行けないけど。
太田和彦氏がいう料理の鉄人は健在でした。
コメント(4) 

長い1日 遠州日帰り [グルメ&人間ドラマ]

プチと朝飯.jpg
新横浜から乗車した東海道新幹線こだま7:45発、ガラ空きの自由席で軽食を広げたところ。
座席テーブルにドライヴの御守であるプチ公がチョンと起立しているのは、今日は藤枝駅前からレンタカーでラウンドするからです。
「御守にプチを持っていきなさい」(ジャン妻)
「えぇ~」
「連れてけ」(プチ)
鼻息が荒いプチ公である。
軽食なので8:02に小田原駅に着くまで食べてしまった。
こだまは律儀に各駅に停車していく。熱海では「すぐに発車になります」と乗降客を急かし、小田原、三島、新富士で後続をやり過ごしている。
8:47に静岡駅に着いた。上長のディクソンは固いヤツで、1都3県外への移動時間を勤務時間とみなしてくれない人なのです。新横浜や小田原とはいわないがせめて熱海辺りで9:00スタートにして欲しいよなぁ。ただひとこと「いいですよ」と言ってくれりゃいいのに。それだけ度量、器量の狭い人なんですよ。
でも前泊はOKしてくれるから不思議な人でもある。でも前泊しても静岡市内の廃屋酒場や、焼津のどんた久は19時でラストオーダーだろうしな。あまり前泊するメリットないし。公私を混同しながら考察して、日帰りにしました。
静岡駅1.jpg
静岡駅2.jpg
静岡で3両編成の東海道本線・島田行に乗り換えて藤枝に着いたのが9:15、駅南にあるレンタカー営業所へ。
レンタカー.jpg
この営業所も数回、お世話になっているが、前に手配してくれた男性スタッフの名札を見たら「保母」となっていたんですよ。
「珍しいお名前ですな」
「ええ、よく言われます」
保父にすればいいのに。
「前にいた保母さんは辞めたの?」
「ハイ、1年前に退職しました」
ホントに保母さん関係に転職してたりして。1年・・・、そうか。1年経ったのか。
最後に静岡をラウンドしたのは昨年の1月、新年会の時以来だな。Upしたのは3月後半だった。
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2020-03-25
コロナ禍のせいでそれ以来、会ってないけど、今日の午後に1年振りに会うことになっています。
さぁ出発1.jpg

数店舗ある静岡エリアの支店の更新手続きでラウンドしました。
静岡エリアは別会社だったのを弊社がM&Aで買収したのです。その日付は全店一律で6年前の4月1日付だった。
ウチの業界は6年毎に営業許可を更新するので、4月1日付だから3月中に終えなくてはならないのです。
静岡県って広い。東は伊豆半島や御殿場、西は遠州浜松、到底私ひとりでは担えず、現地のエリア長が西部、草の者13号が東部、静岡市内は現地の支店長、私は安倍川から西、焼津、藤枝、金谷、牧之原辺りを廻りました。幸い不備無く、こっちも手慣れているのでぬかりなく済んだ。
移動中に見つけた城塞跡の解説板、
湯日城1.jpg
走行中に発見して急ブレーキ!
いやいやアブない。急ブレーキ踏むことなく一旦通りすぎてUターンしましたが。
湯日城2.jpg
何処がそれなのかワカラン。
この解説板がある位置じゃないらしいな。九十九折で上がって行く山は自然地形なのか造成地なのかわからず、冬場も終わりかけているとはいえ枯木と枯葉と枯ススキの雑木林だけだった。
止ぁめた。先へ急いだ。
湯日城3-1.jpg

店1.jpg
店2.jpg
店3.jpg
店4ボード.jpg
金谷辺りでランチ、前にも何回か来たことがある。
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2017-02-28
この過去記事だと3回来てますね。今回で4回め。
相も変わらず薄暗い店内、カウンター奥の席に座った。前に映しだされるくだらないワイドショーが鬱陶しいが、料理的には過去に外したことない店なのです。
店内1.jpg
店内2.jpg
店内3.jpg
焼肉定食を運んできた若ママの目が美しい。マスクしてたけど外しても美人だろうと思わせる目鼻立ち。美人が運んでくる食事は美味しいのだ。
メニュー載せます。
メ1.jpg
メ2.jpg
メ3.jpg
メ4.jpg
メ5.jpg
メ6.jpg
メ7.jpg
生姜焼1.jpg
生姜焼2.jpg
生姜焼3.jpg
生姜焼4.jpg
生姜焼5.jpg
生姜焼6.jpg
焼肉が美味しい。肉質、タレの味もいい。
味噌汁は熱々、お新香もいい塩加減、サラダやヒジキも美味しい。ご飯はお替りしなくてもすむかなってギリセーフのボリュームです。
味噌汁.jpg
お新香美味いい.jpg
ご飯多い.jpg
サラダ.jpg
ヒジキ.jpg
さて、ここを出て次のアポが13時、それまで若干の間がある。あれを見に行こうかどうしようか、行くの止めとこうか迷ったのですが。
新金谷駅10.jpg
大井川鐵道の新金谷駅にやってきた。起点である金谷駅よりこっちの方が起点のように見える。
JRと接続する金谷駅から新金谷駅までは単にJRと結ぶ為だけの区間だといっていい。車両基地はここ新金谷駅で、かつて昭和の頃に脚光を浴びた旧型車両や機関車が憩っていた。
新金谷駅1現役1.jpg
新金谷駅2現役2.jpg
新金谷駅3現役3.jpg
新金谷駅4現役4.jpg
新金谷駅5現役5.jpg
新金谷駅6現役6.jpg
新金谷駅7現役7.jpg
転車台がある。本線を走るSLが回転する場所で現役です。
新金谷駅8転車台1.jpg
新金谷駅9転車台2.jpg
電車も機関車も在籍している車両は他社から譲渡されたものばかり。
様々な鉄道会社から車両を譲受しています。他社から搬入する場所に向かって側線、専用線が伸びている。その途中に立派な踏切があった。
踏切1.jpg
踏切2.jpg
踏切3.jpg
新金谷駅方向を望む。夏場は草ぼうぼうになるらしいが、普通に鉄路が続いています。
もとは大井川から砂利を採取する専用線だったそうな。そういう意味では砂利採取が禁止された時点で廃線だが、現在でも地図には線路が細く目だたないように描かれているのは、実はこの鉄路は現役で、この鉄路上を人知れず走行する車体があるのです。
踏切5.jpg
踏切6.jpg
反対側である大井川方面を望む。この先にあるものは?
他社から譲り受けた中古車両が新金谷駅方面に牽引されるのなら、車両人生最後の晴れがましい本線へ向かう鉄路なのですが、その逆、車両が本線からこの先へ牽引されたら、その車両には残酷な運命が待っているのだ。
綺麗な踏切だが、滅多に遮断機が降りる事はないのではないかな。でも走行するくるまは一時停止していましたね。
ここまで来たのだから、この鉄路の先、大井川方面にある前にUpした場所へ行こうか。
その場所こそ、他社から中古車両が搬入され、かつ、その車両が生涯を終えて廃車、解体される場所です。
途中の鉄路1.jpg
途中の鉄路2.jpg
そこにやってきた。3年ぶりです。他社から譲渡された中古車両はここから搬入され、本線を走って最後の花を咲かすが、それが御用済みになるとこの地に牽引されて廃車、解体されて生涯を終える。
解体後、使える部品は再利用されるが、そうならない部品は雨風に晒されて赤く錆び、いずれ鉄屑と化すのです。
大井川に面した広場、赤錆びて使えない部品置き場になっているが、3年前より少なくなっていた。
廃部品置き場4前よりスッキリしている.jpg
廃部品置き場1.jpg
廃部品置き場2.jpg
3年前、この地には1台のSLが停まっていた。運命をすすり泣いた彼女は今も現役で走っているのだろうか。
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2019-03-28-2

もういない1.jpg
もういない2.jpg
もういない3.jpg
終端部にある廃車置き場へ。
廃車体1.jpg
廃車体2鉄2.jpg
廃車体3近鉄3.jpg
もういない11.jpg
これらもいずれ廃車になり、使える部品だけ修理用に保管される。
3年前はこの辺りに錆びに錆びた赤銅色で、機種もわからないSLが長い年月放置されていた。慟哭していた彼も願い叶って解体されたかな。
この場所から搬入された車両が、さきほどの踏切を通って新金谷駅に向かえば最後の花道だが、この場所に戻って来たら、その時がいずれ来るのです。

ここから写真が無くなります。

この日午後にとある支店の手続きを終えて、支店長に会って行政の立入検査時の対応を打ち合わせしてから、退職した前任者(女性、M子さん、仮名)に電話した。M子さんは大病をされ長く病気休職が続き、復職が叶わず前年度に退職された。
着信を残しておいたら折り返しかかってきて、
「〇〇さん?驚きました着信があって。お久しぶりですねぇ」
私は季節柄や定型文の挨拶が苦手なのです。よくそんなんで会社人生続けられたよな。
「〇〇店、営業許可更新したよ」
「ああ、もうそんな時期ですか。最初に〇〇さん(私のこと)とお会いしてから、6年経ったんですねぇ」
「今、何されてます?まだ家で療養中?」
「私、どうしてると思います?実は・・・」
「!!!」

このM子さんて方はちょっと天然を通り越して宇宙人ぽいとこがあって、支店長格とはいえ静岡エリアの中では浮いていた。
一方的にペチャクチャ喋るのだが、彼女の言ってることがすぐには理解できない。彼女の質問の仕方が下手で、何を知りたいのか、どういう答えを得たいのか、言わんとしているところの点と点を繋いで、「これこれこういうことですか?」聞いてるこちら側がストーリーを組み立ててあげないと会話が成立しないのである。
そんなM子さんを引き上げたのは伊東甲子太郎、私等の上会社に転籍して、燻っていたジャン妻を引き抜いた人物ですが、M子さんは当時は伊東が頼りだった。
でも伊東が上の会社に移籍してしまい、後任者2名(取締役ナンバー2、ナンバー3)は伊東ほどM子さんに親身に対応しなくなった。M子さんの言ってることが訳わかんなくてうるさくなったのと、他の事業で多忙になり、M子さんを構ってられなくなった。静岡県は東西に長く広いし、距離的にも気持ち的にも遠かったんだと思う。私の方が静岡エリアにカオを出していましたね。

会社と彼女、M子さんを繋ぐ糸が切れかかり、M子さんは辞意を表明した。それを私は第三者から聞いた。
だが、上層部の連中は自ら慰留工作に出向かなかった。あろうことか私に託したんですよ。彼らとは関係ない業務で各エリアを廻っていたから。
行くのがめんどくさかったんだろうね。私は当時の取締役ナンバー2に呼ばれた。このナンバー2は昨年の政変で末席に席次を下げられています。
「行かれるなら会ってくれませんか?」
「会ってどうします?」
「できれば」
引き止めて欲しいと。自ら出向くほどのことはないと思ったんだろうね。
2017年12月末でした。出向いて説得したんですよ。確か前の晩は焼津のどんた久で飲んだんだったな。伊東がジャン妻を引き抜こうとした頃だった。
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2018-01-15

この記事の翌日、私はM子さんに会っています。翻意させる自信はありました。普段からオカシなことばっかり言ってるので、こっちでストーリーテラーすればいいと思った。
M子さんに辞めたい理由を聞いたら、
「いつも話を聞いてくれた伊東さんいなくなったし」
「伊東氏は上の会社に移りましたからね」
「〇〇さん(取締役ナンバー2)は話を聞いてくれないし」
「彼は誰に対してもそうですよ」
「〇〇さん(取締役ナンバー3)はアタシが何か言うと『それはいいから置いといて、会社の話をするから』って言われるし」
「ああ、なるほど。やるべきことをやってくれさえすればいいってか。私はその2人ほど冷たくなかったつもりだが」
「でも〇〇さん(私のこと)だって、アタシのことを、『いいトシしたオンナが電話口で泣くんじゃないって言ったじゃないですかぁ」

???
いいトシしたオンナが泣くなって?そんなこと言ったか?
ってことは、私の冷たい?態度も辞めたい要因のひとつなのか。
確かに何か言った記憶はあるよ。でもいいトシしたオンナとは言ったかなぁ

まずこの場を収めなくてはならないな。
「ああ、あれか。あれの意味はね、ベテランの支店長たるもの支店から電話かけてきて、部下の前で泣くなよって意味で言ったんだが」
これって嘘です。いや、嘘でもないけど、いいトシしたオンナが泣くなを取り繕っただけです。
「いいトシどうこうなんてそんな風に言ったつもりはないが、でも私はその後、話を聞いただろ?」
「ええ、聞いてくださいました」
「今日だって話を聞きに来てるじゃないか」
「ハイ、でもこれからは会社でアタシの話を聞いてくれる人がいなくいんだなって思ったので、他社で責任ある立場でない普通の職員でやり直そうって考えたんです」

何だ、そんなことか。
こりゃ楽勝だな。

「で、もう次、決まったの?」
「決まってはないですが。友達から『いつでも来て下さい』と言われています。そんなに大きいところじゃないので」
「そこに移ったら今みたいに責任ある立場でなくなるって?」
「ハイ」
「そりゃ難しいな。最初だけだよ」
「そうでしょうか」
「だって履歴書にこれまでのキャリアが載るじゃない。ウチの会社で管理者まで行ったんだから、その旨も書くでしょう。先方にも伝わるでしょう」
「ハイ」
「その管理者云々を記載したうえで面接して好待遇、条件を得るんだからね。他所へ行っても最初は平社員かもしれないが、M子さんのキャリア、年齢からして(いいトシとは言ってない)いずれ上がるよ今と同じようなポジションに。で、また責任ある立場になるでしょうな」
「・・・」
「何も責任ない立場なんてのは最初だけだね。次に移ってもそこで誰か上の人が辞めたら、M子さんが上に引き上げられるだけさ。」
「・・・」

しばし間が空いて、

「家の人は何て言ってます?」
「それが・・・。母は、その年齢で遠くへ転職しなくても、家から近くて子供に何かあったらすぐに対応できる今の職場がいいんじゃないかとは言ってます」
「ああそう。私もそう思うよ。」

こりゃ落ちるな。。。

「M子さん、他へ転職しても、そこから家に帰るルートはウチの支店の前の道だろ。(道を指して)その道を通って家に帰るんだよね」
「ええ、そうです」
M子さんは、今回更新したウチの支店に近い場所にお住まいで、その支店の前を通らないと自宅へ帰れないルートになっている。田んぼや畑といった農地がまだまだ残っていて農道を拡張したような道で、家がある辺りは袋小路になってましたね。一本道といっていい。
M子さん自身も田んぼか畑を持ってるらしく、前にM子さんが休みの日に支店にカオを出したら、その時は副店長だった現在の支店長がM子さんに電話して、
「〇〇さん(私のこと)お見えになってますよ」
呼び出したんです。別に休みの日に呼び出さなくてもいいのだが、近くにいたので私にひとことこと挨拶せんと現れたM子さんは真っ黒に日焼けして、麦わら帽子を被って野良作業着、軍手をして長靴を履いて現れたですよ。医療人に見えなかった。農婦かと思った。
「田植えを手伝っていました」
「ああ、よ、よくお似合いだね」
いきなり脱ぎだしたのに絶句した。カオは真っ黒だけど肩から二の腕は真っ白で、急いで紅だけつけてきたみたい。首から上と下が別人種のように見えたよ。
大井川を渡る-1.jpg
ええっと、話を戻します。
「ってことはですよ。M子さんは転職しても、毎朝毎夕今いるこの場所(支店)の前を通って通勤することになるよね。」
「そこしか道がないんで」
「次の職場で何かイヤなことや辛いことがあったとしますよ。ウチの支店の前を通って、かつて自分がいた職場が目に入って、ああ、やっぱりここにいればよかった、辞めなきゃよかったぁって思うだろうね」
「・・・」
「辞めてみなきゃわかんないってか?」
「いや、そう、です、よねぇ」
転職予定先で上手くやっていけるか不安になったようだ。いや、させたのは私だ。
「仰るとおりかもです。」
これで陥落したんです。翻意した。退職を思いとどまった。でも条件みたいなのがあって、M子さんの辞意理由は、伊東がいなくなって会社、本社側に窓口が無くなったからでもある。
「今後、何かあったら〇〇さん(私のこと)に言ってもいいでしょうか」
「ええ、いいですよ」
即答しました。私に直接言うってことは現地のエリア長のアタマ越しになるので、上手く受けないと謁見行為になってしまうのだが、この場面では受けるしかない。何でもいいけど最初は私が受けて「それは誰々に相談した方がいいですよ」みたいに内容によっては振ればいいんだ。
辞意を思いとどまった。退職願を出してなかったのが幸いした。

帰社してBOSSから「どうでしたか?」と聞かれ「大丈夫です。辞めるのを止めました。おバカさんなので赤子の手をひねるように簡単でしたよ」得意になって報告したのを覚えている。

だが、M子さんが言うところの、「何かあったら言ってもいいでしょうか?」の電話は私宛に架かって来ることはなかった。
年が明けて2018年、せっかく退職を思い止まってのに、M子さんは病気になってしまったのです。
入院された。長くかかりそうだ。有給休暇、保存休暇を使い切ったタイミングで、エリア長とソリ合わないオンナが間に入って病欠扱いになり、傷病手当金給付に切り替えたのです。このタイミングで私はM子さんとのラインから外れた。連絡も来ないし、こちらから電話することもなく歳月が過ぎた。
大手術になったとだけ聞いた。

だが、傷病手当金が支給される期間は至急開始日から最長で1年6ヵ月、それを超えたら、本人が就業できない場合でも傷病手当金は支給されなくなる。
その残酷な期日が迫ってきた。

「引き留めなきゃよかったよ」
「何で?」(ジャン妻)
「あのとき俺が引き留めたから、彼女が病気にかかった現実を知ることになってしまった。あのまま辞めさせてりゃ他所の会社が対処しただろうにさ」
私はM子さんを襲った運命の残酷さに負けて気持ちが逃げてしまっていた。
「それは違うと思うよ」(ジャン妻)
「・・・」
「アナタが彼女を引き留めたおかげで、ウチの会社で傷病手当を貰えたんじゃない」
「・・・」
「本人は感謝してると思うよ」
「・・・」
ジャン妻もM子さんと面識があって、品川駅のCafeでお茶したことがあるという。
「何だかカバンにギュウギュウに詰めてたよ。それ全部今日の会議で必要なのですか?って聞いたら殆ど使わない書類だって。」
不要な書類をカバンがパンパンになるほど持ち歩いてるってことは、あまり仕事のできない人なのかねぇって。

コロナ禍で私も静岡エリアに行かなくなり(それでいて群馬には行ってるのだが。)2020年の秋、M子さんは退職された。
私の目の前にいるソリ合わないオンナが対応して、電話を切って、
「M子さん、退職することになりました」
「そうか。今はその電話?」
「ハイ」
そしたらすぐ私の携帯が鳴ったのである。
「あ、架かってきやがった。別室に移るワ」
「すぐ出てください。でも優しくですよ優しく」(ソリ)
わかってるよ。っせぇなこのオンナはいつもいつも。

M子さんは泣いていた。
「泣いてんのか?」
「ハイ、いえ、泣いてますかねぇ」
別室だから言わせるだけ言わせた。
「あの時、〇〇さん(私のこと)に来て下さって引き留めていただいて、頑張ろうってなったのに病を得てしまって、職場に戻れなくて申し訳ありませんでした」
その後も何かグダグダ言うとったが、遮らずに言わせた。
私も何か言わなきゃならない。
「あのとき、引き留めてよかったと思ってますよ」
他、何を言ったかな。相手の感情に合わせて何か言ったんだと思う。
「会社携帯を返さなくてはならないので、〇〇さんの携帯番号を教えていただいて、アタシの個人携帯に登録してよろしいでしょうか?」
「いいですよ、っていうか、今、個人携帯で私に架ければいいジャン」
その着信履歴が残ってたので、今回のラウンドで架けたら折り返し架かってきたのです。

「私、どうしてると思います?実は働いてるんですよ」
「えっ!社会復帰したの?」
「まだフルタイムじゃないんですけど。少しずつ社会復帰していかないといけないので、周囲と相談して〇〇市の〇〇〇で働いています。そこから架けてます」
「働いてるんだ!」
「でも、でも、まだ、本調子じゃないんで」
「よかったじゃないですか。徐々に慣らしていけばいい」
「ハイ、あの時、長くお休みしてご迷惑おかけしましたけど、お陰で・・・」

「よかったじゃない」(ジャン妻)

富士市内.jpg
そしてこの日最後のラウンドは富士市内の支店へ。そこには静岡エリアでいちばん親しいけど突っ込みの多いA子、B子(草の者13号)私が5年前に面接したC子たちがいる。1年振りです。
「あの時の天ぷら割烹以来ですな」
「そうですねぇ。あれからまさかこんなことになるとはねぇ」(A子)
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2020-03-25
「あの頃は誰もマスクなんてしてなかったからね」

聞きたがりのA子は、コロナ禍のせいで前より東京本社との温度差が広がったのもあって、いろいろ突っ込んでくる。
A子は何故か私の傍らに立ったままで聞いてくる。
「本社はどうですか?」
「本社は在宅勤務なんですか?」
「今年の新人は何人採用になるんですか?」
「静岡エリアに配属されるのは?」
うるさがらずに全て応えなくてはならない。
「東京神奈川の主任さん(草の者たち)とも全然会ってないんで」(B子、草の者13号)
「会議とかも来てないんでしょ」
「今はもっぱWEB会議ですね。皆さん元気ですかぁ?」
「連中の何人かは私の書類を届けるだけではなく、作成させることも始めてるよ」
「えっ、書類作ってるんですか?」
「O実(1号)成宮(2号)K子(5号)MISAKO(14号)KANAE(18号)は作れるね。問題は図面の書き込みなんだよな。」
「ず、図面ですか?そういうのもやってるんですか」
「教える側もタイヘンだけど何とかね。MISAKO(14号)やKANAE(18号)は前職でそういうのもやってたらしいがね」
「ああ、アタシだけかぁそういうのできないの」
「最初は誰だってできないし、だいいちそういうの振ってないから。東京神奈川千葉埼玉は書類と添付する内容が細かいからね」
ここで寸法、面積、容積、ミリメートルとメートルの単位換算とかの話になったのだが、やっぱりそういうの苦手みたいだね。
もうひとり、数年前に私が面接、採用した天然C子がいて、お喋りなA子とB子がいると控えめな子(プライベートではイケイケドンドンらしい)なのだが、彼女が私に言ったのは、
「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い・・・」
「もう春だぜ」
「あ、そうですね。笑」
「何言ってんの?笑」(A子、B子)

去り際にA子は「また一緒に食事ができるようになればいいですね」そう言ってくれたが、公用での静岡旅は終わった気がした。この時はね。
次の6年後更新の時にはもう私は会社にいないだろうし。
帰京する.jpg
帰京して週明け、私はソリ合わないを小会議室に呼び出し、
「M子さん、社会復帰したって」
「えっ!」
「まだフルタイム勤務じゃないし。体調も様子見だそうだが。〇〇市の〇〇〇で時短勤務だってさ」
「電話したんですか?」
「〇〇店の更新でちょっと聞きたいことがあって」
これ、嘘です。単に気が向いて思い出して電話しただけです。
「でもヨカッタです。アタシも彼女に電話したかったんですが、彼女のプライベート携帯知らないし、電話しても入院中だったりしたら悪いし、〇〇市って彼女の家から近いんですか?くるまで通ってるんですよね?・・・」
だんだんうるさくなってきた。私はソリに話しかけたのを後悔した。早く解放してくれないかな。
6月に社内全域に大異動があるので、私はまた静岡エリアに出向くことになるのですが。。。
コメント(4) 

令和禁酒令かよ [居酒屋]

店1.jpg
今日のこの記事で居酒屋ネタのストックはなくなります(多分)マンボウ適用期間は19時ラストオーダー20時閉店が続き、この日は20日、3回目の緊急事態宣言発令の兆しが聞こえてきた頃合いだった。
いつものように「席空いてる?」電話はしなかった。
「どうせ空いてるわよ」(ジャン妻)
タカをくくって行ったらホントに空いていた。黙って店前に立ったら店主、ママ、若い衆、メンバー総勢4名からWelcome状態で迎えられた。
宣言前はこの店で締めようと思ったのだ。
メ.jpg
最初の膳1.jpg
最初の膳2.jpg
最初の膳3.jpg
またこんなヘンなおとおしを出す。
自家製鶏ハム、こないだも出たじゃないか。
気を取り直してママの手書き黒板メニューを見たら筆頭にガーリックポテサラ?いやぁそういうのはパスだな。
アジ1.jpg
アジ2.jpg
どっさり薬味のアジたたき、
いいアジですな。薬味は生姜、ネギ、茗荷、青い葉っぱは何だろ。
アジ3.jpg
アジ4.jpg
生姜、ちゃんとすりおろした生姜なのがいい。どっかの宿みたいにチューブで出すなよって。
アジ5.jpg
アジ6.jpg
唐揚げ1.jpg
唐揚げ2.jpg
私はこの店にしては珍しく鶏の唐揚げをオーダーしています。それは黒板メニューにはない。グランドメニューにあって「麦風鶏、麦を中心とした飼料で育てられた鶏臭さのないふっくらジューシーな銘柄鶏です」とあって、もも塩焼き、レバーとハツのタレ焼き、ふっくらつくねチーズ焼き、と続く。
でも鶏から揚げはそれらの上に「定番、鶏から」としか書かれていない。
上州麦豚は知ってるけど、麦鶏ってのは聞いたことないな。
グランドメニュー2.jpg
唐揚げ3.jpg
唐揚げ4.jpg
セリがないぞ1.jpg
メニューには、豚角煮とセリのみぞれ煮とあったが。。。
「何処にセリがあるの?」
「???」
「これ茄子じゃん」
オカシイな。首を捻ってたら店側も気づいた。
セリがないぞ2.jpg
「すみませんセリを入れ忘れました(汗)」
小皿、別皿で渡されたセリがこれです。
セリは後から?.jpg
ジャン妻は茄子が大好きなので、セリが茄子になったのを喜んだくらいだが。
「咄嗟に、あ、こいう料理には茄子が合う!って閃いたとか?」
突っ込んでフォローしようとしたがそうではなく、茄子は最初っから入っていたんだって。茄子と角煮のみぞれ煮ってネーミングでもいいのではないか。
そう思って次に気が付いたのが。
「何処にみぞれがあるのよ?」
ないな。
「みぞれったら?」
「大根おろしね」
さては忘れたな?ダブルで。
セリはきたが何処にみぞれが?.jpg
セリを摘まむ.jpg
セリと茄子1.jpg
セリと角煮.jpg
而今.jpg
サーモン5.jpg
何処のサーモンか知らないけど、すっ凄いアブラのノリで。私はバクバク食べたが、サーモン好きのジャン妻ですらバーナーで炙った1枚しか食べなかった。もうちょっとあっさりしてもいいかも。
(こないだ船山温泉で出された鱒の刺身は美味かったな。)
サーモン1.jpg
サーモン2.jpg
サーモン4.jpg
アサリと大根の味噌バター、酒蒸しの白味噌仕立て。さぁこういうスープだと飲み干したくなってウズウズするのですが、そうは問屋が卸さないのがジャン妻で。
アサリ大根1.jpg
アサリ大根2.jpg
締めに角煮と茗荷のチャーハン、居酒屋値段とはいえ1080円という凄いものをオーダーしてラストにしたのだが、チャーハンスープにアサリ大根味噌バタースープ残りを添えようとしたらジャン妻に取り上げられてしまった。
アサリ大根スープを取り上げられたところ.jpg
チャ1.jpg
チャ2.jpg
この店は例年GW前後にドーンとお休みを取る。
コロナ禍の前からそう。この界隈はビジネス街なので人が出なくなるからである。
そして3回めの緊急事態宣言が迫っている。その状況下で毎年恒例の質問、
「今年は4月末からGW明けまでどうされるんです?」
「う~ん、〇〇さん(店主であり旦那さんでもある)も悩んでるのよねぇ。ランチはそこそこお客さん来てくれるけど、昼だけ開けてもねぇ。」
マンボウだけでも夜は殆ど来なくなるんじゃないかなぁって言ってたところへ、緊急事態宣言になって酒類を終日提供しないのなら閉めた方がいいよな。酒を出さない居酒屋なんて居酒屋ではなくなるからね。。
「宣言期間中は休んじゃったら?」
「う~ん、そうなるかしらねぇ」
宣言下でない3県はマンボウのまま緊急事態宣言は要請しない方向だが、都が緊急事態宣言下で厳しい制限を行うことで、都で飲めないなら隣の県へと人が流れることになりかねない。神奈川県民で都に通勤してる私だって、マンボウ適用外の藤沢市なら飲めるかなとか不謹慎なことを考えたからね。神奈川県も都と同クラスの制限をかけるだろうな。(実際そうなった。)
チャ3.jpg
チャ4.jpg
チャ5.jpg
チャ6.jpg
店内2-1.jpg店内3.jpg
「こないだ北鎌倉へ行って、〇〇〇ちゃん(若女将の名前)がお酒ススメられて『アタシまだ未成年なんですぅ』って交わした話聞いた?」(ママ)
「聞いたわよ」(ジャン妻)
「アタシもそれやろうかと思って」(ママ)
「それ図々しくない?」(ジャン妻)
「ちょ、ちょっとっ!アタシだってまだまだ」(ママ)
私はボソッと口を挟んだ。
「厚かましい」(ボソッ)
「!!!」
振り返る.jpg
見上げる.jpg
何してるんだ?-1.jpg
3月21日に緊急事態宣言が解除され、酒類の提供が20時から21時まで延長されたと思ったら、4月12日にマンボウが適用されて、また20時に戻って、今度は3週間近くも酒類の提供が終日全面禁止になってる。
都の狙いは昼飲みや路上飲みの撲滅だと思うが、暑い時期に入ってるから路上飲みや公園飲みが無くなるとは思えない。私はそういうのはしないけどね。
時短要請を受け入れてきた真面目な飲食店は馬鹿馬鹿しい限りである。酒類を全く提供できなくなったらもう居酒屋じゃない。店の存在意義にも関わってくる問題だ。
仕入業者へもダメージ必至である。そっちは補償もない。
居酒屋や飲食店で酒類を終日禁止にするのは乱暴だと思う。ルールを守る店と人、守っていない店と人を同じ秤にかけて、酒&酒好き=悪者扱いになってしまった感がある。
酒類提供終日禁止までやるなら、いっそのこと宣言期間中の19時以降はスーパーもコンビニも駅の売店も酒類を売るのを禁止すればいいんでないかと思ったが。それだと店ん中でトラブるしなぁ。
休業2-1.jpg
休業3.jpg
宣言下で私の馴染の居酒屋は眠りについた。目覚めるのはいつの日だろう。外飲み、店飲みの再開はいつになるかな。
これで都内の居酒屋ネタ、ストックはなくなりました。私って結構な回数で店で飲んでたんだなと思いました。読む側から見たら毎日毎夜飲んでるように見えるでしょうけど、そんなことはありませんよ。
コメント(4) 

大船懐メロ酒場? [居酒屋]

路地1.jpg
路地2.jpg
路地3.jpg
路地4.jpg
4月8日の大船です。大船西口飲み屋街の路地、歩く人は少ないけど路地に面した店の中からは人の息遣いが感じられた。感染防止対策の一環で、店の扉が開いているからだと思う。
店1.jpg
「あれ?ひとりっスか?」(若1号)
「向こう(ジャン妻)は15分か20分後には」
ジャン妻が東京本社を出るのが遅れた。誰かに捕まったらしい。先ずは私ひとりでカウンター席へ。
左右に透明のアクリル板がある。何だか圧迫感があるが仕方がない。
店内4.jpg
店内1大皿が少なくなった.jpg
店内2.jpg
少ねぇなぁ大皿が。
コロナ禍で絞ってるのかな。
店内3.jpg
店を守る1-1.jpg店を守る2-1.jpg
シシャモ1.jpg
シシャモ2.jpg
ではジャン妻が来ないウチにジャガバターベタベタ、じゃなくって肉類を食べてやろうかな。
「牛串はある?」
「いちぼがあります」
臀部の骨周りの部位です。サーロインに繋がるランプの隣、上大岡でも喰ったな。そこでススメてくれた彼は3月に辞めてしまったが。
ステーキ1.jpg
こうしてみると殆どステーキ肉みたいだ。
ステーキ2.jpg
焼いたり仕込んだ大皿料理を温めて出すこの店で珍しく刺身があった。
シマアジ、鯉かと思った。
ステーキ3刺身1.jpg
刺身2.jpg
刺身3.jpg
刺身4.jpg
20分ほどひとりで飲んでた。
「いいねぇひとりで飲むのも」
「そんなこと言って怒られません?」
「内緒だよ。あ、今、駅に着いたって」
ジャン妻が来てすぐ食べられるようにポテサラをオーダー、
ポテ1.jpg
ポテ2.jpg
乾杯しなおし、
「出る前に捕まっちゃってさぁ」(ジャン妻)
「つかまんなよ。私との待ち合わせ時間を優先しろって」
人を待たせてるので帰りますって何故言わないのかな。財布の中身は自分のものだが時間は自分だけのものじゃないが信条の私は、ジャン妻の遅延に苛立つ時が多々あるのだ。
ポテ3賄中-1.jpg
細身な若2号が私の目の前でフライパンに油を入れて熱し始めた。串からレバを抜いて炒めてるぞ。
「それは何を作ってるん?」
「いやぁ、単なる炒めものですよぉ」
炒めもの?そんなん見りゃわかる。あっ!蒸し麺を投入してる!4袋も!
「焼きそばか?」
「そうです賄です。少しいきます?」
「お裾分けしてくれ」
少しどころか1人前を分捕っちゃったんですよ。薄味の焼きそばだった。
焼きそば1.jpg
焼きそば2.jpg
焼きそば4.jpg
焼きそば5.jpg
「大丈夫?賄なくなっちゃったりしない?」
「大丈夫です4玉入れたんで」(若2号)
私に1人前食べられたって心の中で泣いてないか?私の目の前でメニューに載ってない料理をするからだよ。ましてや炒め物なんて。ソソルに決まってら。
だけど凄い組み合わせになったね。カレー、焼きそば、刺身ですよ。こんがらがりそうだ。
焼きそば7刺身6カレー2凄い組み合わせだな.jpg
カレー3.jpg
ウルトラQのオープニングのようなカレーですな。
カレー4.jpg
カレー5.jpg
カレー6.jpg
カレー7.jpg
カレー8.jpg
カレー&賄焼きそばで焼酎吾妻鏡を飲む。ボトルキープしてたのをすっかり忘れていたという。
吾妻鏡.jpg
他、デカい牡蠣串、米茄子チーズ、タケノコ、締めのチーオムと続きます。ジャン妻の仕事のグチは難しいので割愛、料理写真の合間に、店が空いてたのを幸い、耳に残った店内懐メロBGMを取り上げます。
牡蠣1.jpg
牡蠣2.jpg

愛 あなたと二人
花 あなたと二人
恋 あなたと二人
夢 あなたと二人
二人のため世界はあるの

「世界は二人のために」 佐良直美 1967年

通り過ぎる 乾いた風に
口づけを 優し気に
ときめく街 触れ合う素肌
かげろうが あやしく包む
飛び交う 噂の中を
自由に 駆け抜けていく女
笑顔の似合う娘より ちょっと気取ったまなざし

「燃えろいい女」 世良公則&ツイスト 1979年

「コードだけなら弾けるよ」(私)
「演ったの?」(ジャン妻)

もしもあの日 あなたに逢わなければ
この私はどんな 女の子になっていたでしょう
足に豆をこさえて 街から街
行くあてもないのに 泪で歩いていたでしょう
悪い遊び憶えていけない子と 人に呼ばれて泣いたでしょう
今も想いだすたび 胸が痛む
もうあなたのそばを離れないわ

「芽生え」 麻丘めぐみ 1972年

「青臭ぇ歌詞だなぁ」
「・・・」

茄子チーズ1.jpg
茄子チーズ3.jpg

濡れた街灯り 傘も投げ捨てて
駅まで追いかけてきた お前が揺れている
それは神様でも多分知らなかった 
ほんとの幸せなんて どこにでもあるのさ
Only Love 夢にいつも願う 心の瞳をひらいて
Only Love ずっとおまえだけを どんな時も見てる

「ONLY LOVE」 HOUND DOG 1988年

「HOUD DOGはあまりよくない解散の仕方をしたんだよな。大友康平さんと他メンバーが裁判で争っちゃって」
「ふぅ~ん」

Stay with me
硝子の少年時代の 破片胸へと突き刺さる
舗道の空き缶蹴とばし バスの窓の君に 背を向ける

「硝子の少年」 Kinki Kids 1997年

「このクラスの曲も懐メロになるんだねぇ」
「・・・」

笑って許して ちいさなことを
笑って許して こんな私を
抱きしめて 許すといってよ
今はあなたひとり あなたひとり
命ときめ 命ときめ 愛してるの
愛してるの 信じてほしい
笑って許して 恋の過ち
笑って許して お願いよ

「笑ってゆるして」 和田アキ子 1970年

「誰だっけこれ?」(ジャン妻)
「和田アキ子さんだよっ」
「ああ、忘れてた」
NHK紅白を干されてから忘れられた存在になりつつあるってか。

筍1.jpg
筍2.jpg

あの日電話がふいに鳴ったの
あの人と別れてと彼女から

「悲しみがとまらない」 杏里 1983年

「杏里さんも懐メロの仲間入りか」
「でもアタシこの曲って、絶対に男が悪いと思う」

ああ蝶になる ああ花になる
恋した夜は あなた次第なの
ああ今夜だけ ああ今夜だけ
もうどうにもとまらない

「どうにもとまらない」 山本リンダ 1972年

ブラインド一杯 開けた部屋には 真夏の光が渦巻いている
角氷ひとつの涼しさに似た あなたの言葉が優しく溶ける」
待たせたね 廻り道だと笑うだそうか
ここまで来たら サクセス サクセス
女は昨日の顔で待つ

「サクセス」 2002年 ダウンタウンブギウギバンド

「これ誰?」
「宇崎竜童さんだよっ」
家にオリジナル版と再結成時のリミックス版とありますよ。

チーオム1.jpg
チーオム2.jpg
チーオム3.jpg
チーオム4.jpg
チーオム5.jpg

砂まじりの茅ヶ崎 人も波も消えて
夏の日の思い出は ちょいと瞳の中に消えたほどに

「勝手にシンドバット」 サザンオールスターズ 1988年

Pick up your head
throw away your Bluse
どうせ一度の人生さ
The more you give
babe the less lose
運が悪けりゃ死ぬだけさ 死ぬだけさ

「男たちのメロディー」 SHOGUN 1979年

私がオバさんになっても 泳ぎにつれてくの?
派手な水着はとてもムリよ 若い子には負けるわ
私がオバさんになっても 本当に変わらない?
とても心配だわ あなたが 若い子が好きだから

「私がオバさんになっても」 森高千里 1992年

「もうとっくにオバさんになってるよな森高さんも」
そういう私も森高さんが歌う「私がオバさんになったらアナタはオジさんよ」を過ぎて老境に差し掛かりつつある。でも私は森高さんが歌うところの「若い子が好きだから」ではないぞ。

向こうに置いてあるラップされた焼きそばが気になる。
焼きそば8.jpg
店2.jpg
路地5.jpg
路地6.jpg
お会計、若1号が両の掌で、指を9本立てた。
「9万円!」
「いやいや(笑)9千円っス」
私は人差し指を1本立てて、「1万円にしろ」って言ったが、釣り1000円札を受け取った。
「勘定間違えてねぇか?あれだけ食べたのに」
「ボトルキープだからじゃない?」(ジャン妻)
その後、非常事態宣言下でこの店がどうなったかまだ確認していません。酒類がそんなに悪いのだろうか。私は飲み方だと思うね。でも飲み方まで規制できない。だからひとくくりにして提供禁止にしちゃえってか。令和の禁酒令前の居酒屋ネタいつもの店ですが、あと1譚取り上げます。
コメント(4) 

異動正式発表の夜 [居酒屋]

ジャン妻不在5日めの夜です。現在は緊急事態宣言が発令されていますが、この日はマンボウ、まん延防止重点措置が適用が決まった日の夜だった。そのせいでこの店の営業時間もまた1時間前倒しになり、19時ラストオーダー、20時閉店に戻った。(現在は休業しています。)
それをネタにすると店主はウンザリした表情になった。さぁ頑張ろうってなったのにまたモチベが低下するって。それの繰り返しだからな。
店1.jpg
店2またマンボウか.jpg
私は18時10分頃、他から直帰してこの店の前にひとり立った。じーっと立ってたら店主が出てきた。
「ひとりなんだけどいいかい?」
「どうぞおひとり様でも」
「ホントは2人いないと売上がひとり分減ったって考えたりしない?」
私のバカなジョークに反応は無かった。
「ご新規カウンター何番様でぇす!」
空いてたような。そこそこ入ってたようです。
店内1-1.jpg店内2.jpg
メ.jpg
最初の膳.jpg
おとおしは自家製鶏ハムにタケノコ、拭き味噌を和えたという実験料理、週末の在庫処理?
最初の膳2.jpg
最初の膳3.jpg
「あら?奥様は?」(ママ)
出張で不在である旨を話したら、
「じゃぁ今日は焼きそば食べれますね」
「それそれ!それいこう!」
よくぞススメてくれました。いつもはその日のおススメ黒板手書きメニューですが、一応はグランドメニューがありまして。出汁巻き玉子、鶏の唐揚げ、焼きそば、そういうのはそっちに描かれているのです。
グランドメニュー1.jpg
グランドメニュー2.jpg
グランドメニュー3.jpg
「もう作っちゃっていい?」
「お願いします。それとハーフで悪いけど蓮根ベーコンを」
メニューには茨城産レンコンとベーコンの海苔塩バターと長ったらしく書いてある。ちょうどハーフしか在庫が無かったらしく「助かりました」って言われた。それも在庫処理だな。そっちが先に出た。
蓮根ベーコン1.jpg
蓮根ベーコン2.jpg
レンコンやベーコンより、タマネギが主役に見えるな。
蓮根ベーコン3.jpg
蓮根ベーコン4.jpg
蓮根ベーコン5.jpg
焼きそばを青海苔無しでお願いしたが「レンコンベーコン海苔塩バターにも青海苔が付いてますがどうされます?」と聞かれた。あぁそうか。では焼きそば=青海苔無、レンコンベーコンは青海苔付きでお願いするという。
「青海苔が歯にくっつくからですか?」
それはですね。焼きそばってズルズルすすって食べるから、青海苔が歯や歯間に付着しやすいのだよ。細くて長いからね。レンコン、ベーコン、タマネギは固形物だから、そういう心配は無いってことです。わかります?
焼きそば1.jpg
焼きそば2.jpg
焼きそば3.jpg
焼きそば、ジャン妻同伴ではまず食べられない。理由は家でも作れるからである。
「マヨネーズ足りる?足りなかったら言ってね」(ママ)
焼きそば4マヨ.jpg
焼きそば5.jpg
焼きそば6.jpg
焼きそば7.jpg
いい焼きそばですな。ソースがドロッドロ、メニューにはドロ焼きそばって書いてある。ネットリ、コッテリして美味しいですよ。
焼きそば8.jpg
具はモヤシ、キャベツ、タマネギ、ニラ、細くカットしたニンジンが多いな。
焼きそば9.jpg
ビールは当然だが、日本酒にも焼酎にも合うと思います。
焼きそば10.jpg
滅多に食べられない焼きそばを腹中に収めて落ち着いた。
「奥様はいつお帰りで?」
「日曜の午後から出てって明日帰ってくる。毎日外飲みですよ。いないと不便でさ」
「寂しい?」
「侘しいね」
「笑、お見えになったら言っておきますね」
途中でジャン妻から届いた晩飯写真、デパ地下らしい。ホテルの部屋で食べたんだって。
ジャン妻のデパ地下食-1.jpg

店1.jpg
「月曜は北鎌倉に行ったよ」
「えっ、行ったのっ?どうでした?」
情景を幾つか話して、
「若女将が婆さん客にお酒をすすめられて『アタシまだ未成年なんですぅ』ってやんわりお断りしてた」
「それいいわねぇ。アタシもそうやって言おうっと。何よっ。アタシだってまだまだ未成年でイケるのよ。そう思わない?」
振られた店主(ご主人です)は「こっちに振るかよ」って交わそうとした。
私は内心で厚かましいオンナだなぁって思ったんだけどね。まだイケるって言うのは自由、勝手だけどね。
「店ん中を暗くしたらイケるんじゃないか?」
「まっ!」

「真っ暗にしたら見えないし、わからないだけじゃない?」(ジャン妻)
ホタテブロッコグリル1生酒.jpg
ホタテブロッコグリル2.jpg
ホタテブロッコグリル3.jpg
ホタテとブロッコリーのグリルバルサミコ醤油、というか、これ、酢だろ!
「バルサミコ酢じゃないの?」(ジャン妻)
「メニューにはバルサミコ醤油ってなってたんだよ」
ホタテブロッコグリル4.jpg
ホタテブロッコグリル5.jpg
酢なのに醤油と担がれた私だが気分は悪くない。
この日、異動先である店舗運営部の月イチ開催される会議にゲスト出席して、その場で責任者の取締役ナンバー2が、私が5月1日付で異動してくる旨を正式に発表しました。私も異動の挨拶だけしました。
普段、各支店を廻ってカオや性格を勝手知ったるエリア長たちはややどよめいていた。目を見開いてた者もいた。そりゃ自分で言うのも何だけど私は全社的に存在感あると自負してますから。
なので、こうだったのが、
異動願.jpg
こうなったわけ、
異動後.jpg
前の部署を悪く言うわけじゃないけど、異動先は各支店に直結して従業員が1200人いるので、花形部署とはいえます。
まぁ中には「イヤだなアイツ(私のこと)が来るのか。」「うるさいからなぁ」って思ってるヤツもいるかもしれないけどね。エリア長、支店長たちは概ね喜んでくれてたと自負してます。
事務主任の草の者たちには何人か直接電話で伝えました。これまでより近くなるので、喜びと警戒の入り混じったような反応だったな。
刺盛1.jpg
刺盛2.jpg
ダメ押しにオーダーした刺盛、1人前、本マグロ、〆さば、ヒラメ、サーモン、真鯛、真蛸、カンパチ、
刺盛3.jpg
刺盛5.jpg
刺盛り¥4.jpg
で、19時、すぐにラストオーダーになってしまうという。でも私は1時間滞在できれば充分だな。
無濾過.jpg
普通の酒にしました.jpg
さてさて、私の異動先は概ね賛同、喜んでくれたと思ってますが。
ひとり、私の異動を哀しんだ者がいるのです。
それは誰かというと。。。
店3振り返る.jpg
ソリの合わないオンナ!
コメント(6) 

寂しいサイドメニュー [居酒屋]

出張中でジャン妻不在による独身Night3日めはテイクアウトで家食でした。
崎陽軒シウマイ弁当定番と、焼きそばテイクアウト、家でひとり呑みです。
家食1.jpg
家食2.jpg
家食3.jpg
家食4.jpg
家食5.jpg
家食6.jpg
翌日、4日めの夕方、上大岡駅で下りて、いつもと逆側から歩いてみた。他の支店たちはどうなっているのだろうか。
2号店休業.jpg
2号店の貼り紙、休業中か。「本店は営業してますので・・・」
2号店の2階にある4号店BALLも灯りが消えたままだった。こちらは再開の目途がたってない。
4号店休業.jpg
本店へ向かいます。この左手の焼肉屋「とんがらし」同名店が私の公用先である大田区、京急平和島駅から大森西2丁目に歩く途中にもある。チェーン店だろうか。こうなる前の店はジャン弟の贔屓店だったのだ。
歩く1.jpg
6号店揚げ休業.jpg
本店と道路向いにある6号店も休業中か。本店の週末だけ別棟として稼働していたが、宴会客が廃れた今はそこまでの需要はないようだ。
この6号店と後で写真だけ載せる5号店スタンド、この2店が開業する前、マスターに言われたことがある。
「今、貰ってる給料は出せないけど、今度、新店を出すんで経験者募集してるんだけど」
私が地元の納涼祭で焼き鳥を焼いたのを知っててそう言ってくれたのかな。経験者ったって私が焼いたのは生肉ではなく、業スー(業務スーパー)にあるようなスチーム冷凍肉ですよ。
もちろん国産肉ではないよ。その納涼祭も2年連続で休止になっている。今年もやらないだろう。私も地元町内会から気持ちが離れている。こないだ総会だったらしいけどね。
今思えば、あのマスターの言うのは勧誘だったね。マスターの誘いに乗ってたら今の私はないだろうな。本店ですらレギュラーが4人も辞めてるからね。
店1.jpg
いつもと違う入店前の写真、
店2.jpg
店3.jpg
店4.jpg
店5.jpg
「こんにちは。お疲れ」
「お帰りなさぁい」(ジュニア)
まず検温します。前回も登場した子、そんなんじゃチコちゃんに叱られっぞぉの坊やが私の額に恐る恐る当てて測ってくれた。
「大丈夫です」
「何度だ?」
「35.7度です」
「そりゃ低過ぎねぇか?もう1回測ろうぜ」
「いえ」
入ったばかりの不慣れな坊やにそんなズケッとしたジョーダンが通じるわけがない。ツマンナイの。
店内1空いてる1.jpg
カウンター奥、板場に接した席にいます。別の坊やがお絞り持ってきてくれて「失礼します」と言って踵を返してしまった。またかよ。このタイミングでファーストドリンクを聞き取らなきゃダメじゃんか。どうもまたオーダー聞いて端末にINするオペレーションを習得してない感じだね。
メ1.jpg
寂しいサイドメニューですなぁ。
刺身は無いな。前回同様、定番の串、焼き魚、その他で隙間を埋めてる。
メ2.jpg
鶏ネギ、タレ、2本、実は今日の昼がショボくて。これで白米でも食べてやろうかと思ったが気持ちをセーヴした。
鶏ネギ1.jpg
鶏ネギ2.jpg
鶏ネギ3.jpg
酢漬けキャベツ、実は苦手なのをこの店は知らないのです。キャベツが苦手なんじゃないよ。酢の物が苦手なの。
キャベツ酢.jpg
「あ、ジャガバター忘れてた」
「大丈夫、もう入ってます」
さすがはジュニアだ。他に私の嗜好をわかってくれてる人は他にはいない。あ、マスターがいたか。今日は休みらしい。
ジャガバタ1.jpg
ジャガバタ2.jpg
ジャガバタ3.jpg
ジャガバタ4.jpg
アスパラ1.jpg
アスパラ塩、こりゃちと焼き過ぎかな。豚バラ肉で巻くのもいいけど、ベーコンで巻くのもいいと思うが。そっちの方が失敗は少ないだろう。
アスパラ2.jpg
店内2空いてる2-1.jpg
店内は空いてた。私が入った時は先客さんが2人いた。ひとりは女性で、
「今出てったの姉です」(ジュニア)
「あの方がポテトサラダ作ってるの?」
いつもあるわけではないが「お姉さんが作ったポテトサラダ」というジャガイモを潰さないでゴロゴロしたままのサラダがサイドメニューに登場することがあります。
「あ、その姉は、マスターの姉で」
「そうなんだ。姉さんはどっか外国に行ってるって前に聞いたけど」
「あっちで〇〇〇〇をしてたんですが、トランプ政権が交替する前に戻ってきました。今はこっちで〇〇〇〇をやってます」
ポテサラは昨日はあったらしい。メニューの裏が昨日のでそれには書いてあった。
昨夜のメ.jpg
塩タラ焼き、タラの白い身と光の加減で光ってしまった。
タラ1.jpg
タラ2.jpg
カマンベールチーズを熱燗で。若い衆はあまり浸け方が上手とはいえないな。でも仕方がないね。今の子は熱燗なんて知らないでしょ。
チーズ1.jpg
チーズ2.jpg

エイヒレ1.jpg
エイヒレ炭火焼き、
エイヒレ2.jpg
エイヒレ3.jpg
ジュニアが若いのに、
「エイヒレってわかる?」
「サメですか?」
この珍回答に驚いたよ。今の子は知らないのかね。
「聞こえたぞ」
「あ、いえっ」
アニマルパニック映画に出て来る人食いサメと、ウルトラQに出て来るボスタング、そこまでズラして説明してあげようか。(そこまで遡る必要あるのか?)
エイってのはサメから分かれた生き物だが、マンタなんかは脳が大きいのです。だから人間を識別できるし、人懐こいからダイバーに人気があるとか。
「エイが両ヒレをヒラヒラパシャパシャしながら、ダイバーや人間に懐いてエサを強請っている動画があるよ。」
新しい若いのとそういう会話ができたから、前回よりはマシになったかな。
エイヒレ4.jpg
マヨネーズが少ないなぁ。
でも今いる若い衆に「マヨが足りねぇぞ」なぁんて言うにも恥ずかしいしなぁ、
店内3サブリーダーと若い衆-1.jpg店内4若い衆-1.jpg
ハラス1.jpg
ハラス2ポテ1.jpg
ハラス2.jpg
ハラス3.jpg
ハラス4.jpg
サケハラス焼き、これは絶品でしたね。マンナカで鮭の脂がジュワジュワしてたんですよ。皮はカリッ、身はやわらかい、ジャン妻いないから皮も全部食べたよ。
さっきのポテサラの話の流れか、私がメニューの裏を見てたからか、残っていたポテサラも出してくれた。
ポテ2.jpg
「また1時間短縮?」
「ええ、仕方がないです。日曜からメンテナンスで4日間休むので、それが明けたら時短ですね」
「じゃぁ17時に来るしかないな」
「お願いします。奥様と」
マンボウが適用されます。ですがまた状況が変わった。酒類提供自粛だって。今はどうなってるんだろう。テイクアウトだけになってるのだろうか。
店6.jpg
店7.jpg
スタンド5号店も閉まっている。(右のテナントです。)
3号店は金沢文庫にありますが。そっちは未確認です。
5号店スタンド休業.jpg
最寄駅に着いたら滝のような豪雨でさ、
豪雨1.jpg
駅構内から地上に出る辺りで、雨が上がるのを待っているところ。
豪雨2-1.jpg
私は幸い、今日の傘はビニール傘ではない。
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2020-11-03-2
で取り上げた傘、春日駅に忘れて取りに戻ったあの傘、やや弱まったので、意を決して外に飛び出した。
豪雨3稲光.jpg
豪雨4.jpg
前方で雷鳴が轟き、空が光った。
まさかさして持ってるこの傘に被雷しないだろうな。
「大丈夫です。私が護ってあげます」
傘の精霊の声が聞こえた。
コメント(2) 

きたかまの夜 [グルメ]

蒼い薄暮に包まれていくきたかま(北鎌倉)です。
狭いホームを建長寺改札方面へ歩いて、
北鎌倉駅.jpg
昨日に続いてジャン妻不在の2日め、4月12日です。この時に発令された神奈川県のマンボウ(魚ではない)重点措置は、横浜市、川崎市、相模原市だったね。マンボウエリアを見たら相模原市なんか413号線沿いや丹沢の向こう側の山々まで赤く塗り潰されてた。あっちは除外していいんじゃないのかな。
なので鎌倉市はマンボウ圏外ではありますが、北鎌倉は夜開いているお店が殆どないんだよな。
縁あって知り得た居酒屋以上、割烹未満の店に向かっています。そこの店主ご夫婦はまだ若いのだ。
舗道すらない路肩を走行車と行き違いに注意しながら歩くと、ほんのりと店の明かりがあって。
店2.jpg
店主は私等がよく行くママの手書き黒板メニューの店、そこの板前だったのがここ北鎌倉で店を構えたのだ。
客層が変わった。都内ではビジネスマン相手だった客層が、ここ鎌倉では昼は観光客、夜は地元の方になった。
店3-1.jpg
店の中には普段着のお婆ちゃん客が3人いてビールを飲んでいた。耳が遠いのか、声高である。
それまで店主を捉まえて会話してたのが「あ、お客さん来たよ」私の訪ないで開放されて板場に戻って来た感があるな。
最初の膳1.jpg
おとおしはアジの南蛮漬、
最初の膳2.jpg
「今日はちょっと賑やかかもしれませんが」(店主)
ああ、今しがたのあっちのテーブル席だね。確かにな。ちょっとどころではないぞ。マスクはしているが、そのせいで会話が聞き取れないのか声高になってる感があるな。
気にならなくするにはこっちも酒飲んで程よく酔うしかない。そうすることで多少の喧騒は気にならなくなるのだ。
そうなる前にメニュー載せます。
メ1.jpg
メ2.jpg
メ3.jpg
メ4.jpg
刺盛1.jpg
刺身2枚ずつカットして貰った。真ん中に炙ったキンメ、他は地ダコ、ホウボウ、ネットリ赤イカ、真鯛、
刺盛2.jpg
マグロやカツオなんてのを出さないのがいい。魚の仕入は鎌倉の名店「おおはま」さんと同じ魚屋から仕入れています。刺身のチョイスもメニューのフォントも、おおはまさんに似てるな。
刺盛6.jpg
刺盛7.jpg
刺盛8.jpg
刺盛9.jpg
刺盛10.jpg
刺盛11.jpg
若夫婦1-1.jpg若夫婦2-1.jpg
アジフラ1.jpg
「アジフライ、大きいので今日は半身になりますが」
半身で充分な大きさだった。1枚ものだったらホッケ並みの巨大さ。
アジフラ2.jpg
アジフラ3.jpg
アジフラ4.jpg
アジフラ5.jpg
アジフラ6.jpg
「タルタル足ります?」
「充分でさ」
「健康上よくないんでしたっけ?」
「いやいや、そうじゃないんだな。アイツ(ジャン妻)が傍にいるとマヨネーズの類を跳ね付けるから。今日は不在だからOKさ」
「奥様お仕事ですか?」
「出張ですよ。」
ジャン妻はもと草の者4号U紀と地方出張中です。マンボウ前で今しか行けないと。帰京したらマンボウが適用されたからね。なのでこうやって独身Nightを楽しんでいるわけですが。
アジフラ7.jpg
タルタルはナメロウの如くである。舐めつくします。さすがにこれだけお替りはできなかったね。
アジフラ8.jpg
イカアンコール1.jpg
アカイカが美味しかったので4枚、アンコールしたとこ。私はイカは生姜を好むが、これだけ身の厚いイカはワサビが合いますな。
イカアンコール2.jpg
イカアンコール3.jpg

婆ちゃん軍団-1.jpg
他に客がいないのもあって、テーブル席の婆さん3人の声が目立つね。地元にお住まいでこの店の馴染客らしいな。会話の内容も丸聞こえである。楽しそうでいいね。
あ、日本酒呑んでる。冷やだ。後で効くよ~。
「すみませんねぇアタシたちうるさくて。いつもはこうじゃないのよ」
「あぁそう。でもいつもはどーだか俺、知らねぇし」
「あ、あのオニイさん、アタシたちのことウルサいって。静かにしないと。でもこれでも今日は静かな方なんですよ」
「ぜんぜん静かじゃないジャン」
ドッと笑ってこっちも引き込まれてしまい、あろうことか婆さんのひとりがお酌しに来たからね。さすがに私も店主もお仲間も制止しましたよ。
若女将にもすすめてましたね。「アタシ未成年なんですぅ」、上手ないなし方だが、さんじゅう何歳の未成年があっかよって。
酒1.jpg
婆さん連中のオーダーに便乗したリヒレ、炙り、
エイヒレ1.jpg
エイヒレ2.jpg
エイヒレ3.jpg
酒2.jpg
揚げ餅の揚げ出汁、カツオブシは要らないなぁ。
揚げ餅1.jpg
揚げ餅2.jpg
これで締めるつもりだったのですが。
何故か今頃になって店内写真、誰もいない。店主夫婦は婆さん客たちをお見送りに出ていった。
途端に静かになった。
店内1.jpg
店内2.jpg
店内3.jpg
店内4.jpg
店内5-1.jpg
店内6-1.jpg
店内7.jpg
オカシイ、なかなか戻って来ない。訝しんでたら店主が戻ってきて、婆さん連中のうちひとりが転んでタクシーを呼んだとこだという。私も出てって様子を見たら県道前のベンチに座っていた。
「あ、おニイさんも心配して様子見にきてくれたんだ」
「なかなか店主が戻って来ないからさ」
「すみませんねぇ。心配していただいて」
そりゃこれだけの騒ぎになってるのに、心配もしないでひとりで店ん中で飲んでたら人格を疑われるよ。
タクシーに乗って帰られた。それまではここに座ってたのだ。
婆ちゃん軍団が小休止した辺り.jpg
さて、恐縮する店主夫婦を前に飲みなおしである。
玉子かけご飯なんてのを。さっき餅を食べたのに。
酒3.jpg
たまごかけ1.jpg
たまごかけ2おかか.jpg
たまごかけ4.jpg
たまごかけ5.jpg
店11振り返る.jpg
「久々に来ていただいたのにすみませんでした」と恐縮する店主夫妻だが、地元の常連さんたちだし。お婆ちゃんだし。私もそれ也に楽しませて貰ったよ。私は若いのに話しかけられることはまずないけど、いいトシした爺さん婆さん客には話しかけられることってあるのだ。
歩く11.jpg
歩く12.jpg
真っ暗なきたかまの夜道、足元の段差も見えない。この界隈を彷徨ったら怪我するだろう。
街灯は走り去るくるまのランプと、信号機だけ。
遠くで踏切の音が聞こえる。いや、遠くではない。すぐ近いのだが、閑静なこの界隈に気を遣ってか、心なしか警報器の音が小さく感じた。
上り電車1.jpg
上り電車2.jpg
改札のド真ん前を上り横須賀線が爆走、徐々に減速していく。
駆け上がって飛び乗りました。
コメント(2) 

寂しいサイドメニュー [居酒屋]

4月11日、まん防前の日曜日、この日からジャン妻は美女U紀(もと草の者4号)と地方出張に出てしまったのだ。私は1週間の独身です。
日曜日にひとりで家食なんかヤダ。営ってるこの店に来てみたら、
店1.jpg
店2.jpg
店3.jpg
サイドメニューから刺身が消えたか。。。
メニューから刺身が消えた.jpg
サイドに刺身が無いと寂しいねぇ。昨日載せた前回記事もそうだったが、本日のおすすめに半熟うづら卵、肩ロース串、豚バラ味噌串、グランドメニューを載せてもねぇ。
それもおススメなんだろうけど。
キムチがあるな。でも群馬泉熱燗には合わないしなぁ。
「でも串焼き屋さんでしょ」(ジャン妻)
「まぁそうだが」
「原点に戻ったのよ。最初に行った頃は刺身なんてあったの?」
「う~ん、どうだったかなぁ」
あったのかどうか。行き始めた最初の頃の写真フォルダを見て昔を懐かしんでもしょうがないしな。
店内1空いてる-1.jpg店内2混んできた-1.jpg
若手が増えたはいいが全然役不足-1.jpg
右暖簾は空いてた。架かってきた電話にジュニアが「カウンターでよろしければ」そう言うなんて珍しい。左暖簾のテーブル席や裏の離れは少なくない客がいるようだ。日曜日にそこだけ開いてれば来客があるのだ。これがビジネス街の居酒屋と、郊外で住宅地に面した居酒屋の客層の違いというものか。
スタッフがいつもよりは多い。また初めて見る若手スタッフが増えてた。イケメンのバイト君が4人、だが即戦力になりそうなのはひとりだけ、もうふたりは今後に向けて見どころはありそうだが、如何せんまだオーダー入力ですら不安かな。
4人のもうひとり、何するでもなくボーッと突っ立った子がいてさ、
マスターとサブ(有望株)-1.jpgチコちゃんに怒られるぞ-1.jpg
NHKのチコちゃんが見たら怒られるは必定だな。自分から積極的に動かないと覚えないぞ。モノにならないぞ。接客は客に受け入れられてから楽しくなるものなのだがな。
ボーッと.jpg
鶏ネギ1.jpg
鶏ネギ2.jpg
無造作に置かれた鶏ネギ、肩ロース、白いキレイな皿にタレが飛び散ってます。深くて濃い色の皿の方がいいと思うな。
肩ロース1.jpg
肩ロース2.jpg
ジャガバター、今日は3個串に刺してあるぞ。バターベッタベタで。
ジャガ2.jpg
ジャガ3.jpg
ジャガ4.jpg
鮭西京1.jpg
鮭西京5.jpg
刺身は無いけど焼き魚系はあるので、鮭西京焼、塩サバをお願いした。無造作にゴロンと寝かされた鮭西京焼、野趣ですね。美しくはないが美味しい。
これでご飯と味噌汁でもあったら朝食だな。
鮭西京2.jpg
鮭西京3.jpg
鮭西京4.jpg
ジャガ1.jpg
マスターはひとりで焼いている。ジュニアが焼き方をサブ(店か持ち帰りか、タレか塩か、席は何番か、コースなのかアラカルトなのかを指示する)してるが、鳴る電話や若手への指示を含めて全体を見まわさなくてはなたないので外すことがある。するとサブ格がいないので、マスターの眉間に縦皺が刻まれる。
サイドにソソるものがないので、レギュラー串焼きで滅多に食べないものにチェンジ、野菜焼きです。ピーマン、ネギ、辛いのにあたったらどうしようのシシトウ、
ピーマン1.jpg
ピーマン2.jpg
ところが、ところがところがところが、これら野菜串は串打ちしてなかったんですよ。入ったばっかの子らにはムリなので、マスター自ら串打ちしてくれた。
「マスターも串打ちするんだ」なんて軽口叩ける雰囲気じゃない。
ピーマン3.jpg
ピーマン4.jpg
デカいピーマンですな。通常のピーマンはもう少し食べやすくカットして串に刺して出されるのですが、そんなめんどいことやってられっかとばかりに、1個のピーマンをハーフカットにして無造作に串でブッ刺して焼いただけの野趣あふれる野菜焼き、マスター忙しいのに串打ちまでさせてゴメンねって。
ザ・グレートカブキ(高千穂、本名米良明久氏)のインタビュー記事に、ちゃんこ鍋は道場でやってたから得意ですぐに出せたが、夏場にちゃんこ鍋なんか出ないので串焼きも出そうと。でも串打ちなんてのは道場でやったことないので案外難しかったと言ってた。焼いてる最中に外れて炭火に落ちないよう刺し方にコツがあるそうな。
シシトウ1.jpg
シシトウ2.jpg
シシトウ、辛いのに当たらなくてよかったぜ。コロナ禍なのに辛いのに当たってムセたらタイヘンだ。
野菜類は塩の方がいいですね。タレだと弾いちゃって。服を汚すとこだった。
ネギ1.jpg
ネギ2.jpg
ネギ3.jpg
野菜焼きに次にサバ、
サバ1.jpg
サバ2.jpg
サバ3.jpg
サバ4.jpg
厚揚げ1.jpg
シメは厚揚げにしました。外側カリッ、中はしっとり、
厚揚げ2.jpg
厚揚げ4.jpg
厚揚げ5.jpg
やれやれ、全盛期に比べて戦力ダウンと同時に満足度低下も否めないが今は仕方がないな。成長を見守ろうか。これまでもそうだったし。いつかサイドメニューも前みたいに充実するだろう。
店4.jpg
店5.jpg
店6.jpg
メールがキタ。ジャン妻、U紀(もと草4号)とも、空港に無事下りた。
現地でも4人以上の会食は禁止だそうです。今宵は2人で食事でも?するのかと思ったらそうではなく、デパ地下で買ってホテルの部屋でひとりで食べたそうです。こんな写真を送ってきた。ひとりで餃子こんなに食べたんかい。
デパ地下らしい-1.jpg
コメント(2) 

寂しいサイドメニュー [居酒屋]

店1.jpg
店2.jpg
店3.jpg
寂しい店だったな。この店にしては。
馴染んでいて、私の嗜好を熟知していたレギュラーメンバー4人がいなくなり、マスター、ジュニア、他から来たナンバー2、バイト嬢、若いの、5人で営っていた。
店内1寂しい客入り1-1.jpg
店内2寂しい客入り2.jpg
店内3寂しい客入り3-1.jpg
初めて見る若いのがハンドタイプの検温測定器を持ってきて私の額に当てた。
「何度だ?」
「35.9度です」
「低すぎるな。もう1回測るか?」
「あ、いえっ」
ここで若いのが踵を返してしまったのである。このタイミングでファーストドリンクを訊きなさいって。なので生ビールが出るのが遅かったのよ。なかなか気づいてくれなかったんですよ。放置状態だったんです。板場にいるナンバー2が「お飲み物は?」「まだ、生」それでやっと出されたのです。
生.jpg
鶏ネギ2.jpg
鶏ネギ3.jpg
そういうのに気が付かない辺り、新しい若いのはまだ慣れてないようだ。テーブルの拭き方、空いた皿の片付け方、オーダーの入力の仕方とかも。
年齢を聞いたら18歳だって。バイト嬢と併せて平均年齢が下がったが、それは今のところは店のレベルが下がったということでもある。
「この春から大学生です」(ナンバー2)
へぇ、では向こう4年間はこの店にいるのかな。客としてこの子を鍛えてあげたい気もするが。これから徐々にレベルアップしていくだろうか。
サイドメニューはスカスカだな。これも寂しい限りである。
寂しいサイドメニュー.jpg
おススメはその日のおススメなんだろうけど、豚バラ味噌串なんてのはメニューブックでいうところのキャベツを敷いたトンヅケだし、肩ロース串、半熟うずら串、浸しトマトなんてのもメニューブックにあるんだよね。
それでもおススメにこだわる私はおススメに載ってない鶏ネギの後で、豚バラ味噌串、肩ロース串をいただいたけどね。
ロース&トンヅケ1.jpg
ロース2&トンヅケ2.jpg
ロース3.jpg
トンヅケ3.jpg
マスター1-1.jpg
マスター2-1.jpg
監督.jpg
マコ1.jpg
マコガレイ少ないですね。ツマのワカメ、ワケギ、カイワレの方がボリューミィーに見えるな。
なぁんだか寂しいなぁ。
マコ2.jpg
マコ3.jpg
ジャガ1.jpg
ジャガバターベッタベッタは珍しく焼きすぎの感があった。向こう側のジャガイモの串が浮き出てる。よくハズレなかったね。
でも表面カリカリで、ポテトフライか素揚げみたいだった。今までにない焼き方で美味しかった。
ジャガ2.jpg
アジ1.jpg
アジ2.jpg
アジ、置き方の向きが反対ではないですかな。
地上波で放送終了したTBS噂の東京マガジン(BSに移行しました)地上波最後のやってTRYはカレイの煮付けだったがそれを思い出した。アジの開きの並んだ両目をカレイだと思って煮つけてた子がいたよ。アジの干物ですよ。それを醤油で煮て塩まで足してたからしょっぱかっただろうな。
向きはこうでしょ。
アジ3.jpg
アジ4.jpg
これもちょっと焼き過ぎじゃね?素揚げみたいでしたよ。バリバリかみ砕いてアタマ、ホネ、シッポも平らげてしまった。
アジ5.jpg
アジ6.jpg
熱燗は若いバイト嬢にオーダーするとアルミのチロリで出されそうだから、ジュニアを通してオーダーした。バイト嬢は熱燗にまだ慣れてないのか、最初は熱かった。
アジ7.jpg
「月が変わりましたね」
4月1日です。
「うん、ウチも入社式だった。45人入った」
そしたらもの凄い勘違いをされた。
「45年めなんですか?」
「違うよっ。入社式で45人入社したの。45年めだったら俺、幾つよ?」
「ええっと(笑)」
「丁稚奉公じゃないんだからさ」
「でも45人って多くないですか?」←慌てて話題を私の年齢ネタから逸らそうとする。
「3グループに分けてやったのさ」
会議用のテーブルは3人座れるテーブルだが、それをひとり1テーブルにしてね。
実は私も後日にTALKするカリキュラムがあるのです。45分のWEBで研修するの。この私がですよ。新人講師を受け持ってるんです。何年も前からやってます。F山温泉のT館長に見せてあげたいですよ。
ひややっこ1.jpg
ひややっこ2.jpg
本日のおススメ、冷奴がやけに美味しかったんだけど。
実家の近所にあった豆腐屋がクローズしてから、マトモで美味しい豆腐を食べてないからだろうか。そのせいでか、この店の豆腐、昨日の朝に食べたF山温泉の自家製豆腐がやけに美味しかったな。
ホタテ1.jpg
ラストオーダー、ホタテバター串、
「これもベタベタ?」(マスター)
「いや、それは普通でいいです」
ホタテ2.jpg
ホタテ3.jpg
サイドメニューにソソるものがなくて。
そりゃアスパラ豚巻、牛サガリ、鶏皮、焼きおにぎり、厚揚げとかの焼き串ものを追加すれば熱燗もう1杯イケだけど。今日は2合で止めときました。店も客もメニューも寂しかった。でも次回予約を入れてあるのです。というのは非常事態宣言前、マンボウ前にジャン妻は5泊6日で地方都市へ出張になるので、独身生活をしなくてはならないのだ。
ジュニアと監督-1.jpg
店11.jpg
店12.jpg
そうか、期が変わったんだな、今日から。
私も58歳になる。あと残り2年、その先は。。。
ワカラン、考えてもしゃぁない。あと2年くらいじゃコロナは収束しないんじゃないか。
まだ19時前-1.jpg
上大岡駅です。まだ19時前ですよ。1時間しか滞在してませんが、この時は20時ラストオーダーで1時間延長になっています。
ジャン妻は早く帰った私を見て驚いてた。
「もう帰ってきたの?」
「定番メニューをおすすめに書いてあるの?」
今は3度めの緊急事態宣言でどうなってるのかな。そうなる前に2回ほど行ってます。マンボウ前、マンボウ期間中、緊急事態宣言前の短時間居酒屋滞在記を続けます。
コメント(4) 

異動前夜祭? [居酒屋]

店1.jpg
このBlogで政治ネタは避けたいのですが、全く取り上げないわけにもいくまい。
緊急事態宣言とまん防の違いがよくわからないまま3度めの緊急事態宣言に入ってしまった感がある。今更おさらいしてもしょうがないが、緊急事態宣言、感染状況がステージ4まで上昇した時に、S首相が都道府県に対して発令する。
まん延防止等重点措置はステージ3が目安で、これもS首相が都道府県に出すのですが、対象地域は都道府県知事が決定する。都道府県で括らないで、地域を限定することもできる。
でも対策内容は同じで、感染拡大地域への移動自粛、夜の不要不急の外出自粛、お店の営業時間短縮。
感染拡大地域への移動自粛やGW旅行は延期してくださいって?でも東京五輪は開催するんでしょ。開催ありきなんでしょ。
結果、まん防は失敗したといっていい。だから3度めの緊急事態宣言が発令された。やれやれである。
お気に入りの席が空いてるな。
店2好きな席が空いてる.jpg
店3.jpg
店4入店.jpg
最初の膳1.jpg
最初の膳2.jpg
おとおしは釜あげシラスに大根おろしなんて家でもできるジャンって。これで金取るかぁって思ったが、食べてみたら隠し味、隠れ素材が入っていた。いい意味で妙な食感、異物が混じっている。
「イカ刺でも混ざってるのかな?」
「甘いね」
ジャン妻も何かが混ざっているのに気づいたらしい。
「納豆よ」
「納豆か!」
箸でかき分けてみたら、なるほど納豆がちょこちょこっと入っていた。大根おろしの辛味と、シラスと醤油のしょっぱさをマイルドにしてくれていた。
家でもできそうだけど、納豆が混ざっているにしてもほんの少しの量だからいいのです。後でお替りしようと思ったが忘れた。
メニュー載せます。変わり映えしないねぇ。スカスカだし。
メ1.jpgメ2.jpg
メ3.jpgメ4.jpg
メ5.jpgメ6.jpg
「赤カブはぁ?」
「すみませんねぇ。ないんですよ。メニューから消さないと」(店スタッフ女性)
メニューから消した方がいいと思うな。消したら消したでこりゃ寂しいメニューだってのに気づいて、新しいメニュー考案するでしょう。
で、お決まりの肴が並ぶわけですよ。もう拙Blogに何回載せたかワンパターンの肴が。
ポテサラ、かんずり入りで相変わらず辛い。ベーコンもハムも玉子も入ってないのに、こんなにビールが進むポテサラも珍しいんじゃないか。
ポテ1.jpg
ポテ2.jpg
ポテ3.jpg
チーズ大葉包み揚げ1.jpg
チーズ大葉包み揚げ、ジャン妻の好物でズシッと腹にたまります。こういうメニューこそ外で食べて家ではしないメニューというのではないかな。
マヨネーズが欲しいな。
チーズ大葉包み揚げ2.jpg
チーズ大葉包み揚げ3.jpg

アスパラ肉巻き1.jpg
アスパラ肉巻き、アスパラにタレで焼き付けた豚バラ肉を巻いて、食べやすいように半分にカットしてある。このハーフカットが大事でそれがないと前歯で噛み切ろうとしてヘンに崩れるからね。
アスパラ肉巻き2.jpg
アスパラ肉巻き3.jpg
銀鱈西京焼3.jpg
銀鱈西京焼4.jpg
銀鱈西京焼、銀鱈って魚を全体で見たことがない。どんなカオしてるか知らない。ジャン妻みたいなカオしてるのかな。切り身でしか見たことないがデカい魚らしいね。スーパーで売ってるものはパックに切り身、店で食べる時も切り身になっているからね。
銀鱈西京焼1.jpg
銀鱈西京焼2.jpg
「BOSSに呼ばれたよ」
「なんだって?」(ジャン妻)
東京本社に帰社したら自席に着く前にBOSSに呼びとめられた。BOSSは自身が関わる対象社員が帰社すると、その者が席に着く前に呼びつけるクセがあるのです。戻ってきたばかりのこっちは疲れてるのにね。ホッと息をつかせてくれないか、話は後にしてくれないかって思う時が多々ある。
「聞きましたか?」(BOSS)
「???」
「異動の件です」
「いや、聞いてないですよ」
「あれ?早く言うように、〇〇部長と〇〇部長に言ったんですが」
前者は異動希望先の上長で、後者は今の上長であるディクソンです。
BOSSは立ち上がりかけた。ディクソンの席へ行って「まだ言ってないんですか?」とでも言おうとしたらしい。だがディクソンは席にいないのだ。
「彼、在宅勤務ですよ」
そこで止めとけばよかったのだが。
「だいたい、アイツ遅いです。忘れっぽいし。」
「いやいや、そんなこともないでしょう」
「そんなことあります。よくあれで・・・」
・・・はまぁ不遜な比喩、物言いをしたんですよ。後でジャン妻の口からも出ますが。
「そ、そんなことを言ったのっ!」(ジャン妻)

席に戻ったらソリ合わないがポツンとひとりでいた。
愚痴を聞かされた。従業員との待遇面談でトラブったんだと。ゴネられて締結できなかったので再度、出直すと。
「BOSS室で何を話してたんですか?」とでも聞かれるかと身構えたけどな。
この記事をUpしてる時点で私の異動は正式に決まって発表になっています。過去に異動ってのはあったけど、自ら異動願を出してそれが叶ったというパターンは初めてだし、最初で最後だろうな。

ジャン妻は、私がBOSSに「ディクソンは忘れっぽい」と言い放ったのを「不遜な物言いね」とたしなめてますが、先週ジャン妻はディクソンのモノ忘れ、ド忘れに巻き込まれてしまい「なんなのあの人は!あんなに忘れっぽくてよく長が勤まるわね!」と怒り心頭で、BOSSに「まぁまぁ」と宥められる始末ですよ。(笑)
ホレ見ろって。私がさっき言った「よくあれで・・・」・・・の部分と同じですよ。人をたしなめたはいいがジャン妻の口からも同じセリフが出てやんの。だぁから私が言ったことは正しいんだって。立証されたよ。

いぶりがっこクリームチーズ1.jpg
いぶりがっこクリームチーズ2.jpg
締めはいぶりがっこクリームチーズ、これと2杯めの生はオーダー受けたママがスッポ抜けて忘れたんですよ。店のおねぇさんに再度言って持ってきてもらったの。客が少ないしオーダーが立て込まないとそういうミスをするみたいだね。
おとおしのお替りは止めといたというか、言うのを忘れた。酒が無くなったからです。すぐにラストオーダーだし。
いぶりがっこクリームチーズ3.jpg
いぶりがっこクリームチーズ4.jpg
この店に来る前に、在宅勤務中のディクソンから携帯メールが届いて、週明け月曜朝早く呼び出されることになった。
「人事の話ってあったから異動の件だろうな。何を形式ぶってるんだろ。黙って俺を放出するだけでいいのにさ」
「何を言ってるの。形式とはいえそうやって面談するってことは、アナタを軽くは見てないってことよ」
「どうだかねぇ。まてよ、もしかして私がBOSSに『まだ異動が決まった件、何も言われてない』って告げ口したからかな」
面談時にそれっぽくイヤミを言われたよ。「異動したいが為に先走るところが心配です」とかね。先走るってのはBOSSや異動先の上長に「自分の異動まだですか?早くしてくださいよ」と突っつきまくったからだろうよ。ディクソンにしてみりゃ後ろ足で砂をかけられたというか、早く出ていきたいようでオモシロくないんだろうね。
店5.jpg
寂しい通り-1.jpg
ジャン妻はコロナ禍の在宅勤務が続いて胃が小さくなったのか、あまり食べられなくなったらしい。マズイな。船山温泉行が迫っているのに。食べきれるだろうか?
「初の、釜飯お握りになるかも」(ジャン妻)
(結果、そうはなりませんでした。ちゃんと完食できました。)

20時ラストオーダー前に出ました。滞在時間は18:30-20前ですね。
駅までの通りは閑散としてた。今週からは戒厳令のように暗くなるのだろうか。
コメント(2) 

4月バカ [居酒屋&人間ドラマ]

今日から3回めの緊急事態宣言下に入りますが。そうなる前のネタを幾つか取り上げます。
4月1日、入社式や異動等でバタついてたこの日、最近は週の半数以上が在宅勤務を占めるジャン妻も東京本社に出勤してきたのですが。
店1.jpg
手書き黒板おすすめメニューの左がモザイクでボカしているのは、店主がカオを出してVサインしているからです。ノリのいい店主だな。
メ1-1.jpg
メ2.jpg
おとおし1.jpg
おとおしはタコとタケノコに茗荷を散らしてポン酢で和えたもの、またやっつけのおとおしを出したなと思ったが意外に美味しかったな。
おとおし2.jpg
おとおし3.jpg

かんぱち1.jpg
黒板メニューにはカンパチとありましたが、これはブリじゃないかなぁ、
脂のノリはアッサリしていた。ワサビを付け過ぎて脳天から鼻に火花が飛んだ。
かんぱち2.jpg
かんぱち3.jpg
山葵味噌1.jpg
絶品だった料理①、炙りマグロと竹の子のワサビ味噌和え、バーナーで炙ったマグロとブツ切タケノコをワサビ入りの味噌で和えたもの、
山葵味噌2.jpg
山葵味噌3.jpg
ビールにも酒にも焼酎にも合う逸品だった。あ、焼酎あったんですよ。1月にボトルキープしてたのをすっかり失念してたのだ。
「ボトル入ってるわよ」(ママ)
焼酎ボトルを入れたのが1月だけど。今日までに4回か5回店に来てるんですよ。ママもちっとも言ってくれないからさ。
焼酎1.jpg
「さては隠してたな」
「ち、違うわよっ」(ママ)
「俺らがボトルキープ忘れてたのをいいことに、ボトル無いフリして日本酒出して儲けようと」
「それも少しはあったけど(笑)」
ベーホウ1.jpg
絶品だった料理②、ベーコンとホウレン草のピーナツバター炒め、
何故か別々の皿で出された。ベーコンが太いのが嬉しい。
ベーホウ2.jpg
ベーホウ4.jpg
ベーホウ6.jpg
ベーホウ7.jpg
ベーホウ8.jpg
ベーホウ9.jpg
ベーホウ10.jpg

かき揚げ1.jpg
そら豆と竹輪のかき揚げ、これも別皿で出された。サクサクして美味しかったけど、惜しむらくはそら豆の皮が剥いてなかったのね。そら豆の皮って揚げても異物感みたいに残って噛み難いのだ。剥いて揚げてくれたら120%誉めたのにな。
かき揚げ2.jpg
かき揚げ4.jpg
かき揚げ3.jpg
かき揚げ5.jpg
さて、居酒屋はその日に起きたことをグチる場でもあります。
まずジャン妻から。
フロアは同じですが、私が在籍する店舗運営会社の上にはジャン妻が在籍する統括会社(親会社?)がいます。
そこのボスだった伊東甲子太郎が4月1日付で別会社に移籍してそこの代表に就任したので、後任とプラス1名他で大きい異動があった。
4月1日、今日ですが慌ただしくドヤドヤしてましたね。今頃上層部4名で18時-20時の時間内で会食にでかけたらしい。歓迎会なんだろうね。
4名ならいいのですかね?
ところが、ジャン妻を含めて4名いる女性課員は声もかからず。
「そりゃコロナ禍だから、アタシたち女性陣を誘わないで限られた上の者だけで行くのはわかるけど。せめてひと声あってもいいわよね。アタシ以外の3人も口には出さないけど、同じ気持ちだと思うよ。」
「誘って欲しかったのか?」
「それはないけど」
「誘われたって行っちゃだめだよそんな連中と。アイツら声高だし。4人が5人、6人になっちゃうじゃないか」
「・・・」
「どーせたいした店じゃないだろ。ノミホだろ。」
ところがまだ御不満があって。これです。
目録1-1.jpg
目録2-1.jpg
永年勤続20年の何故が愚痴なのかというと。
ジャン妻は私と同じく運営会社からスタートして、現在の統括会社に移籍したが、同じグループ内だから勤続年数は通しで換算されるのです。
何が不満かというと、この永年勤続20年目録を「ハイこれ」手渡されただけなんだって。
それでいて1日付の人事異動発表は朝礼で大々的に発表されたんですよ。私ですら2年前に朝礼で表彰されたもの。BOSSが読み上げて私がうやうやしく受け取ったし。
「バカにしてるワ。何がハイこれよ」(ジャン妻)
「そっちの上司は女性社員の気持ちをわかってないな。無機質でつまんねぇ上司だね。」
ジャン妻はプンプンである。
まさかエイプリルフールじゃねぇだろうな。目録だけで振り込まれてなかったりして。そんなこたぁないか。
「それともこないだの席配置でゴネたのを根に持ってるんじゃねぇか?」
「!!!」
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2021-03-31
「まぁまぁ、オメデト、今日はお祝いだね。」
「今日は家計費でいい。あの店でお祝いして欲しい」

私もグチっていいですか。いや、愚痴でもないんだけど。某支店長の浅はかで愚かしい発言のネタを。
過去に2回登場しているた都内某支店長の女王蜂、この方は会社の中堅広告塔で、本社の男性管理者だけに好かれて女性社員に嫌われているオンナでもある。
その彼女にこんなことを言われたのだ。
「本社は皆さんテレワークなんですか?」

ああ、そうきたか。
「私以外はね。総務も経理も、本社に来なくても業務ができる体制を整えてる人はそうしてますよ。」
私は平静を装って言いましたが、内心では「またそれかよ」って思った。女王蜂は私に「支店勤務者はそんなのできません」って羨むようなやっかみのような、そういうのを言いたいんですよ。
その気持ちもわかるけど、テレワークができない私に言うなよって。
相手にしたくなくなったので、出ようと時計を見たら17時だった。
「もうここで直帰ですよね?」
直帰しようとしまいと大きなお世話だろ。
思わず「いや、今日は帰社しますワ」って口に出てしまった。
「えっ!そうなんですか?」
「まだ早いしね」
支店の皆の前で言われたし、こっちも真面目だし、メンツもあるので「帰社する」って言いきっちゃったんですよ。まさか女王蜂が私を疑って本社に「帰社しましたか?」って確認電話するとは思わないけどホントに帰社したんだから。
戻ったら上長のディクソンに言われたよ。
「直帰じゃなかったんですか?」
「それでもよかったんですがね。〇〇店の女王蜂(本名で言いました)にこういうことを言われて。帰社するって言い切っちゃったもんだからアリバイ造りに帰ってきました。」
ディクソンはムッとした。
四角四面のディクソンは、テレワークはできる人は上長のOKを取った上で構わない、政府も推奨してる、そういう派なんです。そういう意味ではものわかりのいいところもあるのだが、至極当然のことを言ってるにすぎないんですけどね。

「前もあったんですよ。『いいわね〇〇さん(私のこと)は会社経費であっちこっち行ってポイント貯まるでしょ』って。私はクレジットカード持ってないからそういうのできないんですけどね。」
そしたらディクソンは珍しく色を成し、
「何が言いたいんですかその人は?」
「彼女はね。『本社はいいわねそういうのができて、支店はできません』って言いたいんですよ」
ディクソンはますますムッとした。しまいに呆れたようなカオをした。傍らにいる若手男性が「まぁまぁ、彼女(女王蜂)は〇〇さん(私のこと)とコミュニケーション取りたいだけじゃないですか?」とズレたフォローをしてお開きになった。
焼酎ボトルが空いたので、会津若松鶴ヶ城下の銘酒、宮泉を。
宮泉1.jpg
宮泉2.jpg
「珍しいわねディクソンがアナタに合わせるなんて」(ジャン妻)
「そうだね。自分が普段思ってる考えを否定された感があったんだろうね」
逆に言うと、ディクソンは支店の、現場の感情を理解してないともいえるけどな。いや、理解する必要なんてないと思ってるんですよ。そういう人なのだ。人の感情を考えない人なのです。
理解しなくていいですよ。私はそこに付け込んでいいとこどりするだけですから。
揚げ出し1.jpg
また別皿で出された三陸産牡蠣と京揚げの揚げ出汁、牡蠣は天ぷらでした。ちょっと油っ濃かったかな。お出汁のいい味が油に負けた感がある。「油も味のひとつ」と言ったのは門前仲町にあった浅七の店主だった。私が初めて群馬泉を飲んだ店だったな。
門仲?ちと話がズレますが、昨日一昨日と通夜・告別式で門仲に泊まったんですよ。20時過ぎて居酒屋は「準備中」「本日は終了しました」の札が下がった。若者の集団がコンビニに入って缶ビール、缶酎ハイを買って店外に出て、舗道を歩きながプシュッ!プシュッ!プシュッ!飲みだした。「ねぇねぇ、まだ乾杯してないじゃぁん」って光景ですよ。ああ、知事たちが言ってるのってこれかぁって。
揚げ出し2.jpg
揚げ出し3.jpg
揚げ出し4.jpg
揚げ出し5.jpg
ジャン妻は昼にどっかの居酒屋ランチで、ソースカツ丼定食とかを喰ったのであまり揚げものが進まないらしい。
「俺と飲む夜は昼に揚げものなんか喰うんじゃないって言ったろ。」
「・・・」
私は今日の昼がショボかったので、満足度が不足してるので、この日の逸品その③、自家製チャーシューと九条葱のチャーハン、
チャ1.jpg
チャ2.jpg
チャ3.jpg
チャ4.jpg
素晴らしい出来具合であります。上品です。焦げてもいないし。チャーシューから滲み出た塩加減と、玉子から滲み出た甘味のバランスも絶妙です。
チャ5.jpg
チャ6.jpg
振り返る.jpg
久々に1時間半以上いました。20時ラストオーダー10分前にあがった。本文中で書いてませんが、私にはふたつ屈託がある。
ひとつは草3号が私の業務依頼、委託を断りやがった件です。Up済みの過去記事に続きます。
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2021-04-09
もうひとつは、私の異動願はどうなったんだろうか?
コメント(4) 

令和3年の大将 [ラーメン]

町中華に行っても、ラーメン類がUpされてないのにお気づきですよね。
2月上旬に岸根公園「華や」さんで味噌ラーメン、本厚木「やっこ」さんでラーメンを食べてからラーメン断ちが続いています。
とある週明け月曜、昼に何を食べようかと、ラーメン類を脳裏に浮かべたら何だか喉につかえて嗜好にならなかった。胸やけしたみたいなあれです。
どうも身体が欲していない。食べたくない気がする。
高崎はASLIのマスターが私に言った「ジャンさんと言ったらラーメン&半炒飯ですよね」なんて路線も除外しています。炒飯単独や逸品料理プラス半炒飯はありますけどね。
マスクしてるからいいやと、これまで手を出さなかった餃子と炒飯なんて組み合わせもTRYしたりしてます。
でもラーメン類は、基本、自己的にNGなのです。
そしたらランチの選択肢が狭まった。今まで行ってた店に行かなくなった。今風の新進気鋭のラーメン専門店にも足が向かない。町中華に行っても私の選択肢からラーメン類は外れてます。肉野菜炒め系、生姜焼、定食類に目が行くようになった。最近の記事もそういうのが多いですね。
ジャン妻はそういう私の嗜好変化を歓迎しています。いい傾向だと。
令和3年.jpg
例外があります。本牧の大将です。
そこは辛うじて何とか。
「いっそ、ラーメンは本牧の大将だけにしたら?」(ジャン妻)
そのうち食べたい気になるだろうと思ったのですがならなかった。1回だけ行きました。その1回は3月27日で店は本牧の大将、まぁ私のソウルフードラーメンですが。ジャン妻が「大将に行きたい」て言うから行ったのですが、自分から「行こう」と言ったのではないですよ。
その前に、そういうラーメン忌避の気分になる前に、令和3年になって最初、1月の本牧大将がこれ。
ラ51趣向を変えてキムチもワカメも無し.jpg
ラ52.jpg
ラ53.jpg
ラ54.jpg
昨年は別トッピングの茎ワカメとキムチを加えたゴテゴテ傾向が続いたので、令和3年初回はそれらを無しにしてみた。家系とは違ったライトでコクもあるスープの原点に帰りました。
キムチもワカメもないのでスープが熱々です。こんなに熱かったかって。
ラ64スープ.jpg
何も入れないとこんなにシンプルなんだね。スープと麺に集中できるんだと改めて思った次第。
ラ58麺.jpg
ラ56青物.jpg
ラ57チャーシュー.jpg
珍しく味付けタマゴなんぞを入れてみたが。
ラ55タマゴ2.jpg
タマゴを前歯で噛み切ってハーフにしたところ。
ラ59タマゴ3.jpg
ラ60タマゴ4.jpg
タマゴは味付けが薄味で中途半端で、別に無くてもいいかなって思った。ゆで卵にちょびっとだけ味が付いてた程度でしたね。
ジャン妻は味付け玉子が好きらしい。ウチは週末のスーパー買い出しで、特売品ではなく割といい卵の6個パックを2つぐらい買って冷蔵庫に置いとくのですが、ジャン妻はその卵を5個も6個も茹でて、味付けして冷蔵庫で保管しておくのです。自分が食べる為にね。
私が夜帰宅して冷蔵庫の扉を開けると、週末に買った筈の卵が少なくなってる。
「卵は何処へいった?」
「あ、ゆで卵にしてアタシの昼のおかず。お弁当のおかず」
私の口には殆ど入らないのだ。自分だけの為にゆで卵にしちゃうんです。
「だったらもっと安い卵にしろよっ」
卵黄がどうこうって謳ってる商品が増えたのはTKGという単語が普及したせいでもあるんだろうけど、私はそっち派なのです。ジャン妻しか食べない味付け卵は安い特売品でいいんだ。
話を大将に戻します。この日、店の名物(でもないかな)オヤっさんがいなかったんですよ。引退したのかと思ってパートのオバちゃんに聞いたのよ。
「オヤっさんは?辞めちゃった?」
「あ、主人はね」
主人!
「間門店にいますよ。辞めないですよ。辞めさせないですよ。働かせないと」
「働け働け」ってケツを叩かれてるのか。世間一般だったらとっくに現役を退いて隠居してますよ。どうも大将に定年はないらしいな。
歩道橋を渡ってその先、本牧宮原から横浜駅方面のバスに乗ろうとしたが、マリンハウスのバス停でラッキーなことに1時間に1本あるかどうかの根岸駅行のバスに乗れた。
バスはオヤっさんがいるであろう間門店の前を快走して根岸駅へ。

次もラーメンを忌避する前、今年1月後半です。30年近く食べてる大将で最大の失敗だったケース。
券売機でONしたのはワカメラーメン、私は水で戻したフニャフニャしたワカメよりも固い茎ワカメを好みます。食感が好きなのです。そのワカメを別皿にしないでワカメラーメンにしたのは別皿にすると量が多いから。ジャン妻と2人で行けばシェアできますが、ひとりだと多いのだ。
だがこの時、私は何をトチ狂ったのか、ホウレンソウを別皿でオーダーしちゃったんですよ。
茹でてクシャッとなったレンソウが別皿に盛ってあります。
緑1.jpg
緑2.jpg
ラ1.jpg
デフォのワカメラーメンはこんな感じ。茎ワカメが盛ってあります。三陸産らしい。東日本大震災で漁場が被害を受けた時期は淡路産になってた。
ラ2.jpg
ラ3.jpg
その上にレンソウを皿から移したらこんなになっちゃって。
ラ4緑が倍になる.jpg
ラ5緑で埋め尽くされる1.jpg
ラ6緑で埋め尽くされる2.jpg
グリーン!ウルトラセブンのワイアール星人みたいになってしまった。
注文して載せてしまったからには仕方がない。上に載ってる山盛りの緑色を除去しにかかります。食べて食べて食べ尽くすんです。でないと麺にたどり着かない。
ラ7緑を摘まむ.jpg
消化器官が緑色になった気がする。失敗の負け惜しみのように、ワカメとホウレンソウは健康にいいな、身体にいいなと己に言い聞かせて食べてたけど、食べてる途中で飽きてくる。
青物と格闘するのに時間を要し過ぎて、麺を引きずり出したら、幾ら超カタ麺にしたとはいえ伸びてるわけでさ。
ラ8麺は伸びて当然で.jpg
スープも覚めてぬるくなってくるのも当然で。
ラ10スープはぬるくなっている.jpg
ラ11終盤戦.jpg
大失敗でしたな。何事もほどほどがいいということですな。皿のまま卓上にある醤油か、ラーメンスープの基をぶっかけてお浸しにすればよかったかもな。
レンソウは歯と歯の間に挟まる。私は左のインプラントと自歯の隙間に挟まる。恥も外聞もなく指先にティシュをまるめて口中に指を突っ込んで除去するしかない。使ったティッシュはその辺りに捨てたりしません。カバンに入れて持ち帰ります。そのまま忘れて1週間くらいカバンの中に入れっ放しになって後で気づいたこともあるな。
だがそれだけでは除去しきれない。帰社して歯を磨くことになる。すると流しには・・・いや、そこの描写は止めときましょう。で、この日、マリンハウス1号館、2号館の間はこんな感じだったのですが。
この時はこうだったが.jpg
後日の土曜日、助手席にジャン妻を乗せてくるまで来た。冒頭に書いた今日までラーメン忌避期間中に食べた唯一の日です。ジャン妻は私が昼にラーメン類を避けてるのを歓迎しているが、自分もたまには大将でラーメン食べたいけど私の運転でないと来れないのです。
来てみたら、大将のある本牧マリンハイツ、いつも路駐してる1号館と2号館の間にある広い道路にこんなポールがニョキニョキ立っていて、ブッ太い白線が引かれてた。路駐できなくなった。
マリンハウス1.jpg
マリンハウス2.jpg
マリンハウス3.jpg
しょうがない。裏の駐車場に廻すか。裏に駐車場があって、前にマリンハウス住民の防災訓練の日に停めたことがある。白い札に赤い字で「大将」と描いてあってそこに停めたのだ。
パーキング3.jpg
パーキング4.jpg
だが、大将店内にこんな駐車場案内があって、
パーキング案内.jpg
私が停めたのはこの案内板でいうところの⑲③、⑳①②ではないぞ。写真だとマリンハウスの端っこで、産業道路に面していますね。草なんか生えてないし。
私が停めたスペースはもしかしたら大将の従業員用かもしれない。大将店内に入って店内でこの案内板を見ても、もう遅しなのですが。
この⑲③が11時~15時まで、⑳①②が11時~21時まで、この時間指定の意味もわからない。
『無料でご利用いただけます。マリンハイツショッピングセンター』とあるので、大将専用ではないかも。
実は本牧マリンハウスには大将以外にも飲食店が幾つかあって、
百鶴楼(パイフウロウ)リンクしてる街角中華さんが行かれてますね。料理とは別に、あるもの、アニメ声かな?インパクト大の店らしい、
店21パイフウロウ.jpg
店22ナポリ.jpg
ナポリのPUNCH、女性だけで営っているらしいガールズ路麺スパ、ナポリ系です。
日本で2番めにうまいそばとアヤしく謳ってる、そばぼうず、
店23そばぼうず.jpg
浜っ子どんどん、これは新規開業らしい。コロナ禍の中でよく決意したものだ。
店24濱っこどんどん.jpg

店25青空1.jpg
らーめんAOZORA、京都系かなぁ、よくわかりませんが、大将の隣に出店した強気の店、私は一度も入ったことないです。
店26青空2.jpg
店27中華3店.jpg
中華料理系列の榮濱楼、本牧YarakaSitei、吉帝厨房、前者には大将が臨時休業日にジャン妻と入ったことがあるが、何を食べたのか全く覚えていない。
興味なくもないが思うのは「大将の近くにあるから行けないんだよ!!」
これだけの飲食店があるのはマリンハイツ住民だけの需要のわけがない。トラッカー、くるま必須な運送業界、タクシー運ちゃんもそう。他所から来る人で成り立っている。だから短い時間の路駐で成り立っているともいえる。だからマリンハイツ1号館と2号館の間があんなになっちゃったのはちょっと残念に思ったりする。私も余所から来る者だからね。

ジャン妻と来る日は私が全額支払うルールになっている。
ラーメン×2、海苔マシ×2、ライス×2、キムチ皿、ワカメ皿、10%消費税になってから1000円札2枚では足りなくなってきた。
大将の券売機は意外に神経質でせっかちで、千円札のカオの向きを下にして入れるんだったかな。後から追加の小銭を入れようとして遅れる。マゴマゴ、モタモタしてると、ぴーっぴーっぴーっと機械音が鳴り「遅ぇよ。やり直せよ」と言わんばかりに釣り銭になって戻ってしまうのだ。後ろに並んでいる方、お待たせして申し訳ないってなもんです。
カウンター上に2人分の食券を置いてそれぞれの嗜好を説明するのがちとめんどい。私は超固、ジャン妻は固麺、脂少なめ、なのだ。
キムチ1ワカメ1.jpg
キムチ2.jpg
ワカメ2.jpg
「今日は多いね」(ジャン妻)
確かにキムチ、ワカメが多かった。量り売りじゃないしパッケージ品でもないし。店のアンちゃんが手づかみで盛るのでファジーでアバウト、そのときの気分かもしれない。どうも私ひとりで来る時より、ジャン妻を連れて来た方が量が多いみたいだね。
キムチ3ワカメ3.jpg
ラ1.jpg
ラ2.jpg
ラ3.jpg
ラ4.jpg
ラ5.jpg
海苔をライスの上に移します。
ラ6海苔を移す1.jpg
ラ7海苔を移す2.jpg
ワカメを投入します。
ラ8.jpg
ラ9.jpg
ラ10.jpg
いいチャーシューですな。
ラ11.jpg
シンプルにスープをすすります。
ラ16.jpg
ワカメ、レンソウをレンゲですくいます、
ラ12.jpg
麺を引きずりだします、
ラ13.jpg
海苔の上にキムチを置いて、巻いて食べる、これがスバらしく美味しい、逸品料理にしてもいいのでは。この店では私が考案した創作料理ということにしておこう。
ラ14キムチを海苔の上に置く1.jpg
ラ15キムチを海苔の上に置く2.jpg
ラ18これが美味しいのだ.jpg
右にはジャン妻がいます。「ラーメンで丼飯を喰らうジャン妻」の写真を最近は撮らせてくれなくなった。
ラ17.jpg
厨房1-1.jpg
ご馳走さまでした。では店内にあったパーキングの確認に行ってみましょう。停めた私のくるまを素通りして、マリンハイツのいちばん奥、産業道路側にあるパーキングがこれ。
パーキング1-1.jpg
パーキング2.jpg
店内にあった案内板と同じ内容が明記してある。⑲③が11:00~15:00の4時間で、⑳①②が11:00~21:00の10時間、この時間をヘンに分けたのは何故なのか。
パートのオバちゃんか、大陸か半島からきたであろう店のアンちゃんに訊いてみてもいいのだが、⑲③、⑳①②、こんなヘンテコな附番やヤヤコシイ時間別だとどうやって質問していいのか首を捻る。
「いいんじゃない?今日停めたところで」(ジャン妻)
「まぁ短い時間だからね。」
大将は大分前、来店する客の為に「短時間の路上駐車を認めてください」署名を募ったことがある。店内にそういう紙が置いてあったのだ。相手先はここからほど近い山手警察署、故柳ジョージさんが若い頃、本牧の進駐軍の米兵の息子と喧嘩になって事情聴取された警察署ですな。そんな要望書を出すなんんて気骨のあるラーメン屋だなとヘンに感心したものです。
受理されたかどうかは知らないけどね。
店1.jpg
「ラーメンは大将だけにしたら?大将は別でしょ」(ジャン妻)
自分も相伴に預かって食べたいからだろうけど。私のソウルフードで、ジャン妻公認のラーメン専門店です。
コメント(4) 

華や 最強の中華丼! [グルメ]

店1.jpg
すっかり春になった。
陽気がよくて、華やさんに向かう道すがらは暑いくらいだ。
店2.jpg
よしよし、今日は暖簾が出てるぞ。こないだみたいに暖簾が出るのは遅れるわ、3人めで店に入ったのに後から入った麺類やセット客に抜かれまくって、肉丼が出されたのが入ってから30分後ってのは勘弁してくれよな。
先客1名、ラーメン半チャーハンを横目で見た。私は2月5日か6日に華やさんで味噌ラーメンを食べてから今日まで1回しかラーメン類を食べてないのだ。
(その1回は本牧の大将、ジャン妻が「食べたい」って言うから。私の意思ではない。)
「いっそラーメンは大将だけにしたら?」(ジャン妻)
「・・・」
店4.jpg
店3.jpg
それはさておき、本日のオーダーはまず私がチョイスしない丼です。
「中華丼、で、ご飯少し少な目にしてくれないかな」
「はぁい、中華丼ご飯少し少な目ですって」
こないだの30分待ちの肉野菜丼のご飯は多かったからなぁ。
肉丼もそうだが、中華丼も私のカテゴリにはなかった。八宝菜がご飯の上にべちゃっと乗ってるあれでしょ。あんかけ八宝菜は好きだけどビールや酒に合うと思っている。ご飯じゃない。ましてやご飯の上に載せてぐちゃぐちゃに混ぜて食べるなんてヤダとずっとずっとずっとずーっと思ってた。ご飯とは別がいい。口ん中に入れば同じだってか?
店内1.jpg
メ1.jpg
メ2.jpg
貼り紙.jpg
卓上アクリル.jpg

中華丼1.jpg
中華丼2.jpg
他に1名しかいないので今日は早くできあがった。
牛丼や五目あんかけはオイスターソース系だったが、果たして中華丼は?
予想通りのベーシックな塩味か。
だが例によって具が種類が多いぞ。
中華丼3.jpg
山裾から中腹です。この脂身の少ない肉はチャーシューですかね。
中華丼4山裾.jpg
頂部です。欠かせないお定まりの海老、ウヅラが見えますな。
中華丼5頂部.jpg
白菜がベース、外の葉も芯もシャキシャキ、
中華丼6白菜青物1.jpg
さきほどの海老、ウヅラ、五目あんかけ系には欠かせない、
中華丼7海老ウヅラ.jpg
やはりこの肉はチャーシューらしいね。白菜がベースなのに青梗菜も。スライスしたニンジン、
中華丼8チャーシュー青梗菜人参.jpg
タケノコ、カットされたナルト、カマボコ、
中華丼9ナルト筍.jpg
白菜と青物を箸でリフトアップ、
中華丼10白菜青物2.jpg
スライスして火が通ったやわらかいニンジン、緑色は青梗菜、
中華丼11ネギニンジン.jpg
中華丼12白菜青物3.jpg
チャーシューもふんだんに混ざっています、
中華丼13チャーシュー.jpg
野菜類だけでなくご飯も食べないと。レンゲでなくて金物スプーンなのは正解です。最後の方になるとすくいにくくなるからね。かき分けてみたら程よい量のご飯だった。
中華丼14そろそろご飯も食べないと.jpg
ちょっと小休止、汚い食べ方ですみませんが、中華丼ってこういうものなんでしょう。
中華丼15中盤戦.jpg
ご飯とニンジンとナルト、ご飯と具は別がいいと言いましたが、こうなるとどうでもよくなってくるというか、混在するのもアリだと思ったりする。
中華丼16リスタート.jpg
ゲッ!終盤になって苦手な椎茸が出てきた。デカいです。
中華丼17椎茸木耳.jpg
またカマボコが2枚、驚いたのはこのカマボコ、熱々ではないけど中が温かく、味が染みていたのです。
中華丼18蒲鉾.jpg
終盤戦になっても肉がこんなにたくさん、チャーシューと豚バラ肉と2種類です。贅沢な中華丼だ。
中華丼19肉は2種類.jpg
最後にまたサプライズが。葉物が白菜がベースで、青梗菜が脇役のように加わってたが、底の方からキャベツが出てきたのです。
中華丼20キャベツも.jpg
いやぁ凄いスゴイ、肉丼もそうだったが、こんなに具の種類も量も多かったら他で食べられないじゃないか。初めて食べたようなものなんだから。この味、素材、ルックスがオリジナルになってしまった。
そりゃ高級中華料理店でも行けば別だがね。
味濃い目だから薄味のワカメスープはお茶代わりになった。ご飯少なくしたからノンアル飲んじゃってもよかったんだが。
このとき4月、もうすぐジャン妻が5拍6日で出張に出て不在になる。留守中、毎日居酒屋は厳しい。1日ぐらい街中華でちょい飲みしてやろうか。その候補に華やさんも考えたのだが、このボリュームではちょい飲みには向いてないなぁ。
ごちそう様でした。唇と口の周囲を拭いてマスクして、千円札1枚置いて、釣りを200円受け取って
「何を喰っても美味いな」
呟くように言ったらママが店主にそれを伝言した。
「何を食べても美味しいって」
私は最大級の持ち上げ方をしたのだが、店主の反応、表情は鈍く、いつもの素朴でボンヤリした風にしか見えなかった。持ち上げがいのないひとたちだ。
店5.jpg
店6.jpg
過去に中華丼を取り上げてないか調べてみたら、朝7時くらいから営ってる阪東橋の「一番食堂」、
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2020-09-30
浦和駅前の「来々軒」日高屋系列です。埼玉県の行政がこの店の隣のビルからさいたま新都心に移転したので行かなくなった。
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2016-07-17
中華丼ではないが、鎌倉駅は「あしなや」のサンマー丼、
https://funayama-shika-3.blog.ss-blog.jp/2015-08-16-1
「あしなや」はまだしも他は記憶に残っていない。おそらくイマイチだったんだと思うな。ディスプレイと現物が違ってるか、塩味が濃かっただけか。
自分はこのトシで「華や」さんで初めて中華丼を食べた気がするのだ。記憶に残るという意味で自分ならではの中華丼はこれ!この店!になってしまった。
妙典の「かさや」さん、東新宿の「大和飯店」さんの中華丼は興味あるけど、その辺で暖簾出してる街中華や中華料理屋他ではオーダーしないと思うな。
コメント(4) 

華や 肉野菜丼? [グルメ]

店12.jpg
岸根公園、華やさんを出たとこです。
う~お腹いっぱい、苦しい、ご飯減らして貰えばよかった。
美味しかった。美味しかったんだけどさぁ。。。
店11外で待つ人-1.jpg
店から外に出たらウエイト客がいた。お名前と人数を書く紙があるのです。ファミレスみたいなあれです。それに名前と人数を記載してママのOKが出るまで外でウエィティングです。店内で密を避ける為にね。
店1バス停まできた.jpg
この日、11:00過ぎに着いたら、まだ暖簾が出てなかったんですよ。
店2まだ開いていない.jpg
草の者3号に電話して時間を潰した。
待ってる間、道路向こう側、このバンが走り去った向こう側に、
向こう側の人は華やさんへ行くのかな?2.jpg
恰幅のいい2人、ご夫婦かな。こっちに横断しようとしています。
向こう側の人は華やさんへ行くのかな?1-1.jpg
ははぁん、華やさんへ行かれるのだな。敢えて先に行かせて距離を空けて後からついていった。
どうもそうみたいだ1-1.jpg
どうもそうみたいだ2.jpg
2人とも暖簾が出てないので外の椅子に座ってウエィトしている。私はソーシャルしています。3人で待ち構えてるのも何なので。
うえいと2-1.jpg
うえいと3-1.jpg
うえいと4-1.jpg
あ、先客さん2人が立ち上がった。
店主と暖簾が出てきた。店主が2つの暖簾を架けるところです。11:06でした。店主は心なしか、「シマッタ」というカオをしていた気もする。何か開店前にアクシデントでもあったのかな。
私は先客さんが入ってもすぐ後に続かず、暖簾を架ける店主をチラ見してそこにボーッと突っ立ってたら、店主がボソッと「どうぞ」と言うので中に入った。促されてからでないと入る気にならなかったのだ。11:00きっかりに開かなかった不満を無言で表したのかもしれない。
店内.jpg
メ.jpg
このメニュー写真の時点で11:08です。
この時期は宣言解除中でマンボウになる前でした。段階を踏んでの時短要請は継続中なので、1時間後ろ倒しになったに過ぎない。通常の営業時間とそんなに変わらなくなった。居酒屋じゃないからね。
営業時間1.jpg
営業時間2.jpg
先客さんの五目あんかけ固焼き×2つ、餃子、他もう一品、
揚げる音がしたのは五目あんかけのカタヤキだね。
トントン刻む音がした。切り置きじゃないみたいだった。
後から入店した2人連れのラーメン、ラーメン&小炒飯に私のオーダーは追い抜かれました。
更に後から来た女性2人、ビール、レバニラ、茄子とピーマン甘辛味噌炒、餃子2人前ひとつ持ち帰り、覚えているのはそこまで。私はただ待つのも何なので、カウンター上に書類を出して午後の最終チェックを始めた。
また1人、2人、1人、ポツッ、ポツッとお客が入ってきて、テーブル席が2人、2人、1人、カウンター席も角っこを入れて5人、計10人になった。
私の記憶に間違いが無ければ更にこの後きた3人はすぐには入れず、
「あ、混んでる」
意外そうな声を発せられた。たまりかねたようにママが、
「その紙にお名前書いてしばらく外でお待ちくださぁい」
いつもはのんびりして眠たそうな目をしているママも商売人バージョンになり、席を移動させたり、外に出てったりと獅子奮迅です。
肉丼1.jpg
肉丼2.jpg
肉丼3野菜多し.jpg
肉丼4頂部.jpg
肉丼5裾野の野菜.jpg
私の肉丼が供されたのは11:39でしたよ。料理の内容によって順番が異なりますとはいうものの、30分は待たせ過ぎではないかなぁ。私は2番め(先客が2人組だから3番め)に入ったんだぜって。
肉丼6反対側1.jpg
肉丼7反対側2.jpg
肉丼8反対側3.jpg
肉そばの丼バージョンです。肉丼と銘打ってますが例によって野菜がトテモ多い。大量の肉野菜が熱々に盛られている。キャベツ、白菜、タマネギ、青菜、スライスしたニンジン、シイタケ、モヤシ、タケノコ、キクラゲ、ニラ、それら熱々を箸で摘まみます。
肉丼9野菜を摘まむ1.jpg
肉丼10野菜を摘まむ2.jpg
肉丼11肉野菜を摘まむ1.jpg
肉丼12野菜を摘まむ3ボケテるけど.jpg
肉丼13野菜を摘まむ3.jpg
肉丼14肉を摘まむ1ボケてるけど.jpg
野菜を優先して食べて、後半戦、肉がこんなに!
肉丼15野菜の下から肉がたくさんでてきた.jpg
上に載った具を箸で摘まんでたらラチが開かなくなってきたので、後半はスプーンを使って。
肉丼16スプーンに切り替える.jpg
レンゲでなくスプーンなのは理に適っています。昨日の五目炒飯でも述べましたが、レンゲって最後の方が使い難いからな。
肉丼17スプーンですくった汁だく飯.jpg
ご飯は牛丼でいうところの汁だくです。モノノフさんが前に仰っていた「炒め物の残り汁をご飯にかけていただく」のと同じです。最初から乗っかっているんだから。
そういう意味では具と丼(ご飯)を別皿にするってできるのかな。できそうだが。
肉丼18後半戦1.jpg
肉丼19後半戦2.jpg

店14.jpg
店15.jpg
店を出たのは11:53、およそ45分も滞在するハメになったがまだ12時前である。次に向かったウチの支店で草の者3号・成宮と書類の受け渡しがあったのだが、そこに上長のディクソンとソリの合わないオンナがいた。定年退職予定者の面談だという。再雇用の条件提示らしい。
タイミング悪く、ディクソン、ソリ、草3号・成宮、私の4人で支店を出るハメになった。私を除く3人はこれからランチらしい。
そしたらソリ合わないオンナが余計な気を廻して、
「〇〇さん(私のこと)お昼食べました?」
そう来ると思ったよ。
「ここ来るまでに済ませたよ」
こっちは肉丼ならぬ肉野菜丼で腹いっぱいだし、そうでなくても成宮・草3号はまだしも、他の2者とランチなんて真っ平ゴメンだぜ。彼らは3人で居酒屋ランチに入っていった。
後日譚ならぬ後刻譚があって、この日夕方遅く帰社してらソリは先に帰社していた。
「あれから昼は何処で喰ったん?」
「〇〇水産です」
「居酒屋ランチか。ディクソンにご馳走して貰ったの?」
「まさかぁ、そういう人じゃないですよぉ、ぜぇったい奢ってなんかくれないですよぉ」
だろうな。私が相伴しても私が彼女らの分を支払うわけにもいかない。上長のカオを潰すことになるからね。
華やさんで食べといてよかったぜ。
コメント(4) 

華や 餃子 ノンアル [グルメ]

コロナ禍のご時勢でマスク着用が義務付けられてるので、人と会う職掌なのにランチで餃子を食べるのに抵抗感が無くなってきた。
では華やさんの餃子とは如何なるものだろうか?
バスの後ろ姿.jpg
あーっ!バスがっ!
目の前に1時間に3本しかないバスがっ!
今まさに出るところだ。これに飛び乗ってもよかったのだが。
でも目指す華やさんはバス停ひとつ先なのだ。歩こう。いつものように。
店1ひとつ先のバス停.jpg
店2.jpg
店3.jpg
店4-1.jpg
店に着いたのは11:13で既に2台の業者カーが駐車しておった。その2台の間を通って引き戸を開けたら先客4人、今日はカウンター席ではなく、入口側の角っこ、テーブル席にデンと座った。
初めてのテーブル席.jpg
厨房が忙しそうなのでしばらくボーッとしていた。メニュー裏にある「華や!主力野菜の栄養と効果!」をジロジロ見てた。
メ1.jpg
メ2裏1.jpg
ママが先客さんのラーメン、肉そば、を運んできたタイミングで声がかかった。
「ハイご注文お決まりで?」
ママは私がいちばん客で入るときはいつも眠たそうな表情と声音だが、今日みたいに先客が4人もいて、店主も厨房でスーパーカブのエンジンよろしくフルスロットルだと相乗効果なのか、別人のように商売女に化けた感がある。(悪い意味じゃないよ。いい意味でだよ。)今日は力強い声音で気合が入っていたよ。
メニューを指して、
餃子、五目炒飯をオーダー!
店内2掲示物.jpg
餃子を食べようと決めてきたのだが。
ここ数年で餃子ひと皿がキツいときがある。メニューにハーフの3個餃子でもあればいいのに。そういうのってチェーン店にしかないんだよな。
餃子に合うのは炒飯、ラーメン、ビール、白米だと思いますが、ラーメンは2月上旬にこの華やさんで味噌ラーメン、本厚木のやっこでラーメンを食べたのが最後でそれ以来殆ど食べてないのです。(本牧の大将で1回食べました。)別に身体の調子が悪いとかではなく、何となく食指が湧かなくなった。
餃子に合わせるのは炒飯にすると決めて来たのですが、華やさんは小チャーハンでも小さくない。レギュラーサイズだとどれくらいのボリュームなのかなと。食べきれるだろうか。
店内3.jpg
ノーマルな炒飯にしないで五目炒飯という高いのにしたのは単にBlogのネタ目的であります。では五目だから五品目あるのかなと思う。五目と名の付くメニューは店によっては「???」な時がある。もう潰れたけど、枯れたオヤジが営んでいる街中華の五目やきそば、あんかけでも何でもなく、厨房のそこらに置いてある冷えたカマボコ、ナルト、チャーシュー、ゆで卵、ヤングコーン(缶詰)とかを取り合えず乗っけただけで出した店があった。
同じ五目でも炒飯だから、そういう火の通ってないやっつけの具を載せてお茶を濁すなんてことは華やさんでは絶対に無いだろう。この店は地味で小さいながらも拘りとプライドがあるからね。
店内1-1.jpg
先客4名のうち2名はセットの小チャーハンだったので、それに便乗すればすぐに出されたかもだが、こっちは五目なので別調理になったようだ。敢えて店内の流れに逆らったので、厨房に背中を向けて待つ時間がイヤミなくらいに心地よい。ガコガコ炒める音が聞こえてきた。待つこと15分、餃子と五目炒飯が同時に供された。
チャ1ギョ1.jpg
ギョ2.jpg
ギョ3.jpg
ギョ4.jpg
ギョ5.jpg
いい焼き加減ですねぇ。
生っぽくないし焦げてもいない。揚げ焼きでもない。皮、具、油、水、火加減、熟練の賜物ですよ。
皮がブニョブニョして穴が開いたりしない。中から具が飛び出すなんてのは街中華失格ですよ。
持ち上げてみます。普通に重たいです。
ギョ6.jpg
ギョ7.jpg
前歯で齧った断面です。
ギョ8齧った断面.jpg

チャ2.jpg
チャ3エビ1.jpg
チャ4ネギ.jpg
五目炒飯はまぁ予想通りでしたな。小さい海老が3つ、ネギ、刻んだ椎茸、チャーシュー、ナルト、そして玉子、5品目を超えていたし。椎茸はちょっと苦手なのですが。
中華料理店の五目炒飯のようなビジュアル的な美しさ、豪華さはなかったが、町中華で「黄金の炒飯」なんてのを期待しちゃダメ。そんなのを出されてもシラケる。
チャ5.jpg
チャ6.jpg
チャ7.jpg
チャ8エビ2ネギ2.jpg
レンゲではなくスプーンなのは正解ですね。レンゲは食べ始めから途中までは問題ないが、残り少なくなると取りづらくなってご飯が数粒残ってしまうんだよな。
器を持ち上げて口につけてかっ込むというみっともないオチになる。
私は海外渡航をしないでこのトシまで来てしまったのですが、中国では炒飯を皿にまぁるく盛ったりしないそうですね。テーブルに炒飯が大きい器に入って、それを大きいレンゲで個人のお椀によそっていくのですか?
個人個人には小さいレンゲが置かれていて、それでスープや炒飯、中華粥とかを食べるんだと。
炒飯がお皿で出されたらご飯粒が残ります。でも中国では「食事は残した方がお腹一杯で満足しました」という意味での礼儀なのですか?出されたものを残さず食べる日本の礼儀とは異なるらしい。だから私が皿の端に残った炒飯の米粒を残さず食べるべく、皿自体を持ち上げて口に持って行くなんてことをしたらみっともないと言われるだろう。
ノンアル1.jpg
炒飯に餃子、この滅多に食べない幸せな組み合わせに、もうひとつスペシャルゲストを追加しました。ノンアルコールビールです。
「すみません、ノンアル!」
「!!!」
ノンアル2.jpg
カロリーゼロ、糖質ゼロ、プリン体ゼロ、
餃子と炒飯を左右逆にして向こう側にノンアルを置いた状態です。
ノンアルは滅多に出ないのかな。店主が「在庫あったかな?」みたいにゴソゴソ、冷蔵庫の扉をバッタンバッタン開け閉めして探してたな。
左右置き換える.jpg
「アナタいつもノンアル飲んでるの?」(ジャン妻)
「いや、そんなこたぁない」
「ノンアルって美味しくなくない?」
「ひと昔前は不味かったが、今日のは至って普通だったぞ。」
美味しい美味しくないではなく、昼だし、勤務時間中だからだよっ。
店内5-1.jpg
店5.jpg
店7.jpg
これから暑くなって、ノンアルがクセになったりして。
この店でビール飲むことってあるだろうか。夜に?
いやぁ、小皿料理が殆ど無いし。メンマと冷奴だけだし。他はどれもボリュームがデカいから夜飲みには向いてないような。
日本酒はどんな銘柄を置いてあるんだろう。
コメント(2)